【SS】 夢に向かうサトシへ


1 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/01/16 23:45:23 ID:lxSuDMO6 名前× NGID× 報告

アニポケXY&Z編の最終回、感動しました。
これまで描かれてきたストーリーを考えると、サトシとセレナにとっての、最高の別れ描写だったのではないでしょうか。

このSSは、そんなアニポケ最終回で描かれていなかった部分にスポットを当てた、“半”オリジナルのストーリーです。
最終回のサイドストーリー的なものとして見て頂ければと思います。



毎日更新は出来ませんが、よろしければお付き合いください。




336 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/02 23:04:20 ID:YIZNhLys [1/3] 名前× NGID× 報告

翌朝。


 セレナ 「それじゃあママ、行ってくるね」

 サキ 「気を付けるのよ。今度は1人旅なんだから」

 セレナ 「分かってるわよ。それに、テールナーとヤンチャム、ニンフィアがついてるもん」

 サキ 「そうだったわね。たまには連絡するのよ」

 セレナ 「うん」

 サキ 「サトシ君も、マサラタウンまで気を付けてね」

 サトシ 「はい。お邪魔しました」

 サキ 「それと、今までセレナと一緒に旅してくれて、本当にありがとう」

 サトシ 「いえ、オレの方こそ、セレナと旅できて楽しかったです」

 セレナ 「ふふっ」

 サキ 「いつでも遊びに来てね。サトシ君なら大歓迎だから」

 サトシ 「はい!」

 セレナ 「じゃあサトシ、行こ」

 サトシ 「あぁ」
337 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/02 23:05:00 ID:YIZNhLys [2/3] 名前× NGID× 報告
ママに お別れして、私とサトシは、バスターミナルへと向かった。


なんだか 呆気ない出発だけど、今までの旅は私の勝手で突然始まっちゃった訳だから、それに比べれば良い方なのかな。

ちゃんとママに“いってきます”を言えたんだし、これで良いんだよね、きっと。


これから私の、新しい旅が始まるんだ。

テールナーたちと一緒だけど、今度の旅に、頼れる同行者は居ない。私一人で判断して、進まなくちゃいけないんだ。


 サトシ 「さて。シトロンとユリーカとも、今日明日で お別れだな」

 セレナ 「うん。寂しいけど、最後は楽しく、だよね」

 サトシ 「あぁ」






ミアレシティに着いた私たちは、すぐシトロンとユリーカと合流して、最後の一時を過ごした。


夜はポケモンたちも一緒に、最後のパーティー。

離れ離れになる寂しさを振り払うように、いつも通り、みんな笑顔で、旅の思い出に花を咲かせた。
338 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/02 23:06:00 ID:YIZNhLys [3/3] 名前× NGID× 報告










 そして、お別れの時――。









339 : チャブル@トウガのみ 17/06/02 23:09:27 ID:aNsDphmI 名前× NGID× 報告
支援
340 : ツドン@エルレイドナイト 17/06/03 06:29:03 ID:vEz9p/5Q 名前× NGID× m 報告
支援
341 : ブライカ@アシレーヌZ 17/06/04 06:48:05 ID:aHzjIfN. 名前× NGID× m 報告
支援
342 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/05 23:15:00 ID:QLvR3v5c [1/9] 名前× NGID× 報告


【 1-13 】


 アナウンス 『ラティアス航空H71便、登場まもなく終了します。まだご搭乗されていないお客様は、お急ぎ下さいませ』


 セレナ 「じゃあ行くわね」


私の乗る飛行機の時間が迫っている。

デデンネが、お別れが嫌で逃げ出しちゃったトラブルがあったけど、そのお陰で分かり合えた部分もあったし、ユリーカの成長も見れた。

最後は笑顔で お別れできそうだ。


 セレナ 「サトシ、シトロン、ユリーカ。みんなから いっぱい貰ったわ。数えきれないくらい」


この旅で私を成長させてくれたのは、サトシだけじゃない。

シトロンも、ユリーカも。

みんなとの旅は、私に沢山のモノをくれた。沢山の経験、沢山の感動、沢山の思い出――。

絶対に忘れることの無い、沢山のことを私に残してくれた。
343 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/05 23:15:30 ID:QLvR3v5c [2/9] 名前× NGID× 報告
 ピカチュウ 「ぴぃかぴか!」

 シトロン 「たまには連絡くださいね」

 ユリーカ 「セレナ、必ず会いに行くから、待ってて!」

 セレナ 「うん」


あぁ、本当にもう、お別れなんだ。

これが本当に、旅の最後なんだ。

サトシの話せるのは、これが最後なんだ……。


 セレナ 「サトシ、私、旅に出て本当に良かった。貴方は私の目標よ」

 サトシ 「ぁっ……」


私の目標――、サトシに そう伝えるの、初めてだったっけ。

サトシのことは好き。サトシは私の憧れ。

でもそれとは別、サトシは私の目標。

サトシみたいに、いつも笑顔で、優しくて、ポジティブで、ポケモンのことに一生懸命で、いつだって前向きで、絶対に諦めない。

そんなサトシみたいな強い心を持つのが、これから一人旅に出る私の目標だ。
344 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/05 23:16:00 ID:QLvR3v5c [3/9] 名前× NGID× 報告
そして……。


 セレナ 「次に会うまでに、もっともっと魅力的な女性になるから」


これは、私の出来る、精一杯の告白だった。

いつか必ずサトシを振り向かせてみせる。サトシの隣に居て恥じない女性になる。

そんな私の決意を込めた、私なりの告白。


 サトシ 「あぁ!」


サトシは笑顔で答えてくれた。

あわよくば、サトシに気付いて欲しかったけど、返事は それだけだった。

まぁ、鈍感なサトシだから、気付いてくれるとは思わなかったけど、やっぱり残念だな、私の気持ち、伝わらなくて。


でも、これで良かったんだよね。

思い出は綺麗なまま……、最後に気まずくすることもないし、シトロンとユリーカも居るんだもん。

これが、ベストな方法だったよね。


 セレナ 「それじゃあ」
345 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/05 23:16:31 ID:QLvR3v5c [4/9] 名前× NGID× 報告
私は、搭乗口へのエスカレーターに乗った。


あぁ……、本当にもう、お別れなんだ。

後悔は……、少しだけある。

私の憧れてあって、目標であって、大好きな人に、気持ちが伝わらなかったこと。ただそれだけが、この旅で やり残したこと。


……本当に、これがベストな お別れなの?

サトシへの感謝の気持ちは、2人きりの時に伝えることが出来たけど、私の本当の気持ちは、伝えられないまま。


エスカレーターで下りながら、私の頭の中に、ぐるぐると色んな思いが巡ってくる。

次にサトシと会えるのは、果たして いつなのか分からない。そもそも会えるのかすら分からない。

もしかして……、この旅でサトシと再会できたのは、大きなチャンスだったのかもしれない。

私の大きな転機になればって、神様がくれた、人生最大のチャンスだったのかもしれない。



後悔だけはしちゃダメ――。

当たって砕けろ――。


……そうだよね!
346 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/05 23:17:11 ID:QLvR3v5c [5/9] 名前× NGID× 報告


 セレナ 「サトシ、最後に一つ良い?」


私は振り返る。

そして、……本当は いけないことだけど、エスカレーターを逆走して駆け上がる。

サトシも、シトロンも、ユリーカも、何事かって顔をしてる。

でも気にしない。だって、後悔だけは、したくないもん。



エスカレーターを駆け上がった先に、サトシが居る。

今から私が しようとしていること、果たして どう思われるか分からない。

でも、悪いことじゃないんだから、自信を持って行かないと!

347 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/05 23:17:40 ID:QLvR3v5c [6/9] 名前× NGID× 報告



私はサトシの両肩に手を置いた。



サトシの驚いた表情が目に映る。



そんな彼の顔に、私は自分の顔を近づける。



私は目を瞑る。



その先のサトシの表情は分からないけど、サトシは それを拒絶するような素振りは見せないので安心した。





そしてそのまま私は――。




348 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/05 23:18:20 ID:QLvR3v5c [7/9] 名前× NGID× 報告





静かに、サトシと唇を重ねた。





あぁ……、私いま、すっごい大胆なこと、しちゃったな。



でもね、これが私の本心なの。



キスってね、言葉よりもずっとずっと大きい、女の子からの愛情表現なんだよ、サトシ。




349 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/05 23:19:00 ID:QLvR3v5c [8/9] 名前× NGID× 報告


エスカレーターの流れで、私はサトシと引き離されていく。


サトシは呆然としている。

その後ろのシトロン、ユリーカ、ピカチュウは、顔を真っ赤にしていた。


改めて私は、自分の大胆な行動が、たまらなく恥ずかしくなった。

でも、これで良いの。これで良かったの。



 セレナ 「ありがとうっ!」


私は とびっきりの笑顔で、そう言った。

本当は“大好き”って言いたかったけど、それは違う気がした。

サトシのことは大好きだけど、それよりもやっぱり、サトシには感謝の気持ちの方が大きいもん。

最後の言葉に相応しいのは、“ありがとう”だよね。
350 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/05 23:20:00 ID:QLvR3v5c [9/9] 名前× NGID× 報告
 サトシ 「じゃあなーセレナー! 頑張れよー!」


サトシはすぐ、にっこり笑ってくれた。

そして手を振りながら、シトロンよりもユリーカよりも大きな声で、私を応援してくれた。


本当にありがとう、サトシ。

最後に私の我儘、受け入れてくれて。


私の気持ち、言葉では伝えられなかったけど、分かってくれたよね?

答えは聞かない……聞けないけど、それで良いの。


また絶対に会おうね。その時までに私、もっともっと自分を磨いてるから。

そして絶対に……、貴方を振り向かせて見せるから。



ありがとうサトシ。私、これで頑張れるね!




351 : ロバット@エレキシード 17/06/06 06:13:55 ID:5QVhJd7o 名前× NGID× 報告
支援
352 : ベルタル@きょかしょう 17/06/06 08:53:38 ID:3g4VS9DM 名前× NGID× m 報告
そろそろ終わっちゃう…

ifストーリーになっちゃうけど作者様さえ良ければ再会したときの話とか…検討お願いします
353 : クーダ@ダークメモリ 17/06/06 16:06:58 ID:XzK8vcS2 名前× NGID× 報告
>>352
読者様が湧いてんな
354 : レイハナ@いかりまんじゅう 17/06/07 15:53:53 ID:vhg4R.rk 名前× NGID× m 報告
支援
355 : ズモー@ウタンのみ 17/06/07 22:53:49 ID:AFGsX5p6 名前× NGID× 報告
支援

終わっちゃうのか……
再開後も書いて欲しいけど
356 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/08 19:45:00 ID:PcQ5Kouo [1/10] 名前× NGID× 報告
【 1-14 】


搭乗ゲートをくぐって、飛行機に乗り込む。

ほどなくして、飛行機は動き出して、滑走路に向かう。

グンッ! と力が加わったかと思うと、飛行機はスピードを上げて、大空へと飛び立った。


みるみる地上が離れていく。建物が小さくなっていく。


そう言えば私、飛行機に乗るの、あのサマーキャンプ以来だったっけ。

本当なら ちょっとしたワクワク感があるんだろうけど、今の私は、そんなこと感じられるような状況じゃなかった。


悩みや辛さもあったけど、振り返れば断然に楽しかった旅が終わったことへの、喪失感に近いもの。

大好きなサトシに、思いきってキスをしてしまったこと、キスが出来たことの、恥ずかしさと嬉しさ。

そんなサトシと しばらく会えないことへの、純粋な寂しさと悲しさ。

けど、新たな旅――、私たちの夢にチャレンジする旅が始まるって言う、やる気と期待。



色んなことが頭の中に巡り巡って、そして何故だか、私は涙を流していた。

357 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/08 19:50:00 ID:PcQ5Kouo [2/10] 名前× NGID× 報告
あぁ、ダメだな私。

前向きにならなきゃいけないのに……、サトシとの お別れ、辛すぎるよ……。


 セレナ 「グスッ、うぅっ……」


サトシと唇を重ねた感触、まだ残ってる。

キスをしたその瞬間、たった一瞬だったけど、なんだか暖かな気持ちになれて、心の中がスーッと洗われるような感じがした。


それはきっと、私なりの結末を迎えることが出来たから。

大好きなサトシに憧れて、振り向いて欲しくて、気持ちに気付いて欲しくて、モヤモヤしていた気持ちに、決別できたから。


サトシに“好き”って言えなかったけど、キスという形で、気持ちを伝えることは出来たと思う。

長い間、私が抱いていたサトシへの想い、分かってくれたと思う。


最高の形で お別れ出来たはずなのに。

これで頑張れるって、ついさっき決意したばっかりなのに。


それなのに……、なんで涙……。

358 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/08 19:55:00 ID:PcQ5Kouo [3/10] 名前× NGID× 報告
 CA 「……お客様、どうかなされましたか?」

 セレナ 「グスッ……ぁっ」


ふと我に返ると、CAさんが心配そうに、私の顔を覗きこんでいた。

あぁ、私、そんな心配されるほど、泣いちゃってたんだ……。


 CA 「ご気分が悪いようでしたら……」

 セレナ 「大丈夫です」

 CA 「ですが……」

 セレナ 「ごめんなさい。友達との お別れが辛くて……、ちょっと涙ぐんじゃって……」

 CA 「そうでしたか。お別れは辛いですけど、それは次に会う時の希望ですよ。どうか前向きに考えてみて下さいね」

 セレナ 「前向きに……。はい、ありがとうございます」

 CA 「いえ。……それでは改めて、ドリンクサービスです。お飲み物は いかがなさいますか?」

 セレナ 「えっと……、リンゴジュースをお願いします」

 CA 「かしこまりました」
359 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/08 20:00:00 ID:PcQ5Kouo [4/10] 名前× NGID× 報告
リンゴジュースを一口飲む。

ほのかな甘みと りんごの香りが、私の心を癒してくれた。


“前向きに”か――。

……うん、いつまでも悲しんでちゃダメだよ、私。


サトシ、いつも前向きだったじゃない。

明るくて、ポジティブで、優しくて、絶対に最後まで諦めない――、そんなサトシの傍に居たいなら、私だって、サトシの精神を見習わないと。



私は目を瞑る。

そして、思いだす。


サトシと一緒に写った写真。

サトシがくれた青いリボン。

サトシが褒めてくれたショートボブ。

サトシに抱きとめて貰った感触。

サトシとキスした暖かさ。
360 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/08 20:05:00 ID:PcQ5Kouo [5/10] 名前× NGID× 報告
……そうだよ。


サトシとの思い出、たくさん。

私、サトシに色んなモノ、貰ってたんだ。

今の私は、隣にサトシが居なくても、サトシの温もりを感じられるモノ、いっぱい持ってるんだ。


 セレナ (だから私、寂しいなんてこと、ないんだよね?)


前を向かないと。

前を向いて進まないと。

前を向いて進んで、夢を目指さないと。


もっともっと成長して、魅力的な女性にならないと。

約束したもんね、サトシと――。


 セレナ (待っててね、サトシ。貴方に負けないくらい、私、頑張るから!)


361 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/08 20:10:00 ID:PcQ5Kouo [6/10] 名前× NGID× 報告





【 夢に向かうサトシへ 】



ポケモンマスターを目指すサトシは、とっても格好良かったです。

ポケモンバトル、ジム戦、カロスリーグ、サトシは いつもポケモンのことを信じて、とっても楽しそうでした。

ポケモンマスターと言う大きな大きな夢があるからこそ活き活きとバトルするサトシの姿は、本当に格好良かったです。


そんな貴方の姿に、私は ますます惹かれてしまいました。

サトシは気付いてくれなかったけど、この旅を通じて、サトシへの想いは高まるばかりでした。

最後のキスは、私の自分勝手、私の我儘です。

本当ならサトシからの答えを聞いて、はじめてキスするものですが、ちょっと手順を飛ばしてしまいました。

でもそのお陰で、私は とっても暖かな気持ちになれました。私の心の中で、一つの区切りを付けることができました。
362 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/08 20:10:30 ID:PcQ5Kouo [7/10] 名前× NGID× 報告
ポケモンマスターと言う崇高とも言える夢の実現は、簡単なことではないと思います。

でも、サトシなら大丈夫。

最後まで絶対に諦めない、強い心を持つサトシなら、必ずポケモンマスターになれると、私は信じています。

サトシのことを すぐ傍で見てきた私だから、自信を持って言えます。


私もサトシの精神を見習って、これから先、ホウエンの旅、頑張りたいと思います。

テールナーたちと一緒に成長して、パフォーマンスの腕を磨いて、次こそエルさんに勝ちます。

そして、カロスクイーンと言う、私の夢を実現させます。


私がこうして大きな夢を見つけられたのは、サトシの素敵な夢を聞かせて貰ったからです。

サトシは私の人生を大きく変えてくれた、私の かけがえのない存在です。


だからサトシも、ポケモンマスターへの道、頑張ってください。

私、応援しています。遠く離れていても、応援しています。

サトシの夢の実現、私も心から、願っています。




363 : ンニュート@ピカチュウZ 17/06/08 20:13:41 ID:gLot5h2s [1/2] 名前× NGID× 報告
タイトル回収ですか!

終わっちゃう!!
364 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/08 20:20:00 ID:PcQ5Kouo [8/10] 名前× NGID× 報告





【 1-15 】



ホウエンに下り立った。


初めての場所、初めての薫り、初めての感覚。


これから私の――、私たちの、新たな旅が始まるんだ。


夢への新たなスタートラインを、私たちは今、踏み出したんだ。




 
   ― 完結 ―




365 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/08 20:20:30 ID:PcQ5Kouo [9/10] 名前× NGID× 報告





これにて完結です。

最終回のサトシとセレナの別れは、本当にグッとくるものがありましたよね。

これまでのご支援、ご感想、ありがとうございました。


また、多忙のため定期的な更新が出来ず、申し訳ありませんでした。

クスノキ時代からサトセレSSを書いてきましたが、これにて一段落。
アニポケXY、XY&Zを舞台にした、カロスを旅するサトシとセレナのSSは、これでラストです。



それでは、またどこかで。

次のSSは、5年後くらいでしょうかね?





以下、このSSの構想メモ。

366 : 州街道◆IVIG1YNTZ6 17/06/08 20:21:00 ID:PcQ5Kouo [10/10] 名前× NGID× 報告

当日夜:セレナ、旅の準備で自宅へ。サトシも誘う。
1日目:セレナ宅へ出発、メイスイ泊。敵と一応対面。
2日目:午前セレナ宅到着。昼食食べてサキ出掛ける。サトセレ、自転車で森へ。敵とバトル。野宿?
3日目:セレナ宅に戻る。サキ帰宅、サトシとサキの会話。サトシ、セレナの部屋へ。
4日目:サキに別れを告げミアレへ移動。バス。シトロン宅。
5日目:サトセレ出発

サトセレ、自転車で森、景色良いところへ

男女カップル→実はポケモンハンター
女の方は金、権威目当てで男と付き合ってる

サトシと男、セレナと女でバトル

サトシ、セレナの悪口言われ反論。
セレナのこと強く想っている。

セレナ、サトシに言い寄ろうとする女に自分の気持ちぶつける
バトル不利ながらも、ニンフィア一時的とっておき勝利

セレナ、ポケモンたち守ろうとして傷つく
サトシ、あの時のように助ける

自転車壊す

セレナ風呂
サキ、サトシにお礼
サトシ、セレナは強いとサキに話す

ユリーカ、本当にセレナがキスするとは思わなかった
367 : ッシブーン@ミックスオレ 17/06/08 20:30:48 ID:3P87mt5Y 名前× NGID× 報告
こっちも乙です!

サトシサイドとセレナサイドで話を進めて行くのは大変だったと思いますが、とても楽しめました!

またいつかサトセレss読める日を楽しみにしてます。
本当にお疲れ様でした!
368 : ガラグラージ@アクアスーツ 17/06/08 20:45:40 ID:gLot5h2s [2/2] 名前× NGID× 報告
乙です(`・ω・´)

サトシサイドのスレでも書きましたが見てて面白かったです!

終わり方もほっこりしました(*´▽`*)



369 : ャオニクス@まひなおし 17/06/08 23:33:23 ID:NnAdrcfE 名前× NGID× 報告
完結乙
サトセレ最高だな
370 : エンジシ@いでんしのくさび 17/06/09 02:08:57 ID:DZMKKFYo 名前× NGID× m 報告
おつかれ!
371 : サキィン◆INwhWfUQUw 17/06/09 03:36:14 ID:NZYsBftw [s] 名前× NGID× m 報告
完結かぁ
お疲れさまでした
372 : ウカザル@オレンジメール 17/06/09 11:33:50 ID:BoC46b8Y 名前× NGID× 報告
おもしろかったです!ありがとうございました!
半年間お疲れ様でした!
373 : ーダイル@バグメモリ 17/06/09 17:31:18 ID:kCW5vWU6 名前× NGID× 報告
お疲れ様でした!
374 : メテテ@しんぴのチケット 17/06/10 07:11:34 ID:bvIFrMLo 名前× NGID× m 報告
乙!
サトセレ良かった!
375 : リーセン@ちりょくのハネ 17/06/11 17:50:10 ID:Fi79EoFs 名前× NGID× m 報告
うーむ、これは良作。(確信)

書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
荒らしや煽りはスルーして下さい。荒らしに反応している人も荒らし同様対処します。


一部のホストからの違反報告を制限させてもらっています。


文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
    文字サイズ

    自分の投稿を分かりやすくする
    投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
    現在の設定は「有効」です。
      

    NG設定
    各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

    ・連鎖NG設定
    NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
    現在の設定は「」です。
      

    ・NGワード設定
    入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
    NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

    ・NGネーム・NGID一括削除


    【特殊な指定方法】

    ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
    ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
    ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
    詳しくは、NGの設定方法を参照。

(画面No:2a)

(連投制限などに引っかかった時用)