サトシ(16)「あぁっ!! たまんねぇぇ!!!」アヘェ


1 : ーピッグ@ムーンボール 16/12/01 14:05:48 ID:oiWACe8M 報告
これは、俺が16の頃の話だ

この時、カントー、ホウエン、シンオウの3地方でそれぞれのチャンピオンを撃破してきた俺は勢いそのままイッシュへと向かおうとしていた。

ありがたいことに公式戦が増えた結果、ファンが沢山できた

それも町を歩くのにも変装が必要になる程だった

だから、俺はあの時、あの頃は正直調子が良かったんだ・・・・・・

既に守らなきゃいけない存在も出来ていたのに、俺は心が子供だった

確か、初めてアイツと会ったのはシンオウからそのままイッシュに行く前日だったかな・・・・・・・・・

サプライズでプレゼントを贈ろうと思ってそのプレゼントを探してたっけ・・・

あの時はピカチュウもポケモンセンターに預けていて、俺は1人だった。


「えっと・・・変装忘れないようにっと・・・・・・」ガサゴソ


ポケットに入れてたサングラスをかけて、俺は町を歩き見ていた。

結構人も多く、自分の存在がバレるのも嫌だったし俺は路地裏を通ってアクセサリーショップへの近道をしようとしたのが間違いだった。


「ちょっと、そこの旦那・・・・・・」ニヤッ

「なんだ? 俺のことか・・・・・・?」
544 : カシャモ@たてのカセキ 17/10/02 21:43:35 ID:PQVUbebg 報告
支援
545 : メタマ@メカニカルメール 17/10/05 02:32:24 ID:rpCE0v0I 報告
マスタークラスまで残り2日となった

主治医から正式に許可を貰って、セレナは出場することが許された

俺に、何かセレナにしてやれることはあるのか?

これ以上ない程に尽くしてきた

でも、まだまだこんなものじゃない・・・・・・。

なんでもいい、力になりたい

セレナの力にならなくちゃならないんだ・・・。


「セレナ、なんでもいいから俺にして欲しいことってあったりする?」

「ごめん、答えにくいってのは分かってるんだけど・・・・・・何でもいいから力になりたくって」

「う〜ん、そうねぇ、サトシにしてもらいたいこと・・・・・・かぁ」

「じゃあ、お姫様抱っこ・・・・・・してほしいかな」 ニコッ

「お姫様抱っこ・・・・・・ってそんなんで、いいのか?」

「うん! あ、でもそれは今はできないの・・・・・・ほら、妊娠してるから」

「あぁ、そっか・・・・・・じゃあ、全部終わったらお姫様抱っこでもなんでもしてあげるよ!」 ニコッ

「うん! その時は私も張り切って甘えちゃおうかな・・・・・・!」 ニコッ
546 : ーフィ@どくどくだま 17/10/05 07:55:51 ID:7C8Mkyos 報告
支援
547 : フォクシー@オーキドのてがみ 17/10/07 06:44:32 ID:QEB7wEdY 報告
今日は軽く仕上げに向けたパフォーマンスの確認をしていた

少し離れたところから見るセレナは、あの時と何にも変わってなかった

子供の時・・・・・・旅をしていた時に幾度となく見てきたパフォーマンスを練習する姿

相棒のポケモン達との関係から接する態度まで、全く変わっていない

俺は、何を思う?

ココ最近、特にセレナの妊娠が分かってから、俺は悩んで、考えて、頭をかかえてばかりだ

セレナが、これから生まれてくる子が、どうなるのか、そればっかりしか考えられなくなっていた

俺は、セレナに先を歩ませて、俺は・・・・・・俺は、1人で現実だけを見ていた

両手に力を込めて背中を押してあげて、俺の役目はそれで終わりなのか?

葛藤して、時間が過ぎて、もう二日前だった

将来が、光が見えない。

信じたい、一緒に居たいから、現実から目を背けていたい。

でも、俺たちはもう大人だ・・・・・・。

逃げるだけじゃダメなんだ・・・・・・。

そうやって善悪の意見が俺の中で鍔迫り合いをしてるんだ、ずっと。
548 : クラビス@フェスチケット 17/10/07 07:49:33 ID:diQnW/wQ 報告
サトシ頑張れ

支援
549 : シコ@ミズZ 17/10/07 07:57:45 ID:BnO16wPg [s] 報告
しえん
550 : ルフーン@ひのたまプレート 17/10/10 21:51:21 ID:AP3soUts 報告
支援
551 : タフリー@ひこうのジュエル 17/10/11 21:15:00 ID:3AqONJ5. 報告
支援
552 : リリダマ@マゴのみ 17/10/15 15:55:05 ID:8Zz0iMek m 報告
支援
553 : ッパ@ねばりのかぎづめ 17/10/18 06:18:30 ID:EG9ka9CE 報告
支援
554 : トウモリ@イバンのみ 17/10/21 15:47:02 ID:GOjP7/dU 報告
支援
555 : ロスター@はいぶくろ 17/10/27 17:12:46 ID:qZBxIL7k 報告
支援
556 : ンパン@ミストシード 17/10/29 02:35:25 ID:SlunDe72 [1/4] 報告
「セレナ」
557 : ラッタ@グラスシード 17/10/29 02:35:47 ID:SlunDe72 [2/4] 報告
誤爆失礼。。。
558 : メール@ちからのハチマキ 17/10/29 02:44:23 ID:SlunDe72 [3/4] 報告
「今日もお疲れ様、セレナ」 ニコッ

「うん、いつもありがとっ! サトシ・・・・・・!!」

俺は、注射器を取り出す

でも、それはあの時とはまるで違う

人間にとって真逆だった

あの頃は身体を壊すために使っていた

でも、これは、この注射器はなくてはならない

ヒルトニン注射薬

セレナはこれを打っている

打たなければならない運命にある

そしてセレジストという薬も飲んでいる

他にも何種類も飲んでる

毎日だ・・・・・・注射に薬

飲まなければ、セレナは死ぬ

打たなければ、セレナは死ぬんだ
559 : ックウザ@するどいくちばし 17/10/29 02:51:47 ID:SlunDe72 [4/4] 報告
「セレナ、あのさ・・・・・・」

「うん? どうしたの、サトシ?」

「薬って、やっぱり“嫌”だよな?」

「ごめん、そうだよな、考えたくもないこと言い出して悪い」

「ははっ、やっぱ忘れてくれ・・・・・・!」 ニガワライ

「嫌、かぁ・・・・・・」

「うーん、ちょっとそれとは違うのよサトシ」

「確かに、毎日お薬をたくさん飲んで、毎日注射を打って」

「それはあんまり私もやりたくはないかなぁ」

「でも、私がそこまでして生きてるのはね・・・・・・」

「サトシと、この子供の為なの・・・・・・」

「2人が居なかったら、私は病気に絶望してとっくに死んじゃってるよ、きっと」 ニコッ

「だから、嫌だなんて。 そんな事ないよっ」 ニコッ

必死に、懸命にセレナは生きていた

自分自身より大事なモノのために、生きていた
560 : スカーン@ゴーストメモリ 17/11/08 02:46:36 ID:Bd.DUmUU [1/2] 報告
今更ながらニガワライ→ニガワライ

ですね
561 : ルネロス@ブルーカード 17/11/08 09:14:47 ID:ItJxnFio 報告
日にちが立つのは早い……
支援
562 : ナトーン@ドラゴンZ 17/11/08 17:07:55 ID:Bd.DUmUU [2/2] 報告
>>561
申し訳ない、本当に待たせてしまってるのはわかってるんですけど、一年で1番忙しい時期がこれからやってきてしまうので、本当にすみません。。
563 : ルシェン@フシギバナイト 17/11/13 01:18:49 ID:AacrDxA2 報告
明日、全てが終わる

マスタークラスの開催日はもうあと24時間以内に訪れるんだ

セレナの緊張は、俺にも伝わっていた

既に今この瞬間に会場にいるかのように、セレナの表情は堅かった

なんだかんだ言って、やっぱり妊娠している事を発表するのはリスクが伴うものだ

確かにセレナは強いかもしれない、でも、どんなに強い人間だって・・・・・・

やっぱ、怖い、逃げ出したいって思うに決まってるんだ

それが人間らしさってもんだから、セレナも同じなんだ


「セレナ、大丈夫だよ・・・・・・大丈夫」 ナデナデ

「サトシ・・・・・・私っ、大丈夫だよね・・・・・・」

「うん、俺が保証するよ」ニコッ

「だから、セレナはいつも通りのセレナらしい演技をしてくるんだよ」

「そしたら、観客の人だってみーんなセレナに票を入れてくれるはずだから!」 ニコッ

「だから、嫌なことは忘れて全身全霊で今のセレナを見せてくるんだ・・・・・・!」

「・・・・・・・・・うんっ!!」 ニコッ
564 : ナバァ@れいかいのぬの 17/11/18 23:16:29 ID://NLrLgc 報告
支援
565 : コザル@ヒレのカセキ 17/12/02 17:36:42 ID:OVGRTt9E 報告
消えないようにあげ
566 : ィアルガ@トレジャーメール 17/12/02 18:17:21 ID:bzZG8zCY 報告
頑張ってください

支援
567 : ガジュカイン@くろいメガネ 17/12/08 01:10:11 ID:3W/6iC4o [1/3] 報告
明日は、セレナにとって本当の意味での集大成になるだろう

カロスクイーンまでの道のり、本当に長かった・・・・・・

だいぶ俺が迷惑かけちまったせいで、本当に・・・・・・長くなった

もう、これで終わりだ

そして、新しいセレナになるんだ

カロスクイーンのセレナになるんだ


「セレナ、俺は観客席上の専用席から見てるから安心してくれよな」 ニコッ

「うん! 緊張したらサトシの方を見ることにするわ」 クスッ

「おう! 俺も俺でセレナを全力で応援するからさ! その大役引き受けるよ!」

「だからさ、セレナ・・・・・・」

「いつも通りに・・・・・・・・・」


いってらっしゃい

いってきます


俺たちはいつも通り・・・でも、一番大切なその会話でお互いを見送った。
568 : ラサリス@ヤミラミナイト 17/12/08 01:11:49 ID:3W/6iC4o [2/3] 報告
ここまでの支援ありがとうございます。

忙しい時期の終わりが遂に見えましたので、可能であれば日曜か月曜に一気に完結させたいと思います。

その日が無理でしたら近日中に完結させるつもりです。
569 : コロモリ@アシレーヌZ 17/12/08 01:16:37 ID:/r/UEExE 報告
頑張れ
570 : ドリーナ@ピントレンズ 17/12/08 01:30:38 ID:3W/6iC4o [3/3] 報告
>>567
訂正します
1行目の明日→このステージ

です、失礼しました。
571 : ノクラゲ@ゲンガナイト 17/12/08 01:58:28 ID:R6zPfW/. m 報告
楽しみにしてます
572 : オキシス@エフェクトガード 17/12/11 21:14:15 ID:iRB/iCKk m 報告
待ってる
573 : ランセル@わすれもの 17/12/12 02:20:10 ID:WdADFOfo [1/9] 報告
大会の開幕を司会のピエールが宣言すると、会場中から大歓声があがる

もちろんだがカロスクイーンは一人しかなれない

そして、そのカロスクイーンは今はセレナがその座を返してからは不在という異例の事態が起こっている

そこに伝説のクイーンであるセレナが帰ってきたんだ、興味の無いものはもはやいないはずだ

これからの頂上決戦、誰がカロスクイーンになるか・・・・・・それは誰にも分からなかった


「そろそろだよな・・・・・・」

「ま、間に合いましたね・・・・・・」 ゼェハァ

「もう! お兄ちゃんもう始まっちゃうよ!?」 プンプン

「二人とも、もう開会宣言終わっちゃっぜ?」
574 : タグロス@ながながこやし 17/12/12 02:20:35 ID:WdADFOfo [2/9] 報告
誤爆しちゃいました(>_<)
575 : ーリキー@かいのカセキ 17/12/12 02:24:51 ID:WdADFOfo [3/9] 報告
大会の開幕を司会のピエールが宣言すると、会場中から大歓声があがる

もちろんだがカロスクイーンは一人しかなれない

そして、そのカロスクイーンは今はセレナがその座を返してからは不在という異例の事態が起こっている

そこに伝説のクイーンであるセレナが帰ってきたんだ、興味の無いものはもはやいないはずだ

これからの頂上決戦、誰がカロスクイーンになるか・・・・・・それは誰にも分からなかった


「そういえば、まだなのかな・・・」


俺はこの特等席に来るはずの人物の不在に気が付いた

開会宣言も終わり、一抹の不安がより濃くなって来た時にそれは不安で終わった

勢いよく出入口の扉が開くと、二人はやってきた


「ま、間に合いましたね・・・・・・」 ゼェハァ

「もう! お兄ちゃんもう始まっちゃうよ!?」 プンプン

「二人とも、もう開会宣言終わっちゃったぜ?」

「ほらお兄ちゃん! 何でこんな大事な日に寝坊なんてしちゃうのよ!」 プンプン
576 : ララッパ@Zリング 17/12/12 02:25:11 ID:WdADFOfo [4/9] 報告
>>573>>575
に訂正します。
577 : レイシア@フライングメモリ 17/12/12 02:36:47 ID:WdADFOfo [5/9] 報告
「す、すみません・・・・・・。 セレナの晴れの舞台に緊張して寝れなくて」

「ユリーカだってドキドキしてたけど、本当にお兄ちゃんってばもう!」

「まぁまぁ、ユリーカ・・・。 シトロンはセレナの事を考えてくれてたんだしさ」

「そこは大目に見てやってほしいな、ダメかな?」 ニコッ

「うぅ・・・・・・。 お兄ちゃんも、サトシが言うから許すんだよ?」

「普通ならありえないからね!? セレナは私にとって本当のお姉ちゃんみたいなものなんだから」

「そんなセレナを蔑ろにしようものならサトシにだって、私は容赦しないよ・・・!」 プンプン

「ゆ、ユリーカ・・・・・・」 アセアセ

「ユリーカ、サトシが言っても許してませんよね・・・・・・」 トホホ

「お兄ちゃんがそんな事言えないでしょ・・・!!」

「ユリーカは、とにかくセレナの事が大好きなの!!!」

「それなのにお兄ちゃんは・・・・・・・・・・・・!!!!」


何故か俺も巻き込まれたユリーカのお説教はこのあとしばらく続いた

シトロンも俺もすっかり大人になったユリーカにペースを握られっぱなしで何も反論できなかった

そうこうしている内にセレナの出番が回ってきていた
578 : オッキー@ていきけん 17/12/12 02:47:25 ID:WdADFOfo [6/9] 報告
*****

「レディースアンドジェントルマン! 今回のトライポカロンマスタークラスにはスペシャルなゲストがやって来ています!」

「伝説のカロスクイーン! パフォーマーセレナだぁ!!!」 ワァァァ!!


会場がセレナの名前を聞くと湧き上がる

皆もそれほど期待しているのだろう、それがとてもわかりやすい

俺は、これから何が起こるか知っていた

だからこそ、シトロンやユリーカよりも緊張していたし、ステージを見つめて心の底から祈っていた

*****

「ここで、パフォーマーセレナからのメッセージがあるそうです!」

「それではご登場いただきましょう! パフォーマーセレナだぁ!!」


ステージ奥から登場したセレナは少し堅い表情で、ステージ中央へ歩みだした

セレナがステージ中央へ辿り着くと、会場のライトは電源が落ち、セレナ一人に向けてライトが当てられる

観客たちも何かを察したかのように会場が静寂に包まれる

一切の音も響かないこの空間にセレナの声が響き渡った
579 : ガジュカイン@ポケモンのふえ 17/12/12 03:01:57 ID:WdADFOfo [7/9] 報告
「会場の皆さん、私は帰ってきました」

「数年ぶりに、帰ってきました・・・・・・」

「このステージは、私にとっては今も昔も憧れの場です」

「それは私が活動をしていなかった時期も同じでした」

「どうすれば、私が復帰した時にブランクを埋められるだろうか」

「日々の生活の中にパフォーマンスのアイデアになるような動作はないか」

「私の見聞を広げてみて、パフォーマンスが向上しないか」

「そういった事をずっと自分の中で考えていました」

「だから、女の子の憧れの場であるここだからこそ・・・・・・私は皆さんに伝えなきゃいけないことがあります」

「私は、私のお腹の中には新しい命が宿ってます」

「このことを発表して、もし私に対しての批判があるなら全て受け止めます」

「ふしだらな女だとか、クイーンに相応しくないとか、思う人もいると思います」

「ですが、私は発表せずに隠してパフォーマンスをする事は皆さんを裏切る事だと思いました」

「私を審査してくれる皆さんに嘘は付きたくないんです・・・・・・」

「それが、私の今の気持ちです。 私は、人生を走り抜けます」
580 : カリオ@フィラのみ 17/12/12 03:19:51 ID:WdADFOfo [8/9] 報告
セレナのスピーチが終わると、会場からは拍手が飛び交った

俺とセレナの危惧していた事は起こらなかった

まるで会場全体がセレナに対しておかえりと言ってるかのような温かさにセレナは涙を流していた

セレナは深く一礼するとステージから降り、ピエールのアナウンスが1回戦を案内し始めた


「セレナ、凄かったですね・・・・・・」

「うん、本当にユリーカは誇りに思うな・・・・・・」

「あぁ、みんなセレナを待っててくれたんだな」

「俺もセレナも会場からは歓迎されないとばかり思っていた」

「でも、それは違ったんだ・・・・・・」

「こんなに温かいステージになったのは、会場の人達のお陰だよ」

「えぇ、本当にその通りだと思います」

「僕らは、勝手に壁を作っていたのかも知れませんね・・・・・・」

「そんな見えない心の壁は、セレナと見てくれている方々が取り除いてしまいました」

「だから、そんな僕らが残りできることといえば・・・・・・」

「会場の人と同じように、ただセレナを信じて待つことだけです」
581 : ノアラシ@ウォーターメモリ 17/12/12 03:45:30 ID:WdADFOfo [9/9] 報告
この日のセレナは誰よりも輝いていた

ライバルであるサナ、ミルフィ、ネネなどセレナの他にも有力株はいつくもあったが、セレナは郡を抜いていた

ハイクオリティな技に演技構成もパーフェクト、見るもの全ての心を鷲掴みにする芸術点の高さが努力を物語っていた

決勝戦までは3回の勝利を必要とされる、優勝となると4回になるが、セレナはノリにのっていた

「1回戦、勝者はパフォーマーセレナだ!!」


文句のつけようがなかった、他を圧倒する演技だった

続けて2回戦もセレナがダントツだった

昔から得意としていた炎技のコントロールも今は精密度が桁違いになっていた


「2回戦を突破したのは・・・・・・パフォーマーセレナ!!」

「快進撃が止まりません! 圧倒的な得票数に会場も味方に付けつつあります!!」 ワァァッ!!

「続けて3回戦は・・・・・・おおっと! これは面白いカードです!」

「パフォーマーセレナとパフォーマーミルフィが激突してしまう!」

「親友として有名な両者、さぁどちらが決勝戦に進むのでしょうか・・・・・・!?」

「それでは3回戦・・・・・・スタートです!」
582 : ジュマル@ピーピーリカバー 17/12/12 09:34:00 ID:woZef6vY 報告
支援
583 : ルシアン@クサZ 17/12/12 18:10:10 ID:NqwJPrpQ 報告
支援


荒らし・煽りには反応せずにスルーして下さい。反応している人も同様に対処・対応しています。
(荒らしレスやそれに対する反応は、スレ進行の妨げとなるため削除します。削除されたレスに対して反応しないで下さい。)


画像(JPG/PNG 5.2 MB、GIF 15.2 MBまで)

  • 【IDを発行(または認証)】


    0/30
      
    書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
    レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
    その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
    荒らしや煽りはスルーして下さい。荒らしに反応している人も荒らし同様対処します。


    一部のホストからの違反報告を制限させてもらっています。


    文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
      文字サイズ

      自分の投稿を分かりやすくする
      投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
      現在の設定は「有効」です。
        

      NG設定
      各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

      ・連鎖NG設定
      NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
      現在の設定は「」です。
        

      ・NGワード設定
      入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
      NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

      ・NGネーム・NGID一括削除(下のボタンをクリックした時点で削除されます。)


      【特殊な指定方法】

      ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
      ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
      ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
      詳しくは、NGの設定方法を参照。



    (連投制限などに引っかかった時用)