【ss】アローラリーグ開幕!大いなる挑戦!


1 : ウマージ@エレキシード 17/10/08 21:16:56 ID:6ucOyz8M 報告
ククイ「サトシ!カキ!いよいよ明日からアローラリーグだな!」

サトシ「はいっ!」

カキ「絶対優勝するぜ!」

ククイ「2人とも精一杯戦ってくれ!」

2人「はい!」

マオ「サトシ〜カキ〜頑張ってね〜応援するからー!」

スイレン「うん!」

サトシ「おう!ありがとな!」

カキ「優勝は俺がもらうぜ!」

マーマネ「2人とも絶対優勝してよー!」

ククイ「おいおいマーマネ、優勝は1人だけだぞ〜」

マーマネ「あっ……」

皆『アハハハっ』ワイワイ
520 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/08 22:09:06 ID:lkX3y5/2 [1/8] 報告
ミリア「それは何よ?」

サトシ「ミリアはずっと試合中俺に言ってたよな?過去の栄光やプライドがなんとか等を」

ミリア「当たり前でしょ?だって私は前大会で準決勝まで行ってるのよ、こんなところで負けちゃったら恥じよ!サトシにもあるんでしょプライド?」

サトシ「確かに昔俺にもあったよ!」

ミリア「でしょ?」

サトシ「けど、俺は気付いたんだ!いかにその無駄な思いが醜いことかにね!そしてそんな無駄な思いがあるせいで俺は負けたんだ!勝負ではなく“心”にね」

ミリア「心‥‥」

サトシ「俺にはやらなくちゃならない!!ミリアにも分かってほしいんだ!ポケモンバトルに対する本当の心を!」

ミリア「‥‥!!」

サトシ「だから、俺は」スッ

サトシ「コイツと一緒にミリアの過去の栄光、プライド、そして無駄な思いを‥‥!!


      全部、ぶったぎってやる!!」


ミリア「‥‥‥‥‥‥‥‥!!!!」


サトシ「ゲッコウガぁ!!いくぞ!!」

ゲッコウガ「こうがっ!!」
521 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/08 22:25:41 ID:lkX3y5/2 [2/8] 報告
サトシ「俺たちは共に高みへいく!!ミリアにも見せてやる!!もっと熱く激しく、そして楽しい本当のポケモンバトルを!!」

ゲッコウガ「こうが!!」

ミリア「いっ‥‥行けガブリアス(私の体が震えてる!?)」ブルブル


サトシ「まずは水手裏剣だ!!」

ゲッコウガ「こう、こがぁ!!!!」シュッシュッ

ミリア「ガッ‥‥ガブリアス、ドラゴンダイブで迎え撃って(私がサトシを恐れている!?何で)」


ナレーター『さぁ無傷のゲッコウガがガブリアスに攻撃を仕掛ける!!ガブリアスは対抗できるのか?』


ガブリアス「がぶっ、がぶぁぁぁ!!」ザクッザクッ


ミリア「ガブリアス!?早く指示しないと(体も心も押し潰されて的確な指示が‥‥!!)」


サトシ「ミリアの的確な戦略はどこに行ったんだよ?俺達はミリアに本当のポケモンバトルを教えたいのに」


ミリア(したくても出来ない‥‥!!なんなのこの間隔!?)


サトシ「来ないならこっちからいくぞ!!ゲッコウガ、冷凍ビーム!!」

ゲッコウガ「こがぁ!!」ビビビビビ

ガブリアス「がぶがぁぁぁぁ!!!!」

ミリア「ガブリアス!?(どうして‥‥!?どうして動けないの?なぜこんなにサトシに脅えて?はっ‥‥!!)」

522 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/08 22:44:03 ID:lkX3y5/2 [3/8] 報告
ミリア(サトシは言った、無駄な思いをぶったぎってやるって。そうよ、私にはまだ無駄なプライドがあるから!勝つことにこだわり負けることを怖がっているから‥‥!!)


サトシ「どうした?ミリアはこんなもんじゃないだろ?前の試合で見せたあの自信とやる気!!俺はあんなミリアと戦いと思った!!負けることが怖い?冗談じゃねぇ、俺は意地でもミリアに全力で楽しいバトルをさせてやる!!だから俺はもっとミリアにぶつけてやる!本当のポケモンバトルを!!」


ミリア(まだ私は怖がっている‥‥!!負けることへの恐怖心に、だから本当の私を出すことが出来なかった!)

サトシ「ゲッコウガ、ミリアの目を覚ましてやれ!!もう一度冷凍ビームだ!!」

ガブリアス「がふがぁぁぁぁ!!!!」ビビビビビ

ミリア「あっ!!(本当の私を出すことが出来なかったから、ポケモンをまた輝かせることが出来なかった!!)」

サトシ「まだ足りないのか?」

ミリア「いいえ、もう覚めたわ(このサトシから受けた思い、十分すぎるくらいだわ)」

サトシ「そうか」

ミリア「(だからそのサトシの全力を私もお返ししてあげなくちゃ、今の自分を脱ぎ捨てる新たな証として‥‥)今ここに、私の本当の全力、Z技をぶつけてあげるわ!!」


サトシ「ああこい、ミリアのその本当の全力、受けてやるぜ!」

ミリア「ガブリアス、行くわよ!!」

ガブリアス「がぶっ」コクッ


ミリア「激しく揺らぐアローラの光!!」ピカーン

ガブリアス「がぶぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!」キュイーン


ナレーター『さぁミリア選手がZ技の体制に入ったぁ、これが決まればゲッコウガの戦闘不能は間違いないがぁ?』


ミリア「ガブリアスに偉大なる力を与えよぉぉぉぉぉ」

ガブリアス「がぶぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!」キュイーン



サトシ「来るか‥‥Z技」

ゲッコウガ「こうが」

サトシ「俺たちもミリア達の全力に応えなくちゃな」

523 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/08 22:54:52 ID:lkX3y5/2 [4/8] 報告
ミリア「アルティメットドラゴンバーン!!」

ガブリアス「がぶぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」シュバーン

    ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


サトシ「何年振りだろうな、これやるの?」

ゲッコウガ「こうっ!!(ポケモンスクール入ってから3年たったから3年振りでゴザル)」

サトシ「また頼むぜ!俺が一緒に戦ってやるから!」

ゲッコウガ「こうが!!」


ミリア「行けぇぇぇぇぇ!!!!」


マオ「ミリア行けぇ!!」

リーリエ「これが決まればミリアさんの勝ちです!!」

キモオタ軍「ミリアミリアミリアミリアミリアミリアミリアミリアミリアミリアミリアミリアミリア!!!!」


ナレーター『おおっとキモオタ軍からの激しい声援!!サトシ選手は立ち竦んで動かなぁぁい!!!!』


サトシ「いくぜゲッコウガ、俺たちはもっともっと!!」

ゲッコウガ「こうがぁぁ」

サトシ「強くぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!」

ゲッコウガ「こうがぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」



コバルト「えっ!?」

カキ「なに!?」

マーマネ「!?!?!?!?」

シトロン「きました!!」


マオ「うそっ!?合体?」

リーリエ「そっそんな、本でも読んだことが‥‥

ない!!」


524 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/08 23:08:02 ID:lkX3y5/2 [5/8] 報告
S(サトシ)ゲッコウガ「こうがぁぁぁぁぁ!!!!」

ミリア「合体?凄いわね!!でも私は負けない!!」


サトシ「ミリアの全力、この手で全部受けてやるぜ!!ゲッコウガ、水手裏剣をアルティメットドラゴンバーンに突き刺せ!!」

Sゲッコウガ「がぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


ナレーター『なんとなんと、突如サトシ選手と合体したゲッコウガが出現!!Z技を背中の大きな水手裏剣で受け止めているぅぅぅぅぅ!!』



マーマネ「ポポポポポポ‥‥ポケモンが合体するなんてぇ!?」

カキ「あ‥‥ああああ」

コバルト「サトシ君、君はいったい」

シトロン「皆さんに説明しましょう!サトシゲッコウガとは絆現象と呼ばれる石が無くても変身出来るメガ進化の別バージョンです!!」


サトシ「ぐぅぅぅぅぅ‥‥!!ゲッコウガ大丈夫か?お前のダメージは変わりに俺が受けてやる!だからお前は突っ込め!!俺達の思いをぶつけるんだ!!」

Sゲッコウガ「こがぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


ミリア「ガブリアス頑張って!!あのゲッコウガさえ、倒せればあなたはもっとこの舞台に立てる、輝けるのよ!」

ガブリアス「がぶぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


ナレーター『さぁパワーアップした水手裏剣とZ技の激しい衝突!!果たして勝利の女神はどちらに微笑むのか?』



ミリア「勝つわよガブリアス、勝利の女神は私たちに!!」

ガブリアス「がぶがぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

サトシ「勝利ってのは女神が微笑むまで待つものじゃないぜ!!自分から‥‥      掴みに行くんだ!!」


Sゲッコウガ「こうがぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」
525 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/08 23:30:14 ID:lkX3y5/2 [6/8] 報告
サトシ「ゲッコウガ、アルティメットドラゴンバーンと水手裏剣を使って、ジャンプするんだ!!」

Sゲッコウガ「こうがぁぁぁぁぁ」ヒュン


ガブリアス「がぶっ!?」

ミリア「はっ‥‥!!」



シトロン「あっ!!」

マーマネ「あええ!?」

カキ「Z技を」

コバルト「かわした」


サトシ「いけっゲッコウガ、水手裏剣」

Sゲッコウガ「こがぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


ガブリアス「がぶがぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」




↓言葉では表現しづらいので大雑把すぎる絵で
526 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/08 23:46:55 ID:lkX3y5/2 [7/8] 報告
ミリア「そんな‥‥Z技が‥‥!!」

ガブリアス「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。」バタリ

審判「ガブリアス戦闘不能、ゲッコウガの勝ち」



ナレーター『うぉぉぉぉ!!!!なんとも凄すぎる展開で私も状況が掴めなぁぁぁい!!』


観客達「わぁーーーーーーーーー!!!!」


リーリエ「あ‥‥あああ、ガブリアスのZ技が‥‥破られました」キョトーン

マオ「サトシって‥‥なんなの?」

スイレン(よっしゃ!!)



ミリア「凄い‥‥凄すぎる!!」

サトシ「俺達の本当の全力、受けてもらったかな?」

ミリア「うん‥‥凄い!!もう完全に勝てると思ってたのに!!」

サトシ「どっちが勝つか分からない、そんなポケモンバトルが面白いんだ!勝つことにこだわるよりもそっちのほうがハラハラして楽しいだろ?」


ミリア「そうね、でもまだ勝負は終わってないわよ!残りのポケモン、ハシャーモで蹴散らしてやるんだから!!」

サトシ「そうだったな、これからがラストバトルだぜ!!」




527 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/08 23:54:11 ID:lkX3y5/2 [8/8] 報告
〜数分後〜


ナレーター『ミリア選手のバシャーモ、攻撃力と素早さを上げ懸命にゲッコウガに食らいつきますがダメージが残っていたのか倒れてしまったぁぁぁぁぁ!!!!』

ミリア「バシャーモ、頑張って!!まだ諦めちゃ駄目よ」

バシャーモ「ばっ‥‥ばしゃぁ!!」


リーリエ「そうです、まだまだやれます!立ち上がってください」

マオ「女の子トレーナーの意地のためにも!!」



サトシ「さぁこい、最後までミリアとポケモン達の本当の思い、受けてやるぜ」

ミリア「バシャーモ、スカイアッパー!!」

バシャーモ「ばしゃぁぁぁ!!」

Sゲッコウガ「こうが!!」

バシャーモ「ばしゃっ!?」ズキン


ミリア「バシャーモ‥‥!!」

バシャーモ「‥‥‥‥‥‥ばしゃ。」バタリ

ミリア「お疲れ様‥‥バシャーモ」


審判「バシャーモ戦闘不能、よって勝者マサラタウンのサトシ選手!!」
528 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/09 00:11:29 ID:9jODKleg [1/8] 報告
ナレーター『決着ぅぅぅぅぅ!!!!さぁ激しい試合も遂に終わりを迎え勝利したのはサトシ選手です、congratulations!!』

観客達「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


カキ「なんとか勝ったな、サトシ」

マーマネ「しかも今回は2体残しで勝ったね」

シトロン「ええ、素晴らしい試合でした」

コバルト「まさかあのミリアにも勝つなんてね、サトシ君やっぱり君は凄いよ!」

マーマネ「もしかしたらサトシ優勝するんじゃない?」

カキ「いや、まだ謎の男Kやグラジオもいるぞ、まだまだ厳しい試合は続くだろう」

マーマネ「そうだったんだぁ〜」

コバルト「ちょっと僕選手控え室に行ってくるよ」



マオ「ミリアちゃん負けちゃった‥‥」

リーリエ「私の予想ではミリアさんが勝つはずでしたのに‥‥残念です」

キモオタ軍「くぅぅぅぅぅぅぅ、ミリアぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


ミリア「今回は負けちゃったわね、でもあなたのおかげで色々と教えられたわ!良い勝負をありがとね」

サトシ「ああ、俺もミリアに本当のポケモンバトルを分かってもらえて何よりだよ」

ミリア「私に勝ったんだから絶対負けないでよね!あなたが負けたら私まで弱いと思われちゃうもの」

サトシ「まだプライド残ってるぜ」

ミリア「嘘よ嘘、まぁとりあえず頑張ってね!私のポケモン休ませたいからもう控え室行くね!」

サトシ「ああ、またあとで」



謎の男K「マリオ、見たか?」

マリオ「ああ、今回はあのマサラ一族の禁断の力、発動しなかったな」

謎の男K「恐らくサトシがマサラ一族の魂に乗っ取られる隙が無いほどに成長したのだろう」

マリオ「しかし油断は出来ない!マサラ一族の禁断の力はあまりにも強大な力故に再びサトシの体を奪いに来るだろう」

謎の男K「ところで良かったんですか?アローラリーグを辞退して」 

マリオ「ああその事か、サトシは見違えるほど成長した、だからここで今倒すのは惜しいのだよ!サトシを倒す本当のステージは‥‥チャンピオンリーグだ!!」

529 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/09 00:34:33 ID:9jODKleg [2/8] 報告
謎の男K「俺もその事については考えているんだ」

マリオ「何をだ?」

ククイ「俺はポケモンスクールで3年間サトシを見てきた、そしてサトシの強さを知った。それはもう驚かされることの連続だった‥‥」

マリオ「フムフム」

ククイ「そこで俺は思ったんだ!もうポケモンスクールはサトシのいるべき場所では無いってね!サトシはもっと強くなる可能性がある、しかしいつまでもこんなところにいては強くなることが出来ない!サトシにはもっと色んな世界を見てほしいんだ!」

マリオ「つまりサトシに‥‥」

ククイ「そう、サトシがチャンピオンリーグを挑むのに相応しいか見るため、そして安心して卒業出来るか見極めるため‥‥。最後の大試練、卒業バトルをしたい」

マリオ「卒業バトルか、サトシにはいいかもな」

ククイ「あと実はな、サトシと最初に出会ったときスクールの皆でサプライズを用意したんだけど、カプ・コケコに邪魔されて俺だけ出きなかったんだ」

マリオ「そのサプライズって?」

ククイ「もちろんポケモンバトルさ、サトシと別れる前にどうしてもサプライズをしたかった。その意味もあってアローラリーグに出場したんだ!!」

マリオ「お前も物好きだな、お前とサトシの卒業バトル‥‥じっくり眺めさせてもらうよ」

ククイ「ありがとう」



〜《選手控え室》〜

ミリア「あらコバルトいたの?」

コバルト「サトシはどうだったかい?」

ミリア「ええ、もう楽しかったわよ。またやりたいって思ったわ」

コバルト「もう演技は止めたら?本当はとても悔しいんだろ」

ミリア「‥‥‥‥!!」

コバルト「実は僕もサトシに負けたときは笑ってたけど、裏ではとても悔しかったんだ」

ミリア「‥‥ぐすっ、何よ‥‥それを言いにわざわざ来たわけ?」

コバルト「そ‥‥それは」

ミリア「バカね、当たり前じゃない‥‥!!私だって泣きたいわよ!ポケモンの合体とか見せられたらもうっ‥‥泣くしかないじゃない‥‥!!」

コバルト「これで分かっただろう?上には‥‥上がいることを」

ミリア「ううっ‥‥ぐすっ、そうね」ポロッ
530 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/09 00:51:30 ID:9jODKleg [3/8] 報告

〜《世界行政機関U・S・A (嘘つき・信じるな・当てにならない)》〜



サカキ「ほう、これは驚きのスペシャルゲストの登場だな!ミュウツー!!」

ミュウツー「貴様が人工ポケモンを作っていることは知っている!またあのときのように同じ過ちを繰り返すつもりか!!」

サカキ「ふっ、招待状も無いのにノコノコ現れてみればその事か!!」

ミュウツー「その事だと!?ふざけるな、お前はそうやってどれだけ事件を起こしてきたというのだ」

サカキ「お前はいつまで経っても学習能力が足りないようだ、やはり戦闘のみに特化したことによる不良があるみたいだな」

ミュウツー「黙れ!今すぐお前が作っている人工ポケモンを消せ!!そうしなければこの世界が大変な事態に」

サカキ「聞き分けが悪いぞミュウツー、あくまでお前の主人は私だ!!主人に従わないのならお前はゴミ同然だ」

ミュウツー「ゴミだと!?」

サカキ「ああ、貴様などカラスに食われるゴミさ」

ミュウツー「ぬぅぅぅぅぅ!!!!」

サカキ「こい、XD002」

究極の生命体「‥‥‥‥‥‥!!」ギロッ

ミュウツー「なにっ!?すでに人工ポケモンは‥‥完成しているだと!?」

サカキ「1つ言っておく、コイツは人工ポケモンではない!全てを終わらせ、全てを作り替える!いわば神なる存在!!」

究極の生命体「ワレハ‥‥‥‥‥‥‥‥カミ!!」ギロッ


To be continued__
531 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/09 00:56:17 ID:9jODKleg [4/8] 報告
ナレーター『さぁ急展開で進んだアローラリーグ決勝トーナメント。なんとサトシがマサラ一族の禁断の力に溺れることなくミリアに勝利、準決勝にコマを進めたぞ!!そしてククイ博士が言う卒業バトル、さらにサカキvsミュウツーの戦い!!まだまだ謎が多く残るばかりだ』


次回


ポケモンマスター奪還!!サトシvsグラジオ



くだらねぇけどまた見てね!(見なくてもいいけど)
532 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/09 00:59:40 ID:9jODKleg [5/8] 報告
《お詫び》


少し展開を早めるため当初予定したストーリーを削って進行しました。そのため、話がゴチャゴチャになったり意味不明な部分があったりしていると思われます。もしかこのくだらねぇssをマジで見るのであれば注意して読んでください。もし分からない部分がございましたら意見をください
533 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/09 10:53:47 ID:9jODKleg [6/8] 報告
《番外編》 究極の生命体


今作の裏ストーリーで登場する謎の存在。デスゴルドとサカキ率いる世界行政機関U・S・A(嘘つき・信じるな・当てにならない)、そしてフジ博士による共同開発によって生み出された。その力はとてつもなく強大で第一形態の人間Ver.でも伝説のポケモンを圧倒するほどだ!さらにダークポケモンの力も取り込んでいるため、全ての技を半減するというチート性能も備えている。またサカキは今後開催されるチャンピオンリーグのジャッジメントテーブルルールを使い、トレーナーを殺害し、この究極の生命体の餌にするという極めて残酷な計画も実行するようだ。果たしてコイツを倒すことは出来るのか?チャンピオンリーグ編までお預けだ
534 : イコグマ@たわわこやし 17/12/09 10:58:37 ID:xj.hcKcY m 報告
次って準決?
535 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/09 11:04:11 ID:9jODKleg [7/8] 報告
>>534
そだよ!サトシvsグラジオやで
536 : リムー@ちいさなキノコ 17/12/09 12:04:47 ID:YaEAI58w m 報告
>>535そんで決勝はククイか

支援
537 : ザー丼 17/12/09 16:45:19 ID:SzsCgGLw m 報告
楽しみだ 超全力支援します
538 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/09 21:38:25 ID:9jODKleg [8/8] 報告

サトシ「いよいよ準決勝!相手はダークライ!」

「へへっ‥‥流石に強いぜ!俺達の技がみんな跳ね返されてしまう!」

「だけど絶対に負けるもんか!あと二つ‥‥あと二つ勝てば優勝なんだ!!」

「さぁ行けぇ!!俺のポケモン達!!」


次回 ポケットモンスターダイヤモンド&パール

「シンオウリーグ準決勝!ダークライ登場!!」

みんなもポケモン、ゲットだぜ!!



↑嘘です。

539 : ガヤミラミ@ひでんのくすり 17/12/10 10:48:26 ID:6Q0Mrk5E m 報告
540 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/10 12:50:52 ID:0nwi/XQI [1/8] 報告
数十分後

〜《世界行政機関U・S・A (嘘つき・信じるな・当てにならない)》〜


究極の生命体「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥!!」

ミュウツー「うわっ、くっ‥‥!!なぜっ‥‥こんなっ、ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


サカキ「ハハハハハハハハハハハハ」





〜《ラナキラスタジアム》〜


ナレーター『さぁ、まもなく準決勝最終試合、グラジオ選手vsナマステ選手の決着がつこうとしている!!』


グラジオ「お前には覚悟はあるのか?」

ナマステ「ひっ‥‥ひぃぃぃぃぃぃ!!!!」ブルブル


グラジオ「バトルへの覚悟が足りないからポケモンを傷つける、お前などポケモントレーナー失格だ!!」

ナマステ「頼むっ!!勝たせてくれっ!!俺は賞金を稼がなくては!」

グラジオ「失せろ、ポケモンではなく金のためなど知ったことかっ!」

ナマステ「うっ‥‥‥‥!!」


グラジオ「凍てつく聖獣が今!!邪悪なる暗黒の魂を裁き砕く!!」

シルヴァディ「シヴァァァァァァァ!!!!」


ナマステ「うわーーーーーーーーー!!!!」

フーディン「ふぅーーーーーーーーー!!!!」ズガーン



グラジオ「お前の邪悪なる心は砕けきった、2度と俺の目の前でその面を見せるな」


審判「フーディン戦闘不能、よって勝者はエーテルパラダイスのグラジオ!!」

541 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/10 13:21:54 ID:0nwi/XQI [2/8] 報告
ナレーター『決まったぁぁぁぁぁぁ!!なんと4体残しという圧倒的な実力で準決勝への最後の切符を手にしたのは、グラジオ選手です!!』

観客達「わぁーーーーーーーーー!!!!」

ナマステ「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。」



リーリエ「流石お兄様ですね!マニューラとクロバットは倒されてしまいましたが、シルヴァディが敵を全て打ってくれました」

カキ「あとグラジオの想いも勝利に繋がったのかもな。グラジオは優勝して世界に自分を知らしめ、世界のどこかにいる父親に帰ってきてほしいという夢があるからな!その想いだけは譲れないのさ、きっと」

リーリエ「お父様ですか」

マーマネ「そういえば次の準決勝は対戦表的にサトシとグラジオが戦うことになるね」

マオ「ライバル対決ということね」

リーリエ「私、どちらを応援しようか迷います‥‥サトシにするか、それともお兄様にするか」

マーマネ「どっちとも応援すればいいんじゃない?」

マオ「なによそれ?それじゃ応援の意味ないじゃん」

カキ「しかし一方だけを応援するというのは‥‥」

リーリエ「はぁ‥‥‥‥。」



〜《公園》〜


キモオタ軍「うおおおおおおん、ミリアたんがぁぁぁぁぁぁ!!!!」

バカット「くっ、こんな結果認められるものか!!あの雑魚トレーナーサトシめ、折角キモオタ軍を用意してまでダメージを与えてミリアちゃんに勝たしてあげようとしたのにぃぃぃぃ!!!!」

キモオタ軍「うおおおおおおん!!!!」


?????「君は甘すぎるんだよ!」

バカット「誰だお前は?」

インセクター羽蛾「始めましてとでも言っておこうか、僕はインセクター羽蛾、君と同じポケモントレーナーさ」

バカット「へっ、俺の失敗を笑いにでも来たのかよ」

インセクター羽蛾「ああ、その通りさぁ。準決勝が始まる前に君がやった策略の一部始終を見させてもらったよ。でもあれじゃあ失敗するのがオチだよねぇ、何せ君は名前のとおり馬鹿なんだからねぇwwwwww」

バカット「なんだとぉ?」
542 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/10 13:40:07 ID:0nwi/XQI [3/8] 報告
インセクター羽蛾「だってそうじゃないか、わざわざHPが満タンのところで狙うんだからさぁ、体力が無くなりヘトヘトになったところを狙っていれば良かったものを、全く爪が甘すぎるよ。」

バカット「くそがぁ‥‥!!」

インセクター羽蛾「ほう、アローラリーグ1回戦で君が馬鹿にしてたトレーナーにあっさり負けたくせしてチャンピオンリーグに出場した僕を糞呼ばわりするとはねぇ!!全く面白いよ君は」

バカット「なにぃ!?お前がか?」

インセクター羽蛾「お前とは失礼だね、言葉を慎みたまえ、バカット君」

バカット「ぐぬぬぬぬぬぅぅぅ‥‥!!」

インセクター羽蛾「まぁ落ち着けよ、今日は君が馬鹿にしたトレーナーを潰すためのいい殺り方を教えに来たからさぁ」

バカット「なんだと!?」

インセクター羽蛾「君のようなお馬鹿な頭じゃ考えもつかない画期的な殺り方をねぇ」


バカット「俺の頭では考えもつかない‥‥画期的な殺り方」


インセクター羽蛾「そうさ、これさえあれば潰すなんて簡単なことさ」

バカット「教えてくれっ、教えてくれよ!いったいどうやったらあの雑魚トレーナーサトシを潰せるんだ!」

インセクター羽蛾「そう慌てるなって、殺る時が来てからのお楽しみさ」


バカット「ちっ、コイツ‥‥!!」

インセクター羽蛾「あ?今なんか言ったか?」

バカット「いえっ、何でも‥‥ありません、羽蛾‥‥師匠」

インセクター羽蛾「そうか、何でもないのか。じゃあ、とっととついて来い」

バカット(あの野郎、足元を見やがって)

543 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/10 17:15:12 ID:0nwi/XQI [4/8] 報告
〜《ポケモンセンター》〜


インセクター羽蛾「さぁ来たぞ」

バカット「ポケモンセンターじゃないか」

インセクター羽蛾「おい、お前確かメタモン持ってたよなぁ?」

バカット「メタモンでどうするんだ?」

インセクター羽蛾「ジョーイさんに化けて‥‥‥‥‥‥〜すりゃあ良いんだよ」

バカット「お‥‥おい、そんなことしても‥‥良いのか?」

インセクター羽蛾「君は優しいね、そんなんだから爪が甘いんだよ。さぁ、やってやれ」

バカット「うっ‥‥」ゴクリ


サトシ「ジョーイさんポケモンをお願いします」

ジョーイさん「はい、かしこまりました」



インセクター羽蛾「ほら、来た来たぁ!!獲物がなぁ」

バカット「ぐぬぅぅぅ雑魚トレーナーサトシ」

インセクター羽蛾「そうだ、ジョーイさんがポケモンを医療準備室にモンスターボールを保管した、その隙に奴のモンスターボールを奪うんだよ!」

バカット「へ‥‥へへっwwwメタモン、いけっ」

メタモン「もんもん!!」

インセクター羽蛾「さぁやれ、楽しい楽しいショーの始まりだぁ」

バカット「へへへへwwwwwwワハハハハハハハ」


女の子「ママ、変な二人のお兄ちゃんが笑ってるよ!」

ママ「見ちゃいけません」
544 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/10 17:39:35 ID:0nwi/XQI [5/8] 報告
数分後


インセクター羽蛾「ほらな、簡単に奪えただろう?」

バカット「確かに、うまくいったな」

メタモン「もんもん」

バカット「奪ったはいいが、これからどうするんだよ?」

インセクター羽蛾「もし、雑魚トレーナーサトシがモンスターボールを探しに俺達の元へ来たら‥‥」

バカット「来たら?」

インセクター羽蛾「海にモンスターボールを落としてやれば良いんだよ!」

バカット「フフフフ、それは面白い!!そうすれば奴はポケモンが永遠に使えなくなり、絶望にうぬぼれ、奴は2度とポケモンバトルをしなくなるっ‥‥!!」

インセクター羽蛾「だが」

バカット「だが?」

インセクター羽蛾「失敗を想定したときに念には念をいれておかなければならない、そこで1つお前には演技をしてもらいたい」

バカット「演技?」

インセクター羽蛾「そうさぁ、‥‥‥‥‥‥〜、こうすれば完璧に絶望を奴に味わせられるはずさ」

バカット「お前もなかなかゲスい作戦を考えるな」

インセクター羽蛾「誉め言葉として受け取っておくよ」

バカット「一応、雑魚トレーナーサトシのポケモンは俺達の手の内にある、奴が来たときが楽しみだな」

インセクター羽蛾「そうそう、カメラも用意してくれないか?」

バカット「なるほど、奴が絶望したときの顔を撮ってYouTubeに投稿するんだな!」

インセクター羽蛾「ああ、Twitterやインスタグラム、ニコニコ動画にもだ」

バカット「ハハハハハハハハハハハハハハハ」

インセクター羽蛾「うひょひょひょひょひょ!!!!」
545 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/10 21:53:46 ID:0nwi/XQI [6/8] 報告
バカット「それより、羽蛾師匠は違う所のキャラだよね?こんな所にいたらまずいのでは?」

インセクター羽蛾「大丈夫、大丈夫、あやまっとけば、きっとOKさ。僕が出たことでこのSSの視聴率3倍アップは間違いないね!!やっぱり僕の考察力は百発百中、なんて天才なんだろう」















視聴率0×3=0→※結果的視聴率は上がりません
546 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/10 22:12:26 ID:0nwi/XQI [7/8] 報告
〜《ホテル》〜

サトシ「うめぇ〜!!このフルコース最高だよ」

リーリエ「準決勝まで進んだ選手はフルコースが無料で提供されます」

マーマネ「いいなぁ〜羨ましいよサトシ」

リーリエ「まぁ税金や大会の入場料4869円から支払われていますが」

カキ「毎回思うが入場料たけぇな」

マオ「本当リーリエが私たちの“ATM”で助かったよぉ」

リーリエ「今凄い発言が聞こえたような気がしますが」

マオ「気のせいよ気のせい」

リーリエ「気のせいですか(ATM聞こえたぞ!今度絶対払ってやんねぇ)」


マーマネ「それよりサトシ次の試合大丈夫なの?あさってグラジオと対戦するんでしょ?」

サトシ「あっ、そうだった!ポケモンセンターに預けたポケモンを取りに行かなきゃ」

リーリエ「あっ、私もシロンを迎えにいくためにご一緒して良いですか?」

サトシ「ああ、二人で行った方が楽しいしな」

スイレン(楽しい!?いったいどういう意味が?リーリエめ、サトシに何をした)


サトシ「じゃあ行ってくる」



マーマネ「しめしめ‥‥、サトシがポケモンセンターに行ってる間にフルコースを」

マオ「あっ、マーマネずるい!私も」

カキ「待てっ、俺にもよこせっ!!」

547 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/10 22:31:25 ID:0nwi/XQI [8/8] 報告
〜《ポケモンセンター》〜

サトシ「何だって!?ポケモンが盗まれた?」

ジョーイ「そうなの、モンスターボールを治療準備室に保管していたときに‥‥」

サトシ「そ‥‥そんな」

リーリエ「いったい誰が、何のために」

サトシ「もしかしたら‥‥!!」

リーリエ「何かあてでも?」

サトシ「こんなことするなんてアイツらしかいない!!」

リーリエ「もしかしてロケット団ですか?」

サトシ「そうさ、俺が昔旅している時にもよくあったからなぁ」

リーリエ「では探しに行きましょう」

サトシ「ああ」



〜《世界行政機関U・S・A(嘘つき・信じるな・当てにならない)》〜


究極の生命体「ぐぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」ピカーン

サカキ「おおっ、素晴らしい!!ミュウツーの力を取り込んだことにより、第2形態への覚醒が始まったか!!」


アホギリ「お‥‥おい、なんかヤバくねぇか?」

フラダリ「第1形態の人間の姿だったころの原型をとどめてすらいない」

ゲーチス「もはや心を持たぬ化け物のようですね」

アカギ「私の目指す心のない世界にはうってつけだな」

サカキ「さぁXD002よ、真の姿をこの私に見せてくれ」


究極の生命体「ぐぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」
548 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/11 00:07:48 ID:haZHyTso [1/8] 報告
〜《公園》〜

サトシ「いつもだったらアイツら呼んでもないのに来るのに、探そうとしたら出てこないんだよなぁ」

リーリエ「全く見つかりませんね、もう遅いですしこれ以上は‥‥」

サトシ「いや、そうはいかない!大事な俺のポケモン達だ、見捨てる訳になんていかないよ」


コジロウ「え〜キテルグマ印のハニードーナツはいかがてすかあ〜」

ニャース「今ならにゃんとアローラリーグ限定記念ピンバッジも貰えるにゃ」

ムサシ「って、こんな夕方に売ったって意味ないでしょ!!」


サトシ「ああーーーーーーーーー!!!!」

ロケット団「ああーーーーーーーーー!!!!」


サトシ「お前らこんな所で何やってんだ」

コジロウ「見れば分かるだろ、ドーナツ売ってるだけだ!!」

サトシ「今日お前ら俺のポケモンを盗んだんじゃないのか?」

ニャース「人聞きが悪いにゃ!今日はキテルグマにしごかれて全然ここにいなかったのにゃ」

ムサシ「だからこんな時間に店やってのよ、まぁ売れる訳がないけどね」

サトシ「そうなのか‥‥」

コジロウ「さてはお前、他の奴にポケモン盗まれたのか?」

ニャース「もしかしてピカチュウもにゃか?」

サトシ「いや、ピカチュウはモンスターボールに入らないから無事だったんだけど」

コジロウ「俺達を差し置いて標的であるジャリボーイのポケモンを奪うとは、全くけしからんな」

ムサシ「あんたが言うなあんたが‥‥」


ニャース「そういえばポケモンセンターでトーナメント表を見てたら怪しい二人がいたにゃ」

サトシ「怪しい二人?」

ニャース「確か一人はこの大会に出場していた奴にゃ」

サトシ「えっ!?この大会に」

リーリエ「まさか、このアローラリーグでポケモン強盗を働く選手がいるだなんて!!」

549 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/11 00:18:22 ID:haZHyTso [2/8] 報告
ニャース「名前は確かえ〜と‥‥」

サトシ「アローラリーグで悪いことをする奴と言えば!アイツだな」

リーリエ「アイツ?」

サトシ「そうだ、バカットだ!!」

ニャース「そうにゃ、そんな名前だった気がするにゃ」

サトシ「やはりアイツか!!どこまで根が腐った野郎なんだ」

リーリエ「しかし、今どこにいるやら」

サトシ「あっ、もしかしたら奴等なら知ってるかもしれない!!聞くのは嫌だけど奴等なら‥‥!!」

ニャース「奴等って誰にゃ?」

サトシ「キモオタ軍団さ、バカットはキモオタ軍団を雇って俺に復讐しに来たことがあったんだ!ミリアとの戦いの前にな」

リーリエ「だからあの時ポケモン達がすぐ戦闘不能になりやすかったんですね」

コジロウ「ニャース、どうせ客来ないからお前も着いて行ってやれ」

ムサシ「ジャリボーイのポケモンを奪うふとどきものにロケット団の怖さを見せてやるのよ」

ニャース「任せるにゃ」


サトシ「とりあえずキモオタ軍団のミリアたん残念会が開かれてる場所へ急ごう」

リーリエ「はっ‥‥はい」

ニャース「にゃ」
550 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/11 00:32:52 ID:haZHyTso [3/8] 報告
〜《ミリアたん残念会》〜


キモオタ1「うぉほぉぉぉぉぉ〜」

キモオタ2「うわぁぁぁぁぁぁん」


サトシ「ここか、なんか臭いな」

リーリエ「息苦しいですね」


キモオタ1「こんなときに何のようだ?」

サトシ「あのさ、バカットが今いる場所分かる?」

キモオタ1「知ってたってお前なんかに教えるもんか」

キモオタ軍「そうだ、そうだーーーーーーーーー!!」


リーリエ「お願いします!どうか」

キモオタ1「(あっ、やべ!!ちょー可愛い子登場したんですけど〜)」

キモオタ軍「ぶひぃ、ぶひ、ぶひぃーーーーー!!!!」


リーリエ「どうしても駄目ですか?」

キモオタ1「君の裸写真を撮らせてくれたら考えてもいいかな?」

リーリエ「えっ///」


ニャース「酷いにゃ、警察に通報するにゃ!!」

キモオタ1「何だこの喋るニャース?気持ち悪いな」

ニャース「にゃにぃ!?」

キモオタ1「僕達が用があるのはリーリエちゃんだけだ!お前なんかあっちいけっ」ビシッ

ニャース「痛いにゃっ!!何するにゃ」

キモオタ1「さぁさっさと帰れ、糞猫」

サトシ「行こうリーリエ、ニャース、こんな奴等を当てにしたのが間違いだったみたいだ」

リーリエ「えっ、でも」

ニャース「アイツらにゃんか返り討ちにするにゃ!糞猫呼ばわりされた怒りがおさまらないのにゃ」

サトシ「ニャース、言わせておけばいいんだ。どうせ何をしようとも口なんか聞いちゃくれないさ」

551 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/11 00:39:45 ID:haZHyTso [4/8] 報告
ニャース「しっ、しかしだニャ!!」

サトシ「良いんだよ、目的は俺のポケモンだ!アイツらに構ってる時間はない」

ニャース「でも情報は」

サトシ「心配はいらない!アイツの居場所が分かった」

ニャース「えっ?それは本当にゃか?」

サトシ「会場に来たとき二人の足跡があったんだ、しかも砂が混じった足跡が」

ニャース「それがどうしたにゃか?」

サトシ「分からないか?その二人の砂の混じった足跡の意味が?」

ニャース「まさか、その二人って!!」

サトシ「そう、俺のポケモンを盗んだ犯人の足跡だ!そして砂が混じった足跡ということは、奴等は海岸の近くにいる!!」

リーリエ「そこまで見抜いていたとは流石です」

サトシ「ああ、行ってみよう海岸へ」


552 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/11 00:56:16 ID:haZHyTso [5/8] 報告
〜《海岸》〜


バカット「へぇ〜、よくここが分かったね雑魚トレーナーサトシ」

サトシ「お前が盗んだのか?」

バカット「ああそうだよ、このメタモンと一緒にねぇ」

リーリエ「怪しい二人とはバカットと変身したメタモンのことだったんですね」

バカット「まぁ来たところで無駄なんだけどね」

サトシ「俺のポケモンを返せ」

バカット「返せと言われて返す奴がいるわけないだろwwwwww行けっ、メタモン!!」

メタモン「もんもん!!」


サトシ「(くっ、今手持ちには今日の試合で使わなかったジャラランガだけ!!ピカチュウは疲れて持ってこなかったし)しかたない、行けっジャラランガ!!」ポンッ

ジャラランガ「じゃらじゃらぁ」


リーリエ「シロン、サトシのためにあなたもお願いします!!」

バカット「さぁ僕の6Vメタモンに勝てるかな?」


インセクター羽蛾「あの〜、なぜこんな夕暮れにポケモンバトルをしているんですか?」

サトシ「君は誰?」

インセクター羽蛾「僕はハガ、君と同じくポケモントレーナーさ!所で、なぜこんな時にポケモンバトルを?」


サトシ「あのバカットっていう悪い奴が俺の大事なポケモンを奪ったんだよ!それで、バトルに」

インセクター羽蛾「人のポケモンを奪うだって?それは許せませんね!僕も協力していいですか?」

サトシ「ああ、助かるよ」

バカット「へっ、何匹来ようと俺の6Vメタモンに敵うものか!!」

インセクター羽蛾「いけっ、グソクムシャ!!であいがしらでアイツからモンスターボールを取り返すんだ!!」

グソクムシャ「むっじゃぁぁぁぁ!!!!」シュンッ


バカット「なっ!?」

メタモン「もっ!?」

サトシ「なんて速さだ!」

リーリエ「メタモンが変身する暇さえありません」

553 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/11 01:04:52 ID:haZHyTso [6/8] 報告
インセクター羽蛾「ご苦労だったねグソクムシャ」

グソクムシャ「ぐしゃぁ♪」

インセクター羽蛾「後は、あのトレーナーとメタモンだね」

バカット「ばっ‥‥ばかな」

サトシ「いけっ、ジャラランガ」

インセクター羽蛾「サトシ君、ここは僕にやらせてくれるかい?」

サトシ「えっ?」

インセクター羽蛾「僕はあういうやつ嫌いなんだよねぇ」

バカット「ぐぬぬぬぬぬぅぅぅ」

インセクター羽蛾「やれっ、グソクムシャ!」

グソクムシャ「ぐしゃぁぁぁ!!!!」

バカット「メタモン、変身!!」

メタモン「もんもん!!」

インセクター羽蛾「遅い!!」


バカット「なにぃぃぃぃ!?」

グソクムシャ「ぐしゃぁぁぁ!!!!」

メタモン「もーーーーーん!!!!!」


インセクター羽蛾「消えろ!!」

バカット「ひぃぃぃぃぃ!!!!」


サトシ「すっ‥‥すげぇ!!」

インセクター羽蛾「これで片付けたよ」

サトシ「ありがとう、君強いんだね」

インセクター羽蛾「そりゃあそうさ、なぜなら僕はチャンピオンリーグに出場するんだからね」

サトシ「チャ‥‥チャンピオンリーグに!?」

インセクター羽蛾「そう、そして僕はライバルになるであろうトレーナーの偵察にはるばるアローラノに来たのさ」

サトシ「そうなのかぁ、流石チャンピオンリーグに出場したトレーナーだなぁ」
554 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/11 01:19:49 ID:haZHyTso [7/8] 報告
インセクター羽蛾「実は僕、君のことにも注目していてねぇ、サンドパン、ジュナイパー、ガオガエン、ピカチュウ、ジャラランガ、ルガルガン、そしてゲッコウガ、どれも強いと思っているよ」

サトシ「チャンピオンリーグに出場した選手に褒められるなんて嬉しいな」

インセクター羽蛾「だからちょっと君のポケモン見せてくれないかなぁ?」

サトシ「手持ちがバレてるんじゃ隠しておく必要もないな!そのモンスターボールから出してみてもいいぜ」

インセクター羽蛾「そうか、それはありがとう」

サトシ「どれも根性のあるやつなんだぜ」


インセクター羽蛾「ねぇ、ねぇ知ってるかい?最近仲間に成り済ましてポケモンを盗む手口が増えているんだって」

サトシ「?」

インセクター羽蛾「だからあまり人を信じすぎないようにした方が良いよ」テクテク

サトシ「どういうことだよ?」


インセクター羽蛾「つまり‥‥

          こういうことさ!!」

555 : ルンゲル@あやしいカード 17/12/11 15:23:47 ID:7aGZ2OtU m 報告
インセクター羽蛾出てくんのかよ、大丈夫なのかサトシ
556 : ールル@はかせのてがみ 17/12/11 16:08:21 ID:wWtLxE56 m 報告
>>554
絶対鬱展開大好きだろ?サトシ優勝出来ないのだけは止めてくれよ
557 : ーパーバカット◆byXTdvfl7U 17/12/11 17:49:01 ID:haZHyTso [8/8] 報告
>>556
大丈夫、大丈夫!!最後は鬱展開にはしないから
558 : ココ@ガオガエンZ 17/12/11 19:59:57 ID:boUg1nOY m 報告
>>556チャンピオンリーグの伏線あるしまず優勝はするやろ
559 : ガラティオス@4ごうしつのカギ 17/12/12 13:39:30 ID:EgIHzxJI m 報告
>>554
モンスターボールがなにげに高品質だな


荒らし・煽りには反応せずにスルーして下さい。反応している人も同様に対処・対応しています。
(荒らしレスやそれに対する反応は、スレ進行の妨げとなるため削除します。削除されたレスに対して反応しないで下さい。)


画像(JPG/PNG 5.2 MB、GIF 15.2 MBまで)

  • 【IDを発行(または認証)】


    0/60
      
    書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
    レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
    その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
    荒らしや煽りはスルーして下さい。荒らしに反応している人も荒らし同様対処します。


    一部のホストからの違反報告を制限させてもらっています。


    文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
      文字サイズ

      自分の投稿を分かりやすくする
      投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
      現在の設定は「有効」です。
        

      NG設定
      各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

      ・連鎖NG設定
      NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
      現在の設定は「」です。
        

      ・NGワード設定
      入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
      NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

      ・NGネーム・NGID一括削除(下のボタンをクリックした時点で削除されます。)


      【特殊な指定方法】

      ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
      ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
      ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
      詳しくは、NGの設定方法を参照。



    (連投制限などに引っかかった時用)