ミヅキ「いつから私がアニメに出ないと錯覚していたの?」:ポケモン掲示板(ポケモンBBS)

ミヅキ「いつから私がアニメに出ないと錯覚していたの?」

1 : ◆7GoPRO8pkY 18/04/02 18:25:36 ID:O9xgkDTA m 報告

  ゴーンゴーンゴゴゴーン♪

サトシ「やっべええ遅刻!!」ダダダ

ピカチュウ「ぴっぴっぴ……」ダダダ

 ガラッ

サトシ「フゥ……アローラ!!」

「「「「「「アローラ!!」」」」」」

ピカチュウ「ぴーか?」

サトシ「ん? どーしたピカチュウ」

ピカチュウ「ぴぃかぁ……?」ジー

サトシ「……ん? あー!?」

カキ「どうしたんだ?」

マオ「宿題忘れたか……」

マーマネ「いつものことじゃん」

スイレン「じゃあ筆箱忘れたか」

ミヅキ「いくらサトシでもそれは無いでしょ」フフフ


サトシ「……?」

ピカチュウ「……?」
650 : ◆7GoPRO8pkY 18/11/18 17:38:47 ID:1oGobesw [1/14] m 報告
――
――――
――――――

ミヅキ「好奇心で私も同じことをしてみたの」

ミヅキ「……カッコいいじゃん。 毒に抗体があるって」

ミヅキ「そしたら発見しちゃったのよ!」

――――――
――――
――

ミヅキ「ウツロイド出てきて!」ポンッ

ウツロイド「じぇるるっぷ!」

ハンサム「良くやったミヅキくん!」

ミヅキ「…………」

ハンサム「?」
651 : ウ出演おめでとう 18/11/18 17:40:08 ID:C4jknKVk 報告
支援
652 : ◆7GoPRO8pkY 18/11/18 17:41:06 ID:1oGobesw [2/14] m 報告


ミヅキ「ルザミーネさんみたいになっちゃうかな……」

ウツロイド「じぇる……」

ミヅキ「ほら……毒、出してよ。 怒らないから」

ウツロイド「……じぇるる……っぷ」

ミヅキ「…………」ガシッ

ウツロイド「るッ!!」

ミヅキ「ゔんッ!!」ググググッ

ウツロイド「るるるぅ……」

ミヅキ「……ウルトラビーストからも毒採れちゃうのね! 薄めて飲もう」

ウツロイド「…………」

ミヅキ「よし」ゴクッ

ミヅキ「…………ゔ」

ミヅキ「お腹痛い……っ、まだキツイなあ……そんな簡単に抗体できるワケじゃないんだ」

ミヅキ「けど飲めた……初めての、UB毒……」

ミヅキ「意識なくなる……痛いいいい゙……あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!」


ミヅキ(こうやってルザミーネさん乗っ取ったの……?)

ウツロイド「…………」

ミヅキ「意識、ぶっ飛んだから……ルザミーネさんおかしく……で、できたのか……」ハァッ…

ミヅキ「私は、意識、保つよ」ハァッハァッ

ミヅキ「ピカチュウの電撃だって耐えちゃうんだから……」ハァッハァッ ハッ ハッ ハッ
653 : ◆7GoPRO8pkY 18/11/18 17:42:16 ID:1oGobesw [3/14] m 報告





ミヅキ「……あれ?」ハァッ……

ミヅキ「肌が……紫っぽい」

ミヅキ「あれだ……ルザミーネさんのときも……!」

ウツロイド「じぇるるっぷ……」

ミヅキ「一瞬でも意識がなくなるとこうなるみたい」

ミヅキ「寄生されてるワケじゃないから周りのぷよぷよは無いけど」

ミヅキ「……痛くないどころか飲む前より気分がいいね」

ミヅキ「ウルトラホールの先のいろんな世界のどこかでは薬になってるかも」
654 : ◆7GoPRO8pkY 18/11/18 17:43:41 ID:1oGobesw [4/14] m 報告
――
――――
――――――

ミヅキ「何度も飲んだけどやっぱり気分が良くなるの」

ミヅキ「気になったのは、転んだときの傷口が塞がったこと」

ヨウ「じゃあ……」

ミヅキ「うん。 ゴロンダの攻撃でできた傷口も塞がった」

ミヅキ「『毒だから』って効果を決めつけるのは良くないと思うの。 だって異世界の毒だよ? 何が起きてもおかしくない」

ミヅキ「いつからそうに錯覚していたのか。
    いつから自分が忘れていないと錯覚していたのか。
    いつから自分がその世界の住人だと錯覚していたのか」

ミヅキ「いつから私がアニメに出ないと錯覚していたのか」
655 : リーパー@ひのたまプレート 18/11/18 17:45:47 ID:ojpg2NG. 報告
なんかミヅキ怖いな…
支援
656 : ◆7GoPRO8pkY 18/11/18 20:06:41 ID:1oGobesw [5/14] m 報告



   ガチャッ


ミヅキ「……鍵?」

サトシ「!!」

   ガララッ

ヨウ「みんな逃げて!!」

「「「「「!!」」」」」

アシマリ「あううっ!」

スイレン「アシマリ!」

ミヅキ「ヨウお前……! ポリゴン! スリーパー!」

ポリゴン「gyてyうぇthsry54」

スリーパー「ッリーパーッ!!」

サトシ「みんなのポケモン!」ポンッ

ミヅキ「サトシ!? やめろ!!」

バクガメス「がめっしゅ!」

ガラガラ「ガルァーッ!」

カキ「お前たち!」

アママイコ「あまーい!」

マオ「アママイコ!」

トゲデマル「まっでゅ!」

マーマネ「やっと会えたああ……」

シロン「こおーん!」

リーリエ「シロン!」
657 : ◆7GoPRO8pkY 18/11/18 20:07:54 ID:1oGobesw [6/14] m 報告
ミヅキ「ちっ……そうかよ。 フルボッコかよ」

ヨウ「ミヅキ、あきらめ……」

ミヅキ「……」ギロッ

ヨウ「うっ」

ミヅキ「スリーパー、“さいみんじゅつ”」

サトシ「構うな! みんな出るんだ!」

マーマネ「眠い」

リーリエ「やばいです」

アシマリ「あうーっ!!」バシャッバシャッ

カキ「おおおおおおサンキューアシマリ!」スッキリ

スリーパー「ッリーパー……」

ミヅキ「続けろっての」
658 : ◆7GoPRO8pkY 18/11/18 20:09:02 ID:1oGobesw [7/14] m 報告


   オオオオオオ……!!


サトシ「ん?」

   バキッ!!

リザードン「「オ゙オッ!」」ガシャアアッ

カキ「リザードン! 2匹も!」

スイレン「なんで? 忘れちゃったんじゃ……」

カキ「……思い出してくれたのか!?」

リザードン「「……」」コクッ

ミヅキ「私のスリーパーの“さいみんじゅつ”が? ポケモンにも解かれるの?」

サトシ「みんな! リザードンに乗って!」

ミヅキ「リザードンに“サイコキネシス”!」

スリーパー「パァーーーーッ!!」ブワッ

サトシ「“エレキネット”で打ち消せ!」

ピカチュウ「ぴかっ!!」

   バチィッ……

カキ「マーマネ早く!」グイイ

マーマネ「はいはいっ」ワッセ

スイレン「マオちゃん!」

リーリエ「マオ!」グッ

マオ「……」コク

カキ「リザードン、大丈夫か!?」

リザードンA「ガウ……」コクッ

リザードンB「ガウウル」コクッ
659 : ◆7GoPRO8pkY 18/11/18 20:10:32 ID:1oGobesw [8/14] m 報告
サトシ「いや、みんなで先行っててくれ」

   ――ブワッ

サトシ「かわせピカチュウ!!」

   シュバッ     バキィッ……

サトシ「ちゃんと落とし前つけなきゃな……」

スイレン「行こう」

マオ「……ヨウ!!」

ヨウ「……!」

マオ「あなたはいいの? 一緒に行こうよ」

スイレン「マオちゃん……ッ」

ヨウ「…………」

マオ「……」ダッ

リーリエ「ダメですマオ! あなたが行っちゃ……」

カキ「バカ!!」

ミヅキ「おい緑の」

ミヅキ「邪魔」

サトシ「おいおい待てミヅキ、お前なんでヨウ狙ってるんだよ」

ミヅキ「要らないから」

マオ「要らないんなら頂戴よ。 必要だからくれないんでしょ?」

ミヅキ「邪魔」

   ブワッ……
660 : ◆7GoPRO8pkY 18/11/18 20:11:25 ID:1oGobesw [9/14] m 報告

マオ「……」グイッ

ヨウ「え」

   ガッシャアアアン……

マオ「来て」ググググ

ヨウ「ちょ、待っ……」

マオ「乗ってよ」

ヨウ「僕が……乗っていいの?」

ミヅキ「ポリゴン! リザードンに“でんじほう”!!」

カキ「マズイ! 出発だ!!」

リザードンA「グオオオ!!」バサッ

リザードンB「グァウウ!!」バサッ

マオ「ヨウ!!」ガシッ

ヨウ「え、あ、乗るよ!?」


   バサッ……バサッ……


ミヅキ「ぐっ……ついてけポリゴン!」

ポリゴン「hftdrjf!!」フワア

サトシ「……モクロー!!」ポンッ

モクロー「クロォ!!」

サトシ「ポリゴンを追いかけて攻撃してくれ!」

モクロー「モックルォ!!」バサッバサッ


ミヅキ「…………」

サトシ「…………」
661 : ◆7GoPRO8pkY 18/11/18 20:12:17 ID:1oGobesw [10/14] m 報告
‥‥‥‥


   バサッ……バサッ……

ヨウ「どうして……?」

マオ「……」

ヨウ「どうして僕を……」

マオ「…………」

スイレン「……ほんとだよ」ボソッ

マオ「……!! …………」

リーリエ「そ、そういえばリザードン、大丈夫ですか? 四人も……。 わたくし、あちらへ移っても大丈夫ですよ」

リザードンA「ガウウ」ブンブン

リザードンB「グオオオ!!」コッチコイ

リーリエ「で、では移りますね」ヒョイ

マオ「…………」

ヨウ「…………」

スイレン「…………」
662 : ◆7GoPRO8pkY 18/11/18 20:13:16 ID:1oGobesw [11/14] m 報告

カキ「はぁ……」

マーマネ「あからさまにため息吐かないでよカキ……」

カキ「いや……疲れたってだけ」

リーリエ「で、でも脱出できましたよ!」

カキ「ちょっと腑に落ちないよなぁ……」

リーリエ「……ミヅキさんたちのこと、全くわかりませんでした」

マーマネ「そればっかりか一人死んじゃったんでしょ?」


   バリイッ!!

「「「「「「!?」」」」」」

リザードンA「ガウウウウウウ……!!」ギュオオオオ……

スイレン「翼にバリバリが……」

ヨウ「ミヅキのポリゴン……!」


ポリゴン「ッjrてえ6うrjfjfてうtk具d」チカッチカッ

モクロー「クロォ!!」バサッバサッ

リーリエ「サトシのモクロー!」

カキ「マズイ……あっちのリザードンが急降下してってる」

マーマネ「みんな!!」
663 : ◆7GoPRO8pkY 18/11/18 20:13:46 ID:1oGobesw [12/14] m 報告

スイレン「ぁぁぁ……」

ヨウ「リザードン!!」

マオ「この高さから落ちたら……」

スイレン「!! アシマリ、バルーン!!」

アシマリ「あぁ――――――




              ううううッ!!」ブワワ





664 : ◆7GoPRO8pkY 18/11/18 20:14:26 ID:1oGobesw [13/14] m 報告





カキ「え……? 大丈夫なのか?」

マーマネ「森になってて見えない……」

リーリエ「ギリギリのところでバルーン膨らませたようですが……」

カキ「降りるか?」

マーマネ「でも……」


ポリゴン「hyてうりtd65s6づhd」


リーリエ「降りたら真っ先に……」

カキ「逃げるか……」

マーマネ「うん」


   バリイッ!!

リーリエ「ひゃっ!?」

マーマネ「うわっ」

カキ「げっ」

   ギュウウウ……

リーリエ「危なかったです」
665 : ◆7GoPRO8pkY 18/11/18 20:15:09 ID:1oGobesw [14/14] m 報告

カキ「そういやモクローは!?」

マーマネ「落ちたのを助けに行ったか、伝えに行ったか……」

カキ「なるほど」

マーマネ「リザードンでうかつに攻撃するとボクたち落ちちゃうしなぁ……」

カキ「どうするのが最善なんだ?」

マーマネ「やっぱ逃げるしかない? ボクらのポケモン飛べないし……あ、シロンの“こなゆき”とかとか?」

リーリエ「……」ポカーン

マーマネ「リーリエ?」

リーリエ「あの……前に見えるのって……」


「「「ウルトラホール……!?」」」
666 : ノノクス@やわらかいすな 18/11/21 17:30:40 ID:mTzAUvLw m 報告
シエンネ
667 : ゲキ@TMVパス 18/11/25 07:04:44 ID:RsAIKw7A 報告
支援
668 : ラップ@つららのプレート 18/12/01 15:01:55 ID:v5BskshQ 報告
シエン
669 : ーゴート@ベリブのみ 18/12/01 17:44:38 ID:aLNwe4xE 報告
支援
670 : カグース@ピーピーマックス 18/12/02 22:21:20 ID:eWCYBYgA 報告
支援です
671 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/02 22:25:05 ID:dqT2.Kik [1/10] m 報告
カキ「Why!? 理解に苦しむ!! このタイミングで……」

マーマネ「これって偶然なの? ちょっと出来すぎだよ!」

リーリエ「もしかすると……ミヅキさんの……」

カキ「ミヅキのなんだ!? 危ない危ない危ないリザードン避けろ!!」

リザードンB「ガウ」シュバッ

カキ「ナイスだリザードン!」

リーリエ「ミヅキさんはルナアーラもたくさんのUBも持っているようです。 ウルトラホールから自分のUBを出すことも……」

マーマネ「できちゃうじゃん……」

ウツロイド「じぇるる……」パァァ

カキ「あれがミヅキも言ってたウツロイドだな。 毒のやつ」

   マヒアナペーーーアッ!!
672 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/02 22:26:03 ID:dqT2.Kik [2/10] m 報告
「「「お?」」」

ルナアーラ「まひなぺ!」

カキ「あれミヅキのか!?」

マーマネ「そうでしょだってウツロイド出てきたさっきのウルトラホールから出てきたもん!」

リーリエ「こっち向かってきます!」

   シュバッ

カキ「追い越した……だと……?」

マーマネ「ゴソゴソやってない?」

リーリエ「あれは……空間に穴を開けています! リザードン!!」

カキ「避けろ!!」

リザードン「ガウウウウウウ……ガウウ!?」ググググ

マーマネ「吸い込まれ……」ググググ

カキ「行け……! リザー……ドン……っ!!」ググググ

   ギュオオオッ!!

「「「ああああああああ!!」」」ギュオオオ


   スッ……
673 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/02 22:26:44 ID:dqT2.Kik [3/10] m 報告




カキ「み……みんな無事か!?」

リーリエ「平気です……」

マーマネ「ごわ゙がっだよ゙……」ガクガク

リザードンB「ガウウウウウウ……」ガクガク

カキ「にしてもウルトラホール久しぶりだな!」

リーリエ「……安易に入っちゃいけないと思うんです」

カキ「これってどこに繋がってるんだ?」

リーリエ「ミヅキさんが指示したものとなると怖いですね」

マーマネ「ヒエッ」

カキ「……あれ? 出口じゃないか?」

マーマネ「早いねえ!」

リーリエ「良かったです! ポリゴンが待ち構えてたりしませんでしょうか」

マーマネ「それより異世界に飛ばされちゃう可能性のほうをさ」

リーリエ「確かに……戻ったほうが……」

カキ「無理だ! ウルトラホールじゃリザードンの力で戻ることはできないぜ☆」

マーマネ「やばくね」

リーリエ「やばいです」

   パァーーーーッ!!

「「「あっ」」」
674 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/02 22:27:22 ID:dqT2.Kik [4/10] m 報告




カキ「どこ!?」

リーリエ「うーん……」

カキ「……見ろ!! ヴェラ火山だ!!」

リーリエ「アローラですね! わたくしたちの知っているアローラでしょうか?」

カキ「……この青い空に海。 燃えるヴェラ火山。 俺の魂も燃える……太陽が、月が、この星が、宇宙が燃えているゔゔゔゔゔゔ!!」ゴオオオオオ

リーリエ「カキもこの調子ということは……アローラです! わたくしたちの!!」

カキ「ああ……アローラの歴史が!! 身体に流れてる!!」

リーリエ「……あれっ?」

リーリエ「マーマネは……?」

‥‥‥‥

マーマネ(あれ……? ボク……)

マーマネ(ウルトラホール、逆走してる……?)

マーマネ(違う……)

マーマネ(時間が巻き戻されてるんだ……!)

‥‥‥‥
675 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/02 22:28:06 ID:dqT2.Kik [5/10] m 報告
‥‥‥‥

バーネット「ククイくん」

ククイ「ん……?」

バーネット「もう日付が変わっちゃう」

ククイ「ほんとだな」

バーネット「こんな時間までサトシ、何よりしてるんだろう」

ククイ「転校生のリーリエが転校生じゃないとか何言ってんだ? なにかあったのか。 俺の知らないところで……」

バーネット「……こんなにつらい深夜があったかしら」

ククイ「…………」

バーネット「ウルトラホールはね、時間がメチャクチャなの。 だから繋がってる両方の世界の時間帯が違ったりするの。 ……これがお昼だったらこんな心配要らないのにって。 反転した世界の私達は幸せなのかな」

ククイ「……そうだな」
676 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/02 23:51:31 ID:dqT2.Kik [6/10] m 報告
‥‥‥‥

マーマネ「おっ!?」バッ

マーマネ「ここは……ホールに入ってきたとこr……じゃないじゃん」

マーマネ「あああああああああああ!!」ヒュウウウウウウウ……



   ボスッ

‥‥‥‥

   パチッ

マオ「あれ……? あたしたち……落ちて……」

マオ「濡れてる……そっか! アシマリのバルーンで助かったんだ!」

スイレン「…………」

ヨウ「…………」

マオ「二人も生きてる。 ……起こそうかな」

マオ「…………」

――――――


『あたしがミヅキの所に逝かせてあげる』



『じゃあさ、青いのとあたしは友達だけど、友達取られて来てみたら檻入れられてて悔しく無いの? うっわー』

スイレン『あんたとは友達じゃない』

スイレン『寧ろ嫌い』

スイレン『もう一生その汚れた目でわたしを見ないで』

――――――

マオ「はぁ……」

マオ「あたし……」スッ…

   クルッ

   タッ タッ タッ タッ タッ……
677 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/02 23:52:22 ID:dqT2.Kik [7/10] m 報告
‥‥‥‥

カキ「マーマネー!! マーマネェーッ!!」

リーリエ「マーマネー!? どこですかー!!」

カキ「うーむ……ウルトラホールはもう閉じてるし……取り残され……」

リーリエ「そんなこと……マーマネはわたくしの前に居たんですから」

リザードンB「グルゥァ……グルゥァ……」バサッ……バサッ……

カキ「……リザードン?」

リーリエ「翼が!!」

カキ「これは!! ……まひ状態?」

「hdrぢぃふf5sd8いf」

「「!!」」クルッ

ポリゴン「じいhtstひぇるるうりるr」ニヤッ

カキ「あいつ……!!」

リーリエ「落ちますよ!?」

   ヒュウウウウウウウ……

‥‥‥‥

ミヅキ「サトシくん」

サトシ「…………」

ミヅキ「やっと二人っきりになれたね」ニコッ
678 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/02 23:54:02 ID:dqT2.Kik [8/10] m 報告
‥‥‥‥

ヨウ「……」ジロー

スイレン「zzz……」

ヨウ「……」ジロー

スイレン「!!」パチッ

ヨウ「」

スイレン「」

ヨウ「お、おはようございます」

スイレン「…………マオちゃんは?」

ヨウ「居ないんだ」

スイレン「は?」

ヨウ「これ、マオ……さんの花飾りでしょ? 僕たちと一緒に落ちたのは間違いないと思う」

スイレン「あんた、マオちゃんになんかした?」

ヨウ「『なんか』!?/// するわけないじゃん!! 僕にそんな度胸ないし頼りないし女の子にそんなことできるわけ……」

スイレン「黙れ」

ヨウ「…………」

スイレン「なんでマオちゃんを誘ったの? 純粋なマオちゃんのハートを打つ言葉ちらつかせて、あんたにメロメロにしたらしいじゃん。 カキとかのときみたいに“さいみんじゅつ”で良かったのに」

ヨウ「……ミヅキからの命令だよ。 あなたを精神的に弱らせたかったのと……」

ヨウ「サトシを試したかったんだ。 マオを、スイレンを、助けることができるのか。 サトシは僕たちがみんなをさらうことを知ってるだろ?」

スイレン「……ふーん」

ヨウ「……ごめん」

スイレン「まあ、いい。 いがみ合ってる場合ではない。 一時休戦といこう」ポンッ

アシマリ「あう♪」

ヨウ「いいの……?」

スイレン「あなたのこと、嫌い。 それは変わらない。 マオちゃんを一緒に探すだけ」ナデナデ

アシマリ「あうう〜♪」スリスリ

ヨウ「……そうだね! 探そう!」ニコッ

スイレン「……」イラッ

スイレン「行こう」クルッ
679 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/02 23:56:06 ID:dqT2.Kik [9/10] m 報告
‥‥‥‥

マーマネ「いてて……ん? ボク……」

マーマネ「生きてる!!」パアアア

トゲデマル「まっでゅ!!」クルクル

マーマネ「トゲデマル゙うううう……!! そうだ嬉しいんだ生きる喜びぃぃぃぃ!!」

トゲデマル「まっでゅ♪」

マーマネ「……ハッ!! ここって……」

マーマネ「もふもふ……だから助かったんだ」モフモフ


マーマネ「ん゙?」


ワタッコ「ポワッ♪」

   ポワッ♪ ポワアー!! ポワッポワッ!! ポワ!? ポワタッコ!! オワタッコ!!

マーマネ「 風景 モフモフモザイク
         作 マーマネ

     いちめんのわたっこ
     いちめんのわたっこ
     いちめんのわたっこ
     かすかなるはねっこ
     いちめんのわたっこ 」

マーマネ「うん! 良い詩だ! 投稿しよう♪」

トゲデマル「」

マーマネ「……何なのさこのいちめんのワタッコ!!」

「やあ! 君、起きたんだね?」

マーマネ「!」ギョッ

トゲデマル「まっでゅう?」

「私の名はモーン! このポケリゾートを管理しているんだ!」
680 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/02 23:56:54 ID:dqT2.Kik [10/10] m 報告
マーマネ「ポケリゾート……?」

モーン「ポケリゾートを知らない!?」

マーマネ「はい」

モーン「びっくりだぜ……ボックスの中のポケモンの来る楽園さ」

マーマネ「へえ……」

モーン「ワタッコマニアが居てね! この辺はワタッコだらけだ」

マーマネ「ふーん……」

モーン「で、なんで君は降ってきたんだい?」

マーマネ「いや、ウルトラホール入ってたらいろいろ巻き戻されて入り口に来たと思ったら謎の楽園来てたってだけです」

モーン「ウルトラホール……!?」

マーマネ「なんか知ってます?」

モーン「いや……知っているのか知らないのかわからないんだ。 私が知りたい」

マーマネ「は?」

モーン「妙に気になる存在だな」

マーマネ「なにそれ恋?」

モーン「知人の知人に詳しい人が居るんだ。 来るといい」

マーマネ「はーい……」
681 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/13 00:46:29 ID:Gn12JNJg [1/9] m 報告
‥‥‥‥

カキ「リザードンがクッションになって無事助かったわけだが」

リザードンB「ググググォ……」

リーリエ「大丈夫でしょうか?」

カキ「俺に任せろリーリエ!」

リーリエ「さすがカキです!」

カキ「……やっぱ無理だ」

リーリエ「ですよね」

カキ「ああ」

リーリエ「……あれ」

リザードンB「……グォ」バタンキュー

リーリエ「ひんし状態になってます……」

カキ「え?」

カキ「待てよ。 そんなに高威力だったのか? ポリゴンの技」

リーリエ「落ちたときのわたくしたちの重みで……?」

カキ「それだ……ごめんなリザードン」

リーリエ「ごめんなさい……」ギュ

リーリエ「……ってこれは!」

カキ「なにかあったのか?」

リーリエ「毒針です!!」
682 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/13 00:49:00 ID:Gn12JNJg [2/9] m 報告
カキ「は!? 誰の仕業だ!? ……あっ」

リーリエ「ミヅキさんでしょう……」

カキ「にしてもどのタイミングで?」

リーリエ「別れ際でしょうね……」

カキ「あの毒女……っ!!」

リーリエ「落ち着いてくださいって」

カキ「仲間のハウを殺して、俺らや周りの記憶を消して、サトシを苦しませて、マオとスイレンも切り離して……、どれだけ荒らせば気が済むんだ!! 立場奪われたとか記憶消されたとか知らねえよ!! 知ったことか!!」

リーリエ「落ち着きましょうって!! リザードンをどうにかするのを先に考えましょう」

カキ「……そうだな」

リーリエ「毒針、抜けますかね?」

カキ「引っ張って大丈夫か?」

リーリエ「多分……」

カキ「……じゃ、じゃあ、俺の馬鹿力で引っこ抜いてやる!! スー……フー……ぬおおおお

リーリエ「あ!! ストップですカキ!! “かえし”ってヤツがついてます!」

カキ「かえし……?」

リーリエ「釣り針のクルンってとこです!」

カキ「……あ゙っ!! すまないリザードン!! 大丈夫か!?」パッ

リザードンB「」

カキ「はぁぁ……どうしよう? 俺らにできることって……」

リーリエ「無さげですね……」

カキ「……牧場のリザードン、ボールに入っていないんだ」

リーリエ「野生に近いということでしょうか?」

カキ「つまり……」スッ

リーリエ「モンスターボール……? ゲットするんですね!」

カキ「ああ。 ここで苦しむよりはマシだろ」ヒュウーン……クルッ クルッ クルッ カチッ☆

リーリエ「さすがカキです!」

カキ「…………」

カキ「そう言うリーリエのほうが『さすが』なんじゃないか?」

リーリエ「いえ、そんなこと……」

カキ「頭良いヤツってスゴいなぁ。 俺みたいのは全部考えず行動しちゃうからな」
683 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/13 00:50:12 ID:Gn12JNJg [3/9] m 報告
‥‥‥‥

   ゴゴゴゴゴゴ…

モーン「船酔いは大丈夫かい?」

マーマネ「ま、まーね……」

モーン「そうだ! ポケマメ食べよう!」ヒョイ

マーマネ「あざーす」パクッ

モーン「止まらなく……ならないか?」

マーマネ「それはない」

トゲデマル「までゅ」パクッ

モーン「マジぃ〜?」パクッパクッパクッ

マーマネ「そういえばドコ向かってんスか?」

モーン「エーテルフロートだ!」

マーマネ「ええええええエーテルぅ!?」

モーン「なに?」

マーマネ「そうだ……! ルザミーネさんと連絡が取れれば落ちたマオやカキたちと会える!!」

モーン「マオ? カキ?」

マーマネ「ありがとうございます!!」


モーン「…………あ」

モーン「どっかで見たことあると思ったら君さ……」

モーン「……キャプテンじゃないか?」
684 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/13 00:50:58 ID:Gn12JNJg [4/9] m 報告
‥‥‥‥

マオ「…………」キョロキョロ

マオ「もう!! 森の出口どこよ……」

マオ「スイレンたちのところ戻ろっかな」クル

マオ「ヘンゼルとグレーテルスタイルで来たから戻れるっちゃ戻れるけど……」

マオ「……ずっと、迷惑かけちゃった」

――――――

幼スイレン『アイナ食堂さん……』

――――――

マオ「こうやって迷ったとき、スイレンがあたしを慰め……」

マオ「……」ウルッ

マオ「なんであたしって……こんななんだろう」ポロ…ポロ…

   ポンッ

マオ「!!」

アママイコ「あっまい!」

マオ「アママイコ……」ポロ…

アママイコ「あまーい♪」ポンポン

マオ「ぅ……」フキフキ

マオ「そうだね……脱出が遅れてるせいで全然レベル上がってない……アママイコ、進化するかもだし新しい技も見たいし! 早くスイレンたちに、いや……」

マオ「出口伝えて、一緒に出よう!!」

アママイコ「あっまーーい♪」
685 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/13 00:52:53 ID:Gn12JNJg [5/9] m 報告
‥‥‥‥

カキ「あ゙あ゙!! 森の出口どこだよ……」

リーリエ「わたくしたちってどの島に落ちたんでしたっけ」

カキ「えっ?」

カキ「…………」

カキ「そういやわからんな」

リーリエ「ですよね」

カキ「ああ」

リーリエ「なんか水溜まりもあるしジメジメしてますけど……4島の中でいちばん降水量が多く今日雨の予報が出てたのって」

カキ「ウラウラだ!! ……でもラナキラマウンテンが見えないな」

リーリエ「これだけ高い木々に囲まれてますし……おかしくはないです」

カキ「だな。 ウラウラの……どこだ?」

リーリエ「さあ……」

カキ「東は荒れ地が広がってて、中央にはラナキラ、すぐ北にホクラニ、北東にマリエシティ、南に村だったな。 西部のどこかだろう」

リーリエ「なるほど! では東に行けば町のほうに……」

   バシィン!!

「「!?」」

カキ「毒……? まさかミヅキ!?」

   ズバッシィィン!!

リーリエ「キャッ!?」ザッ

カキ「リーリエ!!」

「お前ら!! ミヅキをどこへやった!?」

カキ「えーっとモモンの実は…………、

   ミヅキだと?」
686 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/13 00:55:47 ID:Gn12JNJg [6/9] m 報告
「あたいキレてんのよ。 グズマのバカがミヅキ心配してこっち来ちゃったから」

カキ「……誰だよお前」

「あたいはプルメリ。 そこのお嬢ちゃんなら知って……」

カキ「知ってるのか?」

リーリエ「ゴホッ……ゲホッゴホッ……知りま、ゲホッ、知り゙ません……」

プルメリ「……そうかい。 マジで忘れちゃったんだね」モモンポイッ

カキ「く、食えるか?」

リーリエ「はい……」

プルメリ「グズマの……ミヅキの苦労も知らずに被害者面よ。 Fallのお嬢ちゃんなら記憶消えないと思ったんだけどねぇ……ま、お嬢ちゃんは嫌な思い出もあるしね」

カキ「……お前も、ミヅキと同じ世界から来たのか?」

プルメリ「あんたらもでしょ。 ……で、ミヅキはどこよ」

カキ「ミヅキの家だ。 ヨウも一緒に居る。 ハウは死んだらしい。 俺たちは監禁されてたんだ」

プルメリ「死んだ……? 監禁……!?」

カキ「ああ。 リーリエに至っては記憶消して転校生にしようとしてたらしい」

プルメリ「どうして……」

プルメリ「……まあいいよ。 あんたらはミヅキに関して何もしてないって思ってるみたいだし。 居場所も教えてくれたし」

カキ「…………」

プルメリ「でも考えてよ。 ミヅキがここまでするのには何かしら理由があるよね?」

カキ「ミヅキによく聞かされた」

プルメリ「わかってるの? 何も思わないかい? ……せいぜい後悔してね」シュウッ

リザードン「グギュルアア!!」

   バサッ…バサッ…バサッ…


カキ「しまった!! 機嫌取って乗っけてもらえば……」

カキ「まあいい。 帰りの方角はわかったな。 リーリエ、大丈夫か?」

リーリエ「大丈夫です。 すっかり元気になりました!」

カキ「良かった……でも俺、リーリエに迷惑かけっぱなしだよな……ごめん」

リーリエ「そんなことないです! カキが居なかったらわたくし……!」

カキ「……」ゲッソリ

リーリエ「……一人じゃないからここまで来れたんです。 さあ、行きましょう」

カキ「…………」
687 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/13 00:57:53 ID:Gn12JNJg [7/9] m 報告
‥‥‥‥

 エーテルフロート

モーン「ホントにキャプテンじゃないのかい?」

マーマネ「ホントですって」

モーン「こんな子居たよなぁ」

マーマネ「えぇー?」

モーン「ポチっとな!」

マーマネ「うおっ」

モーン「あっという間に地下だ!」

マーマネ「サトシが来たって言ってたところかな?」

モーン「……実はここの代表居なくなっちゃってな、ならず者やってたグズマって人が継いだんだよ」

マーマネ「は?」

モーン「はっはっは! こんな地下に来ていいのかって? 大丈夫。 職員に許可はとったよ」

マーマネ「ちょっと待て」

モーン「支部長も代表の娘も息子も……みんな居なくなっちゃってな」

マーマネ「失敗部長さん!? リーリエ!? グラジオ!?」

モーン「夫は何してるんだろうな」

マーマネ「もうワケわかんねえ」

   ガーッ

モーン「アローラ。 この少年がウルトラホールをくぐったらしい」

財団職員A「マーマネさん!?」

マーマネ「へっ?」

財団職員B「マーマネさん!! 帰ってたんですか!? ぜひ私達の研究に……」

マーマネ「おっ?」
688 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/13 01:00:20 ID:Gn12JNJg [8/9] m 報告
モーン「やっぱりキャプテンだよな! 電気の!」

マーマネ「いや、だから……」

財団職員C「そうです! ……もっとも、マーマネさんは忘れてると思いますけど」

マーマネ「なに? 異世界転生的なやつ?」

財団職員A「そうね!」

マーマネ「そうなの!? ……あ、ミヅキが言ってたやつね! ってことはこの世界、あいつらが、ボクらが来た世界!!」

モーン「ミヅキ……?」

財団職員C「マーマネさん、こっちの世界ではキャプテンっていう超大事な役職してたんですよ」

マーマネ「ふええ!?」

財団職員B「あなただけじゃありません! カキさん、スイレンさん、マオさん……」

マーマネ「ええ!? じゃあリーリエは!? サトシは!?」

財団職員B「リーリエお嬢様はあまり変わりないですね。 サトシさんは元からあちらの世界の人間です」

マーマネ「ミヅキの言ってたこと……本当だったんだ」

モーン「ミヅキくんを知っているのかい?」

マーマネ「ええ、まあ……。 ボクらに事実を教えて……監禁したんだ」

「「「監禁!?」」」

マーマネ「とても苦しかったみたい。 記憶が消えちゃうっていうのが」

財団職員B「確かに私達も悲しんでいます……代表、リーリエお嬢様……」

マーマネ「ボクらって、みんなの目にはどう映ってたの?」

財団職員C「……正直、イラついてましたよ。 こっちの気持ちも知らずに……」

財団職員A「幸せそうだった」

財団職員B「ミヅキさんなんかは……そりゃあもう悲しかったと思います。 積み上げてきた思い出も全部消えちゃうんですからね」

財団職員A「かわいそうだった」

マーマネ「……ごめんなさい」

モーン「君が謝ることじゃないさ」

財団職員A「でもミヅキさん言ってた。 『思いが強ければ忘れない』」

マーマネ「忘れないってこともできるの?」

モーン「そうもできるらしいよ。 『忘れたくない』って強く思えば……。 でも人間、何かしら忘れたいことがあってみんな忘れてしまう」

モーン「みんな同じさ。 “さいみんじゅつ”でもウルトラホールでも」

マーマネ「…………」
689 : ◆7GoPRO8pkY 18/12/13 01:01:43 ID:Gn12JNJg [9/9] m 報告
モーン「……そうだ、グズマくんは」

財団職員A「それが……」

財団職員C「行っちゃいました」

財団職員B「自分から、あっちの世界に」

マーマネ「ええー!? ボクらの!?」

財団職員A「ハイ」

マーマネ「なぜに!?」

財団職員B「許せなかったんです。 あなたたちが……。 笑っているあなたたちが」

財団職員C「彼は更正して代表の立場になって、ウルトラホールの全てを知った。 さっき言った『記憶が消えないことがある』ということも」

財団職員C「救世主ルザミーネさんと会えなくなってしまったのも、エリートしたっぱ三人が居なくなったのも、ミヅキさんがヤンデレ染みたキチガイ女になってしまったのも全部アニメ世界の、サトシのせい!!」

財団職員C「という……ミヅキさんのような、いやちょっと違う理由で復讐しに行きました」

マーマネ「マズイ……!! どうやったら帰れるの!?」

モーン「月輪の祭壇にウルトラホールが開いてるけど……いつもアニメ行きのソルガレオが迎えに来るんだよね」

財団職員A「何度も行ったー! \見送りー!/」

マーマネ「早く……おうちに……帰り……たい……!」

財団職員B「そういやどうやって来たの?」

マーマネ「ミヅキ……さんにウルトラホール開けられてリザードンで直進しちまってボクだけなんかに引っ掛かって取り残されて巻き戻されて入口戻ってきたと思ったらポケリゾートに落ちた」

財団職員C「なるほど。 ウルトラホールが曲がってこちらに入ってきてしまったのかもしれない」

財団職員A「最善を尽くす」


荒らし・煽りには反応せずにスルーして下さい。反応している人も同様に対処・対応しています。
(荒らしレスやそれに対する反応は、スレ進行の妨げとなるため削除します。削除されたレスに対して反応しないで下さい。)


スレの画像復旧リクエスト

画像(JPG/PNG 7.2 MB、GIF 15.2 MBまで)

  • 【IDを発行(または認証)】


    0/60
      
    書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
    レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
    その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
    荒らしや煽りはスルーして下さい。荒らしに反応している人も荒らし同様対処します。


    一部のホストからの違反報告を制限させてもらっています。



    スレの画像復旧リクエスト
    スレ名とURLをコピー(クリックした時点でコピーされます。)
    文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
      3
      文字サイズ

      自分の投稿を分かりやすくする
      投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
      現在の設定は「有効」です。
        

      NG設定
      各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

      ・連鎖NG設定
      NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
      現在の設定は「」です。
        

      ・NGワード設定
      入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
      NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

      ・NGネーム・NGID一括削除(下のボタンをクリックした時点で削除されます。)


      【特殊な指定方法】

      ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
      ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
      ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
      詳しくは、NGの設定方法を参照。



    (連投制限などに引っかかった時用)