【カヲス系SS】マフォクシー「汚物の悲劇が起きた様です( ´_ゝ`)」


1 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 22:29:17 ID:/5i69Ozo [1/14] 報告
-ぽけりん女子学園-


女子トイレ内にて。

和式便器を跨ぎ…一人の女子生徒が、
便秘で中々出ない“デデーン!う◯こ!”と壮絶な死闘を繰り広げていた。


サーナイト♀「ゼェハァ…ゼェハァ…アアッ!ハァッ…ハッ…!」


30分に及ぶ死闘の末…▽


サーナイト♀「イクゥイクイクゥィク…アッハッ、ンアッー!!アァッアッ…アッ…ハン、ウッ!!…ッ」


 (ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!)


サーナイト♀「 ンギモヂイィイイイッ!!」

…………………
2 : クラビス@きかいのぶひん 17/09/08 22:29:44 ID:ZhB6u2IM 報告
授業始まってそう
3 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 22:30:21 ID:/5i69Ozo [2/14] 報告
──そして、事件は起きる。


サーナイト♀「!?…な、なんてことなのー!」


そう…一週間溜め込んでようやく排泄したデデーン!う◯こ!はあまりに大きく…
なんと水で流そうとしても、流れていかないのである!


私は驚愕した…!
何度流しても、動かざること山の如し…いえ、動かざること糞の如し!

全く流れていく気配はなかった。


サーナイト♀「┗┏┗┏┗┏┗┏ (⌒,_ゝ⌒) ┓┛┓┛┓┛┓┛」


サーナイトは、あろう事か…そのままデデーン!う◯こ!を放置し、
昼休みを終えて教室に戻っていった。
4 : ークライ@ミストシード 17/09/08 22:30:35 ID:pPNvLU0c 報告
デデーンと淫夢で草
5 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 22:31:53 ID:/5i69Ozo [3/14] 報告
-ぽけりん学園・2年F組-

──午後の授業中。


ヌメルゴン♀(教師)「第7世代になり、今では私達ポケモンは約800種類にまで…」

マフォクシー♀「(^ω^≡^ω^) おっおっ…」モジモジ

(授業中にトイレに行きたくなってしまった!昼休みに行っておくべきだったか…っ////)


ヌメルゴン♀「ん?どうしたの、マフォクシーさん。」

マフォクシー♀「先生、トイレ!」

ヌメルゴン♀「先生はトイレじゃありません。」

マフォクシー♀「誰が先生自身をトイレなどと言った、思い上がりも甚だしいわ!」
6 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 22:32:48 ID:/5i69Ozo [4/14] 報告
クチート♀「あ、私も一緒に行って構いませんか?
(助かったわ。私も我慢してたけど、言い出し辛くて…。)」

ラランテス♀「では私も。…授業つまらないので、抜け出す口実にしようかなと。」

ミミロップ♀「ラランテスちゃん達が行くなら、私も付いて行こうかな♪」

ヌメルゴン♀「キャビア! フォアグラ! トリュフ! 汝等もか。」

クチート♀「誰がキャビアですかっ!」

ミミロップ♀「フォアグラじゃないもん!」

ラランテス♀「 何ですか先生、そのネーミングセンスは。」

ヌメルゴン♀「ふぅ、仕方ありませんね…なるべく早く戻ってくるのですよ。」

4人「は〜い。」

サーナイト♀「……。」

…………………
……………
………
7 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 22:33:53 ID:/5i69Ozo [5/14] 報告
ラランテス♀「…ふふ、友達皆で授業抜け出すの楽しい♪」

クチート♀「マフォクシーさんと私は、ほんとにトイレ目的だけどね。
…うぅ、腹痛が痛い…。」

マフォクシー♀「クチートさん、何か変な物でも食べたんでしょうか?」

クチート♀「…かもしれない。」

ミミロップ♀「それじゃ、待ってるわ。」

……………▽


しかし…彼女達は、この先に待ち受ける恐ろしきものを知る由もなかった。
8 : クホーク@ルアーボール 17/09/08 22:36:03 ID:JuWmd3VY 報告
またお前か(期待)
9 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 22:36:36 ID:/5i69Ozo [6/14] 報告
マフォクシー♀「小の方です。」

クチート♀「私は大の方です。早くしないと下痢の波が襲ってきています。」

ガチャッ


不運にも、そこはちょうどサーナイトが使っていた個室だった。
クチートの目に飛び込んできたものは…。


    _(⌒i_
   _/ーソノ-ヽ
  (|> < |)
  (O人 (王| ̄ ̄ ̄ ̄|
   (⌒( ヲ見せられ|
   / ̄ ̄|ないよ!|
   ∧ ○|____|
  /  ̄/ ̄く
`/ /~ ̄) ノ
(__ノ  (__)


クチート♀「ひぃっ!?」ビクッ
10 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 22:37:36 ID:/5i69Ozo [7/14] 報告
マフォクシー♀「どうしました、クチートさん!」

ミミロップ♀「素っ頓狂な声を出して、何事っ!」

ラランテス♀「一体どうしたんですの……」


    _(⌒i_
   _/ーソノ-ヽ
  (|> < |)
  (O人 (王| ̄ ̄ ̄ ̄|
   (⌒( ヲ見せられ|
   / ̄ ̄|ないよ!|
   ∧ ○|____|
  /  ̄/ ̄く
`/ /~ ̄) ノ
(__ノ  (__)


四人「あかーーーん!!!!」
11 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 22:38:17 ID:/5i69Ozo [8/14] 報告
そして教室に戻ってきた後…▽

  
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄

マフォクシー♀「何だよアレ…何なんだよアレは…。」


ヌメルゴン♀「貴方達、もうとっくに授業終わってるわよっ!」

クチート♀「先生…ちょっと良いでしょうか?」

ヌメルゴン♀「…?」

ラランテス♀「今から皆に伝えなければいけない事があります…!」

ヌメルゴン♀「はい?何かあったの?」

ミミロップ♀「実はですね…その…。」

ゴニョゴニョ(省略)


ヌメルゴン♀「なな、なんだってぇ!」
12 : クシー@コインケース 17/09/08 22:40:43 ID:ftvhCVG6 m 報告
これはアカン……(´;ヮ;`)
13 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 22:41:11 ID:/5i69Ozo [9/14] 報告
クチート♀「…と、いうわけで皆さん。」

クラスメイト達「…?」

ミミロップ♀「トイレに、水で流せない程に大きなう◯こをした者がいます。」

サーナイト♀「!?(まずい、やはり私があのまま残していったう◯こに気付いたか…!)


\えー!マジ!う◯こ放置?/

\キモーイ!/

\放置が許されるのは、小学生までだよねー!/

\キャハハハハハハ!/


ラランテス♀「小学生でも放置は許されません。」

マフォクシー♀「犯人は恐らくこの中にいる?さあ、正直に名乗り出るのだッ!」


クラスメイトA (^ω^)チガウウウウゥウウウゥゥ

クラスメイトB (^ω^)オレジャアアアナイイイイ

クラスメイトC (^ω^)イギエアアァァァアアアア

クラスメイトD (^ω^)キェェェェェェィイイイイイ
14 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 22:43:36 ID:/5i69Ozo [10/14] 報告
──騒がしくなる教室内。

昼休み前後にトイレに行った者は数人に限られており、
このままではサーナイトに疑いの目が向くのも時間の問題となっていた。


サーナイト♀「(っ…!自白なんてしたら、私の清楚なイメージが地の底に墜ちてしまう!)」


\デデンネ!貴女じゃないの?/

\それは偏見よっ!デデーン!/


サーナイト♀「…ううっ、どうすれば、どうすればいいの…!
考えるのよ、エスパーの頭脳をフル回転させて危機を脱しなければっ!」

…………………
……………


(!?)


サーナイト♀「そうだわっ、この手段があるじゃない!
私ったら、何故あの時に気が付かなかったのしら…ふふふふ♪」


サーナイトは今の内に気付かれずに教室を抜け出して、女子トイレへと向かった▽
15 : クタン@スチールメモリ 17/09/08 22:44:22 ID:rN1bt5fo 報告
今回はいつもとちょっと違う珍しいジャンルですね
支援
16 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 22:46:54 ID:/5i69Ozo [11/14] 報告
-再びトイレの個室内-

サーナイト♀「このう◯こを証拠隠滅して、私に疑いの目が向けられる前に…
放置う◯この事実そのものを無かった事にする!」


…え?どうやって、う◯こを隠すんだって?
ご心配なく。私はエスパータイプのあの技が使えますわ。

そうっ、“テレポート”よっ!


説明しよう(=゚ω゚)ノ
テレポートの技は、自分が何処かへワープするのみならず…
物体を転送したりする事も可能なのだっ!
ただし、本来の技の使い方ではない為…物体の送られる先は、技の使用者にも分からない。


サーナイト♀「まぁ、どこに転送されるかは私にも知らんけど…この際構わないわ。
…行くわよ、う◯こテレポート!」


ばひゅんっ!


う◯こは、綺麗に便器から消え去った。


サーナイト♀「やったわ!後は教室に戻り…
あの4人が、放置う◯こがあると嘘を付いていたという事にしてしまえば、
この一手で私の勝利が確定…!」


しかしサーナイトは、これが新たな惨劇を招いてしまう事を知る由も無かったのである。
何故なら、テレポートで転送したう◯この行き先は…
17 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 22:47:36 ID:/5i69Ozo [12/14] 報告
ミミロップ♀「あら?そういえばサーナイトさんはどこへ行ったのかしら…?」

クチート♀「本当、いつの間に……って、何あれ?」

ラランテス♀「先生の頭上に、空間の歪みが現れたよ!」

マフォクシー♀「ワープホール?先生、上!上を見て下さい!」

ヌメルゴン♀「上?」


      人
    (__)
  \(__)/ 「やあ。」
   ( ・∀・ )
     ̄ ̄ ̄


ベチャッ!


クラスメイト達「っ!?」
18 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 22:48:20 ID:/5i69Ozo [13/14] 報告
ヌメルゴン♀「え…何、コレ……。」


(数秒の沈黙)


ヌメルゴン♀「うげええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!」


    _(⌒i_
   _/ーソノ-ヽ
  (|> < |)
  (O人 (王| ̄ ̄ ̄ ̄|
   (⌒( ヲ見せられ|
   / ̄ ̄|ないよ!|
   ∧ ○|____|
  /  ̄/ ̄く
`/ /~ ̄) ノ
(__ノ  (__)



クラスメイト達「ぅ…っ、おぇ…!ゲロゲロビチャアァァアッ!」


超絶運悪く、汚物塗れになってしまった先生は白目を向いて気絶。

瞬く間に教室中に広がっていく強烈な臭いと目の前の汚物に塗れたヌメルゴンを前に、
クラスの全員が吐いてしまい…

教室内は一瞬にして地獄絵図と化した。
19 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 22:53:24 ID:/5i69Ozo [14/14] 報告
ヌメルゴン♀「」

マフォクシー♀「せ、先生〜っ!」


_人人人人_
>      <
 ̄^Y^Y^Y^Y ̄


ねぇ、何か言ってよ!


_人人人人_
>      <
 ̄^Y^Y^Y^Y ̄


「突然の死!」って言ってよ!


_人人人人_
>      <
 ̄^Y^Y^Y^Y ̄


マフォクシー♀「返事がない…只の屍のようだ。」
20 : クーダ@グラスシード 17/09/08 22:55:19 ID:oNHM7P5U m 報告
夜食食いながら見るものじゃないなモグモグ
21 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 23:01:53 ID:vn1yxmac [1/2] 報告
ガラッ

サーナイト♀「皆さん!私、トイレに確かめに行ったのですけど、
う◯こなんてありませんでしたわよ〜?もしかして嘘を付いたのかしら?♪」

・・・・・・・

サーナイト♀「って、なんじゃこりゃあぁぁあっ!?」


(こ、この惨劇はどういう事なの!なぜ先生が汚物塗れになって気絶してるの!)


サーナイト♀「…まさか、私がテレポートで消し去ったう◯この転送先が…この教室…」

クチート♀「え?今なんて…?」

ラランテス♀「サーナイトさん、テレポートって……まさか!」

サーナイト♀「(しまったっ!)」

ミミロップ♀「…さっき、う◯こが突然現れたのと関係がありそうね。」

サーナイト♀「ななな、何言ってるの?わ、私は何も知らないわ!」
22 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/08 23:03:38 ID:vn1yxmac [2/2] 報告
マフォクシー♀「おや?ここで、ある事に気が付きました。」

ミミロップ♀「どうしたの?」

マフォクシー♀「…このクラスでテレポートの技を覚えるのって、
サーナイトさんだけなのですが。」

クチート♀「あっ、確かにそうだわ!」

ラランテス♀「と、いう事は、犯人は…」

サーナイト♀「┗┏┗┏┗┏┗┏ (⌒,_ゝ⌒) ┓┛┓┛┓┛┓┛」


_人人人人人人人_
> ゥウッヒョォオォォォwwww <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


ミミロップ♀「サーナイトさんが発狂したぁっ!」
23 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/09 00:51:18 ID:JVHPilrU [1/2] 報告
ラランテス♀「やはり…貴方が…。」

サーナイト♀「ぐぬぬ…。」

クチート♀「どうして?なぜこんな事を…サーナイトさん。」


サーナイト♀「…そう、全てはあの時から始まった…!」

クチート♀「え?」


サーナイト♀「数ヶ月前からだったわ。
生活習慣の乱れが原因で、私は便秘に悩まされるようになり… ふぅ……
わしの おきにいりのギャロップがな… …… でな… が…… … かわいくてな…
たまらん… くう…… さらに… もう…すごすぎ… … で…… そう おもうか…
どうして… … すき…… はー!… … だきしめて…ねるときも…… じゃろ… …
… … すばらし…!… うつくし…… … 」


マフォクシー♀「なんでやねん!」

   ∧∧.∩     ∩_ ・∵’、
  (    )/ ⊂/"´ ノ )    
 ⊂   ノ   /   /vV 「ぐはぁっ!」
  (   ノ    し'`∪
   (ノ
24 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/09 00:55:04 ID:JVHPilrU [2/2] 報告
サーナイト♀「」

マフォクシー♀「貴女は心得違いも甚だしいですよ。自分語りはやめるんDA!」

ミミロップ♀「ツッコミ入れるの、そこちゃーう!!」

???「ざこちゃーう!!」

クチート♀「(今、なんか…いた?)」

ラランテス♀「途中からポケモン大好きクラブの会長の台詞になってたわよね。」


マフォクシー♀「と、いうわけで…主人公権限により、やり直しを命じます(`・ω・´)」

サーナイト♀「主人公権限!?」

マフォクシー♀「少し前のクチートさんの台詞からです。Take2!」

ラランテス♀「何なのかしら、この流れ…( ´ω` ; )」
25 : ガイドス@チーゴのみ 17/09/09 08:09:25 ID:KZPzu7ac m 報告
オモロイ
26 : リープ@Zリング 17/09/09 08:37:38 ID:HnJicWRM [1/2] 報告
カヲス祭りだワッショイワッショイ!
27 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/09 21:30:37 ID:7lCVid8E [1/4] 報告
クチート♀「どうして?なぜこんな事を…サーナイトさん。」


サーナイト♀「そう、全ては…ゴニョゴニョ(省略)」


クチート♀「成る程、そういう事だったのね。」

サーナイト♀「貴方達に、こうしなければならなかった私の気持ちなんて分かる訳ないわ!
バレたら…私の学園生活は終わったも同然なのよっ!」

マフォクシー♀「ええ、分かりません…その恐怖と保身の気持ちは僕にも永遠に分からない。
ですから、貴女がう◯こをテレポートさせて証拠隠滅しようと考えた事は咎めません。」

サーナイト♀「………。」

マフォクシー♀「しかし…それを実行に移して、先生という被害者を出した事は許せない。
それだけは、例えどんな理由があろうと許せません!」

サーナイト♀「…っ!」

クラスメイト達「そうよ、サーナイトさん!」

サーナイト♀「うるさいっ!もうおしまいだわ、何もかも…。
放置う◯こをした女として、私の清楚なイメージは地の底に…あはははは…ははは…。」
28 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/09 21:31:09 ID:7lCVid8E [2/4] 報告
ギラッ…


クラスメイト達「きゃあっ!」


サーナイトは刃物を取り出した▽


マフォクシー♀「何をするつもりです!」

サーナイト♀「もう、こうなったら…死ぬしかないじゃないっ!」


???「我が主、そんな事はやめるんだっ!」


サーナイト♀「!?」

ラランテス♀「サ、サーナイトさんの…!」

クチート♀「う◯こが喋ったッ!」


サーナイトのう◯こ「我の名は…BIGう◯こさん!」


サーナイト♀「BIGう◯こさん!?」

マフォクシー♀「汚物に意思があるとでもいうのか…っ!」

クラスメイト達「今明かされる衝撃の真実!」

ミミロップ♀「アンビリーバボー!」
29 : トマル@とくせいカプセル 17/09/09 21:38:09 ID:nkVi7gm2 [1/2] 報告
今解き明かされる衝撃の真実ぅ
30 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/09 21:39:00 ID:7lCVid8E [3/4] 報告
BIGう◯こさん「我が一週間もの間、腸内に留まって苦しめた挙句、
便器に流れて行かなかったばかりに…主に苦労を掛けてしまったな。」

サーナイト♀「……。」

BIGう◯こさん「済まぬ…我が主よ。どうか自害を思い止まって欲しい。」

サーナイト♀「B、BIGう◯こさん…。でも私は…!」


ヌメルゴン♀「そうよ、サーナイトさん。
貴方を死なせちゃったら、私は教師でいられなくなってしまうじゃない…。」

サーナイト♀「先生!」

マフォクシー♀「生きていたのですね…!」

クチート♀「…でも近付くと臭い。」
31 : い糸テールナー◆r8RzcYRKik 17/09/09 21:39:05 ID:bdTHJ1so 報告
支援です
32 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/09 21:40:25 ID:7lCVid8E [4/4] 報告
ヌメルゴン♀「後でシャワー浴びるわ(^ω^)
それよりう◯こ!いつまで人の頭の上に乗っかっとるんじゃ!はよ降りろ。」

BIGう◯こさん「ソフトな脅迫だ。」

ヌメルゴン♀「脅迫とは人聞きの悪い。」

BIGう◯こさん「よかろう、う◯この司法取引成立だ。」ピョーン!

ミミロップ♀「(あのう◯こ、喋るだけじゃなくて動くこともできるの!?)」


サーナイト♀「ごめんなさい、先生…。
自分の保身の為に、先生をこんな汚物塗れな目に合わせて…。」

ヌメルゴン♀「いいのよ、サーナイトさん。生徒のした事ですもの。」

サーナイト♀「…先生、皆、そしてBIGう◯こさん…(´;ω;`)
私が間違っていた…愚かだったわ…!」



☆説得成功☆
33 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/09 23:10:40 ID:8I3ur6Bg [1/4] 報告
BIGう◯こさん「これで我の役目も終わった。
…そして主とは、どうやらここでお別れのようだ。」

サーナイト♀「…え?」

BIGう◯こさん「我は、腸内から離れては長く生きられない。」

サーナイト♀「そ、そんな…!」

クチート♀「(まぁ、そうでしょうね。)」

BIGう◯こさん「さらば、主よ…(´・ω・`)」

サーナイト♀「待っ…!」



(´・ω・`).;:…(´・ω...:.;::..(´・;::: .:.;: サラサラ..
34 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/09 23:11:41 ID:8I3ur6Bg [2/4] 報告
サーナイト♀「………。」

ミミロップ♀「BIGう◯こさんの魂は、天に召されてしまったわ。
…今はもう、ただの物言わぬ汚物…。」

サーナイト♀「…私、自害してしまう所を救われたのに…さよならも言えなかった…。」

ラランテス♀「泣きたい時には泣いていいのよ…?」

サーナイト♀「うっ、うう……ぐすっ…」

クチート♀「サーナイトさん…。」


サーナイト♀「ンァッ↑ハッハッハッハーwwwwwwア゛ン!! 」


マフォクシー♀「野々村議員!?」

…………………
……………
………
35 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/09 23:12:28 ID:8I3ur6Bg [3/4] 報告
──後日。

ミミロップ♀「案の定…サーナイトさん、噂が広まって他の子達に影で笑われているみたい…。」

ラランテス♀「仕方ないわ。元々、彼女の美しさを嫉妬してた女子生徒は大勢いたんですもの。」
でも…私達はサーナイトさんの味方だから。」

サーナイト♀「ありがとう。私は大丈夫…。」

クチート♀「それに時が経てば、そのうち皆も今回の事を忘れていくと思うし。」

ヌメルゴン♀「…忘れるというのは、神が人に与えたもうた素敵な能力ね。」

マフォクシー♀「その文法に則って言うならば、
忘れずに覚えておくことの方が、価値ある能力だと思いますがねぇ。」

…………………


ある夏の日に起きた出来事。
それは、一人の女子生徒の便秘が引き起こした…悲しくてカヲスな事件だった。



-完-
36 : クシーマフォクシー◆ZmNoEZzYKc 17/09/09 23:14:29 ID:8I3ur6Bg [4/4] 報告
これにて終わりです。
お読み下さり、ありがとうございました。
37 : リル@チャーレムナイト 17/09/09 23:20:48 ID:nkVi7gm2 [2/2] 報告
泣いた
38 : ンボラー@じゃくてんほけん 17/09/09 23:34:37 ID:HnJicWRM [2/2] 報告
今回はいつもよりカヲステンション高めでしたね……
乙です
39 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/09 23:35:54 ID:zZ8LgtmY 報告
流石カヲス……乙です。
40 : ヲスマフォクシー◆fox/SsZJ.Y 17/09/11 23:03:26 ID:cI4WFgGM [s] 報告
コテ名とトリップ変えました(=゚ω゚)ノ
41 : ブト@サファイア 17/09/13 04:49:44 ID:ewu1Z9Og [s] m 報告
カヲスクッソワロタwww