ミヅキ「紹介するね、リーリエ!」 コウミ「コウミです! よろしくお願いします!」

1 : dX3IS9Elqo 18/01/28 17:44:54 ID:QUB4fUrw 報告

リーリエ「ミヅキさん、このオンナは……?」

ミヅキ「この女!?」

リーリエ「……この女の方はどなたですか?」

ミヅキ「(あー、びっくりした。リーリエ……急に口が悪くなったのかと思ったよ……。)」

コウミ「私はコウミ! あなたがリーリエさんですね? お噂は予々、ミヅキおねえちゃんから聞いてます!」

リーリエ「(……ミヅキさんが私の噂話を!? いったい、どんな内容なんでしょうか……。『私の親友だよ!』とか……もしかして、『かの――)

     ――って、ミヅキおねえちゃん……?」
114 : ュナイパー@ナモのみ 18/02/07 04:17:01 ID:q7n9MUG2 報告
支援
115 : dX3IS9Elqo 18/02/07 20:03:50 ID:DfUyakNM [1/5] 報告

リーリエ「(……ん? ミヅキさんと一緒のお部屋ということは――

      ――当然、着替えとかも――)」チラッ

ミヅキ「?」

ジ↓ィィ→ィィ↑ィィ……

ミヅキ「な……なに? な、なんでそんなじっくり見るの?/// 恥ずかしいよ……///」

リーリエ「……………………。」モンモン

ミヅキ「……リーリエ?」




……ハナジルブシャァァ!

ドサッ!

ミヅキ「!?」


ミヅキ「ちょ……リーリエ!? ねえ、しっかりしてよ!」ユサユサ

リーリエ「(……おの、れ……こ、むす……め……!)」ガクッ

ミヅキ「リーリエ! リーリエったら! ねえ――

________
____
__
_


116 : dX3IS9Elqo 18/02/07 22:11:47 ID:DfUyakNM [2/5] 報告

ミヅキ「……ねえ、ホントに大丈夫なの? 一回、病院に行った方が――」

リーリエ「……ご心配は無用です、ミヅキさん! 慣れていますので!!」

ミヅキ「(……慣れてるの!? 倒れることに!!?)」
117 : dX3IS9Elqo 18/02/07 22:21:59 ID:DfUyakNM [3/5] 報告

ミヅキ「……それで、今日はどうして?」

リーリエ「実は……カクカクシカジカメブキジカでして。」

ミヅキ「……え? 私と一緒にチョコレートを?」

リーリエ「はい! ……普段、お世話になっている博士たちへのプレゼントのため――

     ――お願い致します!」

ミヅキ「……うん! 一緒に作ろ♪」

リーリエ「ありがとうございます!」ペコッ
118 : dX3IS9Elqo 18/02/07 22:35:38 ID:DfUyakNM [4/5] 報告

リーリエ「(……やりました! 『ミヅキさんとのラブラブチョコレート作り作戦』は成功ですね! ここで、私がチョコレートを作る姿を印象付けておいて――

      ――当日、そのチョコレートをミヅキさんへと届けるサプライズ! ……驚く、かわいいお顔が目に浮かびますね♪)」

コウミ「ねー、おねえちゃん! ……私も一緒に作ってもいい?」

ミヅキ「もちろん!」ニコッ

リーリエ「(なん……だと……!?)」
119 : dX3IS9Elqo 18/02/07 23:24:40 ID:DfUyakNM [5/5] 報告

リーリエ「(お、落ち着くのです! 私!! ……今回の目的は、チョコを作る私の姿をミヅキさんに覚えていただくこと――

      ――多少残念ではありますが、二人っきりである必要はありません!!)」

ミヅキ「……リーリエも、良いよね?」

リーリエ「……もちろんです! 一緒にがんばリーリエです!!」ガンバリーリエ

コウミ「やった! ありがとう、おねえちゃん♪ ……リーリエさんも、ありがとうございます!」ニコッ

リーリエ「どういたしましてです!」
120 : dX3IS9Elqo 18/02/08 00:25:34 ID:xYNLqLq2 [1/3] 報告

リーリエ「(……ん? そういえば――)」


リーリエ「コウミさん……まだ、アローラに越して来られて間もないですよね? いったい、どなたにチョコレートをプレゼントされるのですか?」

コウミ「え!? そ、それは……っ!」アタフタ

ミヅキ「私も知りたい! 教えて? コウミちゃん!」

コウミ「うぅ〜〜! それは――」

「「……それは?」」

コウミ「――内緒です!!///」

ミヅキ「ええー!?」

コウミ「……いくらおねえちゃんでも、駄目なものは駄目ッ!!」

ミヅキ「ぶぅ……。」プクッ

リーリエ「(かわいい。)」
121 : dX3IS9Elqo 18/02/08 00:49:24 ID:xYNLqLq2 [2/3] 報告

________
____
__
_


「「「完成〜〜!!」」」

リーリエ「……ミヅキさん、ご協力ありがとうございました! 一人では不安だったのですが――

     ――無事、必要な数を作ることができました♪」

ミヅキ「私も……リーリエと一緒だったから、スッゴい楽しかったよ♪ こちらこそありがとうね!」ニコッ

リーリエ「(ああ……この笑顔を見るため、私はこれまで生きてきたのですね……!)」



コウミ「(むぅ……!)」プクッ

……ギュッ!

ミヅキ「……わっ! き、急にどうしたの? コウミちゃん……。」

コウミ「えへへー! 私も、おねえちゃんと一緒にお料理できて――

    ――スッゴい楽しかったよ♪」スリスリ

ミヅキ「ホント、いつまでも甘えん坊さんなんだから! ……もちろん、私も楽しかったよ♪」ナデナデ

コウミ「わぁい♪ おねえちゃん大好き!」ギューッ!



リーリエ「」ワナワナ
122 : dX3IS9Elqo 18/02/08 00:50:35 ID:xYNLqLq2 [3/3] 報告
後半に続きます! えへ!
123 : ブライカ@さざなみのおこう 18/02/08 09:06:16 ID:MQURbtnE 報告
支援
124 : ガフーディン@くろおび 18/02/09 09:08:34 ID:VWSyuqQk 報告
支援
125 : ンメン@シャドーメール 18/02/10 02:17:20 ID:0X72DCe2 報告
支援
126 : ッタイシ@しろいハーブ 18/02/12 13:51:47 ID:iQhMICx2 報告
支援
127 : dX3IS9Elqo 18/02/14 19:09:13 ID:iFM3fes6 [1/19] 報告

〜番外編2・後編〜


 ――翌日。

リーリエ「……いよいよ、バレンタインデー当日です! 問題は、どうやってミヅキさんにチョコレートをお渡しするかですが――」


『コウミちゃん、一人でアローラにきて……私のお家に、ホームステイしてるって!』


リーリエ「――ご自宅に行ってお渡しするのでは、小娘に気取られる可能性が高いですね。……最近は三人でお出かけするのも、楽しくはなってきましたが――

     ――だからといって、今日ばかりは話が別です! なんとしても、二人きりにならねば……!」
128 : レッグル@ラッキーパンチ 18/02/14 19:15:39 ID:P4qw625E 報告
リーリエハッピーエンドがいいな。何でもいいけど
129 : dX3IS9Elqo 18/02/14 19:21:17 ID:iFM3fes6 [2/19] 報告

リーリエ「……こういう時、ポケモンリーグがお休みなのが、心底悔やまれますね。チャンピオンの間――

     ――あそこなら誰の目を気にすることもなく、チョコをお渡しできるのですが……。」


リーリエ「……いったい、ポケモンリーグを改装するなんて言い出したのは、どこの何方ですか!

     酷いです! 酷すぎます!!」


 ……ヘックシュン!


リーリエ「……今、研究所の中から、くしゃみが聞こえた気がしますが……きっと気のせいでしょう。」
130 : レユータン@ふたのカセキ 18/02/14 19:44:15 ID:Thr.Hlj. 報告
この画像がほんま似合う
131 : dX3IS9Elqo 18/02/14 20:14:10 ID:iFM3fes6 [3/19] 報告

リーリエ「……仕方ありませんね。ミヅキさんが一人になる隙がないか、ご自宅の前で"張り込み"して待ちましょう。」ポンッ

                  パ カ ー ン !

ルナアーラ「マヒナペーア!!!」バサバサ

リーリエ「ほしぐもちゃん。……ミヅキさんのお家までお願いね。」

ルナアーラ「マペッ!」ギュイーン!
132 : dX3IS9Elqo 18/02/14 20:20:15 ID:iFM3fes6 [4/19] 報告

________
____
__
_


リーリエ「……到着です!」スタッ!


リーリエ「(……早速、"張り込み"開始です!!)」ヒソヒソ

 コソコソ

 ガサガサ……
133 : ュシュプ@メタルコート 18/02/14 20:23:07 ID:0t/j5I9c 報告
>>130
一瞬リーリエがハウに見えた
134 : dX3IS9Elqo 18/02/14 20:30:49 ID:iFM3fes6 [5/19] 報告

 ――数十分後。


「……それじゃ、ママちょっとお買い物に行ってくるから、二人と留守番よろしくねー!」

「「はーい♪」」


リーリエ「(……ミヅキさんのお母様がお出かけになられました。これはチャンスかもしれませんね、ほしぐもちゃん!)」ヒソヒソ

ルナアーラ「(マヒナペ♪)」テレパシー

リーリエ「(……直接脳内に!?)」

****
135 : dX3IS9Elqo 18/02/14 20:46:17 ID:iFM3fes6 [6/19] 報告

――さらに数十分後。


「おねえちゃん、ゴメン! ……私もちょっと出かけてくるね。」

「……なにか用事? 気をつけて行ってきてね♪」

「……うん♪」


リーリエ「!」

リーリエ「(な、なんと……! 小娘自ら、ミヅキさんの側を離れてくれるとは――

      ――天は我に味方せり!)」グッ!

リーリエ「……ほしぐもちゃん!」

ルナアーラ「マペッ♪」

リーリエ「さらに――」ポンッ

                  パ カ ー ン !

ピッピ「ピッピ♪」スタッ

リーリエ「――ピッピさん!」

ピッピ「……ピッ!」

リーリエ「……お母様とこむ、コウミさんが戻って来たら、足止めをお願いしますね!」

「「 マペッ!   コクッ
   ピッピ! 」」コクッ
136 : dX3IS9Elqo 18/02/14 21:47:06 ID:iFM3fes6 [7/19] 報告

****


 コンッ! コンッ!


リーリエ「……。」ドキドキ


「……はーい!」


 パタパタパタッ……


リーリエ「……!」ゴクリ


 ガチャッ!
137 : dX3IS9Elqo 18/02/14 22:04:46 ID:iFM3fes6 [8/19] 報告

ミヅキ「どちらさまで――

    ――リーリエ! ……今日も遊びにきてくれたの?」ニコッ

リーリエ「は、はひっ!」ガチガチ

ミヅキ「フフッ……声、上擦ってるよ。……どうかした?」

リーリエ「……あ。」


リーリエ「……なんでもありません。」

リーリエ「(……今、ミヅキさんしかお家にいらっしゃらないかと思うと、つい意識してしまって――

      ――気をつけないと!)」

ミヅキ「そう? 今、ちょうど一人で留守番してて……退屈してたところなんだ!

    ……さ、上がって上がって♪」

リーリエ「はい! お邪魔します!」ペコッ
138 : dX3IS9Elqo 18/02/14 22:19:34 ID:iFM3fes6 [9/19] 報告

****

ミヅキ「……さっきも言ったけど、ママもコウミちゃんも、今出かけてて――

    ――私一人なんだ。……なにもおもてなし出来なくて悪いけど、ゆっくりしていってね!」ニコッ

リーリエ「(『その笑顔こそが、最高のおもてなしですよ!』――なーんて、言えればなぁ……。)」


リーリエ「……はい。では、お言葉に甘えますね。」
139 : dX3IS9Elqo 18/02/14 22:40:20 ID:iFM3fes6 [10/19] 報告

________
____
__
_


ミヅキ「――――でね! その時、ちょうどアセロラちゃんが――」ニコニコ

リーリエ「……!」ソワソワ

ミヅキ「……リーリエ?」


リーリエ「!」ビクッ

リーリエ「……な、なんでしょうか?」

ミヅキ「……さっきからどうかした? ずっとソワソワしてるみたいだけど……。」

リーリエ「う"……! そ、それは――」

ミヅキ「……それは?」

リーリエ「(……ミヅキさんがあんまり楽しそうにお話されていたのと、なにより――

      ――怖くて。……言い出すことが出来ませんでしたが――)」チラッ


ミヅキ「?」


リーリエ「(――もう、腹を括るしかないですね……! がんばリーリエです、私!!)」ガンバリーリエ


リーリエ「……実は!!」
140 : dX3IS9Elqo 18/02/14 22:51:36 ID:iFM3fes6 [11/19] 報告






 ……スッ

ミヅキ「!」

ミヅキ「これ、私に……?」

リーリエ「」コクッ!コクッ!

ミヅキ「……開けてもいい?」

リーリエ「ぅ……///」チラッ

ミヅキ「?」ニコッ

リーリエ「……………………。」

 ……コクッ
141 : dX3IS9Elqo 18/02/14 23:06:26 ID:iFM3fes6 [12/19] 報告

 シュルシュル……

 パサッ!

 ……パカッ!

ミヅキ「わあっ……!」キラキラ

リーリエ「……///」モジモジ

ミヅキ「……これ、昨日リーリエが、一番頑張って作ってた――

    ――ホントに? ホントに私がもらっちゃってもいいの?」

リーリエ「……はい! ミヅキさんは私の、だい――」

ミヅキ「……だい?」キョトーン

リーリエ「〜〜〜〜〜〜〜〜ッッ!!!///」
142 : dX3IS9Elqo 18/02/14 23:15:48 ID:iFM3fes6 [13/19] 報告



リーリエ「………………だい、親友……ですから! 是非――

     ――ミヅキさんに受け取ってほしいのです!!」ニコッ

ミヅキ「リーリエ……。」ウルウル

リーリエ「……ミヅキさん?」

 フワッ……

リーリエ「?!」








 ……ギュッ!
143 : dX3IS9Elqo 18/02/14 23:24:42 ID:iFM3fes6 [14/19] 報告

リーリエ「ミ、ミミミミミミヅキさん!?!?!?///」ボフッ!

ミヅキ「私もね――」

リーリエ「え?」

ミヅキ「――私も、リーリエが一番のお友達だよ! だから――

________
____
__
_
144 : dX3IS9Elqo 18/02/14 23:29:42 ID:iFM3fes6 [15/19] 報告



                「 ありがとう……! 」パアァッ


145 : dX3IS9Elqo 18/02/14 23:32:46 ID:iFM3fes6 [16/19] 報告
















「……言えるワケないですよね。『大好きな人』だなんて――。」
146 : dX3IS9Elqo 18/02/14 23:42:34 ID:iFM3fes6 [17/19] 報告

________
____
__
_


〜1番道路 ハウオリシティ外れ 海岸〜


 サクッ、サクッ、サクッ……


リーリエ「(……本当の気持ちを伝えることは出来ませんでしたが、あのミヅキさんの笑顔――

      ――あの笑顔を見られただけでも、がんばリーリエした甲斐がありました。)」


 サクッ、サクッ、サクッ……


リーリエ「(……気持ちを伝えるのは、もうちょっと私に、勇気が付いてから……。)」ギュッ


 サクッ、サクッ、サクッ……


「ぉーぃ。」

リーリエ「!」
147 : dX3IS9Elqo 18/02/14 23:58:06 ID:iFM3fes6 [18/19] 報告

 タッタッタッ……


コウミ「……リーリエさん……! やっと帰って来ましたね……!」ハァ、ハァ

リーリエ「……コウミさん? 博士の研究所の前で、どうかされましたか?」

コウミ「『どうかされましたか?』――って! ……リーリエさんをお待ちしてたに決まってるじゃないですかー!」プンスカッ!

リーリエ「私を?」

コウミ「そうですよ! ……はい、これ。」スッ

リーリエ「……これは?」

コウミ「……? もちろん、チョコレートですよ?」

リーリエ「え……わ、私に……?」

リーリエ「(昨日、コウミさんが作ってたチョコレート。三つの内、一つは私の……!?)」

コウミ「……はい! おねえちゃんとおばさんにも私んですけど――

    ――アローラに来てから、いつも仲良くしてくださってありがとうございます♪」ニコッ

コウミ「……その、感謝の気持ちを込めて!!」


リーリエ「……………………。」ポカーン


コウミ「……リーリエさん?」

リーリエ「……あ、ありがとうございます。どう、いたしまして……///」ペコッ
148 : dX3IS9Elqo 18/02/14 23:59:00 ID:iFM3fes6 [19/19] 報告
番外編2、おわリーリエです! えへ!
149 : ッツー@オレンのみ 18/02/16 11:16:51 ID:IsICTWh. 報告
番外編もとっても良かったです!
心があったかくなる
主のリリミヅss本当に大好き 支援
150 : dX3IS9Elqo 18/02/17 21:40:32 ID:HSPu.wMg [1/3] 報告

>>103からの続きです! えへ!

________
____
__
_


<アリガトウゴザイマシター!

 テクテク……



リーリエ「……結局、"スーパーアクアトルネード"にされたのですね……。」

ミヅキ「う、うん……。やっぱり、"ラブリースターインパクト"は、私には似合わないよ……///」

リーリエ「(……ミヅキさんほどラブリーでスターでインパクトな人物は、他にいないというのに……。残念ですね。

      まあ、"スーパーアクアトルネード"でも、充分過ぎるほどにラブリーなんですけどね!)」


ミヅキ「さて! ……次はどこを見る?」

リーリエ「そうですねぇ――」

 キャッ! キャッ!


コウミ「」ポツーン

 ……ムスッ!

コウミ「……二人とも!」

「「!」」
151 : dX3IS9Elqo 18/02/17 22:09:26 ID:HSPu.wMg [2/3] 報告

コウミ「……私たちの目的、忘れてません!?」ブスッ

「「目的……?」」


リーリエ「(……『ミヅキさんとのハウオリデート! 小娘もいるよ!』。)」

ミヅキ「……ご、ゴメンね! 私たち――

    ――コウミちゃんの試練を受けるため、イリマさんに会いに来たんだったね……。」

リーリエ「(……そういえばそうでしたね。すっかり忘れていました。)」

コウミ「……もう! しっかりしてよね、おねえちゃん!」プンスコッ!

ミヅキ「う、うん……。」

ミヅキ「(ハウオリシティは色んなお店があるし喜、んでくれると思ったんだけど……コウミちゃん、楽しくなかったのかなぁ……。)」シューン


リーリエ「……では早速、イリマさんのご自宅に行ってみましょう。」

「「はーい。」」
152 : dX3IS9Elqo 18/02/17 22:45:21 ID:HSPu.wMg [3/3] 報告

________
____
__
_


<ハイ! キャプテンノイリマデシタ!

 テクテク……



リーリエ「……よかったですね、コウミさん! 試練――

     ――今から受けられることになって!」ニコッ

コウミ「……!///」


コウミ「……そ、そうですね。」

ミヅキ「よーし、2番道路に行こう!」
153 : ンガー@タウンマップ 18/02/18 06:41:38 ID:wtYpiYZE m 報告
支援


荒らし・煽りには反応せずにスルーして下さい。反応している人も同様に対処・対応しています。
(荒らしレスやそれに対する反応は、スレ進行の妨げとなるため削除します。削除されたレスに対して反応しないで下さい。)


画像(JPG/PNG 7.2 MB、GIF 15.2 MBまで)

  • 【IDを発行(または認証)】


    0/60
      
    書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
    レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
    その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
    荒らしや煽りはスルーして下さい。荒らしに反応している人も荒らし同様対処します。


    一部のホストからの違反報告を制限させてもらっています。


    文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
      文字サイズ

      自分の投稿を分かりやすくする
      投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
      現在の設定は「有効」です。
        

      NG設定
      各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

      ・連鎖NG設定
      NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
      現在の設定は「」です。
        

      ・NGワード設定
      入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
      NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

      ・NGネーム・NGID一括削除(下のボタンをクリックした時点で削除されます。)


      【特殊な指定方法】

      ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
      ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
      ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
      詳しくは、NGの設定方法を参照。



    (連投制限などに引っかかった時用)