【SS】リオル「なんでこの世界にはポケモンしかいないの?」:ポケモン掲示板(ポケモンBBS)

【SS】リオル「なんでこの世界にはポケモンしかいないの?」

1 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 19:59:41 ID:6d1qwEUA [1/19] 報告



リオル「ねぇ、なんで?」

ルカリオ「ん…」

リオル「ねぇってば。兄さん、聞いてる?」

ルカリオ「…元々そういう世界だからだ。」

リオル「…そうなの? 嘘じゃないよね?」

ルカリオ「…」


ルカリオ「…質問が難しい。お前は『不思議なダンジョンは何故不思議なのか』と問われて答えることができるのか?」

リオル「し、知らないけど…」



ルカリオ「…救助隊の仕事に行ってくる。その疑問は村の皆に聞くといい。」

リオル「はぁい…」

2 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:00:43 ID:6d1qwEUA [2/19] 報告


〜カクレオン商店/専門店〜


リオル「…というわけで、聞きに来たんだ。」

緑 カクレオン「…人間ですか…知りませんね…ねぇ、知ってる?」

紫 カクレオン「知らないなぁ…」


リオル「…不思議だよね。なんでポケモンしかいないんだろう。」

緑 カクレオン「たしかに…人間という存在自体は認知されているし…」

紫 カクレオン「極小数ではその存在も確認されているとか…」


リオル「ありがとう。とにかく他を当たってみるよ。」

カクレオンs「ご来店、ありがとうございました〜」
3 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:01:41 ID:6d1qwEUA [3/19] 報告


〜ガルーラの倉庫〜


リオル「カクカクシカジカ。」

ガルーラ「…さぁ。知らないねぇ…」

リオル「そっかぁ…」


ガルーラ「…意外と適当なんじゃないの?」

リオル「…えっ?」

ガルーラ「例えば、元々住んでいた人間が絶滅しただけとか…」

ガルーラ「それなら極小数の人間がいるのも説明がつくでしょう?」

リオル「う〜ん…。そうなのかな…」

ガルーラ「…それより、アンタの預けてたオレンの実、腐りそうだから引き出しちゃってよ。」

リオル「あっ、うん。」


リオル「…他も当たってみるよ。ありがとう、おばちゃん!」

ガルーラ「はいよ。」
4 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:03:15 ID:6d1qwEUA [4/19] 報告


〜プクリンのともだちサークル〜


リオル「カクカクシカジカ!」

プクリン「…真相を知りたいかい?」

リオル「えっ、知ってるの!?」


プクリン「…あれは10年前の事だった…」



プクリン「人間達がポケモンを使った戦争を企てたんだ。だけど、それを聞いたポケモン達は怒って人間達を襲った。」

プクリン「『人間vsポケモン』の戦争が起こったんだ…」

プクリン「…ひ弱な人間達と、強力なポケモン。勝ったのはどっちかわかるね?」

リオル「…そ、そんな…」


プクリン「…なんてのは嘘だよ♪」

リオル「」ズコッ
5 : らゃんどらゃん◆3zNBOPkseQ 16/03/24 20:05:00 ID:LNJU1zxI [1/3] 報告
10年前ってかなり最近だな
6 : らゃんどらゃん◆3zNBOPkseQ 16/03/24 20:05:20 ID:LNJU1zxI [2/3] 報告
支援
7 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:06:19 ID:6d1qwEUA [5/19] 報告

〜ペルシアン銀行〜


ペルシアン「知らないよ。」

リオル「えっ、まだ何も…まさかエスパー!?」

ペルシアン「私の店はプクリンの店の隣なんだから嫌でも話し声が聞こえてくるわよ」

プクリン「トモダチトモダチ〜♪」

リオル「あっ、そっか。」


ペルシアン「アンタね、あまり考えすぎない方がいいよ」

リオル「えっ?」

ペルシアン「それに知らない方がいいこともあるってもんさ。」

リオル「…でも…僕はどうしても知りたい。」

ペルシアン「…なら止めはしないけど…」

リオル「ありがとう。他を当たってみるよ。」

8 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:08:47 ID:6d1qwEUA [6/19] 報告




〜ゴクリン連結店〜


ゴクリン「知りません」

リオル「そっか…」

ゴクリン「力になれなくてすみませんね…」

リオル「ううん。大丈夫だよ。」




〜マクノシタ訓練所〜


マクノシタ「人間? …知らないなぁ。」

リオル「わかった。」

マクノシタ「それより、鍛えていかないか?」

リオル「また今度ね。」


9 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:09:51 ID:6d1qwEUA [7/19] 報告


〜広場〜



リオル「…やっぱり人間がいない理由なんてないのかな…」

リオル「…でも、僕はどうしてもこの謎を解きたい。」

リオル「…人間の存在は認知されているのに人間がいない世界なんておかしいよ…」


リオル「…きっと理由があるはずなんだ…!」




リオル「…あと少しだけ聞き込みを続けよう。」

10 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:11:21 ID:6d1qwEUA [8/19] 報告


〜ぺリッパー連絡所〜



リオル「…ねぇ、各地を飛び回るぺリッパー達なら何か知らない?」

ぺリッパー「う〜ん…」

ぺリッパー「…ぶっちゃけ、知りません」

リオル「…そっか…」

ぺリッパー「でも、理由があるということは聞いたことがあります。」

リオル「…!」

リオル「やっぱり理由があるんだね!?」


ぺリッパー「…ナマズンさんなら知っているかも…」


リオル「ありがとう! 聞いてくるよ!」ダッ

11 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:13:00 ID:6d1qwEUA [9/19] 報告


〜ナマズンの池〜



リオル「…カクカクシカジカで人間がいない理由を探してるんだ。」

ナマズン「…ふむ。」

リオル「…知ってる?」

ナマズン「…うむ。」

リオル「…ッ! 教えてっ!!」

ナマズン「…ふむ。」

リオル「…?」

ナマズン「…うむ。」


リオル「…話聞いてる?」

ナマズン「おお! 聞いてなかった…。なんじゃったか?」

リオル「」ズコッ
12 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:13:57 ID:6d1qwEUA [10/19] 報告

リオル「全くもう…! この世界に人間がいない理由だよ!」

ナマズン「…人間…か。」

リオル「………知ってるんだね?」

ナマズン「…ああ。知っている。」


ナマズン「…だが、この話は…」


ナマズン「あまりベラベラと喋るでないぞ?」


リオル「…うん。」





ナマズン「…昔、昔…この世界は存在しなかった。」
13 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:14:47 ID:6d1qwEUA [11/19] 報告



ナマズン「…世界は一度滅んだのじゃ。」

ナマズン「…この世界が出来る前の世界。言わば『前の世界』じゃな。」


リオル「前の…世界…?」


ナマズン「…前の世界には人間が溢れておった。」

ナマズン「…もちろん、ポケモンもな。」


ナマズン「…ある所に1人の人間の少年がおった。」

ナマズン「…その少年はポケモントレーナーという、ポケモンを従えて戦う人間じゃった。」

ナマズン「…名はなんていったかな…忘れた。」


ナマズン「…その少年はポケモンを愛し、愛され、いつか『チャンピオン』になるのが夢だった。」
14 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:15:30 ID:6d1qwEUA [12/19] 報告







ナマズン「…だが、その夢は叶わなかった。」






・・・
15 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:17:47 ID:6d1qwEUA [13/19] 報告






「…」

『ボクの勝ちだね…』

「…ああ。負けは認めるよ。」

『…流石は真実を求める英雄。あのチャンピオンと違って物わかりが良い。』

「…勘違いしないでほしいな。負けは認めるけどポケモンと人間を別れた世界を作るのは認めない。」


『…そうか…』


『悲しいけど、ボクは意思を曲げるつもりは無いよ。』

『キミに勝ったことでボクも踏ん切りがついた。』

『…サヨナラだ。』

16 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:18:56 ID:6d1qwEUA [14/19] 報告


『…さぁ、ゼクロム。ボクの理想の世界を作ってくれ!』

ゼクロム「…」コクリ


「…ッ!! やめろ!」

『…フフフ…ハハハハハハ!!』


ゼクロム「…」バリ…バリ…


"バリバリバリバリバリバリ…"




「やめろおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」







・・・
17 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:20:24 ID:6d1qwEUA [15/19] 報告




リオル「…そんなことがあったんだ。」


ナマズン「…正しいかどうかはわからんが、先祖代々そう受け継がれてきた。」

リオル「…人間達はどこへ行ったの?」

ナマズン「…さぁな。だが、一つ言えることがある。」

リオル「?」


ナマズン「…成功した世界線もあれば、失敗した世界線もあるということじゃ…。」

リオル「…世界線?」


ナマズン「…例えば、この石を投げるとする。」ヒュッ

リオル「うわっ!?」スカッ

ナマズン「…お前さんは今、石を避けたな?」

18 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:21:33 ID:6d1qwEUA [16/19] 報告


リオル「そりゃそうだよ。痛いもん。」

ナマズン「…そうじゃな。だが、痛いとわかっていても避けられない時もあるだろう?」

リオル「そりゃあ…可能性は0じゃないけど…」


ナマズン「…もしかしたら、当たっていたかもしれん。」

リオル「…そうだね。」

ナマズン「…その当たっていた世界がまた別にあるのじゃ。」

リオル「…どういうこと? わけがわからないよ。」

ナマズン「…この世界は、お前さんが石を避けることができた世界。でも、避けられなかった世界もまた別にあるということじゃ。」

リオル「…本当に?」


19 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:22:17 ID:6d1qwEUA [17/19] 報告



ナマズン「…ああ。本当じゃ。世界は一つや二つなんかじゃない。無数にある。」

ナマズン「…その無数にある世界の中で我々は『ポケモンしかいない世界』を生きているんじゃ。」


リオル「…じゃあ、『人間とポケモンが一緒に暮らしていた世界』があったかもしれないんだね?」


ナマズン「…ああ、あったさ。我々は立ち入ることの出来ない領域の話だがね。」


リオル「…へぇ〜」


ナマズン「…とにかく、我々にできることは…」
20 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:22:57 ID:6d1qwEUA [18/19] 報告



ナマズン「今、この世界を精一杯生き抜くことじゃよ。」


リオル「…うん。そうだね!」


ナマズン「…よろしい。ほら、お迎えが来たみたいじゃぞ」


ルカリオ「ここにいたのか、リオル。今日はカレーだぞ。早く帰ろう」

リオル「あっ、兄さん!」

ルカリオ「…すみませんね、ナマズンさん。弟の相手をしてもらったみたいで…」

ナマズン「なに。話し相手がいなくて退屈していたから丁度良かったよ。」


ルカリオ「…さぁ、帰ろう。」

リオル「うん!」

21 : かずき◆WaitStCgv. 16/03/24 20:27:26 ID:6d1qwEUA [19/19] 報告

〜帰り道〜


ルカリオ「…今朝の疑問は解決したか?」

リオル「…色々聞き込みしたら、ナマズンさんが教えてくれたよ。」

リオル「世界は無数にあって、その世界の一つを僕達は生きているんだってナマズンさんが言ってた。」

ルカリオ「…世界線…か。面白い話だな。」

リオル「…だよね! 」


ルカリオ「…もしかしたら、別の世界では私が勇者として人間と肩を並べているかもしれないな。」

リオル「何その世界」クスッ

ルカリオ「…はは、冗談さ。」


リオル「…あっ、家が見えてきたよ。」

ルカリオ「…家まで競争だ。早く着いた方がカレーのおかわり自由!」ダッ

リオル「あっ! ずるい! 待てぇ〜!」ダッ


〜完〜
22 : ブトプス@さらさらいわ 16/03/24 20:33:01 ID:0UvLBk6g 報告
乙!
ポケダン世界ができた新説が出てきましたね!
23 : らゃんどらゃん◆3zNBOPkseQ 16/03/24 20:34:47 ID:LNJU1zxI [s] [3/3] 報告
乙でした!
このSSと同じような話のツクールゲームがあったなそういえば
24 : ガエルレイド@フーディナイト 16/03/24 20:35:39 ID:5Bp1lkYk m 報告

何となく覗いて見たら
結構面白かったよ
25 : リムガン@びっくりこやし 16/03/24 20:42:48 ID:C74F4VRE 報告

面白かった
26 : リムー@ゴッドストーン 16/03/30 05:35:48 ID:AULwg3mc [s] 報告