サトシ「いよいよアローラリーグ第一回戦だ…!」


1 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/04 18:22:45 ID:fa1bqgj. [1/7] m 報告
カキ「俺は今…!ヴァラ火山のように…いや、アローラに輝く太陽、そう…!ソルガレオ以上に燃えているぞおおおお!!!!」

スイレン「カキから漂う熱気が凄い…」

リーリエ「いよいよ始まるんですね…!島巡りを終えた強豪達のポケモンリーグ…!」

マオ「うちのクラスではサトシとカキが出場するんだよね!二人とも頑張って!」

ロトム「でも優勝できるのは一人だけロト」

サトシ「優勝はできないけど俺たち二人で必ずベスト2になって決勝戦で最高のバトルをするのさ!」

マーマネ「そういえば二人はブロックが一番離れているもんね」

ロトム「理解ロト!熱いバトル期待しているロト!」

カキ「おいサトシ、一回戦もうすぐで始まるぞ」

サトシ「あっ、もう行かなきゃ!」

マオ「頑張ってねサトシ!」

ロトム「観客席で応援しているロト!」

スイレン「あれ、ロトムはサトシのところ行かないの?」

リーリエ「どうやらロトム図鑑は選手のアドバイスをしてはいけないルールなので…」

ロトム「僕もサトシと一緒に参加したかったロト!」

マオ「大丈夫!ロトムの応援はサトシに届くはずだよ!」
2 : リーラ@ぼうじんゴーグル 17/12/04 18:23:42 ID:HyNa6y6M m 報告
優勝はできないけどwwwwww
3 : ランブル@フェスチケット 17/12/04 18:24:13 ID:1Ufrw0SQ m 報告
アローラリーグSS増えてるな
頑張ってくれ
4 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/04 18:57:21 ID:fa1bqgj. [2/7] m 報告
実況「さあ、アローラリーグ記念すべき第一回戦が間も無く始まろうとしています!第一回戦はサトシ選手vsリュウキ選手だぁぁ!!」

リュウキ「俺はアローラの天下を取るためにこのアローラリーグに参加したスターだ!よろしく頼むぜ!」

サトシ「ああ!お互いいいバトルをしようぜ!」

リーリエ「いきなり強そうな人が相手ですか…」

スイレン「あの人凄いノリノリ!」

実況「ククイ博士、この勝負どう見ますか?」

ククイ「サトシはポケモンスクールで俺が担任をしていましたが中々手強いですよ!対するリュウキ選手は若手の有名スター、いい勝負が期待できそうです」

審判「両者ポケモンを!」

サトシ「最初は勿論お前だ!ピカチュウ!君に決めた!」

ピカチュウ「ピッカー!」

リュウキ「行け!ジジーロン!」

ジジーロン「ジローン」

実況「サトシ選手はピカチュウ、リュウキ選手はジジーロンだー!」

マーマネ「でんきタイプはドラゴンタイプに効きにくいからピカチュウの方が不利だね…」

リーリエ「ええ、ですがサトシは今まで何度も相性をひっくり返すような素晴らしい試合を見せてくれました。今回の試合だって例外ではありません!」

ククイ「サトシとピカチュウの絆は絶対的です。相性はジジーロンの方が有利ですが果たしてどうなるか…!」

リュウキ「お前とピカチュウの間に熱いハートを感じるぜ!ジジーロン!こっちもマックスパワーでいくぞ!」

ジジーロン「ジジローン!」

サトシ「へへっ…なら俺はもっともっと上をいく!」

ピカチュウ「ピカチュー!」

審判「試合開始!」

サトシ「ピカチュウ!10万ボルト!」

ピカチュウ「ピィィカァァヂュゥゥ!!」

ジジーロン「ジロォォン…!」ドカァァァン!!

リュウキ「俺のジジーロンにこれほどのダメージを…強いな!お前のピカチュウ!ジジーロン!ハイパーボイス!」

ジジーロン「ジジロォォォォン!!」

ピカチュウ「ピカ!?」グググ…

サトシ「負けるなピカチュウ!電光石火だ!」

ピカチュウ「ピッカー!」シュパッ!

ジジーロン「ジロォォ!?」ドカァ!
5 : イコグマ@ハスボーじょうろ 17/12/04 18:57:59 ID:WWO6Ii/6 報告
似てるの見たことあるぞ
あの文才に負けないように頑張れ
6 : ノムッチ@サファイア 17/12/04 19:04:44 ID:5DhyNB/Q 報告
誰得なオリキャラゴリ押しやぶん投げたかのような負け方がなければあれよりかは高評価されるよ
7 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/04 19:12:18 ID:fa1bqgj. [3/7] m 報告
リュウキ「速いな…それがお前のピカチュウの強さか!」

サトシ「ああ!スピードは誰にも負けないぜ!」

ピカチュウ「ピッカー!」

リュウキ「スピード勝負で勝つのは無理そうだ…だが!」

ジジーロン「ジジロォォォォ!!!!」ドカァァン!!

サトシ「な、なんだ!?」

マオ「えっ、なにあれ!?」

カキ「凄い気迫だな…」

ロトム「恐らくジジーロンの特性ぎゃくじょうロト!」

マオ「ぎゃくじょう…?」

リーリエ「相手からダメージを受け続けるとジジーロンの攻撃力が倍になるんです」

リュウキ「俺のジジーロンはスピードは無い。だが忍耐力が強いんだぜ!」

ジジーロン「ジロォォン!!」

サトシ「忍耐力か…ピカチュウ、一旦休んでくれ」

ピカチュウ「ピカッ」

実況「おっとサトシ選手ここでピカチュウを戻しました」

ククイ「ジジーロンの特性が発動し恐らく作戦を変更したんでしょう」

サトシ「ガオガエン!君に決めた!」

ガオガエン「ガオォォ!!」

ククイ「(やはりガオガエンか!)」

リュウキ「ガオガエン…なるほどな!忍耐力には忍耐力ということだな!面白い!受けて立つぜ!」

マーマネ「炎タイプもドラゴンタイプには不利だけどサトシらしい選択だね!」

リュウキ「ジジーロン!ハイパーボイス!」

ジジーロン「ジロォォォォン!!」

ガオガエン「ガルルル…」グググ…ダッ

実況「これは凄い!強化されたハイパーボイスをガオガエンが耐えています!」

サトシ「大丈夫か?ガオガエン!」

ガオガエン「ガオォ…!」

リュウキ「凄い忍耐力だ…ジジーロン!気合い入れていくぞ!」

ジジーロン「ジロン!!」キッ
8 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/04 19:14:18 ID:fa1bqgj. [4/7] m 報告
リュウキ「
9 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/04 19:27:12 ID:fa1bqgj. [5/7] m 報告
すみません誤爆しました

リュウキ「ジジーロン!今度は竜の波動だ!」

ジジーロン「ジジロォォ!!」クワッ!

サトシ「火炎放射で迎え撃て!」

ガオガエン「ガオガァァ!!」ボウッ!

ジジーロン「ジロォォ!!」ボウッ!!

カキ「やはり威力はジジーロンの方が高いか!」

サトシ「かわして炎の牙!」

ガオガエン「ガオガァ!!」シュン!

リュウキ「今度はかわしたか!ジジーロン!竜の波動を連発だ!」

ジジーロン「ジロッ!ジロッ!」ダッ!ダッ!

サトシ「突っ込め!」

ガオガエン「ガオッ!ガッ!?」シュン!キッ!

スイレン「掠った…!」

ロトム「あれが直撃したらひとたまりもないロト!」

ガオガエン「ガオガァァ!!」ガブッ!

ジジーロン「ジロォォ!?」ボウッ!

リュウキ「火傷か…!一気に決めるぞ!流星群!」

ジジーロン「ジロォォォ!!」ヒュゥゥン…

マーマネ「あんなのを受けたらやばいよ!」

リーリエ「ですが流星群を撃つと相手のパワーは落ちます。これを凌げばサトシが一気に優勢です!」

サトシ「ガオガエン!流星群に突っ込め!DDラリアットの準備だ!」

ガオガエン「ガオッ!?」

サトシ「俺を信じてくれ!」

ガオガエン「ガオォ…ガオガァ!!」シュパッ!
10 : ーブイ@キトサン 17/12/04 19:29:01 ID:Qa.PrlBI m 報告
なんでか知らないけど最近アローラリーグSS多いな

支援
11 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/04 20:10:37 ID:fa1bqgj. [6/7] m 報告
リュウキ「自ら流星群に飛び込むとはいい度胸だな…ならば全力で迎え撃つのみ!ジジーロン!流星群発射!」

ジジーロン「ジロォォン!!!」ドパッ!!

サトシ「DDラリアットで流星群を跳び越えろ!」

ガオガエン「ガオォ!!」シュパ!シュパ!シュパ!

リュウキ「なに!?」

マオ「凄い!流星群を跳び越えるなんて!」

リーリエ「サトシにしかできない発想…流石です!サトシ!」

サトシ「いっけー!炎の牙だ!!」

ガオガエン「ガオォォォォ!!!!」ボウッ!

ジジーロン「ジジ!?」ガブッ!ドッカァァン!!

リュウキ「ジジーロン!」

審判「ジジーロン戦闘不能!ガオガエンの勝ち!」

実況「これは驚いた!流星群をまさか跳びこえるだなんて信じられません!」

ククイ「サトシには意外性があります。誰にもできない発想をしてみせるのがサトシなんです!」

観客「あのサトシってやつ凄いな!」

観客「いきなり凄技かよ!」

リュウキ「ジジーロン、お疲れ様。凄えなサトシ!これがお前の強さか!」

サトシ「へへっ…名付けて流星群封じだ!」

リュウキ「流星群封じ…いい戦術だ…!だがまだあと2体残っている。負けないぜ!行け!ガブリアス!」

ガブリアス「ガブァァ!!」

サトシ「ガブリアスか…行けるか?」

ガオガエン「ガオガァ!」

スイレン「またドラゴンタイプ…」

マーマネ「ガオガエンもピカチュウもガブリアスには不利だ…」

リーリエ「ですがサトシはガオガエンを続投させました。ガオガエンの忍耐力を信じてのことだと思います」

カキ「負けるなよ…サトシ…!」
12 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/04 20:26:16 ID:fa1bqgj. [7/7] m 報告
サトシ「ガオガエン!火炎放射!」

ガオガエン「ガオガァァ!!」ボウッ!

リュウキ「かわせ!」

ガブリアス「ガブッ!」シュッ!

サトシ「速い!」

リュウキ「ジジーロンと反対に俺のガブリアスは速度が自慢だ!そして…ガブリアス!ドラゴンダイブ!」

ガブリアス「ガアァァァァ!!」ヒュゥゥ!!

サトシ「受け止めろ!」

ガオガエン「ガオォ!!」ドカァァァ!

ガブリアス「ガブァァァ!!」グイッ!

ガオガエン「ガァァ!?」ドサッ!

サトシ「ガオガエン!」

リュウキ「俺のガブリアスはお前のガオガエンの忍耐力にも勝るパワーもある!正しく最強のガブリアスだぜ!!」

ガオガエン「ガオォ…」

審判「ガオガエン戦闘不能!ガブリアスの勝ち!」

マオ「ガオガエンも頑張ったんだけど…」

カキ「ガブリアスのパワーがガオガエンを上回ったということだな…」

サトシ「お疲れ様ガオガエン。ゆっくり休んでくれ」

観客「リュウキも凄いな!」

観客「流石スターだぜ!」

ククイ「(あのガオガエンを一撃で…強いな…)」

実況「さあ、サトシ選手はどうする!?」

サトシ「フシギダネ!君に決めた!」

フシギダネ「ダニャー!!」

スイレン「あのフシギダネはオーキド研究所にいた…!」

ロトム「サトシは他の他方で仲間にしたポケモンもいるロト!」

サトシ「フシギダネ!久々のバトルだ!思いっきり行くぞ!」

フシギダネ「ダネダ!」

リュウキ「フシギダネか…油断するなガブリアス!」

ガブリアス「ガバァ!」キッ!
13 : ンプラー@カイスのみ 17/12/04 20:31:16 ID:mlZKSMPk 報告
フシギダネ出すとは思ってなかった
14 : イアント@あおいバンダナ 17/12/04 23:22:38 ID:D6NHbOm6 m 報告
モクロー(解雇された…)
15 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/05 01:14:34 ID:kCTdSA1Q [1/5] 報告
サトシ「フシギダネ!はっぱカッター!」

フシギダネ「ダネ!ダァネェェ!」シュパパパ!!

リュウキ「かわせ!」

ガブリアス「ガバッ!」シュッ!

マーマネ「やっぱりあのガブリアス速い!」

カキ「全弾かわされてしまったな…!」

リュウキ「よおし!ドラゴンダイブだ!」

ガブリアス「ガブァァァ!!」ヒュウウ!!

サトシ「(やっぱりきた!)」

サトシ「フシギダネ!ガブリアスに飛び移るんだ!」

フシギダネ「ダネ!ダネフシャ!!」

ガブリアス「ガッ!?」

実況「おぉっと!?フシギダネがガブリアスに飛び移った!」

リュウキ「あのスピードを見切ったのか!?」

マオ「凄いよフシギダネ!」

リーリエ「これなら確実に技を当てることができます!」

サトシ「よし!フシギダネ!やどりぎのたね!」

フシギダネ「ダネフシ!」ポンッ!

ガブリアス「ガァァァァ!?」ビリビリッ!

リュウキ「そうか…!やどりぎのたねを命中させガブリアスの体力をじわじわ奪うことでスピードを落とそうということか…!」

サトシ「つるのムチで投げ飛ばせ!」

フシギダネ「ダネ!ダァァネェェ!!」フンッ!!

ガブリアス「ガブァァ!?」ドカァァン

リュウキ「まさかガブリアスに飛び移ってくるとは…!だがジジーロンほどではないがこいつも忍耐力はある方だ!そう簡単には倒れないぜ!」

サトシ「だろうな!フシギダネ!ソーラービーム!!」

フシギダネ「ダネ!」ジュワワワワ…

マーマネ「ソーラービーム!?」

カキ「チャージ中に攻撃を受けたらノーガードだ!」

リーリエ「ええ、ですがサトシは次の一撃で決めようとしています。やどりぎのたねのダメージもあるのでソーラービームが決まるか決まらないかで勝負が決まるでしょう…!」

スイレン「頑張れフシギダネ!」
16 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/05 01:26:01 ID:kCTdSA1Q [2/5] 報告
リュウキ「ならば、ソーラービームのチャージが終わるまでにフシギダネを倒すのみ!ガブリアス!連続でドラゴンクロー!」

ガブリアス「ガブ!ガバァァ!!」スパッ!スパッ!スパッ!

サトシ「かわすんだ!」

フシギダネ「ダネ!」シュン!シュン!シュン!

ガブリアス「ガッブァァァ!!」スパッ!!

フシギダネ「ダネダァ!?」ドサツ

リュウキ「よし!」

フシギダネ「ダネェェ…!」

リュウキ「立ち上がったのか…!」

サトシ「フシギダネの根性は凄いのさ!いけ!ソーラービーム!!」

フシギダネ「ダネダネダネダネフッシィィィィ!!!」ドカァァァァ!!!

リュウキ「竜の波動で迎え撃て!」

ガブリアス「ガブァァァァァ!!」ドカァァ!!!

フシギダネ「フッシィィィィ!!!」グイッ!!

ガブリアス「ガバァ!?!?」ドッカァァァン!!!

リュウキ「ガブリアス!」

審判「ガブリアス戦闘不能!フシギダネの勝ち!」

サトシ「よくやったぞフシギダネ!」

フシギダネ「ダネダー!」

マオ「あのフシギダネ凄い!」

リーリエ「ええ!最後のソーラービームの威力はとてつもない威力でした!」

リュウキ「よくやったガブリアス。なるほどな…お前のポケモンは根性が強いんだな!」

サトシ「ああ!誰にも負けないぜ!」

リュウキ「凄い自信だ…なら俺も全力で迎え撃つ!いけ!ジャラランガ!」

ジャラランガ「ジャララァァン!!」

サトシ「ジャラランガか…」

カキ「またドラゴンタイプ…リュウキはドラゴン使いか…!」

サトシ「フシギダネ、まだいけるか?」

フシギダネ「ダネ!!」キッ!

サトシ「よしわかった!頼むぞフシギダネ!」
17 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/05 01:39:53 ID:kCTdSA1Q [3/5] 報告
サトシ「フシギダネ!先手必勝はっぱカッター!!」

フシギダネ「ダネ!ダァァネェェ!!」シュパシュパ!

リュウキ「受け止めろ!」

ジャラランガ「ジャラァン!」シュンシュン!

マオ「えぇ!?ほぼ無傷!?」

ロトム「ジャラランガの鱗はどんな攻撃も通さないロト…!」

リーリエ「せめてフェアリータイプがいれば…!」

サトシ「ならばこれなら…!やどりぎのたね!」

フシギダネ「ダネェェ!」ポンッ!

ジャラランガ「ジャラ!?ジャラァァ!?」ビリビリッ!

リュウキ「やどりぎのたねか…だが俺のジャラランガはやどりぎのたねに苦戦するほどヤワではない!」

ジャラランガ「ジャララァ…」キッ!

サトシ「ならば…!ソーラービームだ!」

フシギダネ「ダネ!」ジュワワワ…

リュウキ「それを待っていた!いくぞジャラランガ!」ピカッ!!

スイレン「あれは!」

マーマネ「Zクリスタル!」

リュウキ「さあいくぞ!ジャラランガ!ブレイジングソウルビート!!」

ジャラランガ「ジャラ!ジャラジャラジャラ…!ジャラジャアラァァ!!」ドバババババッ!!!

フシギダネ「ダネ!?ダニャァァァ!?」ドバババババババ

サトシ「しまった…!」

フシギダネ「ダネェ…」

審判「フシギダネ戦闘不能!ジャラランガの勝ち!」

マオ「フシギダネ負けちゃった…」

ジャラランガ「ジャラァァァァ!!」ドカァァァァ!!

マーマネ「えっ、なになに!?」

リーリエ「ブレイジングソウルビートの追加効果です。撃った後ジャラランガの全能力がアップします…!」

カキ「こりゃピカチュウでもまずいかもな…」
18 : ミツルギ@ポフィンケース 17/12/05 05:30:43 ID:3CpYXscI m 報告
支援
19 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/05 18:23:09 ID:kCTdSA1Q [4/5] 報告
サトシ「お疲れ様フシギダネ…最後はお前だ!ピカチュウ!君に決めた!」

ピカチュウ「ピッカー!!」バリバリッ!

リュウキ「へっ!ついに来たぜ!ガオガエンもフシギダネもハートが熱かったが一番こいつから熱いハートを感じるんだ!」

サトシ「ピカチュウは俺が旅を始めてからの相棒さ!」

リュウキ「俺のジャラランガもポケモントレーナーを始めてからの相棒なのさ!全力でいくぞ!」

サトシ「ああ!ピカチュウ!アイアンテール!」

ピカチュウ「ピカッ!」シュパッ!

リュウキ「ジャラランガ!冷凍パンチ!」

ジャラランガ「ジャラララ!」ゴゴゴ…

サトシ「回転してかわせ!」

ピカチュウ「ピッカー!!」クルッ!

カキ「あれをかわしたのか!」

リーリエ「まるでポケモンコンテストのような動きです…!」

サトシ「後ろに回り込んでジャラランガにジャンプだ!」

ピカチュウ「ピカ!!」シュン!

リュウキ「そうきたか!ジャラランガ!ドラゴンテール!!」

ジャラランガ「ジャラ…!ジャラァァァン!!」ゴゴゴ…

マーマネ「空中じゃ避けられない!」

サトシ「ドラゴンテールを足場にしてジャンプだ!!」

リュウキ「なに!?」

ピカチュウ「ピカ!ピカピッカー!!」タッ!シュン!!

サトシ「今だ!アイアンテール!」

ピカチュウ「ピッカァァ!!!」ドンッ!!

ジャラランガ「ジャラァァ!?」ドスン

サトシ「鱗が硬いのなら背中の鱗がない部分に攻撃すればいい!そしてこれが…!」ピカッ!

リュウキ「ここでZ技か…!」

サトシ「俺たちの…全力だぁぁぁ!!!1000万ボルト!!!」ダッ!!

ピカチュウ「ピィィカァァァヂュゥゥゥゥ!!!!」バリバリバリッ!!!!

ジャラランガ「ジャラァァァ!?」ドカァァァァァン!!!!

リュウキ「ジャラランガ!!」
20 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/05 18:44:31 ID:kCTdSA1Q [5/5] 報告
審判「ジャラランガ戦闘不能!ピカチュウの勝ち!よってこの勝負、サトシ選手の勝利!」

実況「決まったぁぁぁ!!アローラリーグ初となる記念すべきバトルはサトシ選手の勝利だぁぁぁ!!」

ククイ「全能力がアップしたジャラランガに対しテクニックで決めるとは…こりゃVジェネレートだ!」

リュウキ「完敗だ…だが、いいバトルができてよかったぜ!」

サトシ「こちらこそ!またバトルしようぜ!」ニギッ

リュウキ「ああ!」ニギッ

実況「さあ、続いては第二回戦です!」

そして次々とバトルが進んでいき、グラジオやアセロラ、グズマも難なく予選を突破した…

マオ「やっぱりアセロラは私達のスクールの中でもサトシやカキに次ぐ実力者なんだね!」

サトシ「グズマさんもスカル団を解散してからこのリーグのために頑張ってきたみたいだし昔ククイ博士と共に島巡りを制覇した実力は本物だな!」

リーリエ「お兄様も流石です…!」

ロトム「そろそろカキの試合が始まるロト!」

スイレン「カキの相手はヒロキだ」

マーマネ「あのバンバドロ使いのうちのスクールの同級生か!」

サトシ「あいつとバトルしたことはあるけど前よりも格段的に強くなってるみたいだぜ…!」

実況「さあ、これが予選最後の試合です!カキ選手vsヒロキ選手!」

カキ「よろしく頼む!」

ヒロキ「おう!」

審判「両者ポケモンを!」

カキ「出てこい!ガラガラ!」

ガラガラ「ガラガァラァ!」ブンブンッ!

ヒロキ「いけ!カイリキー!」

カイリキー「リッキィィ!」

マーマネ「タイプ相性ではガラガラの方が有利だ!」

サトシ「頑張れよカキ!」

審判「試合開始!」
21 : ガプテラ@ネコブのみ 17/12/05 19:55:55 ID:st/b.36s m 報告
グズマ強そう
22 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/06 05:25:25 ID:OqJp346I [1/5] 報告
カキ「ガラガラ!ずつき!」

ガラガラ「ガラッ!」シュンッ

ヒロキ「受け止めろ!」

カイリキー「リッキィ!」ガシッ!

カキ「シャドーボーン!」

ガラガラ「ガァァラァァ!!」ブンッ!

カイリキー「リキッ!?」ズガッ!!

ヒロキ「っ…!戻れカイリキー!」

実況「おぉっと!はやくもカイリキーを戻したぞ!」

ククイ「格闘タイプはゴーストタイプに何も出来ませんからね…」

ヒロキ「頼むぞバンバドロ!」

バンバドロ「バンドオォォ!!」ズシンッ

カキ「いきなりバンバドロか…!」

リーリエ「炎タイプを使うカキにとってバンバドロは不利な相手ですね…」

サトシ「なあに、カキなら勝てるさ!」

カキ「ガラガラ!骨ブーメラン!」

ガラガラ「ガラッ!ガラァァ!」ブンブンッ!

バンバドロ「バドォォ…バンドロォォ!!」シュイン!

ヒロキ「よしっ!」

実況「ここでバンバドロの特性持久力の発動だー!」

ククイ「持久力は相手の攻撃を受けるたび物理防御が上がる特性…物理攻撃が得意なガラガラにとってはやや不利ですね」

ロトム「しかも骨ブーメランは二回攻撃、二回も持久力を発動してしまっているロトー!?」ピピピ!!

ヒロキ「バンバドロ!10万馬力!」

バンバドロ「バンドォォ!!」ズドォォン!!

ガラガラ「ガラァァ!?」ズタッ…

カキ「ガラガラ!?」

カキ「(ここは交代させるべきか…!?)」カチャッ…

ガラガラ「ガ…ガラァァ!!」ドカッ!!

カキ「痛い!?ガラガラ…わかった!お前を信じるぜ!」

サトシ「ニヤッ…」
23 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/06 05:36:00 ID:OqJp346I [2/5] 報告
カキ「(あのバンバドロの特性で1発程度じゃ大したダメージを与えられない…ならば…!)」

カキ「ガラガラ!連続でシャドーボーン!」

ガラガラ「ガラァ!ガラガァラァ!!」ボウッ!ボウッ!ボウッ!

ヒロキ「受け止めろ!」

バンバドロ「バンドッ…!バンドォォ!」シュインシュイン!

カキ「まだだ!もっと続けろ!!」

ガラガラ「ガラァァ!!」ボウッ!ボウッ!

実況「これは…?ガラガラの連続のシャドーボーンによりバンバドロの防御力がどんどん上がっていきます!」

ククイ「(カキのやつ…血迷ってしまったのか…!?)」

マーマネ「あわわ…まずいよ!」

スイレン「バンバドロの特性がどんどん発動する…」

マオ「まさかカキ、バンバドロの特性を知らないんじゃ…」

サトシ「いや、これでいいのさ!」ニッ

マオ「サトシッ!?」

リーリエ「あっ…そういうことですか…!」

ロトム「どういうことロト?」ピピピ
24 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/06 05:45:42 ID:OqJp346I [3/5] 報告
ガラガラ「ガラ!ガァラァ!!」ボウッ!ボウッ!

ヒロキ「血迷ったか…!バンバドロの特性がどんどん発動するだけだぞ!」

バンバドロ「バドロォ…!」シュインシュイン!

カキ「まだ気づかないのか…バンバドロをよく見てみろ!」

バンバドロ「バドォ…」ズシッ…

ヒロキ「なっ…!?」

実況「なんということでしょう!?防御力が上がり続けたバンバドロが跪いてしまった!」

カキ「ヴァラ火山の塵も積もれば山となる!!いくら防御力が上がったからといってダメージは受けるのさ!」

ククイ「たとえ僅かなダメージでも連続で直撃すればいくらバンバドロでも消耗します。カキはそれを狙ったんでしょう!!」

カキ「そのままシャドーボーンを続けるんだ!」

ガラガラ「ガラッ!」ボウッ!

ヒロキ「くっ…!バンバドロ!10万馬力!」

バンバドロ「バンドロォォ!!」ドンッ!!

カキ「かわせ!」

ガラガラ「ガラァ!」シュン!

ヒロキ「まだだ!10万馬力!」

バンバドロ「バドォ!バドッ…!」ガクッ

ヒロキ「なに!?」

スイレン「バンバドロが!」

リーリエ「あれだけの攻撃を受けた上にあの図体です。連続で10万馬力を撃てるほどバンバドロに技術はありません」

マーマネ「そういえばサトシも強敵のジャラランガ相手にテクニックで勝利した…カキもそれを真似て…!」

ヒロキ「くっ!地ならし!」

バンバドロ「バドォォ!!」ズシンズシンッ!

カキ「ジャンプだガラガラ!」

ガラガラ「ガラァ!」シュンッ!

ヒロキ「しまった!?」

カキ「とどめのフレアドライブ!」

ガラガラ「ガラァ!ガラガァラァァァ!!!」ヒュゥゥゥン!!

バンバドロ「バドォォォォ!?」ズドォォォン!!

ヒロキ「バンバドロ!!」

審判「バンバドロ戦闘不能!ガラガラの勝ち!」
25 : レキッド@スーパーボール 17/12/06 08:23:44 ID:DkQNyC3s 報告
こっちのアローラリーグはどうなるかな?
26 : ャタピー@リーフのいし 17/12/06 11:11:19 ID:YUypcXy6 m 報告
支援
27 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/06 16:17:14 ID:OqJp346I [4/5] 報告
マオ「今のガラガラの動き凄い…!」

サトシ「リーグ開催前、猛特訓してたからな!」

カキ「よくやったぞガラガラ!」

ガラガラ「ガラァ!」フンッ!

スイレン「ツンデレ…?」

ヒロキ「まさか俺のバンバドロが負けるとは…凄いな…だがこいつはどうだ?」

オニゴーリ「ゴォォリィィ!」

カキ「オニゴーリか…」

ロトム「氷タイプのオニゴーリは炎タイプのガラガラに弱いロト!」

リーリエ「彼の3体のポケモンの中ではバンバドロしかガラガラに対処できるポケモンがいなかったのでしょうか…?それとも…」

カキ「ガラガラ!フレアドライブ!」

ガラガラ「ガラッ!ガラァァァ!!」ヒュゥゥン!

ヒロキ「水の波動!」

オニゴーリ「ゴォリィィ!!」ボンッ!!

ガラガラ「ガラァ!?」ドカン!!

カキ「水の波動!?」

リーリエ「なるほど、そういうことですか…」

カキ「水タイプの技か…だがポケモン同士の相性はこちらの方が有利だ!攻めるぞ!シャドーボーン!」

ガラガラ「ガラッ!」ブンッ!

ヒロキ「もう一度水の波動!」

オニゴーリ「ゴォリィ!」ボンッ!

カキ「受け流せ!」

ガラガラ「ガラァ!!」ブンッ!

サトシ「うまい!」

マーマネ「棍棒で水の波動を打ち破った!」

カキ「いけ!シャドーボーン!!」

ガラガラ「ガラガァラァ!!」ブンッ!!

ヒロキ「へっ…噛み砕く!」

オニゴーリ「ゴォリィィ!!」ガブッ!

カキ「噛み砕くだと…!?ガラガラ!」
28 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/06 16:28:59 ID:OqJp346I [5/5] 報告
ガラガラ「ガラァ…」ドスッ…

審判「ガラガラ戦闘不能!オニゴーリの勝ち!」

マオ「あのガラガラがあっさり…」

リーリエ「技のタイプの範囲が広い…!」

カキ「よくやったぞガラガラ…ゆっくり休んでくれ…」

実況「さあこれでヒロキ選手引き戻しました!次のカキ選手の出すポケモンはー?」

カキ「頼むぞケンタロス!」

ケンタロス「モオォォ!!」

サトシ「ケンタロスか…!」

ヒロキ「戻れオニゴーリ」

スイレン「戻した…」

リーリエ「控えのカイリキーがきますね…」

ヒロキ「出てこい!カイリキー!」

カイリキー「リキィィ!!」

ヒロキ「相性ではこっちの方が有利だ!カイリキー!クロスチョップ!」

カイリキー「リキッ!リッキィィ!!」シュンッ!!

カキ「つのでつく!受け止めろ!!」

ケンタロス「モオォォ!」ガシッ!

ヒロキ「パワーは互角か…だがカイリキーにはまだ2本の腕が残っている!爆裂パンチ!」

カイリキー「リキィィィィィ!!」ボンッ!!

カキ「あれを受けたらまずい…!ケンタロス!カイリキーを投げ飛ばせ!」

ケンタロス「モオォォォォ!!」ブンッ!

カイリキー「リキッ!?」

カキ「空中じゃ避けられないぞ…!ケンタロス!破壊光線!」

ケンタロス「モオォォォ!!」キュイィィン!!

カイリキー「リキィィィ!?」ズドオォォォン!!

マーマネ「よし!直撃した!」

サトシ「やったか!?」
29 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/07 03:15:48 ID:zEo7HBl6 [1/2] 報告
カキ「…」

カイリキー「リッキィィ…!」

カキ「耐えられたか…!」

ロトム「まずいロト!ケンタロスは破壊光線の反動で動けないロト!」

ヒロキ「今だ!全力の一撃を叩き込んでやるぜ!」ピカッ!

スイレン「Z技…!」

サトシ「流石島巡りを全て制覇した人達同士の大会だ…皆Z技を使うよな…!」

ヒロキ「これが俺たちの全力だ!全力無双激烈拳!!!!」

カイリキー「リキッ!リィキキキキキキキキ!!!!」ズドドドドドド!!!!

カキ「(破壊光線の反動で動けない…!)」

カキ「ケンタロス耐えてくれー!!!!」

ケンタロス「モオォォ…」ズタッ…

審判「ケンタロス戦闘不能!カイリキーの勝ち!」

実況「カイリキーがケンタロスを撃破!これでヒロキ選手の方が手持ちのポケモンの数的に有利になりました!」

ククイ「効果抜群のZ技は流石のケンタロスもきついと思います。ですが、カキはまだZ技を残しています。この勝負、わかりませんよ…!」

カキ「ケンタロスお疲れ様…」

リーリエ「カキの残りポケモンはあと1体…」

サトシ「ああ、だがバクガメスなら勝てるさ!」

カキ「ガラガラやケンタロスの分まで全力を出し切るぞ!出てこいバクガメス!!」

バクガメス「ガメェェス!!」ボウッ!!

ヒロキ「でたなバクガメス…!」

カキ「バクガメス!あのカイリキーはパワーが半端じゃない!気をつけろ!」

バクガメス「ガメッス…!」キッ…!
30 : ーパーマサラ人◆luN7z/2xAk 17/12/07 03:25:38 ID:zEo7HBl6 [2/2] 報告
ヒロキ「あと一体を倒せば俺の勝ちだ!カイリキー!クロスチョップ!」

カイリキー「リキッ!リッキィィ!!」シュンッ!!

実況「カイリキー走り出したぞー!」

カキ「バクガメス!トラップシェル!」

バクガメス「ガメッ!」クルッ!

ヒロキ「っ!一旦退くんだ!」

カイリキー「リキッ!」シュタッ!

カキ「流石にトラップシェルの効果は知ってたか…からをやぶる!!」

バクガメス「ガメッ!ガメッ!ガメェェェス!!」バリバリッ!シュインシュイン!!

マオ「よし!からをやぶるだ!」

マーマネ「でもあのカイリキーのパワーに対抗するには防御力が必要なのにからをやぶるで防御力を下げちゃった…」

リーリエ「いいえ…たしかにカイリキーの攻撃を受けるならばバクガメスの防御力が必要ですが攻撃は最大の防御、カキはからをやぶるで一気に決める気です!相手がどんなに強くても先に倒せば問題ないです!」

ヒロキ「まさかからをやぶるを持っていたとは…カイリキー!ストーンエッジ!」

カイリキー「リッキィィィ!!」ズドンッ!!

カキ「下からくるぞ!ドラゴンテールで受け流せ!」

バクガメス「ガメス!ガァメェェス!」ドシッ!!

実況「これはうまい!下から迫ってくるストーンエッジをドラゴンテールで受け流しつつジャンプだ!」

カキ「もう一度ドラゴンテール!!」

バクガメス「ガッメェェス!!」ドカッ!!

カイリキー「リキィィ!?」ズドォォン!!

ヒロキ「カイリキー!」

審判「カイリキー戦闘不能!バクガメスの勝ち!」

スイレン「凄いパワー…」

マーマネ「からをやぶるでパワーも桁違いに上がったからね!」

リーリエ「そして下がった防御力を利用しないで攻撃力の上がったドラゴンテールで相手のストーンエッジを対処…流石ですカキ!」
31 : ユルド@ヒウンアイス 17/12/08 04:09:21 ID:1WTJqKik m 報告
リーリエ攻撃は最大の防御知ってたんだ
32 : オタチ@パワフルハーブ 17/12/08 07:52:53 ID:R8NZApV2 m 報告
支援
33 : ンターン@ハーバーメール 17/12/11 05:35:27 ID:wDKnKtLQ m 報告
支援


荒らし・煽りには反応せずにスルーして下さい。反応している人も同様に対処・対応しています。
(荒らしレスやそれに対する反応は、スレ進行の妨げとなるため削除します。削除されたレスに対して反応しないで下さい。)


画像(JPG/PNG 5.2 MB、GIF 15.2 MBまで)

  • 【IDを発行(または認証)】


    0/60
      
    書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
    レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
    その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
    荒らしや煽りはスルーして下さい。荒らしに反応している人も荒らし同様対処します。


    一部のホストからの違反報告を制限させてもらっています。


    文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
      文字サイズ

      自分の投稿を分かりやすくする
      投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
      現在の設定は「有効」です。
        

      NG設定
      各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

      ・連鎖NG設定
      NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
      現在の設定は「」です。
        

      ・NGワード設定
      入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
      NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

      ・NGネーム・NGID一括削除(下のボタンをクリックした時点で削除されます。)


      【特殊な指定方法】

      ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
      ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
      ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
      詳しくは、NGの設定方法を参照。



    (連投制限などに引っかかった時用)