942レスです。1000レスを超えると書き込みができなくなります。
サトシ(28)「セレナ、金」:ポケモンBBS

サトシ(28)「セレナ、金」


1 : クジキング@でんきだま 17/07/14 16:03:17 ID:GlfRRaf. 名前× NGID× 報告
セレナ「あ、うん!はい3万円!」

サトシ「おう」

セレナ「サトシー…何に……使うのかな!」

サトシ「…………チッ」

セレナ「ああごめんね!何でもないのよ!じゃあわたしパートに行ってくるね。ご飯、レンジして食べてね。行ってきます!」

ガチャッ

サトシ「………パチも飽きたな…」

トゥルルルルルル

ヒカリ『もしもし…サトシ?』

サトシ『おう。今から飯行かないか?』

ヒカリ『え………で、でも…』

サトシ『ケンゴは今単身赴任だろ』

ヒカリ『うん……』

サトシ『いいから来いよ』
903 : マシュ@かいふくのくすり 17/09/17 12:27:52 ID:2JvjBpmU 名前× NGID× m 報告
支援
904 : ビゴン@ドラゴンメモリ 17/09/17 12:52:35 ID:ToFb.e9U 名前× NGID× 報告
スレタイからは想像できない大作になってきましたね

しえん
905 : ノヤコマ@ポケじゃらし 17/09/17 13:06:53 ID:D5oIDdDE 名前× NGID× 報告
セレナ、金→ギシアン

ここからこんな展開になるなんて誰が予想出来ただろうか
906 : ガボーマンダ@ピーピーエイド 17/09/17 19:42:08 ID:.cCc48Us [1/4] 名前× NGID× 報告
ーーーーー

ウィンウィンウィン……

リーリエ「すみません…少し御手洗に…」

タケシ「はい。………みなさんも、少し休んでください」

シトロン「……そうですね。僕とマーマネくんは離れるわけには行かないので、交代で休息を取りましょう。タケシさんとリーリエさんも、どちらか1人は付いていてください」

マーマネ「うん…。サトシもちゃんと休んでね。目が赤くなってるよ」

サトシ「……みんなに任せっぱなしで…休めるわけ…っ!……………ごめん。……オレも少し休むよ」

マーマネ「…大丈夫だよサトシ。僕とシトロンくんは慣れてるからね。何かあったらすぐに知らせるよ」

サトシ「…………ありがとう、マーマネ」

ーーーーー

カシュッ ゴクッ ゴクッ ゴクッ…

サトシ「……ふぅ………。何時間…経ったかな………」

コツコツ

タケシ「サトシ、良いか?」

サトシ「…ああ」

スタッ

タケシ「……………色んな…手術を見守る人達を見てきた。…自分が当事者になると……こうも景色が変わるんだな」

サトシ「…………………」

ガチャッ

シトロン「はあ…」

サトシ「シトロン!何かあったのか!?」

シトロン「!お、落ち着いてください。僕も休憩です」

サトシ「ほっ……。そうか………」

タケシ「……………シトロンさん。気になっていたのですが…ポケモン語って…テレパシーとかでは無理なのですか?」

シトロン「どうでしょう……。試してはいませんが、可能性はあるかもしれませんね。……………今は信号が受け取れるかどうか…」

サトシ「……あのさ、そのポケモン語?ってニャースじゃダメなのか?覚えているだろ?」

シトロン「…もちろん覚えていますが、ロケット団はかなり前に解散したと聞きました」

タケシ「ここの病院に入院していたサカキさんももういない。ニャースは何回か来ていたようだが………。今はどこにいるか」

サトシ「…オレ多分居場所わかるぞ。あいつらから電話番号貰ったんだ」

シトロン「…え?」

タケシ「ほんとか!?」
907 : クロー@ホズのみ 17/09/17 20:30:13 ID:.cCc48Us [2/4] 名前× NGID× 報告
プルルルル プルルルルル…
コジロウ『もしもーし』

サトシ『コジロウか?』

コジロウ『ん?その声…ジャリボーイか?』

サトシ『……もうボーイじゃない』

コジロウ『良いんだよ。どうかしたのか?』

サトシ『あの…ニャース今居るか?』

コジロウ『ああ。ちょっと待ってくれ。……おーい!ジャリボーイから電話だ!』

サトシ『……………』

ムサシ『はぁ〜いジャリボーイ、どうかしたの?』

サトシ『!………ニャースに用があるんだけど』

ムサシ『何よそっけないわねぇ。ニャース!あんただって!』

ーーーーー
ニャース『にゃるほどニャぁ』

サトシ『わかりそうか?』

ニャース『見てみないことにはわからニャいが、ま、おみゃーら人間よりは理解できるとおもうニャ』

ムサシ『何?ピカチュウが元気になって何か書いたの?』

コジロウ『そいつはめでたいな』

サトシ『いや……これから必要になるって言うか…』

ムサシ『はぁ?ちゃんと全部話しなさいよ』

サトシ『………ピカチュウは今…治療の最中というか…。手術?に近いことをしてる』

ムサシ『…………はぁーーっ!?』
コジロウ『おい!!ピカチュウは無事なのか!?』

サトシ『!…………今はまだ、結果待ちなんだ。できたらニャースに手伝って欲しいことがある。色々説明したい』

ニャース『………にゃーにとってピカチュウは戦友も当然ニャ。手伝うことは別にいいニャ』

コジロウ『ただオレ達が介入して良いことなのか?ニュースでも見たぞ。おそらくお前たちあの科学者と……ウルトラホールについて研究してるんだろ?』

サトシ『!? シトロンとマーマネはともかく……なんでウルトラホールのことまで!?』

ムサシ『わたし達のしつこさを忘れたの?ウルトラホールのことは得意の盗み聞き。他に漏らしたりなんかしてないわよ。とにかくあんただけの判断じゃわたし達は動けないわ』

サトシ『………分かった。…タケシ、シトロン。どうだ?…………………。ありがとう。…頼む。ピカチュウの為に力を貸してくれ!ニュース』

コジロウ『……………ふぅ…。…やれやれ』

ムサシ『はぁ〜あ。これでやっと堂々と動けるわね』

ニュース『待ってろニャジャリボーイ。すぐに行くニャ』
908 : アームド@ひこうのジュエル 17/09/17 22:24:25 ID:.cCc48Us [3/4] 名前× NGID× 報告
ーーーーー

ウィンウィンウィン……

マーマネ「………………」

リーリエ「……………動き…ありませんね…」

マーマネ「…うん……。サトシヘルメットに異常はないよ…。もしかしたら、ピカチュウの次の放電のタイミングまでかかるかもね…」

リーリエ「そうですか…………」

ピカチュウ「…………………」

ウィンウィンウィン……

マーマネ「リーリエ〜…。さっきはごめんね、頭…覗いちゃって…」

リーリエ「いえ…。わたくしも医者である以上、当然のことです……//」

マーマネ「…ユリーカちゃんに、デリカシーないってよく怒られてたの忘れてたなぁ」

リーリエ「ふふっ。マーマネは、うまくいっているのですか?」

マーマネ「えぇ!///。ぼ、僕のことは今はいいよ…。シトロンくんとも話して、今はピカチュウに集中したいんだ…」

リーリエ「……優しいのですね、マーマネ。初めてお会いした時から、ずっと変わっていません」

マーマネ「……良い意味で捉えていいのかな?ありがとう。…リーリエは、どんなところに惹かれたの?」

リーリエ「…………///。いつも……優しく…わたくしを気にかけてくれて……ポケモンにも愛情を持っているところです。…秘密ですよ?」

マーマネ「うん。……リーリエも昔と全く変わってないよ!うまくいくって!」

リーリエ「………………大きくないって…ことですか?」

マーマネ「?」

リーリエ「…何でもないです///」

ーーーーー

ピッ

サトシ「ニュース達がこっちに向かってくる」

タケシ「ロケット団に頼ることになるとはな……」

シトロン「でも、根は良い人達だと思います。嫌な目にもあわされましたが……これも何かの縁なのですかね」

タケシ「………ピカチュウの為に動いてくれたんだ。その行動を信じよう」

サトシ「あいつらは………良い奴だよ。オレのことも叱ってくれた」

タケシ「サトシ……」

サトシ「そろそろ戻ろう。充分休憩した」

シトロン「……ええ」
909 : ブライカ@とくせいカプセル 17/09/17 23:48:24 ID:.cCc48Us [4/4] 名前× NGID× 報告
ウィーン

シトロン「マーマネくん、動きはありましたか?」

マーマネ「全然だね」

サトシ「そっか……」

リーリエ「タケシさん。最後にピカチュウぎ放電した時期、わかりますか?」

タケシ「放電……?しばらく見てませんが…何か関係が?」

マーマネ「もしかしたら、その時に何か得られないかなって。電気ポケモンで実験は繰り返してたからある程度は耐えられると思うんだ」

タケシ「なるほど…。少し記録を探ってみます」

リーリエ「お願いします」

サトシ「……ピカチュウは怒ったり…引っ張りまくれば放電してたな…」

シトロン「今のピカチュウを感情的にさせることは無理ですよね…。かといって強引に起こすのも危険かと…」

サトシ「……………………そっか…」

マーマネ「取り敢えずまだ待ってみよう。既に信号は発信してても弱すぎて処理されてない場合も考えられる。バッテリーも充分だからさ」

サトシ「………わかったよ」

ーーーーー

プルルルルル プルルルルル

セレナ『サトシ!?どうだった!?』

サトシ『っ……。まだ、結果待ちだ。ごめん。今日は帰れそうにないんだ』

セレナ『…………………そっか。分かったよ…』

サトシ『うん……。それじゃあ』

ピッ

サトシ「………かえって…不安にさせちゃったかな…。…いや、セレナにはちゃんと全部話そう……………。ここ、夜って冷えるのかな…?」

「ちょっと困ります!勝手に入らないでください!」

ムサシ「うるさいわね!あんた達の先生に確認取りなさいよ!」

サトシ「!!……お、おい!」

コジロウ「ん?ジャリボーイ!このお嬢さんに説明してくれよ!」

「……?あなたが…呼ばれたんですか?」

サトシ「ああ。オレと、タケシ先生の判断です」

「!……。し、失礼しました」

サトシ「いや……。連絡、通してませんでした。…ご迷惑おかけしました」

ペコリ
910 : ャオブー@きのはこ 17/09/18 01:38:31 ID:Mcvsa5Lk 名前× NGID× 報告
速攻でやってくるロケット団マジ大好き
911 : ビヨン@キーストーン 17/09/18 07:43:35 ID:MCEMsRz2 名前× NGID× 報告
いつの間にか1000近くまで来てる

支援
912 : レフワン@においぶくろ 17/09/18 07:52:51 ID:zaKD/JtI [s] 名前× NGID× 報告
>>908
大きくない(意味深)ってどういうこと何ですかねぇ…
913 : ヤシガメ@スキルコール 17/09/18 08:33:51 ID:Yi/e..nE 名前× NGID× m 報告
>>912
そりゃお前、リーリエのナイチt・・・おや?誰か来たかな?
914 : レビィ@げんきのかたまり 17/09/18 14:16:54 ID:f6JjFApc 名前× NGID× 報告
サトシ礼儀を学んでて草
915 : ゼリア@きんりょくのハネ 17/09/18 16:49:25 ID:Y2MvSpe. 名前× NGID× 報告
マノンとサトシたち話さないかなあ
916 : ビワラー@ひかりのねんど 17/09/18 17:39:22 ID:uyVVYP5c [1/3] 名前× NGID× 報告
ウィーン

リーリエ「……あなた達…!」

ムサシ「あら、久しい顔がたっくさん」

コジロウ「昔を思い出すなぁ」

マーマネ「ちょ、なんでここが!?今はダメなの!」

タケシ「あ!すみません。自分が呼んだんです」

リーリエ「ええ!?どういうことですか…?」

ニャース「……おみゃー、顔色悪いニャ。受付にも通ってなかったニャ」

タケシ「…すみません。少し……気を張り詰めていたようで」

シトロン「僕が説明します。タケシさんは少しお休みに…」

ーーーーー
ウィンウィンウィン…

ピカチュウ「………………」

コジロウ「ピカチュウのこんな姿…………見たくはなかったなぁ」

ムサシ「思っても良いけど言葉にするのはやめてよね。こっちまで辛くなるわ」

リーリエ「……………」

ニャース「話は分かったニャ。とりあえず今は結果待ちということなんだニャ?」

シトロン「ええ。その間に手伝って欲しいことがありまして………………。ニャース。これらの文字…読めませんか?」

ニャース「…………………ああ、読めるニャ。トゲデマルはほとんど食べ物の感想、レントラーは外で遊びたいと願ってるニャ」

サトシ「まじか……!!」

タケシ「………すごい…!」

シトロン「ニャース!ありがとうございます!…………そっか…。ずっと…研究ばっかで篭りっきりでしたね…」

ムサシ「それじゃあ……ピカチュウがポケモン語モニターに出すまではここに居ても仕方ないのね」

マーマネ「ポケモン語どころか………波すらまだキャッチできてないんだ。話は結構先になりそう…」

ムサシ「んじゃ隣の空き部屋借りるわよ〜」

タケシ「えっ…?」

コジロウ「長くなりそうだな。何か買ってくるか」

リーリエ「ま、待ってください!院内の飲食は…」

ムサシ「あんたねぇ。お腹の音聞こえてんのよ?ニャースの力借りたいんならこんくらい見逃してよね」

リーリエ「!///」

コジロウ「ニャースは残ってたほうが良いな。適当に色々買ってくるぞ」
917 : ネコロロ@あさせのしお 17/09/18 19:02:02 ID:uyVVYP5c [2/3] 名前× NGID× 報告
ーーーーー
モグモグ モグモグ

リーリエ「全く…!病院を自分の家みたいに……!」

サトシ(腹減ってたのか……………)

マーマネ「でも助かったよ。僕たちも離れられないしね」

シトロン「もうちょっとで……日にち変わりますね……」

タケシ「………放電まで待つしかないのかな…。みなさん、睡眠はとってくださいね」

マーマネ「うん……。シトロンくん、僕ちょっと寝てきても良いかな」

シトロン「分かりました。僕が見ておきますね」

サトシ「みんな…ありがとうな。ここまで時間かかるとは思わなかった」

リーリエ「わたくし達は仕事ですが、サトシは大丈夫なのですか?」

サトシ「ああ。ちゃんと休みはとってある」

タケシ「良かった…。また無理して働きに行くのかと思ったよ」

サトシ「…………………さすがにそんなこと、出来ないよ」

ボーン ボーン ボーン

サトシ「………少し、寝てくるよ。ピカチュウのこと、お願いします」

ーーーーー
ウィンウィンウィン…………

サトシ「…………ん……ふぁ……。……3時か……」

リーリエ「……すぅ………すぅ………」

マーマネ「……んー…………んごぉ………」

サトシ(みんな………寝てるか…。動きは…無かったみたいだな…)

ウィーン テクテク…

ピカチュウ「…………………」

サトシ「ピカチュウ…………。覚えてるかな、オレと最初会ったとき…………。遅刻して………ピカチュウが最初のパートナーになって…………。……色んな旅、してきたな。……………ずっと…。………………っ。ずっと……一緒だった。…………………っ。ポケモンマスター、なれなくても良い。ただもう1度…………。……グスッ…………っ!……。もう1度だけ………君と一緒に歩きっ……たいんだ…………っ」

ポタッ ポタッ ポタッ……

ウィンウィンウィン……

ピカチュウ「…………………」

サトシ「ほっぺ…柔らかい。ふふっ………。…グスッ…………。なあ、ピカチュウ…………………っ」

ピカチュウ「……………………」

……ピッ ピッ ピッ

サトシ「…グスッ……………。………………っ!!?……お、おいっ!マーマネ!起きろマーマネっ!!!」
918 : ガヘラクロス@ともだちてちょう 17/09/18 23:00:16 ID:Q1EQa3KM 名前× NGID× 報告
お?
919 : ンバル@ちいさなキノコ 17/09/18 23:48:23 ID:uyVVYP5c [3/3] 名前× NGID× 報告
ピッ ピッ ピッ…

サトシ「おい!起きろっ!」

マーマネ「ん……サトシ……?……!!…波が……きたっ!!」

リーリエ「うーん……マーマネ…?」

サトシ「みんな!起きてくれ!!」

ウィーン

シトロン「サトシ!どうしました?」

マーマネ「シトロンくんみて!波がきてる!」

タケシ「きた………!来たぞ……っ」

サトシ「やった……。良かったぁ……。…ピカチュウーーっ!!」

ビクッ!!

タケシ「サトシ!時間考えろ!」

マーマネ「サトシ落ち着いて!………不安……恐怖……。この波が激しい…」

リーリエ「でも確かにピカチュウは……」

シトロン「ええ…。やっぱり……ちゃんと生きてます。感情も意識もあります!」

サトシ「ピカチュウ……。良かったなぁ………っ!」

タケシ「……………良かった…。ピカチュウ…。オレのしてた事は…無駄じゃなかったんだな…」

マーマネ「……見て!高揚……緊張……。来てる来てる………!」

サトシ「おい…!これで…シンクロ出来るのか!?ピカチュウ…助けられるか?」

リーリエ「サトシ落ち着いてください!」

シトロン「波が……不安定です。ピカチュウも激しい混乱状態みたいです」

タケシ「…!」

マーマネ「もう少し待ってみよう。波が安定するまで……。まだ何かキャッチできるかもしれないよ」

サトシ「…………………っ」

ピッ ピッ ピッ… ピピピピピピッ

シトロン「き、きました!」

マーマネ「ポケモン語!サトシ、ニャースを!」

サトシ「!……分かった!!」

ダダダダダッ ウィーン
920 : ギアル@おとしもの 17/09/19 00:18:08 ID:tAnipGOI [1/2] 名前× NGID× 報告
ガラッ!!
サトシ「おい!ニャース起きてくれ!!ニャース!!」

コジロウ「……ふぁ…うるさいぞ、ジャリボーイ……」

サトシ「ピカチュウが喋ったんだ!ポケモン語!ニャース見てくれ!」

ニャース「……ピカチュウが…!?す、すぐに行くニャ!」

ムサシ「波も表示されたの!?」

サトシ「ああ…!生きてる………生きてるんだ!」

ウィーン
サトシ「マーマネ!」

マーマネ「!ニャース、これ見て欲しいんだ!」

ニャース「?………まだボヤけてるニャ」

シトロン「!…レントラーの時はすぐにでたのに…」

リーリエ「でもこれで………」

タケシ「ああ!一歩前進だ!ピカチュウを助けられるぞ!」

サトシ「良かったぁ………。グスッ…………っ。……………良かった…」

リーリエ「タケシさん……っ!」

ガバッ! ギュウッ

タケシ「!リーリエさん……」

リーリエ「うぅ………っ。おめでとう……、おめでとうございます……っ!!…うぅ……グスッ…………っ」

タケシ「…………ありがとう、リーリエさん」

コジロウ「……なんか出遅れちゃったけど…うまくいったのかな?」

ムサシ「そうみたいね……。でも……なんだかとっても良い感じー!ジャリボーイ!良かったね!」

サトシ「ありがとう………。ははっ………。みんな本当にありがとうっ!!」

ピピピピピピッ

ニャース「……………………………!!」

マーマネ「あ、今度はハッキリしたんじゃない?」

シトロン「いよいよ次はシンクロですね…。また忙しくなりそうです!サトシ、また実験開始ですよ!」

サトシ「分かってる…。分かってるよ!シトロンっ!……はははっ!」

ニャース「………………………なあジャリボーイ。このピカチュウ、間違いなく…おみゃーのピカチュウだよニャ?」

サトシ「………何…言ってるんだよ……。オレのピカチュウに決まってるじゃないか。……どうしたんだよ、ニャース…」

ニャース「………………………………。『きみは…だれ?……とても……寒いよ……』…………………。ピカチュウの………言葉ニャ……」

サトシ「…………………………………………………え…?」
921 : ーナイト@トレジャーメール 17/09/19 00:19:18 ID:tAnipGOI [2/2] 名前× NGID× 報告
今日はネマシュ いつも支援ありがとナス

おやすミストフィールド
922 : ズレイド@リニアパス 17/09/19 06:19:07 ID:RIJfwG2M 名前× NGID× 報告
記憶喪失かな?
923 : ナフィ@エフェクトガード 17/09/19 16:33:10 ID:IK5BM1ZA 名前× NGID× 報告
危篤なのは別個体のピカチュウでサトピカは生きてると予想
924 : ナバァ@ゴーストメモリ 17/09/19 18:04:51 ID:AdHNQOSs 名前× NGID× 報告
意識がない状態なんだ、ニャーが訳した言葉がサトシたちに向けられたものとは限らないだろう
夢を見てる可能性だってあるし
925 : リデプス@ひみつのカギ 17/09/19 19:29:27 ID:SC/vQUkE 名前× NGID× m 報告
皆必死で草


草…
926 : ンベアー@ズリのみ 17/09/19 23:04:13 ID:gtiTIRxE 名前× NGID× 報告
長年敵対していたロケット団が数年たって一緒に助け合う展開とか胸熱すぎい!
熱盛って叫びたくなるわ!
支援
927 : リマロン@モモンのみ 17/09/19 23:24:57 ID:yx5Lmx.. 名前× NGID× m 報告
支援
928 : イパム@むしよけスプレー 17/09/19 23:36:39 ID:B9rY3/52 [s] 名前× NGID× 報告
支援!せずにはいられない!
929 : ジロック@こわもてプレート 17/09/20 07:31:39 ID:y4mJ/L12 名前× NGID× 報告
ウルトラホール通ると記憶が消える可能性あるんだよな…
リラとかモーンとか…
930 : ゴラス@ビアーのみ 17/09/21 17:15:00 ID:qf2PcrSc 名前× NGID× 報告
支援
931 : ァイアロー@やけどなおし 17/09/22 16:42:35 ID:E5zooGNM [1/4] 名前× NGID× 報告
ーーーーー

リーリエ「………あれからサトシと、連絡取れました?」

タケシ「いえ……」

リーリエ「薬の再編成は引き続き行なっています。財団の方にも今回の結果を伝えました。臨床試験のことも…いよいよ考えなければですね」

タケシ「ええ……」

リーリエ「……………………」

タケシ「サトシのあんな顔、はじめて見たなぁ…」

リーリエ「…………………っ」

タケシ「サトシは間違いなくここに戻ってくるでしょう。でもそれは…今までのピカチュウとの別れを決めた時です」

リーリエ「……ピカチュウを…治せたとしても、もう…記憶は戻らないのでしょうか」

タケシ「わかりません。一時的な記憶喪失は過去治療してきたポケモンにもありました。…ピカチュウの場合は……あまりにも年月が経ちすぎています。ウルトラホールの影響が未知数である以上、覚悟しなくてはなりません」

リーリエ「…そうですよね。サトシはまた…ピカチュウと一緒に暮らすのでしょうか…」

タケシ「……………………。自分と居たら…また同じ目に合わすんじゃないか…。今のサトシなら考えそうなことです。………あの時も…最後にサトシは、ピカチュウを治すことを第一と言っていました。サトシの判断を待ちましょう」

リーリエ「………うぅ…………っ」

ーーーーー

マーマネ「……あんな機械、作らない方が良かったのかなぁ」

シトロン「…それは考えないことです。みんながショックを受けたこと、とても残念ですが……今のピカチュウの状態を明確にできたのも事実です………」

マーマネ「そうだよね……。でもさ、最初から臨床試験を選んでいれば、サトシもみんなも、あんな思いはしなかったのかなぁって」

シトロン「マーマネくん、それは違いますよ。仮に試験に成功したとしても、残るのは記憶を失ったピカチュウです。結局は…同じところにたどり着くんです」

マーマネ「…………………………うん。……シトロンくんは流石だね。こんな時でも、僕よりずっと冷静だ…」

シトロン「!………………僕だって……っ。僕だって悔しいですよっ!今にも泣き叫びたい気分です!!…………でも…………っ。僕たちは科学者です…。答えを出さなきゃいけないんです…………!」

マーマネ「……………っ」

ウィーン

ユリーカ「2人ともーご飯できたよ〜」

シトロン「は、はい!すぐ行きます!」

マーマネ「よ、よーしっ。まずは腹ごしらえしてからだね!」

ユリーカ「?……早くきてよ?」

ウィーン

シトロン「………………ユリーカにも、伝えるべきでしょうか」

マーマネ「ジムで忙しいんだよね……。少し様子を見てからの方が良いかな……」
932 : ラセクト@はかせのふくめん 17/09/22 17:02:57 ID:MuYuybsU 名前× NGID× 報告
つらいなあ…
支援
933 : サナン@マスターボール 17/09/22 19:20:07 ID:E5zooGNM [2/4] 名前× NGID× 報告
シトロン「いただきます…」
マーマネ「い、いっただっきまーす!」

ユリーカ「…………いただきます」

モグモグ モグモグ

マーマネ「おいしーい!えーっと、ナツメグが効いてるのかな?」

ユリーカ「……一振りもしてないんだけど」

シトロン「いえ美味しいですユリーカ!…なんかこう………。そう、例えるなら油が少なくて…本場の味って感じです!」

ユリーカ「………いつから食レポのコーナーになったのよ…。2人ともくさすぎ!言いたいことあるなら言ってよ!」

シトロン「うっ……」

マーマネ「まずいよバレちゃうよ!」

シトロン「いえ…諦めるのはまだ早い…」

ユリーカ「その距離で聞こえないと思ってるの?…………………グスッ……。うぅ………っ。2人とも…………酷いよ………………っ」

マーマネ「あわわごめんなさいっ!話すよ、話すからユリーカちゃん!」

シトロン「すすすみません!泣くのはやめてください!話しますから!」

ユリーカ「あ、ほんと?じゃあ早く教えて」

ケロッ

マーマネ「…………」
シトロン「…………」

ーエーテル財団ー

グラジオ「ザオボー、少し良いか」

ザオボー「代表。如何なさいましたかな」

グラジオ「リーリエから連絡が来た。向こうでの結果だ」

パサッ

ザオボー「…………………………ふむ……」

グラジオ「ここからは我々も薬の再編成に参加しようと思う」

ザオボー「なるほど…………。臨床試験に向けてということで?」

グラジオ「そうだ。いつでも対応できるようにしておきたい」

ザオボー「……よろしいのですか代表。ヌルは…」

グラジオ「何を言っている。ルザミーネ様を救ってくれた恩人が苦しんでいるんだ。元々はこちらが原因で生じた問題…ここの代表として、引くわけには行かない」

ザオボー「…………」

グラジオ「頼んだぞ」

クルッ スタスタ……
934 : ドイデ@あかいくさり 17/09/22 21:29:55 ID:E5zooGNM [3/4] 名前× NGID× 報告
ーーーーー
ユリーカ「ううぅぅぅ……っ!………グスッ……っ。…………サトシ…。ピカチュウっ……。そんなことって………………」

シトロン「………僕たちとの冒険も、もう覚えていないでしょう」

マーマネ「そうだよねぇ…」

ユリーカ「…………ピカチュウ……助からないの…?」

シトロン「いえ…。助かる方法はあります。ちゃんと感情を持って生きていることは確認できました。ただ……」

マーマネ「回復したとしても、僕らの知ってるピカチュウじゃない……んだよね」

ユリーカ「………………グスッ………」

シトロン「少し…疲れましたね………」

マーマネ「うん…。僕たちの実験とメカはちゃんと正常に機能した。こんなに…寂しい嬉しさってないよ………」

プルルルルル プルルルルル…

ユリーカ「!……セレナ。………ずびぃぃぃぃぃっ……。……よしっ」

ピッ
ユリーカ『もしもしセレナ?』

セレナ『あ、ユリーカ。サトシそっちにいない?』

ユリーカ『サトシ……来てないよ?どこか行っちゃったの!?』

セレナ『ううん。ただ………あ、携帯忘れて行ったみたいで…。そっか!ありがとうね!それじ…』

シトロン『セレナ!待ってください!』

セレナ『…!』

シトロン『……サトシ…しばらく帰っていないんですね?タケシさんも…連絡が取れないと行っていました』

セレナ『…………………うぅ……っ』

シトロン『セレナ、無理しないでください。一度こちらに来ませんか?抱え込まないで話し合いましょう。僕たちは仲間です』

セレナ『…ありがとう……。ありがとうね……シトロン……グスッ……っ』

シトロン『…………』

セレナ『サトシは……ちゃんと毎日仕事にも行ってるし、わたしにもちゃんと全部話してくれたよ。でも……。ふらふらってたまにどこか行っちゃって………。帰ってこない日もあるし…口数も減ったんだ………』

ユリーカ『セレナ!こっちおいでよ!……ちゃんと話そう…?』

セレナ『うん……。ユリーカ……頼っても………良いかな?』

ユリーカ『当然!わたしだってこのまんまなんて嫌だよ!いつでも来て良いからね!』

ピッ
ユリーカ「…ほら2人とも!科学は99の失敗と1の成功なんでしょ!?いつまでもしょげてないで次考えるのよ!!………グスッ……っ!」

シトロン「…………ユリーカ……。……今回は…失敗ではないんですけどね。でも……」

マーマネ「………………やろう、シトロンくん。もう一度最初から.他の可能性を………っ!」
935 : ガニウム@ヘビーボール 17/09/22 23:01:32 ID:E5zooGNM [4/4] 名前× NGID× 報告
ーカキの牧場ー
カキ「………………」

スイレン「パパ、どうしたの?ぼうっとして」

カキ「ん?ああ、何でもないよ」

スイレン「ふーん…………まあ話したくないならいいよ。サトシのことでしょ?」

カキ「…悪いな。サトシからの頼みなんだ」

スイレン「うん、分かったよ。………わたしも、もうちょっと頼ってもらいたかったなぁ」

カキ「………………。体調はどうだ?」

スイレン「大丈夫」

カキ「そっか。なら良いんだ」

スイレン「……なんか冷たい」

カキ「…え?」

スイレン「サトシの事も良いけど、ちゃんとこの娘の事も考えてよ?」

カキ「わ、悪い………」

スイレン「まったく………」

スタスタ………

カキ「……………………行ったぞ」

スクッ
サトシ「悪いなスイレン………。今のスイレンに、余計な心配は与えたくない」

カキ「………臨床試験…するのか?」

サトシ「…………考えたくは無かったけど…現状それしか方法がないんだ」

カキ「………………」

サトシ「……………ピカチュウの記憶が無くなったとしても、オレは覚えてる。初めての…友達なんだ。オレの事は忘れてくれても良い。だけど、ピカチュウの事は助けたい」

カキ「……………………っ」

サトシ「もし試験をするなら……グラジオのところに行ってオレもタイプ・ヌルの試験に立ち会いたい。きっと…グラジオは試験を許可してくれると思う。後はオレの気持ち次第…。タイプ・ヌルを犠牲にする覚悟……。グラジオが、タイプ・ヌルを可愛がっているのはよく分かってるんだ」

カキ「………………………辛いな」

サトシ「ふふっ………。流石に…やつれちゃったよ。…………………………っ。…………悲しいっ……なぁ………」

ポタッ ポタッ ポタッ…
カキ「サトシ…………。セレナさんには、ちゃんと話したのか?」

サトシ「グスッ……。ああ、ちゃんと話した。………でも…うまく会話できてない気がする…」

カキ「……………今日はちゃんと帰ってやれよ。近くにいるだけでも…お互いに安心できるんじゃないか?」

サトシ「………ははっ。カキはほんとスイレン想いなんだな…。…………話、聞いてくれてありがとう。よく……考えるよ」
936 : ッフロン@しらたま 17/09/22 23:02:09 ID:3mZ3VqCE 名前× NGID× m 報告
将棋してんのかと思った
937 : ガチャーレム@パワフルハーブ 17/09/22 23:40:29 ID:6m0dfQlM 名前× NGID× 報告
>>936
一瞬、何言ってるのかわからなかった

スレタイのことかあ...
938 : ッポ@ちりょくのハネ 17/09/23 00:10:36 ID:RKtHhLnE 名前× NGID× 報告
ーーーーー

ガチャッ

サトシ「ただいま…」

セレナ「サトシ?……どこ行ってたの?」

サトシ「悪い……携帯忘れて……」

セレナ「…わざわざ鞄から出して置いてったでしょ」

サトシ「……………」

セレナ「1人になりたいなら、それでも良いから伝えて欲しいよ」

サトシ「……ごめん、セレナ」

セレナ「……さっき、ユリーカと話したの。ミアレに来ないかって」

サトシ「ミアレに?」

セレナ「シトロンとマーマネさん、まだ諦めてないんだよ」

サトシ「………………」

セレナ「………わたし、シトロンたちに会ってくる。ちゃんと話してきたいの」

サトシ「そっか……」

セレナ「………………」

サトシ「オレは……ピカチュウが助かるなら何でもいい…。今はそれしか…考える余裕ないんだ」

セレナ「……………わかったよ。ゆっくり…気持ちの整理できるといいね…」

サトシ「……………………っ!簡単に……そんなこと言うなよ…!セレナに…ピカチュウの……友人を失う気持ち、分かるのか!?」

ドンッ!

セレナ「………………」

サトシ「はあ……はあ…………っ!!………ごめん…。……くそっ…………」

セレナ「…………………わたしだって……初恋の人を失ったわ…」

サトシ「……?」

セレナ「長い間…………良いようにされてきた。辛かった」

サトシ「!……」

セレナ「でもね…。ちゃんと帰ってきてくれた。時間はかかったけど……。その人が言ってたの。『諦めなければきっとうまくいく』って。わたし、その言葉信じて…ずっと頑張ってきた」

サトシ「………」

セレナ「簡単な問題じゃないことはわかってるよ。でもね、わたしはサトシにもう一度会えた。それだけは確かよ」

サトシ「……………っ」

セレナ「…………うるさくてごめんね。今日はもう寝るよ。おやすみ、サトシ」
939 : ラクロス@ライドギア 17/09/23 08:49:16 ID:rCy2PDp6 名前× NGID× m 報告
泣いた
支援
940 : リバード@モーモーミルク 17/09/23 10:34:05 ID:hYIEGVuU 名前× NGID× 報告
しえん
941 : ルンゲル@ポイントマックス 17/09/23 14:58:53 ID:g2rkMLus [s] 名前× NGID× 報告
セレナ聖人杉ィ!!
942 : ードラン@ドリームボール 17/09/23 15:57:24 ID:EW8R1A7A 名前× NGID× m 報告
セレナたゃん

書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
荒らしや煽りはスルーして下さい。荒らしに反応している人も荒らし同様対処します。


一部のホストからの違反報告を制限させてもらっています。


文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
    文字サイズ

    自分の投稿を分かりやすくする
    投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
    現在の設定は「有効」です。
      

    NG設定
    各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

    ・連鎖NG設定
    NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
    現在の設定は「」です。
      

    ・NGワード設定
    入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
    NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

    ・NGネーム・NGID一括削除


    【特殊な指定方法】

    ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
    ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
    ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
    詳しくは、NGの設定方法を参照。

(画面No:2a)

(連投制限などに引っかかった時用)