逆行?

1 : レセリア@たつじんのおび 18/05/14 22:08:32 ID:eOyYV052 m 報告
___こ、ここは?

___たしかククイ博士の家で寝てたはずだけど

???「はやくおきなさ〜い」

___?誰だ?最近聞いてなかった声だ

???「ご飯冷めるわよ〜」

___そういえば懐かしい部屋だな…って俺の部屋じゃないか!

ハナコ「サトシ!いい加減起きなさい!」

サトシ「え…?マ、ママァ!?」



みたいな感じのss書こうかと思ってるんだけど需要ある?
43 : ガジュペッタ@ヒメリのみ 18/05/16 14:22:34 ID:/VzFT0H2 [1/5] 報告
>>42
×ハナコ「話は後で。一回落ち着いてから話し合ったをうがいいじゃない」

○ハナコ「話は後で。一回落ち着いてから話し合ったほうがいいじゃない」

でした。すみません
44 : ルタンク@ひかるおまもり 18/05/16 14:56:03 ID:/VzFT0H2 [2/5] 報告
サトシ「オムライスか!ママのオムライスは美味しいからな〜」

ハナコ「ええ、そうよ。けどそんなにオムライス好きだったかしら?」

え、特に好き嫌い無く食べてたはずだけど…
まさか、ここまで違うのか!?

サトシ「い、いや〜いつもは…」

ハナコ「いつもは?」

えっと

サトシ「いつもは隠してたんだよ!は、恥ずかしくってさ〜ハハハ」

ハナコ「そう。なら遠慮なく食べてね!」

サトシ「うん。あ、博士ケチャップ取って」

オーキド博士「…ハグハグん?おお、ほれ」

サトシ「ありがと」

シゲル「じゃあ私がかけてあげるよ!」

サトシ「いやい…」

ここで断ったらまた面倒くさくなるかな?

サトシ「そ、そうか?じゃあ頼む」

シゲル「うん!任せて!」

ハナコ「サトシこんなに可愛いくて気遣ってくれる幼馴染みがいて幸せね〜」

サトシ「え?普通だろ」

かけすぎないかな…
ま、心配しすぎか

45 : バット@サイキックメモリ 18/05/16 14:57:12 ID:/VzFT0H2 [3/5] 報告
サトシ「お、そんくらいでいいよ。ありがとう」

シゲル「えへへ、どういたしまして。じゃあ私もかけよっと」

あ〜ママのオムライス久しぶりだから美味いな〜
ママの料理の腕は変わってなくてよかったな…ん?

サトシ「おいシゲル。お前ケチャップかけすぎだろ!」

シゲル「え〜だってケチャップ美味しいじゃん。サトシももっとかける?」

サトシ「いや俺はもういい」

ケチャップこんなにかけるなんて

サトシ「ピカチュウみたいだな…」

シゲル「ん?」

サトシ「いや、なんでもない」

オーキド博士「…」

ナナミ「ハグハグ…?おじいちゃんどうかしたかい?」

オーキド博士「…あ、いや何でもないんじゃ。何でも…


46 : ルビル@くろおび 18/05/16 15:32:33 ID:bLraqRFA [1/5] m 報告
皆「ごちそうさまでした」

さ〜て昼ご飯も食ったしどうしよっか

オーキド博士「サトシ…話があるんじゃが」

あ〜そういえばそうだったな。しかし、何も考えてなかったわけじゃない!

サトシ「何?シゲルのことなら幼馴染みとして好きだよ?」

タケシがフラれるのは何回も見てきたからな。対処なんて容易いぜ!

オーキド博士「いや、シゲルのことではない」

え?シゲルの話してたのに…

サトシ「じゃあ何?」

オーキド博士「ここではなんじゃから研究所へ行こう。ナナミとシゲルは二人で遊んでてくれ」

シゲル「えーサトシと遊べないの?」

ナナミ「話があるらしいから仕方ないじゃないか。僕のポケモンたちを見せてあげるからさ」

え、俺もそっちに行きたいよ

サトシ「博士〜ナナミさんのポケモン見についてっちゃダメ?」

オーキド博士「ダメじゃ。…それにしても、お前さんほんとに変わったのう。ナナミがポケモン見せると言ってもついてったことないのに」

ポケモンともあんまり関わってなかったのか…

サトシ「ちぇっ、まあいっか。研究所にもポケモンはいるし」

オーキド博士「…よし、では行くかの。ママさんお昼ごちそうさまでした」

ハナコ「いえいえ、またいつでも来てくれていいんですよ。その方がサトシも喜ぶと思うし」

オーキド博士「そうですか、では。ナナミ、シゲルお前たちもどうせ研究所の庭で遊ぶんじゃろ?なら一緒に行こう」

あ、話が終わったらナナミさんのポケモン見れるじゃん

シゲル「うん!」

ナナミ「そうですね。ではごちそうさまでした」

サトシ「早く行こうぜ〜」

オーキド博士「これこれ、慌てるな」
47 : ッポウオ@あかいいと 18/05/16 19:52:50 ID:bLraqRFA [2/5] m 報告
オーキド博士「さて、じゃあ話じゃが…」

サトシ「ナナミさん、どんなポケモンもってるの?
…何?」

オーキド博士「…ナナミ、シゲルと一緒に庭で先に遊んでいなさい」

ナナミ「わかったよ。シゲル、先に行ってよう」

シゲル「うん、わかった。サトシ、ちゃんと後できてよね!」

サトシ「ああ…わかった。先に行っててくれ…」

オーキド博士「ではこっちで話そう」




48 : ガネール@むらさきのミツ 18/05/16 20:58:23 ID:/VzFT0H2 [4/5] 報告
サトシ「…で話しって何?」

シゲルのことじゃないってことならなんのことだ?

オーキド博士「サトシ、セレビィは知ってるかの?」

セレビィ?それなら…

サトシ「うん、知ってるよ?ジョウト地方の幻のポケモンだよね。それがどうしたの?…って、あ…」

やべっ、今の俺が知ってる分けないじゃないか…

サトシ「あ、えっとその…」

オーキド博士「やはりか…時渡りに巻き込まれたんじゃな」

え?時渡りのこと知ってんの?

サトシ「な、何で知って…?」

オーキド博士「なんじゃ、わしのこと覚えとらんのか?ユキナリじゃよ」

ユキナリ?オーキド博士の名前だよな?他にユキナリなんて…

サトシ「そうだ!ジョウト地方を旅してる時セレビィを助けるためにユキナリと一緒にいたけど…まさかオーキド博士がユキナリ?」

オーキド博士「なんじゃ、やっぱり覚えとるじゃないか。いや〜懐かしいのう。あの時に一緒にいた女の子はシゲルだったのかの?」

あれ?あの時のユキナリがオーキド博士ならカスミのこと知ってるはずだけど…

サトシ「いや、俺とその時旅してたのはタケシとカスミだけだよ?カスミじゃないの?シゲルは男だし」

オーキド博士「カスミ?あの自分で美少年とか言っとったカスミかの?タケシは確か年上のお兄さんにナンパしとる残念そうな女の人じゃったし。もう一人いたじゃろ?」

サトシ「え…カスミが男?タケシが女?もう…一人?」

シゲル以外にも男女が逆転してんのか?

オーキド博士「確かにサトシの手持ちにピカチュウがいたの〜。それにしゃべるニャースもいたのう。」

ピカチュウはちゃんといたのか。ほっ、それより

サトシ「ニャース?しゃべる?」

しゃべるニャースっていったらロケット団のニャースしか知らないけど…

オーキド博士「そうじゃな。ニャースで基本対戦しとったの。けどサトシの手持ちはメスが多かったのう」

え…ポケモンもオスメス逆転かよ…
49 : キメノコ@うみなりのスズ 18/05/16 21:16:24 ID:bLraqRFA [3/5] m 報告
オーキド博士「オスはニャースとベイリーフだけじゃったの〜」

ピカチュウもメスだったのか…ニャースがオス?逆転してないのか?…まあ決まったわけじゃないしな

サトシ「で、話はそれだけ?」

オーキド博士「いや、聞きたいことがあるんじゃよ」

サトシ「なら早くいってよ」

元の時代に戻りたいかってきかれても世界が違うようだしな…

オーキド博士「シゲルとはどこまでいったのかの?」

どこまで?

サトシ「どこまでって、ジョウトリーグの決勝トーナメント一回戦で俺と戦ってシゲルはトレーナー引退したけど…」

まあ、こっちじゃ知らないけど…

オーキド博士「そんなことじゃなくてな…まあ、あの時の様子じゃなにも起こっとらんじゃろ」

じゃあ聞くなよ…

サトシ「ねえ、もういい?」

オーキド博士「ん?あ、ああもう聞くことは聞いたし…」

???「何言ってんの博士!まだ僕のこと話してないじゃないか!!」

???「おみゃー勝手にいくなにゃ!」
50 : ーディン@リーフのいし 18/05/16 21:44:12 ID:/VzFT0H2 [5/5] 報告
誰だ?黄色い髪の女の子?それと

サトシ「ニャース!ニャースじゃないか!?」

あ、けど知らないか

ニャース「久しぶりだにゃジャリボーイ」

???「何で先にニャースと話すんだよ!僕と話すべきだろ!?」

え、いやだって知らないし…それよりニャースだよ

サトシ「ニャース、俺のこと知ってんのか!?」

ニャース「当たり前にゃ。どれだけピカチュウを追っかけたと思ってるのにゃ」

???「だから僕と話してよサトシ〜!」

サトシ「…でこっちの子誰だ?」

ニャース「やっとかにゃ…ハア…こっちは信じられないかもしれないけどピカチュウにゃ。ついでに、ピカチュウもおみゃーのことは知ってるにゃ。」

ピカチュウ?

サトシ「ははっ、ニャース冗談はよしてくれよ」

ピカチュウ?「冗談じゃないよ!ククイ博士の家でサトシたちと一緒に寝てたのに気づいたらメスになってて懐かしい場所にいてびっくりしたんだから!」

何言ってんだ?

サトシ「おいおい、そこまで言うなら証拠はあるのかよ?」

オーキド博士「証拠ならあるぞい。ほれピカチュウ、元の姿に戻りなさい」

ピカチュウ?「え〜、元に戻ったらサトシと話せなくなるじゃないか」

ニャース「諦めるにゃ。通訳ならしてやるからにゃ」

なんか、話が進んでるな…

ピカチュウ?「ハア仕方ないか…じゃ」ピカー!

え?うわっ!眩しっ!!






あ〜目がチカチカする…お、見えてきた



ピカチュウ「ピカッ!」

51 : プリン@こぶしのプレート 18/05/16 21:57:09 ID:K4iMF9qM [1/2] 報告
うおっ!眩しっ!
52 : イノーズ@グッズケース 18/05/16 22:26:13 ID:bLraqRFA [4/5] m 報告
ピカチュウ?確かにメスだな…

サトシ「ピカチュウ!え、てことは本当にさっきの子はピカチュウだったのか!?」

ニャース「だからそう言ってるにゃ!」

サトシ「けどどうして…」

メスになってんのは良いとして何で人間になってんの!?

オーキド博士「まあ、その気持ちは解るぞい。いきなりニャースがきて女物の服を持ってこいなんて言うし…持ってきたらどっかに消えて、少ししたらその服を着た女の子と一緒に来るし…」

ピカチュウ「ピカッピカピカ(人間になって良い)?」

ニャース「にゃに?もう人間の姿になっても良いかって?…あっちでなってくるにゃ」

ピカチュウ「ピカッ(わかった)」

ピカチュウの言葉がちょっと解るような…

オーキド博士「そしたらその子が自分はピカチュウだと言うんじゃからな。…サトシ、お前ただ過去に来たわけじゃないな?違う世界からきたのかの?」

サトシ「…え?ああよくわかったね」

さすが博士理解するのが早いな

オーキド博士「まあ、この世界には色んなポケモンがいるからの。違う世界に行くポケモンがいても不思議ではない」

そっか、アローラでみた伝説ポケモンやUBもウルトラホールで別世界にいけるし…

ピカチュウ「ただいま〜」

ニャース「お帰りにゃ」

サトシ「お帰りピカチュウ」

ピカチュウ「サトシっ!」

うわっ!

サトシ「だ、抱きつくな!」

ピカチュウ「え〜?良いじゃん」

サトシ「いやお前、今人間で女の子だろ?」

ピカチュウ「ちぇっ、仕方ないな〜」

サトシ「そ、そんな事より何で人間になれるんだよ!」

ピカチュウ「え?あ〜そういえば何でだろう?こっちに来た時はニャースも一緒だったから。ニャースはなれないの?」

ニャース「いくら頑張ってもなれないにゃ。それに今聞かれてるのはおみゃーだにゃ。しゃべれるなら通訳は必要ないし…にゃーはなんでいるのにゃ?」

サトシ「わからないことばっかだな…」
53 : ルシアン@ミズZ 18/05/16 22:28:13 ID:bLraqRFA [5/5] m 報告
今日はここで終わります。明日何時からになるかわからないけどしっかり更新します。お休みなさい
54 : ッタイシ@ウブのみ 18/05/16 22:29:53 ID:K4iMF9qM [2/2] 報告
55 : チュール@しずくプレート 18/05/17 14:26:27 ID:oXsfSpFc [1/7] 報告
オーキド博士「まあ、積もる話もあるだろうしそろそろお開きにするかのう」

なんか、忘れてるような…

サトシ「あ、シゲルのことなんだけどさ」

オーキド博士「シゲルがどうかしたかのう?」

サトシ「いや…シゲルがさ、今日隠れんぼしてたらさ…」

ピカチュウ「隠れんぼ?いいね!後でやろう!」

ニャース「おみゃーはちょっと黙ってるにゃ!」

ピカチュウ「え?うわっ」

サトシ「…シゲルがオニドリルに手伝ってもらってたんだよ。博士そのこと知ってた?」

オーキド博士「オニドリルじゃと!?いいや、シゲルがどのポケモンかわからんが仲良くしとったのなら知っとるが…」

サトシ「シゲルが言うにはナナミさんは知ってたらしいんだよね」

オーキド博士「ナナミもか…」

サトシ「まあ、何が言いたいかっていうと、あんまりシゲルは怒らないでやってくれなきかな?約束しちゃったし…」

オーキド博士「う、ううん…まあいつも見とらんかったわしにも非があるからのう…後で詳しくナナミに聞くからいいじゃろ」

よかった…これでシゲルが泣くことはないな

サトシ「じゃあそういうことで。…さ〜てナナミさんのポケモンでも見にいくか」

ニャース「待つにゃ!」

まだ何かあるのかよ?

ピカチュウ「僕はどうするのさ!?サトシの旅立ちの日までここにいるのは退屈だよ!?」

あっ、忘れてた…

サトシ「う、嘘だって。ちゃんと考えてるさ…」

ニャース「にゃーのこともどうにかするのにゃ!」

ニャースもか…
56 : グマラシ@つきのいし 18/05/17 14:51:24 ID:HOAZXWuk [1/3] m 報告
サトシ「う〜ん…博士、俺ニャースも連れてたんだよね?」

オーキド博士「ん?ああそうじゃよ。めちゃくちゃ強かったのう…じゃが、ピカチュウでは戦っとらんかったのう。まあそれもわかったがのう」

そっか、まあ人間になれるもんな…

ニャース「ジャリボーイがにゃーたちをゲットすれば良いんじゃないかにゃ?」

それも考えたけど

サトシ「お前人のポケモンになるのいやなんだろ?それに俺はまだ7歳だ」

オーキド博士「ポケモンは渡せんがモンスターボールならやるぞ?知り合いがいたほうがいいじゃろ」

え、マジ?

オーキド博士「まあピカチュウとニャースがいいんならじゃが」

ピカチュウ「僕は良いよ。ここにいても知り合いのポケモンがいるわけじゃないし」

ニャース「にゃーも良いにゃ。行くところもかなったし」

サトシ「じゃ、じゃあゲットしようかな?」

オーキド博士「よし、わかった。ちょっと待っとれ」

エ~トドコジャッタカノウ?ア、コレジャコレジャ

オーキド博士「お待たせ。これがモンスターボールじゃ」

サトシ「ありがとう。よしじゃあゲットするからピカチュウは戻ってくれ」

ピカチュウ「わかった」ピカー!




ピカチュウ「ピカッ」

ニャース「よろしくにゃ」

サトシ「じゃあ動くなよ。いけっモンスターボール!」


カラン、コロン、カラン…カチッ

サトシ「ピカチュウとニャースゲットだぜ!」

オーキド博士「おー、おめでとうこれでサトシもポケモントレーナーじゃな。じゃが旅にも出れんし、10歳まであまり無茶はするんじゃないぞ?」
57 : ルビー@ヤチェのみ 18/05/17 15:02:05 ID:oXsfSpFc [2/7] 報告
サトシ「わかってるよ。よし、出てこいピカチュウ!ニャース!」

オーキド博士「ボ、ボールから出すのかの?」

ピカチュウ「ピカッ!」

ニャース「へ〜、モンスターボールの中はこうなってたのかにゃ…あれ?外にゃ」

サトシ「へ?あ、ああピカチュウはモンスターボールの中より外が良いらしくて。ニャースも多分そうだろ?」

ピカチュウ「ピカ」

ニャース「まあ、モンスターボールの中は居心地は良かったけど外のほうがいいにゃ、」

オーキド博士「そうか。ポケモンにも性格はあるからのう。サトシ、これからどうするんじゃ?」

サトシ「う〜ん…シゲルと約束したしナナミさんのポケモンでも見に行こうかな?」

オーキド博士「そうか。じゃあ気をつけての」

サトシ「はい、ありがとうございました!」
58 : ントル@やまぶきのミツ 18/05/17 15:14:16 ID:AwhvQp8. 報告
しえ
59 : ピアー@オレンジメール 18/05/17 15:21:02 ID:oXsfSpFc [3/7] 報告
ピカチュウ「ね〜サトシ〜」

ん?いつの間に戻ったんだ?

サトシ「どうした?」

ピカチュウ「僕、今人間じゃん?人間の僕にピカチュウって言うのはダメじゃない?」

そういえばそうだな…でもな〜

サトシ「じゃあどう呼んだら良いんだよ?違う世界から来たけど未来には変わらないからミライか?」

ピカチュウ「ミライ?良いねミライ!」

良いのかよ…

サトシ「じゃあ人間の時はミライって呼ぶからな?忘れるなよ」

ミライ「サトシこそ忘れないでよ!」

サトシ「はいはい…」

ニャース「にゃあそんな事より。あれ、誰にゃ?」

シゲル「…」

ん?

サトシ「あっ、シゲルじゃないか。どうしたんだ?」

シゲル「…」

ミライ「?シゲル?サトシ何言ってるのシゲルはその子の後ろから走ってきてる人だよ?」

ナナミ「シゲル待ってくれよ…ん?誰だい?君」

ニャース「おみゃーこそ誰だにゃ」

ナナミ「僕はナナミだけど…いまニャースがしゃべらなかったかい?」

ニャース「当たり前にゃ。にゃーがしゃべってるんだにゃ」

ナナミ「え!?なんでポケモンが…?」

シゲル「…」

ミライ「…君がシゲル?」

なんか色々ヤバイ気がする…
60 : ワガノン@ヤミラミナイト 18/05/17 15:38:44 ID:oXsfSpFc [4/7] 報告
サトシ「ど、どうしたんだ?何かあったのか?」

シゲル「…よ…の子」

サトシ「?なんて?」

シゲル「…っ!誰よ!その子!!」

えっ…あっピカチュウのことか

サトシ「あ〜この子はなんていうか」

ミライ「あっ、そっかそっかそういうことか。ん〜誰だと思う?」

なんで挑発的なんだ…ニヤニヤしてるし

ナナミ「なんでしゃべれるんだい?」

ニャース「それはもう死ぬような練習をしたのにゃ」

こっちはこっちで話が弾んでんな…

サトシ「あ〜…ナナミさんポケモン見せて!」

ナナミ「あっ今それどころじゃないから。後でね…それでなんでここに?」

ニャース「それはだにゃあ…」

ダメだ…こっちは後だな

シゲル「あ、あんたなんかにサトシは渡さないんだから!」

ミライ「へ〜そう?僕はもうサトシのものだよ?」

なんか誤解を招きそうだからやめろ

サトシ「…シゲル、ミライはな?…実はピカチュウなんだよ」

シゲル「な、何よっサトシのものって…え?ピカチュウ?」





61 : ガース@キーのみ 18/05/17 16:00:44 ID:oXsfSpFc [5/7] 報告
サトシ「…ということがあって」

シゲル「??サトシは実は違う世界の未来から来たサトシでピカチュウとニャースも一緒??」

まあよくわかんないよな…

サトシ「まあそんなんだよ」

ミライ「ちぇっ、バラしちゃうなんてつまんないな〜」

こんな性格だったのか…

サトシ「お前そんなこと言ってると知らないぞ?」

ミライ「嘘だって!シゲルが女の子でサトシのことこんなに思ってるなんて思わなくて…」

サトシ「別に普通だろ?前の世界でもそうだったじゃないか」

ミライ「…この鈍感め」

サトシ「?何か言ったか?」

ミライ「な〜んにも?」

シゲル「じゃあさじゃあさ!私と友達になってよ!」

ミライ「ん?ああ良いよ」

シゲル「やったあ!」

こっちはなんとかなったな…

ナナミ「違う世界か…確かに色んなポケモンがいるからな…」

え…わかったのか?

ニャース「そうにゃ。そしたらオーキド研究所の庭にピカチュウと一緒にいたのにゃ」






62 : モネギ@ハートのウロコ 18/05/17 16:48:20 ID:HOAZXWuk [2/3] m 報告
ニャース『ここはどこにゃ…』

ピカチュウ『ピ、ピカ?』

ニャース『にゃにゃ!?ピカチュウにゃ!』

ピカチュウ『ピ?ぴか!』

ニャース『にゃに?またお前らの仕業かって?こんなの知らないのにゃ!だがここであったが百年目!捕まえてやるにゃ!』

ピカチュウ『ピカー!!』

ニャース『い、いつもよりつ、強くないかにゃ!?アバババ!…あれ?そんなに効かないにゃ。なら今度はこっちが行くのにゃ!みだれひっかきにゃ!!』

ピカチュウ『ピ、ピカ!?ピカッ』

ニャース『にゃにゃにゃ!ってピカチュウ早すぎにゃ!』

ピカチュウ『ピカピカ』

ニャース『にゃに?ここがどこかわからないのに捕まえても仕方ないって?たしかに前こんなことがあったしにゃあ。けどここはなんとなく見覚えがあるにゃ』

ピカチュウ『ピカピカピカチュ』

ニャース『え?ここはオーキド研究所の庭だって?』

ピカチュウ『ピカ』

ニャース『けどなんか違うって?…たしかに来たことあるけどちょっと違う気がするのにゃ』

ピカチュウ『ピカピ』

ニャース『無駄なことはよそうって…まあムサシやコジロウもいないしにゃあ』

ピカチュウ『ピカピ…ピカ?』ピカー!

ニャース『にゃにゃ!なんにゃ!眩しいにゃ!!』


ピカチュウ『ど、どうなったの?』

ニャース『にゃ、にゃんで…にゃんでピカチュウが女の子になったのにゃ!?』

ピカチュウ『え?う、うわっ!何これ?何これ!?』

ニャース『そういえば尻尾がハート型だったにゃあ…けど人間になれる理由にならないにゃ!』

ピカチュウ『さあ?…は』

ニャース『は?』

ピカチュウ『は…ハックション!』

ニャース『…汚いにゃあ…たしかにちょっと肌寒いのにゃ。戻れないのかにゃ?』

ピカチュウ『う〜ん…あ、戻れるよ?けど良いじゃん』

ニャース『…今は冬が終わって春の初めぐらいかにゃあ?まあここは、オーキド研究所にゃんだろ?』
63 : ソッキー@グラスシード 18/05/17 17:07:36 ID:oXsfSpFc [6/7] 報告
ピカチュウ『う、うん』

ニャース『じゃあちょっと待ってるにゃ』

ピカチュウ『え!ど、どこに行くのさ!』

ニャース『オーキド研究所ならオーキド博士っていう爺さんがいるにゃ?ということはその爺さんに服を借りてこればいいにゃ』

ピカチュウ『お〜さすがニャース。あったま良い〜』

ニャース『普通にゃ…寒かったら戻ればいいからにゃ。それまで待ってるにゃ』



オーキド博士『ん?ニャースなんていたかのう?』

ニャース『あんたがオーキド博士にゃ?たしかに見覚えがあるにゃ』

オーキド博士『ニャースがしゃべった!?』

ニャース『まあそれはいいにゃ。女物の服はあるかにゃ?ないならなんか着れるものがほしいにゃ。質問はあとにゃ』

オーキド博士『え、え…?あ、ああわかった。女物の服じゃな。サイズはどれくらいかのう』

ニャース『たしか6、7歳ぐらいだったからにゃあ…』

オーキド博士『6、7歳かの?じゃあシゲルの着てないので良いかの?』

ニャース『シゲル?まあなんでもいいから早く持ってくるにゃ!』

オーキド博士『そう急かすな…えっとどこじゃったっけ…』


オーキド博士『おお、これじゃな。ほれ』

ニャース『ありがとにゃ』

オーキド博士『あっちょっと待つんじゃ…もう行ったか…』


64 : ガイドス@カイスのみ 18/05/17 17:28:37 ID:HOAZXWuk [3/3] m 報告
ピカチュウ『…戻ろ…』ピカー!





ピカチュウ『ピカ〜…』

ニャース『お待たせにゃ』

ピカチュウ『ピ?ピカピカ?』

ニャース『ちゃんとあるから心配するなにゃ。じゃあこれを着るのにゃ』

ピカチュウ『ピカッ!』


ピカー!




ピカチュウ『どう?似合う?』

ニャース『知らないにゃ。そんな事よりオーキドの爺さんのとこにいくにゃ。もしかしたらジャリボーイに会えるかもしれないにゃよ?』

ピカチュウ『!サトシ!…けどメスだけど大丈夫かな?』

ニャース『大丈夫じゃないかにゃ?それより人間になれることの方が問題にゃ』

ピカチュウ『…はっ!わかった!!サトシの鈍感を治すために人間の女の子になれるようになったんだよ!』

ニャース『…違うとおもうにゃ』

ピカチュウ『じゃああれだ!サトシを落とせばいいんだよ!』

ニャース『…ま、おみゃーかいいならいいにゃ』










ニャース「ということでいま至るにゃ」

ナナミ「へえ〜凄いなあ」

ピカチュウが俺を落とすって、なんか悪いことしたか?

サトシ「なあ…俺何かしたか?」

シゲル「ねえねえ!ピカチュウならどんな技が使えるの?」
65 : ガバクーダ@モモンのみ 18/05/17 17:31:24 ID:oXsfSpFc [7/7] 報告
>>64
×ニャース『…ま、おみゃーかいいならいいにゃ』

○ニャース『…ま、おみゃーがそれでいいならいいにゃ』
66 : ットレイ@サイコシード 18/05/18 10:47:58 ID:EJlB3Izc 報告
支援
67 : ワルン@いわのジュエル 18/05/18 18:03:20 ID:T1JRbnBc m 報告
ピカチュウ「シゲルはちょっと待っててね。そのことならサトシは気にしないで」

サトシ「気にしないでって…」

落とされるかもしれないなら気にするだろ

ピカチュウ「サトシが思ってるようなことじゃないから」

俺が思ってることじゃない?

ピカチュウ「ほんと変わってないね。…まあそれがサトシの良いところなんだけどさ。それで僕が使える技だったよね?僕はね…」


ニャース「ま、おみゃーはそのままでいいのにゃ」

サトシ「あれ、もう話は終わったのか?」

ナナミ「ああ、興味深い話だったよ」

サトシ「じゃあ…ポケモン見せてくれない?」

ナナミ「ポケモン?そういえばそうだなそんなことも話してたね。じゃあ庭に行こうか」


シゲル「ふんふん。ピカチュウは4つ技が使えるのね。あれ?ポケモンって4つしか技使えないの?」

サトシ/ピカチュウ/ニャース/「…え?」

ナナミ「いや、戦うときは基本4つまでだけど使うことの出来る技の制限は無いはずだよ?そのポケモンが覚えることが出来たらだけどね」

68 : グカルゴ@あついいわ 18/05/18 18:41:41 ID:IkFlOpb6 [1/3] 報告
サトシ「そ、そうなのか?」

ナナミ「サトシたちがいた世界は違ったのかい?」

ピカチュウ「うん。4つ以上は使えなかったよ…Z技は違うけどね…」

ニャース「まあ、にゃーはあんまり戦わなかったから気にしてなかったのにゃ。けどこれからはジャリボーイのポケモンだからにゃあ…」

シゲル「ふ〜ん。?…!サトシのポケモンなんだよね!ピカチュウとニャース!」

サトシ「あ、ああそうだけど?」

シゲル「じゃあお兄ちゃんと戦ってよ!お兄ちゃんとっても強いんだから!」



69 : タチマル@ゼニガメじょうろ 18/05/18 21:25:50 ID:IkFlOpb6 [2/3] 報告
サトシ「それはいいな!ナナミさんやりましょう!」

ナナミ「僕はいいけど…いいのかい?自慢じゃないけど強いよ?」

サトシ「バトルは相手が強い方が燃えるってもんです!なっピカチュウ?」

ピカチュウ「え〜、バトル〜?元の姿に戻らなきゃいけないし…あ、ニャースがやるよ」

ニャース「にゃーを売るにゃ!やるならおみゃーもやるにゃ!」

ナナミ「じゃあダブルバトルでいいかい?」

サトシ「はい!」

ピカチュウ/ニャース「勝手に決めるな(にゃ)!」

ピカチュウバトルやりたくないのか?

サトシ「ピカチュウ嫌なのか?」

ピカチュウ「バトルはやりたいけどサトシと話せなくなるじゃないか…」

ニャース「おみゃーまだそんなこといってるのにゃ?人間に戻れるんだから気にすることはないにゃ。」

ピカチュウ「まあ、そうなんだけどさ…仕方ないやるか!ニャースもやるんだよ?」

ニャース「おみゃーと組むのは癪だけど…いいにゃ!やってやるにゃ!!」

シゲル「じやあ庭に行こう!」
70 : ンチュラ@ドリのみ 18/05/18 22:45:43 ID:IkFlOpb6 [3/3] 報告
オーキド博士「なんじゃ?サトシ、ナナミとバトルするのかのう?ならわしが審判をしてやろう」

ナナミ「ならお願いしようかな?」

サトシ「ダブルバトルですからね!」

オーキド博士「わかったわかった」

サトシ「…ちょっと先に行ってて」

オーキド博士「わかった。ナナミ、シゲル先に行くぞ」

ナナミ「はい」

シゲル「今度はちゃんときてよ?」

サトシ「わかったわかった」



サトシ「さて、出来るか?」

ピカチュウ「僕はいいけど、ニャースはしっかりやりなよ?」

ニャース「出来る限りやるにゃ」

ピカチュウ「そういえば技って何が使えるの?」

そうだ!ニャースも戦うのなら知っておかなきゃな

ニャース「前はみだれひっかきとひっかくねこだましとわるだくみだったはずにゃ」

え!?弱!シンジじゃないけどさすがに弱すぎるだろ…

ピカチュウ「物理技ばっかにわるだくみって…弱いのも納得だよ…おしゃべりは覚えてなかったの?」

ニャース「にゃーがしゃべれるのは技のおかげじゃないにゃ!おみゃーも知ってるにゃろ!?…技の構成については何も言わないでほしいのにゃ」

サトシ「本当に大丈夫か?」

ニャース「…実はなんか変な感じがするのにゃ。もしかすると新しい技が使えるかもしれないのにゃ。それも二つくらい」

サトシ「ほんとか!?なら技はみだれひっかきとねこだましは使うとして後二つはとっておくか…」

ニャース「…にゃーのことはもういいにゃ!ピカチュウそろそろ戻らなくていいのにゃ?」

ピカチュウ「あ、うんそうだね」ピカー!


ピカチュウ「チャ〜」

サトシ「…なあ。ピカチュウの技は変わってないよな?」

ピカチュウ「ピカッ」

ならいいか

サトシ「じゃ、いくか!」

71 : レベース@モコシのみ 18/05/19 12:29:38 ID:yaMy3Wn2 [1/9] 報告
ナナミ「おっ、来たね?」

シゲル「ほんとにピカチュウになってる!」

オーキド博士「使用ポケモンは二体でいいかの?」


サトシ「はい!」

ナナミ「そうですね。それでいいです」

オーキド博士「では。使用ポケモンは二体、先に相手の二体を戦闘不能にしたら勝ちじゃ。両者ポケモンを出すがいい」

サトシ「いけ!ピカチュウ、ニャース!」

ピカチュウ「ピカ!」

ニャース「やれるだけ頑張るにゃ」

ナナミ「僕は手加減したほうがいいかい?」

サトシ「いえ、手加減なしできてください!」

ナナミ「そうか…じゃあ後悔するなよ!いけゲンガー、ゴローニャ!」

ゲンガー「ゲンガッ!」

ゴローニャ「ゴロッ!」

ほ、ほんとに手加減なしか…

サトシ「ピカチュウ、ニャース、やるぞ!」

ピカチュウ「ピカチュウ!」

ニャース「…戦うことには変わらないのにゃ!」

オーキド博士「それでは、バトルスタート!」
72 : ーシャン@スピーダー 18/05/19 12:48:54 ID:IMbj9i4U [1/2] m 報告
シゲル「みんながんばれ〜」

ナナミ「先行は譲るよ」

サトシ「ありがとうございます!ピカチュウゲンガーに10まんボルト!ニャースはゴローニャにねこだまし!」

ピカチュウ「ピ〜カ〜ヂュ〜!」

ゲンガー「ゲ、ゲン!?」

ニャース「こっちもにゃ!」

ゴローニャ「ゴロニャ!?」




ナナミ「…え?いち…げき?」

サトシ「あれ?」

あいつら…おかしいくらい速く、強くなってないか?

オーキド博士「…ゲンガー、ゴローニャ戦闘不能。よって勝者サトシ!」

シゲル「え〜、もう終わり?」

ナナミ「タイプの相性でつぶそうと思ってたのに…」

え、そんなこと考えてたの!?

ピカチュウ「ピ?(え?)」

ニャース「にゃ?勝ったにゃ?…バトルで勝てたにゃ!」

ピカチュウ「…ピカピカ?(人間の姿に戻ってもいい?)」

ニャース「やったにゃ!バトルで勝てたのにゃ!」

ピカチュウ「ピカ、ピカ…ピカ(ねえ、ねえ…おい)!」

ニャース「?アイアンテールをいきなりうつんじゃないにゃ!」

73 : ンターン@おちゃ 18/05/19 17:14:07 ID:yaMy3Wn2 [2/9] 報告
ピカチュウ「ピカ(よけるな)!」

ニャース「威力と速さがおかしいのにゃ!」

やっぱ速いよな…

ナナミ「いや〜強いね。ピカチュウとニャース」

オーキド博士「それにしても強かったのう。さすがじゃな」

ピカチュウ「ピカ(そう)?」

ニャース「そうにゃ。…早く人間になってくるにゃ」

ピカチュウ「ピカピ(わかった)」

それにしても…ピカチュウの言葉がわかるな…

オーキド博士「もう暗くなってきたし今日はもう帰るといい」

サトシ「あっ、ほんとだ」

気づかなかったな…

シゲル「え〜まだいいじゃん」

ナナミ「けどサトシのお母さんが心配するし…明日また遊べばいいだろ?」

明日もか?

シゲル「そうだね…じゃあサトシ明日も遊ぼ!」

ピカチュウやニャースがつよくなってる理由も知りたいしな…

サトシ「明日はちょっと…」

ミライ「いいじゃないか。遊んでも」

シゲル「ほんと?じゃあまた明日!」

ミライ「じゃまた明日〜。サトシ行くよ?」

サトシ「…まあピカチュウがいいならいいけど」

ニャース「にゃーはお腹が空いたのにゃ」

ミライ「そうだね!久しぶりにサトシのママの料理食べたいし」

サトシ「…じゃあ帰るか。」

74 : ゴラス@グラスシード 18/05/19 17:21:08 ID:yaMy3Wn2 [3/9] 報告
>>67
>>68
>>69
>>70
ピカチュウじゃなくてミライでした…

75 : ドキング@ピッピにんぎょう 18/05/19 17:24:25 ID:IMbj9i4U [2/2] m 報告
>>74
このようなことがこれからもありそうなので
ピカチュウのことはミライで固定します
76 : ククラゲ@まがったスプーン 18/05/19 17:43:14 ID:yaMy3Wn2 [4/9] 報告
ミライ「サトシ〜僕のことは人間の時だけじゃ無くてピカチュウの時もミライって呼んでよ?」

サトシ「なんでだ?」

ミライ「それは僕が呼んで欲しいからだよ。せっかくサトシがつけてくれた名前だしね!」

ニャース「…理由がほんとにそうかはわからにゃいけど確かにそれはいいにゃ。」

サトシ「じゃあ明日シゲルたちにも言っとかないとな」

ミライ「ああそうだね。…!家が見えてきたよ!」
77 : ラナクシ@きれいなウロコ 18/05/19 20:17:36 ID:yaMy3Wn2 [5/9] 報告
サトシ/ミライ「ただいま〜」

ニャース「おじゃましますなのにゃ」

サトシ「おいニャース、お前はもう仲間なんだからただいまでいいんだよ」

ニャース「にゃにゃ?けど…」

サトシ「いいの!これからはちゃんとただいまって言えよ?」

ニャース「わ、わかったのにゃ」



ハナコ「おかえりなさい。あら?そちらは?」

サトシ「あ、ママただいま。こいつらは俺の仲間だよ!」

ミライ「ただいま!」

ハナコ「え?おかえりなさい…ってどなた?まさか、サトシのあれ?」

サトシ「あれってなんだよ…ミライっていって実はピカチュウなんだ」

ハナコ「ピカチュウってポケモンの?…サトシが嘘をつくような子じゃないことは知ってるけど」

ミライ「ほんとだよハナコさん」

ニャース「そうだにゃ、ポケモンには不思議がいっぱいなのにゃ」

ハナコ「ニャースがしゃべった?…まあいいわ、あなたもサトシの仲間なの?」

ニャース「まあ、そうだにゃ」

サトシ「話は後にしてご飯にしようよ!お腹ペコペコでさ〜」

ハナコ「あ…実はレッドちゃんが引っ越してきたのよ」

レッドちゃんって誰だよ…

サトシ「ママ、それ誰?」

ハナコ「まあサトシが覚えてないのも無理ないわね。最後に会ったのはあなたが3歳になるくらいだったもの」
78 : ングース@しろいビードロ 18/05/19 20:47:52 ID:yaMy3Wn2 [6/9] 報告
サトシ「で、なんで引っ越してきたの?」

ハナコ「たしかレッドちゃんのご両親が仕事でアローラに行くから預かってほしいと言ってたわ。後レッドちゃんはあなたと同い年であなたのいとこだからね?」

サトシ「まあ、いいよ…あ、部屋はどうするの?」

ハナコ「余ってる部屋を掃除して使うからいいわ。けど今日は一緒に寝てくれない?」

サトシ「…せまいんじゃないかな」

ハナコ「大丈夫よ。ミライちゃんたちはどうする?サトシと一緒の部屋でいい?」

ミライ「僕はそれでいいよ。いつも一緒だったしね」

ニャース「にゃーもいいにゃ。」

サトシ「仕方ないか…」

ハナコ「じゃあご飯ができるまでレッドちゃんと遊んでなさい」

サトシ「え!?ま、まだできてないの?」

ハナコ「仕方ないでしょ?3人分しか作ってなかったんだから。ポケモンフーズでいいならすぐだせるのだけど…」

ミライ「ポケモンフーズじゃなくてハナコさんの料理が食べたいな。それにこの体じゃポケモンフーズはちょっとね…」

ニャース「にゃーはポケモンフーズより人間のご飯の方が好きだからにゃ。にゃーの分もほしいのにゃ」

ハナコ「わかったわ、30分くらいでできるから」

サトシ「じゃ、それまでレッドちゃんって子と遊んでるか」
79 : ャンデラ@TMVパス 18/05/19 21:19:32 ID:yaMy3Wn2 [7/9] 報告
レッドちゃんってことは女の子だよな。どんな子だろ

レッド「…ん?おかえり」

サトシ「」

ミライ「」

ニャース「…なんでおみゃーら突っ立ってるのにゃ?…あれ?ジャリボーイ?」

レッド「…っ!ニャースがしゃべった?」

すっごい見覚えがあるんだけど…

ミライ「ねえ、サトシ。…似てるよね。サトシの女装姿に」

サトシ「あ、ああ…」

レッド「なんでニャースがしゃべってるの?なんで?」

ニャース「や、やめるにゃ。ゆ、揺らさないでほしいのにゃ…」




レッド「…ごめん。ちょっとやり過ぎた」

ゴローニャを一撃で倒したニャースをあんなにするなんて…

ニャース「は、はは…お星さまが回ってるのにゃ〜」

ミライ「大丈夫?」

レッド「サトシ、その子誰?」

俺のこと知ってるのか?…記憶力がいいのかな

サトシ「ああこいつは…」

ミライ「初めまして!サトシのミライだよ!」

こいつはまた…反省してないのか?

レッド「…サトシ、約束わすれたの?」

約束?そんなの知るわけないだろ…

ミライ「約束なんて昔のことでしょ?今はそんなの関係ないよ」

レッド「関係ある。大きくなったら一生のパートナーになるって約束した」

パートナー?それって相棒のことか?それなら…

ミライ「一生のパートナー!?ダメだよ!サトシの1番パートナーはこれまでもこれからも僕だけって決まってるんだから!」

そうだよな。やっぱパートナーはピカ「サトシ?」…ミライだよな
80 : ノノクス@イバンのみ 18/05/19 21:53:29 ID:yaMy3Wn2 [8/9] 報告
レッド「サトシ、約束破るの?」

こ、怖〜

サトシ「そ、そういうわけじゃ無いけどさ…実は覚えてないんだ」

レッド「そう…じゃあ今はいい」

よかった…

レッド「けど、これからはサトシを落とすためにアプローチをかけるから」

え!?この子にも落とされるの?

ミライ「…?あっ、君もそっちか。サトシはほんとにモテモテだね〜」

レッド「何言ってるの?」

ミライ「いや僕からサトシを奪えるもんなら奪ってみて?ってね」

レッド「…上等」

サトシ「そこまで!レッド、ミライはピカチュウなんだ」

レッド「…詳しく」





レッド「だいたいわかった。けどそれはそれ。これは女の戦い」

ミライ「…たしかに僕はこっちにきてメスになったし、サトシを落とすためだったんだ!とか思ったけど…サトシを本当にどうこうするなんて…」

レッド「本当に?じゃあ私がもらってもいい?」

ミライ「っ…ダ、ダメ!」

レッド「ね?嫌でしょ?だから今はいい」

ミライ「え?」

レッド「まだ私もサトシも7歳。今まではどうだったか知らない。けどこれからは違うそれだけ覚えといて」

…コイツ本当に7歳か?

ミライ「そう…そうだね。そうだよね!今までは関係ないよね!」

ニャース「ジャリボーイ。おみゃーも大変だにゃ…」

サトシ「…そうだな」

81 : ーランス@メタルパウダー 18/05/19 22:54:12 ID:yaMy3Wn2 [9/9] 報告
続きは明日できたらやります
82 : シツブテ@かみなりのいし 18/05/20 09:52:54 ID:X3HGu5yY m 報告
ハナコ「ご飯できたわよ〜」

レッド「呼んでるし行こっか」

ミライ「そうだね!」

ニャース「…なんかよくわからにゃいけどまとまってよかったのにゃ」

サトシ「…そうだな」

レッド「前の世界のサトシのこととかこれから色々教えて?」

ミライ「いいよ〜。サトシの小さいころのサトシのことも教えてよ?」

レッド「そんなにないけど…わかった」





ハナコ「今日はシチューよ!」

シチューか…タケシってたしかこっちじゃ女なんだよな

ミライ「やったぁ!タケシのシチューもいいけどハナコさんのも美味しいよね!」

レッド「タケシが誰か知らないけどハナコさんの料理は絶品」

ニャース「美味そうだにゃあ」

ハナコ「うれしいこといってくれるわね。沢山あるからお腹いっぱいになるまで食べてね」

サトシ/ミライ/レッド「いただきます」

ニャース「いただきますなのにゃ」









荒らし・煽りには反応せずにスルーして下さい。反応している人も同様に対処・対応しています。
(荒らしレスやそれに対する反応は、スレ進行の妨げとなるため削除します。削除されたレスに対して反応しないで下さい。)


画像(JPG/PNG 7.2 MB、GIF 15.2 MBまで)

  • 【IDを発行(または認証)】


    0/60
      
    書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
    レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
    その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
    荒らしや煽りはスルーして下さい。荒らしに反応している人も荒らし同様対処します。


    一部のホストからの違反報告を制限させてもらっています。

    スレ名とURLをコピー(クリックした時点でコピーされます。)
    文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
      3
      文字サイズ

      自分の投稿を分かりやすくする
      投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
      現在の設定は「有効」です。
        

      NG設定
      各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

      ・連鎖NG設定
      NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
      現在の設定は「」です。
        

      ・NGワード設定
      入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
      NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

      ・NGネーム・NGID一括削除(下のボタンをクリックした時点で削除されます。)


      【特殊な指定方法】

      ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
      ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
      ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
      詳しくは、NGの設定方法を参照。



    (連投制限などに引っかかった時用)