ンネの冒険〜始まりの書

1 : ガヤミラミ@たてのカセキ 18/01/14 02:13:02 ID:RVi55l4U [1/2] m 報告
???「追い詰めたぞ...さあ、その本を返すのだ!!」

エーフィ「くっ...」

???「おおっと、俺に貴様の技は効かぬぞ!観念しろ!」

エーフィ「...あんたに悪用されるぐらいならこんなもの!!」

???「お、おい!何をする気だ!?」

エーフィ「はぁああああ!サイコキネシス!!」

バチッバチバチバチィ!!

エーフィ「くっ!!一体な、なにが!?」

???「この愚か者め!!その魔法の本は破壊しようとすると周りの全てを巻き込んでしまうのだ!!」

エーフィ「きゃあぁああああ!!!!」

ドガーーーーーーーン!
2 : ズモー@ほのおのいし 18/01/14 02:25:28 ID:RVi55l4U [2/2] m 報告
キルリア「きゃあ!!助けてー!!」

ゲンガー「ぐへへへへ町をめちゃくちゃにしてやるー!」

???「ゲンガー!悪さをやめろンネ!!」

ゲンガー「なんだ?貴様」

???「この世に悪がいる限り、僕は戦い続ける!」

デデンネ「正義の味方、デデンネ!参上!」

デデンネ「必殺!ほっぺすりすり!!」

ゲンガー「ぎゃああぁああ!!許してー!!」

キルリア「デデンネさん、とっても素敵ですわ」

クチート「頼もしいわ〜」

デデンネ「この世にデデンネいる限り平和は永遠に続くンネ!!」

デデンネ「はーはっはっはっはっはっ!!」

デデンネ「ははは、そんな抱きつくなって、ぐへへへへ......」

エモンガ「......起きろ!!」

デデンネ「たしかに僕はイケメンで強いけどだけど流石に褒めすぎンネ〜」

エモンガ「.........」

ペチンッ!

デデンネ「痛っっったああ!!!なにするンネ!!」

エモンガ「うるさいエモ!今何時だと思ってるんだ!」

デデンネ「...え?七時ぐらい?」

エモンガ「あのなぁ...もう十一時回ってるぞ?」

デデンネ「あー、もうそんな時間か」

エモンガ「何呑気に言ってんだ!今日は俺とハイキングに行くんだろエモ!」

デデンネ「...忘れてたンネ!!」

エモンガ「もっかい引っ叩くぞこの野郎」