【SS】ラティオス「妹の性格を変えるスイッチ……!?」


1 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/13 22:09:35 ID:ONBD/Eio 名前× NGID× 報告
ラティオス「なあラティアス……」ボヤー

ラティアス「……お兄ちゃん、何?」ゴローン

ラティオス「お前って従順だよな……反抗期とか無いの?」

ラティアス「いや、だって反抗したってお兄ちゃんがいるんだし……無理無理」

ラティオス「俺にオレンの実を食べられても、勝手にお前の本を読んでも怒らないし」

ラティオス「お前は委員長だったりするが、俺は但の生徒だ……お前の方が正直上だぞ」

ラティアス「何言ってるの、お兄ちゃんの方が年上なんだもん。そんなことしたくないよ」

ポッポー ポッポー ポッポー ポッポー ポッポー ポッポー ポッポー……

ラティアス「あっ、もう寝るね! おやすみなさい、また明日!」

ガチャッ

ラティオス「…………」ハァ
71 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/17 21:46:49 ID:eMaY70l. [1/3] 名前× NGID× 報告
ラティオス「結果!」

@生意気 二票
Aヤンデレ 七票
Bツンデレ(!?) 一票

アブソル「>>70さんは時間外だったため無効票です!」

ラティオス「さあ、ヤンデレに染めあげよう!」

アブソル「学生の身故、ちょっと更新遅れます!」
72 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/17 22:37:14 ID:eMaY70l. [2/3] 名前× NGID× 報告
ラティアス「んがぁぁぁ……ゴゴゴゴゴ……」

ラティオス「…………!?」アゼン

性格に補正をかけるだけでいびきをかいている……なんなんだこのボタン。
さあ、ヤンデレにダイヤルをあわせ……発射!

ラティオス「そーれぽちっとなー!」

ピッ……ビビビビビビビビ……シュワアアアアアン!

明日が楽しみだ……!
嬉々としながら布団に入った。


……明日、とんでもないことになるとは知らずに。
73 : ヤップ@タウリン 17/09/17 22:39:06 ID:TPw6cCMc 名前× NGID× m 報告
もしかして何選んでもラティオス損するパターンか?
74 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/17 23:01:01 ID:eMaY70l. [3/3] 名前× NGID× 報告
翌朝。あー今日もさわやかな朝を……

ガチャ

ラティアス「あ、お兄ちゃん起きた?」

ラティオス「あ、おはよう……ご飯できてる?」

ラティアス「もちろん♪ でもその前に……この人は誰かしら?」ニコッ

居間に放置しておいたスマホを触られたらしい。
その画面に映し出されていたのは……同級生のレシラム。
昨日、妹のために少し連絡を取っただけなのに。

ラティアス「……まあ、初犯だから許してあげる! ご飯はもちろん一緒に食べるよ!」

ラティオス「………………」ガタガタガタガタ
75 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/18 07:21:46 ID:qaNyTodM [1/7] 名前× NGID× 報告
これまでに、これほど緊張感あふれる朝飯があっただろうか……いや無い。
妹は俺のスマホを弄りながら飯を食っている。
誰かを見つける度に、

ラティアス「これ、だーれ?」ニヤニヤ

って言いながら悪魔のように笑う。
…………行き過ぎた愛情? いやもう愛情じゃない……。

ラティアス「ごちそうさま♪ 学校も、邪魔が入らないようにくっ付いてくからね?」

俺に自由をくれ。
76 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/18 11:35:45 ID:qaNyTodM [2/7] 名前× NGID× 報告
ようやく通学。高校に逃げ込めばもう大丈夫……!

ラティアス「……ろくでもないこと考えてない? お兄ちゃんは私だけを見ていればいいの」ニコッ

ラティオス「…………コワイ」

……あ、向こうからクレセリアさんが来た……ってやばいまずいッ!!!

クレセリア「ラティオスさん。おはようございます♪」

ラティオス「あ、あああ……ああ。おはよう……」アセアセ

クレセリア「ところで、今日のお茶会のお約束どうします? 放課後なのですが……」

ラティオス「ああ、ぜひ行かせてもらうよ……」ドキドキ

クレセリア「そうですか。では、ごきげんよう!」フワーッ



ラティアス「………………お に い ちゃ ん ?」

……後ろを振り向けない……殺気が、す、すごい……!!
77 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/18 13:51:21 ID:qaNyTodM [3/7] 名前× NGID× 報告
ラティアス「えへへ……まさか、お兄ちゃんにあんな女が居たなんて……」

ラティオス「ただのお茶会だ! 気にするなッ!!」

ラティアス「あの泥棒猫、ちょっと始末した方がいいかしら……ちょっと待っててね!」

そう言うと、妹が全速力でクレセリアさんに向かっていった。
右手にシャドーボールを溜めながら……笑顔で。

ラティオス「やめろおおおおお! あぶなあああああい!!!」

ラティアス「なーに、お兄ちゃんはあの泥棒の片棒を担ぐの?」

========

アブソル「正直ヤンデレキャラを手掛けますのは初めてでして……どうでしょうか?」
78 : リキリ@レンズケース 17/09/18 14:08:40 ID:F/AN/BE2 名前× NGID× 報告
もっと激しくてもオーケーです
79 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/18 18:32:58 ID:qaNyTodM [4/7] 名前× NGID× 報告
ラティアス「泥棒猫ッ!!」

ラティオス「」フラッ

クレセリア「? ……『でんじは』!」

ラティアス「!?」ビリッ!

……クレセリアさんナイス判断。性格が『図太い』割に冷静だ。 

クレセリア「何をどう血迷ったのか分かりませんが……ごきげんよう、ラティアスさん♪」

ラティアス「く……くそっ……撃てない」パリパリッ!

麻痺して素早さが落ちている間に、学校の教室へと逃げ込んだ。
お茶会の時、お礼を言わないとな……。
80 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/18 19:21:47 ID:qaNyTodM [5/7] 名前× NGID× 報告
キーンコーンカーンコーン……サヨーナラー……

ラティオス「……すまない、少し用事がある」

クレセリア「?」


==
====
==


クレセリア「……つまり、私の家に即刻行かないとあの妹が大変なことになると」

ラティオス「飲み込みが早い」

クレセリア「いいですよ♪」ニッコリ

その瞬間、俺が一番恐れていたことが起こった。

スイクン「ラーティーオース君! 妹がとんでもない形相で昇降口に居るわよー!」

ラティオス「…………俺はお前の家に飛ぶから、頑張って押さえていてくれないか!?」

クレセリア「……了解したわ。お礼は夕ご飯で」

食材を買っていない……どうすべきか。
いやそんなことよりも、早く家に逃げ込まないと!
81 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/18 22:02:19 ID:qaNyTodM [6/7] 名前× NGID× 報告
姿を消して、なるべく遠回りでクレセリアの家に向かう。
クレセリアたちがなるべく時間稼ぎをしてくれているから、川を進もう。
ほかのポケモンからは見えないはずだから、少しは戸惑うだろう……あれっ!?

ラティアス「私の……いや、私だけのお兄ちゃん……♪」チミドロ

ラティオス「ヒッ……!?」

少し上から、こっちに視線を向けて着いてくる。
気付かれている……何故だ……まさか!?
体のあちこちを払い落とすと、キラキラ光るバッジが後ろに落ちていった。

ラティアス「あれれー、ばれちゃった? まあ、死んでも離さないけどね……」

GPS機能が……いつの間に。
血みどろの妹を振り切るように飛び、ようやくクレセリア邸に辿り着いた。
お嬢様が住う豪邸である。
82 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/18 23:02:29 ID:qaNyTodM [7/7] 名前× NGID× 報告
デンリュウ「おやおやこんにちは。クレセリアは未だ帰っておりませんぞ」

ラティオス「執事さん……ちょっと、匿って貰えませんかね? 事情がありまして」

この人は、とても信頼が置けるクレセリアの執事。
……雇ったクレセリア曰く、『羊』と『執事』が似ていたからだそうだ……。

デンリュウ「おっと、ラティオス様にお手紙が来ておりましてね。渡さなくては……」

え? ……まさか、まさか……!?

デンリュウ「妹のラティアス様からです」

ぎゃああああああああ!!

『お兄ちゃんへ
 なんで、早く私のものにならないの?
 例え火の中水の中草の中森の中、土の中雲の中泥棒猫の体の中、前世でも来世でも。
 お兄ちゃんを必ずゲットするからね。
 ラティアス』

ラティオス「…………す、すみません。ちょっと市内を逃げ回ります」

デンリュウ「妹様には何をお伝えしますか?」

ラティオス「ここには居ない! とだけお願いします!」

勘付かれている……逃げろ、逃げろ……!!
83 : ガスピアー@はつでんしょキー 17/09/19 01:01:59 ID:nQy2.dD2 名前× NGID× 報告
歌うなよ…ラティアス
84 : チュー@いかずちプレート 17/09/19 04:37:23 ID:rzPptETU 名前× NGID× 報告
やばいよやばいよ
85 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/19 15:31:03 ID:Duz/Fd1c [1/9] 名前× NGID× 報告
透明化と飛行能力を駆使して、ラティアスにばれないように飛ぶ。
ラティアスは少しは足止めを食っているはずだから、早く……一刻も早く家へ!

……ばれなかったと思う。帰宅はできた。
性格を変えるスイッチを制服のポッケにいれ、少し思案する。

これを手に入れたから、妹に遭遇したら対処は可能だ。
上空で姿を晒せば、ラティアスはこっちに来るに違いない。そこに……!
よし! これで、他に迷惑をかけずに済むだろう。
意を決し、上空に飛び上がった。
86 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/19 19:36:47 ID:Duz/Fd1c [2/9] 名前× NGID× 報告
飛び上がって姿を現す!
と同時に赤い何かがタックルしてきた。……ラティアス!?

ラティアス「お に い ち ゃ ー ん……あの泥棒猫は始末したから……」

ラティオス「……ああ……あ、あはは……」

油断させておいて……機械のスイッt

ラティアス「危ない機械は壊しましょうねー♪」サイコキネシス!

バキッ!

ラティオス「………………\(^ ^)/」オワタ

ラティアス「さあ、帰ったらもう逃がさないからね♪」

その日、市内中に俺の叫び声が響き渡った……。
87 : ャルマー@するどいくちばし 17/09/19 22:03:50 ID:WdxPxv.I 名前× NGID× 報告
スイッチ壊れちゃったよ…やったね!
88 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/19 22:09:40 ID:Duz/Fd1c [3/9] 名前× NGID× 報告
無理矢理家に連れて帰られ……結果、こうなった。

ラティアス「うふふ……、もう逃げられないわ。お兄ちゃんは私だけのもの!」

ラティオス「ーーーー!! ーー!!」ジタバタ

ラティアス「拘束されてクローゼットの中に入れてあるから……ね♪」

狂気だッ!! もはや狂気以外の何でもない……もうヤダ……。
ストックホルム症候群になるかもしれないな。
89 : フキムシ@たんけんこころえ 17/09/19 22:19:14 ID:fU1W.Sro 名前× NGID× m 報告
\(^o^)/オワタ
90 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/19 22:21:35 ID:Duz/Fd1c [4/9] 名前× NGID× 報告
==半日後==

ラティアス「もう、誰にも渡さない……お兄ちゃん……一生私のそばにいてね」

ラティオス「…………」

もう、返事を返す気力も無い。どっちみち返事は、肯定でも否定でも肯定と捉えられる。
だって、猿轡までかませられているのだから。

妹が学校に行く間は、ずっとクローゼットで一人。
帰ってくると抱きつかれた後にトイレに行かされ、食べ物を貰う。
人質のような状態だ……。



……もう、最近の記憶もない。あるのは、ラティアスの顔だけ……
91 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/19 22:29:39 ID:Duz/Fd1c [5/9] 名前× NGID× 報告
==一週間後==

もう、この生活にも慣れてしまった……何も感じない。
ずっと休んでいる口実は、『突然の大けが』らしい。

ラティアス「お兄ちゃん、そろそろ慣れてきた?」

ラティオス「…………」

ラティアス「じゃあ、本当に『大けが』すればみんな怪しまないよね?」

ラティオス「……!? ーーーーッ!!!」ブンブン!!

妹のいわんとしていることが分かった……まさか。小説の中だけじゃないのか。

ラティアス「誰にも、指一本触れさせない、いいや同じ環境に住ませない……」

ぶつぶつ恐ろしいことを呟きながら、ラティアスが取り出したものは。




チュイイイイイイイイン…………



チェーンソー。
92 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/19 22:37:41 ID:Duz/Fd1c [6/9] 名前× NGID× 報告
ラティアス「おにいちゃん……おにいちゃん…………うふふ……」チュイイイイイイン……

妖しい笑みを浮かべながら、チェーンソーを回転させて向かってくる。

ラティアス「絶対、絶対……絶対、お兄ちゃんはワタシノモノ……」

ラティアス「もう、お兄ちゃんもそう思ってるでしょ? そうでしょ?」

ラティアス「このさい、既成事実も作っておくべきかしら……そうすれば、絶対に……」

ラティアス「私と居るしかなくなるよね♪」

その残酷な笑顔とともに、



ゴリゴリ……ゴキッ


ゴリッ!! ゴキゴキッ!!!




俺の腕と、意識は飛んでいった。
93 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/19 22:44:09 ID:Duz/Fd1c [7/9] 名前× NGID× 報告
もう、何日経ったかも分からない。

ラティアスに抱き上げられ。
ラティアスに体を流され。
ラティアスにご飯をもらい。
ラティアスにクローゼットに入れられ。
ラティアスにキスをされて閉じ込められ。
ラティアスに時には搾り取られ。
ラティアスに……
ラティアスに
ラティアス
ラティアス


……妹に依存している自分を、もうなんとも思っていない自分がそこにいた。
94 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/19 22:58:53 ID:Duz/Fd1c [8/9] 名前× NGID× 報告
ラティアス「お兄ちゃん、ご飯だよー♪」

俺の頭にあるのは、ラティアスだけ。

いつになったら、この地獄から抜け出せるのだろう。
…………? 地獄?
妹に尽くしてもらっているのに、地獄?
というか、この世界が俺が生きるべき世界なのではないか?

ラティアス「私だけを見ていてね……私だけしか見れない世界……」

妹だけを……

妹だけ……

ラティアス……

お前のことが、好きだ…………

========
====
==



==BAD END==
95 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/19 23:01:25 ID:Duz/Fd1c [9/9] 名前× NGID× 報告
アブソル「……はい、BAD ENDでしたが如何でしたか?」

アブソル「時間を巻き戻して、今度は『生意気』を書くつもりです♪」

アブソル「見返すと、呪われた文章にしか見えませんね……」
96 : ターミー@パイルのみ 17/09/19 23:11:27 ID:HY.Hzo42 [s] 名前× NGID× 報告
いいですねぇ……
97 : ガクチート@ねらいのまと 17/09/20 01:06:04 ID:p99ZZTWo 名前× NGID× 報告
BADはとりあえず夢オチにしとけばなんの問題もないってばっちゃんが言ってた
98 : ニゴーリ@ようせいジュエル 17/09/20 15:04:55 ID:ylOiikCA [s] 名前× NGID× 報告
両想いになれたしむしろGOODエンドでしょ
99 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/20 19:28:46 ID:q8ljs2M6 [1/4] 名前× NGID× 報告
========
====
==


お……ちゃ…………
おに……ゃん……
おにいちゃ……
おにいちゃん!

ラティオス「うわっっはぁぁ!?」ガバッ!

ラティアス「全くもう……スイクンさん達が帰った後、突然熟睡しちゃって……」

ラティオス「……いま、何時だ?」

ラティアス「一時間ちょっとしか寝てないよ。 だから、べつに支障は無いんじゃない?」

……夢の中は支障ありまくりだったが。

ラティアス「そろそろ私は寝るからね。じゃあ、おやすみー♪」

ガチャリ

……状況を整理しよう。
あれは夢で、今の妹は天然。まだスイッチを一回しか押していない状況か……。

よし。次は『生意気』を押す。
100 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/20 22:26:49 ID:q8ljs2M6 [2/4] 名前× NGID× 報告
スイッチを向けて押すだけで性格が変えられるなんて、便利になったな……。
もう無心でスイッチを向けて押した。

ピッ……ビビビビビビビビ……シュワアアアアアン!

寝付きは非常に悪かった。さっき寝たからな……。
101 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/20 22:58:31 ID:q8ljs2M6 [3/4] 名前× NGID× 報告
朝起きようとしたときの第一声。

ラティアス「兄貴起きろッ! 今何時だと思ってるー!?」ガンガンガン!

ラティオス「うわあああああああ!!??」ガバッ

フライパン叩いて起こすとか何なんだ……。

ラティアス「兄貴の飯はできてる! さっさと食べないと置いてくよ!」

ラティオス「はいはい……」
102 : シギダネ@しろいビードロ 17/09/20 23:15:00 ID:0fNLvPwg 名前× NGID× 報告
ヤンデレで、兄妹プレイを待ってたんだがなぁ……支援
103 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/20 23:17:47 ID:q8ljs2M6 [4/4] 名前× NGID× 報告
>>102
アブソル「今回は、直接的な官能描写は抜くことにしていますので……」
104 : チミル@タンガのみ 17/09/21 16:09:32 ID:/fSxXFGw 名前× NGID× m 報告
ひもうとバージョンも作ってくれたらありがたい
105 : カリオ@どくのジュエル 17/09/21 19:20:34 ID:ixFybUjI 名前× NGID× m 報告
>>100
よく見たらラティアスの叫び声がしゅわーんって
106 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/21 19:39:38 ID:ZzNr5c6k [1/2] 名前× NGID× 報告
ラティオス「……目玉焼き、焦げてない?」

ラティアス「兄貴にはそれで十分!」

おいおい……だけど、一応努力はしてくれてるみたいだな。
素直になれないのかな?

ラティアス「もう先行くからねノロマ!」

ラティオス「お、おーい…………」

数々の罵倒に心折れそう。慣れたら恐いな……。
107 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/21 22:46:21 ID:ZzNr5c6k [2/2] 名前× NGID× 報告
結局置いていかれ、一人で悲しく登校するはめに。

ん? 向こうからやってくるのは……クレセリアさんか。

クレセリア「ラティオスさん。おはようございます♪」

ラティオス「ああ、おはよう……約束は今日だったっけ?」

クレセリア「そう、放課後にお茶会を開くので是非……」

ラティオス「喜んで行かせてもらうよ!」

クレセリア「そうですか。では、ごきげんよう!」フワーッ

…………デジャヴ?
不思議な感覚に包まれながら、俺は学校へと飛んでいった。
108 : ラエナ@きれいなハネ 17/09/22 19:24:09 ID:JmU6IjKM 名前× NGID× 報告
支援age
109 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/23 11:31:46 ID:0IVOJ2zk [1/2] 名前× NGID× 報告
キーンコーンカーンコーン……サヨーナラー……

ラティオス「……時間が経つのがやけに早い……気のせいか?」

スイクン「いいんじゃないの? 今日はお茶会でしょ、早く行きましょう!」グイッ

ラティオス「おいおい……じゃあ、一回帰宅してから行くから」

スイクン「了解♪」

========

無理矢理引っ張るスイクンを振払い、上空へと舞い上がる。
彼女が俺に、少し好意を持っていることは確かだ。
読心はエスパータイプの特権。例えばさっきだって……

スイクン「いいんじゃないの? 今日はお茶会でしょ、早く行きましょう!」グイッ

スイクン(一緒にいく途中で、色々聞きたいなぁ……♪)

とか、

スイクン「了解♪」

スイクン(同じ時間帯に行ければ隣の席が確保できる……!!)

とか。
なんか、心が読めると正直うっとうしい。
110 : 黒の災い◆7B7OwE3LJM 17/09/23 19:33:29 ID:0IVOJ2zk [2/2] 名前× NGID× 報告
ラティオス「ただいま……っと、念写は何か来てるかな……?」ペラッ

『せっかくなのでバカ兄貴のお茶会に付いていきます。
  いくらバカでも怪我はしないと思うけど……されたらこっちが面倒くさいからね。
  ラティアス』

……相変わらず、生意気だな。
そう思いながら制服を脱ぎ、私服へと着替える。
自分でいうのもなんだが、そこそこの良い体型だと思う……妹共々。

ピーンポーン……

ラティオス「はい?」

ラティアス「兄貴開けろ! 私も着替えんだよ!!」ドンドン!

ラティオス「鍵持ってんだろ、自分で開けて入ってこい!」

ラティアス「め ん ど く さ い ん だ よ!」

着替え終わった俺は、食い下がらない妹を後目に裏窓から飛び立った。

書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
荒らしや煽りはスルーして下さい。荒らしに反応している人も荒らし同様対処します。


一部のホストからの違反報告を制限させてもらっています。


文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
    文字サイズ

    自分の投稿を分かりやすくする
    投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
    現在の設定は「有効」です。
      

    NG設定
    各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

    ・連鎖NG設定
    NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
    現在の設定は「」です。
      

    ・NGワード設定
    入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
    NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

    ・NGネーム・NGID一括削除


    【特殊な指定方法】

    ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
    ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
    ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
    詳しくは、NGの設定方法を参照。

(画面No:2a)

(連投制限などに引っかかった時用)