ポケモン達が寝ているトレーナーにちょっかい出すようです…?【安価あり】

1 : ピナス@かくれポン 18/06/22 14:01:58 ID:XxS6tRO6 m 報告
http://pokemonbbs.com/sp/poke/read.cgi?no=811337
前回の続きです。

スタ...スタ...

ガチャ

トレーナー「ただいまぁ...」ゲッソリ

バタン

トレーナー「はぁ...今日はいつもより疲れたなぁ…」

トレーナー「ポケパルレをやって依頼、みんないつもより迫ってくるようになった...これじゃあ体がもたないよ…」

トレーナー「でもいざバトルに出してみると、みんな凄い活躍してるし、文句は言えないんだよなぁ…」ハァ

トレーナー「はぁ...何だろうこの感じ...嬉しいような嬉しくないような...」

ガチャ

トレーナー「ダメだ...ひたすら考えてたら眠たくなってきた…」

トレーナー「ご飯食べずに寝よっと...」

バタン

ボフッ

トレーナー「あー落ち着くー...」
79 : ザリガー@するどいツメ 18/07/03 11:32:07 ID:5qmINurM [1/2] 報告
とおいな
80 : リーパー@たんけんセット 18/07/03 11:36:25 ID:5qmINurM [2/2] 報告
かそく
81 : ラオラ@フォトアルバム 18/07/03 16:29:19 ID:hY8cWITo [s] m 報告
さあ、誰だ
82 : ンドラー@ラグラージナイト 18/07/03 17:03:44 ID:4O0.An3w 報告
名前欄
83 : ソクムシ@レベルボール 18/07/03 17:29:30 ID:2/hsg5Jo 報告
支援
84 : ンバル@おおきなキノコ 18/07/03 23:58:51 ID:XbqwjcnU 報告
ペンドラー「誰もいないよね...」

キョロキョロ

ペンドラー「...よし。」

ズシン ズシン

ペンドラー「ふふっ...かわいい寝顔...」

ペンドラー「今この部屋には僕と主人しかいない...」

ペンドラー「誰にも邪魔されずに主人を独り占めできる...ふふふ...」

ペンドラー「あぁ...なんて幸せなんだろう…僕は…」キラキラ

ペンドラー「独り占めしつつ普段見られない主人の顔も見られるなんて...」

ペンドラー「ん〜...さいっこう〜...!」

ペンドラー「...主人...♪」

スリスリ

ペンドラー「ふふふ...」

85 : ビルドン@くろいヘドロ 18/07/04 00:28:31 ID:S7v25sMM [1/2] 報告
>>86「相変わらずベタベタしてて迷惑な奴だ...」

ペンドラー「む...やっぱり君か…」

>>86「やはりいたか…」
86 : ノセクト@ノーマルZ 18/07/04 00:30:01 ID:l8wI.wVg m 報告
クチート
87 : ッコアラ@シュカのみ 18/07/04 00:30:26 ID:s/EkBucU 報告
これはなんの安価なんだろう
ポケモンならキルリアかなぁ
88 : パー@あおいビードロ 18/07/04 13:47:12 ID:EmkIzxrI 報告
クチート「こんな真っ暗な夜に何をしてるのだ、お前は。」

ペンドラー「君には関係ない事だよ。全く...僕の邪魔をしないでほしいねぇ...」

ペンドラー「それよりもクチートちゃん、君もこんな夜に何をしているのかなぁ?」

クチート「私?私はいつもこの時間に研究をしていてな、今日はこのトレーナーを調べようとしているだけだが…何か問題でも?」

ペンドラー「調べる...調べるねぇ...」

ペンドラー「そんな事言って、主人に何かするつもりなんでしょ...?」

ペンドラー「もし何かするんだったら…たとえ仲間でも...殺す...!」キッ

クチート「はぁ...相変わらずトレーナーの事になると目つきが変わるヤツだ...安心しろ、トレーナーには危害を加えない。100%な。」

ペンドラー「100%...?ははは...僕にとってはね、主人が他のヤツらに何かされると思うだけで...凄く不安になるんだよ...」

ペンドラー「たとえ100%大丈夫だとしてもねぇ!!!」

クチート「(.....面倒なやつだ。)」

クチート「...ペンドラー、何故そこまでして奴に執着するんだ?今のところ私達がトレーナーに支障をきたすほどの危害をあたえたりしていないのだが...」

ペンドラー「.........」

ペンドラー「...あれから数年の事...」
89 : ャラランガ@しゅんぱつのハネ 18/07/04 14:34:32 ID:gUoA5xh. m 報告
ーーーーーー数年前

スキンヘッズ「おいフシデ...てめぇまたバトルに負けやがったな...」

フシデ「こ、今回はダメでもさ...つ、次は頑張ろうよ…ね...?」

スキンヘッズ「...なぁフシデ...これで何連敗だ...?」

フシデ「え、えっと...多分...3...連敗...?」

スキンヘッズ「30連敗だボケがァァ!!」ドンッ

フシデ「いっ...!!」ビクッ

スキンヘッズ「なぁ...俺はいつもお前の面倒をちゃんと見てきたし、強くなるために練習もしてきたよなぁ...」

スキンヘッズ「フシデ...てめぇ...少しくらい俺の期待に応えろやぁぁぁ!!!」グリグリグリ

フシデ「うぁぁぁぁ...!!」

スキンヘッズ2「兄貴〜、いい加減こんなクソポケモン捨てちまいましょうよ〜」

スキンヘッズ「そうだな。その前にこいつを...気が済むまでボコボコにしておかねぇとなぁ…散々イライラさせやがって...」ボキボキ

スキンヘッズ「お、イイっすね〜!俺を混ざりますぜぇ〜兄貴ィ!」

へっへっへっへ...

フシデ「や...やだ...やめ...」








90 : ルタンク@ポフィンケース 18/07/04 22:22:34 ID:S7v25sMM [2/2] 報告
数時間後



スタスタ...

トレーナー「うーん...まだ街に着かないのか...」

ミジュマル「おまけに暗くなってきたッスね...」

エルフーン「ねぇクチートさん...ホントにここで大丈夫なのかなぁ…」

クチート「安心しろエルフーン。何も心配することはない。私が開発したゴールグマップによると、この先に街が見えるはずだ。」

ラティアス「の割には木々しか見えないんだけど...はぁ...ホントにそのマップの通りに進んでいいの〜?」

ピーン ピロロロ

クチート「ここを通ればば近道と書いてあるからその通りに進めば大丈夫だろう。今のところ支障をきたしてないからな。」

ラティアス「ふーん...ならいいけどさぁ...」

ピピピッ

クチート「ん?ゴールグマップに反応あり...近くにポケモンが居るという情報がはいったそうだ。」

クチート「注意しろよ、トレーナー。」

トレーナー「分かってるよ。」
91 : テラ@きんのおうかん 18/07/05 12:45:35 ID:z2lYkGs. 報告
5分後

ピピピッ ピピピッ

クチート「反応が強くなってきた...」

ミジュマル「すぐそこにいるってことッスね。」

エルフーン「なんだかドキドキするね!」ワクワク

ラティアス「相変わらずエルフーンは怖気づかないのね...ある意味凄いよ...」

ピーーー!

クチート「!あのポケモンだ!」

トレーナー「よし、行ってみよう!」
92 : ランセル@アイスメモリ 18/07/05 16:16:06 ID:CxCoOLZ2 m 報告
フシデ「.....ううっ...ずずっ...」

フシデ「.....ぼくなんて...どうせぼく...なんてぇ...」ポロポロ

フシデ「うぁぁ..........」

タッタッタタッタッタ...

フシデ「.........」






クチート「トレーナー!多分こいつだと思うぞ。」

トレーナー「このポケモンは...フシデだ!でもなんでこの辺りに居るんだ...?」

ラティアス「多分捨てられたポケモンだと思うわ。この辺りにフシデは現れないはずだからね。」

エルフーン「酷い傷...一体誰がやったんだろう…」

ミジュマル「全身傷だらけッスね…これは酷い...」

トレーナー「クチート、近くにポケモンセンターないかい?」

ポチッポチポチ

クチート「ダメだ...この辺りにポケモンセンターはひとつもない...」

トレーナー「ねぇ君!大丈夫?意識はあるかい!?」

フシデ「う...うううぅ...」

トレーナー「よし、まだ意識はあるみたいだ。みんな!今すぐこのポケモンを助け出すよ!」

ミジュマル「合点承知之助っス!」

クチート「あぁ。」

ラティアス「了解!」

エルフーン「りょーかい!」
93 : ソクムシャ@おいしいシッポ 18/07/05 21:17:09 ID:Qi6k6qXI m 報告
支援
94 : リッパー@ビビリだま 18/07/05 21:49:20 ID:gpw2Gnx2 報告
支援
95 : o 18/07/06 19:37:06 ID:KKow8TF2 報告
>>93
↑╳1000000000000000000000000000000000000000000000000000000000


96 : ーベム@シャラサブレ 18/07/07 01:52:36 ID:QuIsCAhs 報告
20分後

シュッシュ グルグルマキマキ キュッ

トレーナー「これでよしっと...」

クチート「とりあえず、何とかなったな。」

エルフーン「何とか助かってよかったぁ...」ホッ

トレーナー「いや、これはあくまで応急処置だからまだ完全に治ったってわけじゃないんだよね。」

クチート「見たところ、脚へのダメージが特に大きいな...この怪我だとポケモンセンターに行かないと治らないレベルだ。」

トレーナー「そうか...暗くなってきたし...じゃあ今日は野宿だね。」

ラティアス「確かに...もう満月が見えちゃってるしね〜...」

エルフーン「ねぇトレーナーさん...このポケモンさん、ちゃんと元気になるかな…?」ソワソワ

トレーナー「大丈夫だよ。エルフーンのおかけで怪我はある程度軽くなったし、きっと元気になるさ。」ポンポン

エルフーン「トレーナーさん...うん!そうだよね!絶対に治るよね!」

ミジュマル「何事も根気よくが大事ッスよ!怪我をよくするオイラからのアドバイスッス!」

ラティアス「でも逆に考えると怪我の対策をしないミジュマルもミジュマルで...バカだよね…」
97 : レッグル@ルナアーラZ 18/07/07 17:16:23 ID:RhP.Xjws m 報告
ミジュマル「な!あ、あれはあくまで...予測してなかっただけっス...」ゴニョゴニョ

ラティアス「ホントかなぁ〜...」ニヤニヤ

ミジュマル「くぅぅ...!なんか頭にくるっス...!」イライラ

トレーナー「まあまあ...とにかく、怪我は焦らず治していこう。無茶したら悪化するからね。」

トレーナー「これでひとまず大丈夫だよ、フシデ。」ニコッ

フシデ「.......ありがとう。」

トレーナー「さて、お腹も空いてきたし、ご飯にしようか。」

ミジュマル「よっしゃー!待ってましたっス!流石に腹が減っては戦は出来ないっスからね〜!」

クチート「流石にこんな夜中にバトル挑む奴なんていないだろ...」

エルフーン「確かにー。」

ミジュマル「ま、万が一襲われた時のためっスよ!万が一!」アセアセ

トレーナー「はははは…」
98 : ントラー@アクアスーツ 18/07/07 23:56:14 ID:pLfQlUXM m 報告
支援
99 : ロデスナ@みどりのプレート 18/07/09 00:49:52 ID:OGLc8MGc 報告
ーーーーーー

ーーー

フシデ「.....」モグモグ

トレーナー「美味しいかい?」

フシデ「.....」コクッ

トレーナー「お口にあってよかったよ。」ニコッ

ミジュマル「あむあむあむ...んくっ...くぅ〜!最高っス〜!」ガツガツ

ラティアス「(相変わらずよく食べるなぁ…)」モグモグ

エルフーン「んむんむ...んくっ...ねぇ、フシデさん!」

フシデ「.......何?」

エルフーン「フシデさんのトレーナーさんって、どんな人なの?」

フシデ「...!」

フシデ「...トレーナー...トレーナー...」

フシデ「.......」

フシデ「...」モグモグ

100 : ルフォン@のんきのおこう 18/07/09 14:39:17 ID:m8NQXNfU m 報告
エルフーン「ねぇ、教えてよー。」

トレーナー「エルフーン、その辺にしといて。」

エルフーン「なんで?ボクはただ質問をしてるだけで...」

トレーナー「もしかしたら...話したくない事かもしれないからさ。」ボソッ

エルフーン「.....?」

トレーナー「とりあえず謝っておいた方がいいよ。」ボソッ

エルフーン「え?う、うん...」

フシデ「.......」モグモグ

エルフーン「えっと...ごめんね...無理して話さなくていいからね!」

フシデ「.......」モグモグ

エルフーン「(...フシデさん...どうしたのかなぁ...)」

トレーナー「まだまだ沢山あるから、いっぱい食べてね。」

ミジュマル「はいっス!」

エルフーン「はーい!」

クチート「.....」チラッ

クチート「(.....あいつ...何かあるな...)」


101 : ノセクト@タラプのみ 18/07/09 20:26:45 ID:ZYu66s1Q [1/3] 報告
支援
102 : モリ@ポロックケース 18/07/09 20:27:03 ID:ZYu66s1Q [2/3] 報告
支援
103 : ガヘルガー@ドリのみ 18/07/09 20:27:32 ID:ZYu66s1Q [3/3] 報告
支援
104 : ランブル@アクロママシーン 18/07/10 01:01:46 ID:6zM.KrrI 報告
ーーーーーー3時間後

トレーナー「それじゃあランプ消すよ〜」

クチート「構わないぞ。」

トレーナー「おやすみ〜」

カチッ

フシデ「.....」モゾモゾ

フシデ「.......はぁ...」

フシデ「.......」

クチート「.......」カチャカチャ ジジジーッ...

クチート「......」チラッ

フシデ「.....ん...すぅ...」

クチート「.....」ポチッ

ピッ ピッ ピッ

クチート「.....やはりな。この傷...普通に転んだような傷じゃない...」



105 : リーセン@プラズマカード 18/07/11 00:15:26 ID:LDK6GiFc 報告
ーーーーーーーーー

ーーーーーー

ーーー


何度いえばわかるんだ!

フシデ「!」

散々特訓させてやった俺のためにも少しは活躍しろっつってんだろつが!

フシデ「ご、ごめんなさい...」

フシデ「僕は…僕はただ...」

言い訳は勝ってから言うんだな!行こうぜ。こんなポケモンとはおさらばだ。

ヘイッ。

スタスタ...

フシデ「そ、そんな...僕はまだ戦え...」

...貴様は生まれた頃からクソみたいな能力を持ったゴミポケモンだ。

生きてる価値もない!!

フシデ「...ぇ...」

スタスタスタスタ...

フシデ「ねぇ.....待ってよ…置いてかないでよ…」

フシデ「待って...待ってって...」

フシデ「待ってってばぁぁぁ!!」









106 : モリ@ツメのカセキ 18/07/11 23:41:41 ID:lEFgVuyc m 報告
支援
107 : レキブル@デボンボンベ 18/07/12 11:27:44 ID:c3Yctqdg 報告
フシデ「うわぁぁぁぁぁ!!」バサッ

フシデ「はぁ...はぁ...はぁ...え...?」キョロキョロ

フシデ「.......ゆ、夢かぁ.....」ハァ

フシデ「はぁ...」

フシデ「.........」ショボン

カチカチ カタカタカタ

フシデ「.......ん?」

フシデ「なんだろう...この音...」

フシデ「........」スッ

スタスタ







カタッ カチカチ ピッ

クチート「.....ふむ、ゴールグマップは特に異常なし...と...」

フシデ「.......」チラッ

フシデ「(何してるんだろ...)」

クチート「.....そこにいるのは分かってるぞ。」

フシデ「ひっ!?」

クルッ

クチート「ん?なんだお前か…怪我は大丈夫なのか?」

フシデ「へ!?...う、うん...なんとか...」

クチート「そうか...」

カチッ カチャカチャ

フシデ「.........」

フシデ「(凄いなぁ...難しそうな機械をああやって軽々いじれて...)」

フシデ「(それに比べて...僕は.....)」

フシデ「.........ぐすっ...」

クチート「...お前.....トレーナーに捨てられたんだって?」

フシデ「へっ...!?」
108 : マシュン@ナゾのみ 18/07/12 23:17:54 ID:BHREGRLo m 報告
支援
109 : ガボスゴドラ@イナズマカセット 18/07/13 11:28:23 ID:/IME7baE [1/3] 報告
クチート「この辺りでは見ないポケモンだからな…大体予想はつく。」

クチート「おまけにその傷...普通に転んだような傷じゃない事は確かだからな。」

フシデ「ち、違うよ...!この傷はあくまで...」

クチート「無理に隠すな…トレーナーにやられたんだろ、その傷。」

フシデ「!!」

クチート「寝ている間に色々分析してみた。そしたら人間の足跡らしきモノが見つかったんだ。」

クチート「多分、激しく蹴られたり、踏まれたりされたんだろう。」

クチート「全く...自分勝手なトレーナーだ...」

フシデ「.......」

クチート「...お前の気持ち、分かるよ。」

フシデ「え...?」

クチート「私も過去に似たような事があってな。トレーナーに捨てられたのではなく、トレーナーを見捨てたんだからな。」

フシデ「ええぇ...!?な、なんで...?」

クチート「.....私は昔、研究員と一緒に研究に携わってきた。」

クチート「科学や機械に関して未経験な私を、一からきちんと教えてくれた、立派な男だ。」

クチート「おまけにとても優秀で、後輩研究員達の憧れの的だったんだ。」

クチート「正直私も憧れてた…あんなことがなければ...」

フシデ「...?」

クチート「あいつはいつもひたすらに研究に没頭していた。」

クチート「ただ...没頭しすぎるあまり、ついには私を実験台にしようとしたんだ。」

フシデ「え!?」

クチート「私は悲しかった…いつもそばにいてくれたあいつが、まさか私を実験台として扱うんだからな...」

クチート「その時のあいつの目は...昔のような優しい目ではなかった...」

クチート「新しい物を作りたいと思うあまりに、仲間意識が欠けていたのだろう...」

クチート「私はひたすら抵抗して、その研究所から脱出した。」

クチート「泣きながらひたすら走った…ひたすらに...」

クチート「その時の私の気持ちは、お前のように暗かった...」

フシデ「クチート...」

クチート「...すまないな、急にこんな話をして...」

クチート「お前だけじゃないんだ...辛い経験をしたのは。」
110 : ャロップ@メタルコート 18/07/13 11:30:07 ID:V/8QfQUQ m 報告
大支援
111 : ッコラー@やけどなおし 18/07/13 12:23:49 ID:/IME7baE [2/3] 報告
クチート「人間にもポケモンにも、必ず不幸が訪れる。その事を覚えておいた方がいい。」

フシデ「うん...でもさ、クチート...」

クチート「ん?」

フシデ「クチートは、どうして人間不信にならないの...?あれだけ酷いことされたのに…」

クチート「...確かに私も、人間なんてって思った事はある。」

クチート「そんな私に光にを与えてくれたのが、今のトレーナーだ。」

クチート「最初はかなり敵視していた。信用なんて全然しなかった。」

クチート「でもあいつは、ひたすら私をゲットしようとしていた。」

クチート「私は戦った…人間の仲間になんてなりたくないと思いながら...」

クチート「でも...だんだん私は...あいつの表情を見る度に、心に変化が生じたんだ...」

クチート「目がキラキラ光ってて、凄く笑いながら私を見ている。」

クチート「私は思ったんだ。こいつは、私を必要としてくれているんだなと...」

クチート「私はバトルで疲れ果て、倒れた。そしてゲットされた。」



112 : イドン@はつでんしょパス 18/07/13 13:23:39 ID:/IME7baE [3/3] 報告
クチート「でも、嫌な気分ではない...不思議と...温かい気持ちになるんだ...」

クチート「ゲットされて以来私は、今のトレーナーと一緒に旅をしている。」

クチート「色んなことがあったりするが、とても面白い旅だ。」

クチート「自分の居場所がまさかこんな所にあったなんてって、今でも思ってる。」

クチート「私は...一匹じゃない。心の底からそう思えたんだ。」

フシデ「.....」

フシデ「一匹じゃない...」

クチート「お前も、新しい人生を探してみないか?」

フシデ「え?」

クチート「違った人生を見つけるのも、生き方としての一つだ。」

クチート「ま、お前の好きにすればいいさ。」

フシデ「.........」
113 : ックウザ@がくしゅうそうち 18/07/15 02:54:25 ID:uJ1E9va2 m 報告
支援
114 : シャーモ@あまいミツ 18/07/15 19:03:38 ID:5LT6SxkU 報告
支援支援支援支援支援支援支援支援支援支援支援支援支援支援支援支援支援支援支援支援支援支援
115 : レブー@ミックスオレ 18/07/15 21:45:30 ID:n/YwNSpQ 報告
ーーーーーー次の日 ポケモンセンター内

テンテンテテテン♪

ジョーイ「お待たせしました!お預かりしたポケモンは元気になりましたよ!」

ピョン スタッ

フシデ「凄い...!ちっとも痛くない...!」

トレーナー「ありがとうございます、ジョーイさん。」

エルフーン「良かったね!フシデさん!」

ミジュマル「これにて一件落着っスね!」

クチート「そうだな。」

フシデ「あ、あの...その..みんな...ありがとう...」

トレーナー「いいっていいって、フシデが喜ぶだけでも僕達は嬉しいからさ。」

ラティアス「何かあったらまた手を貸すからね!」

フシデ「み、みんな...!」

フシデ「(ぼ、僕の事をこんなに思ってくれるなんて...!)」

トレーナー「さてと、そろそろ行こうか。」

ミジュマル「そうっスね!まだ旅の途中っスからね!」

エルフーン「フシデさん、怪我しないように気をつけてね!」

トレーナー「それじゃあね。」クルッ

スタスタスタスタ

フシデ「あ...!まっ...て...」

フシデ「.......」

フシデ「(僕...これからどうしよう...)」

フシデ「(また独りになっちゃった...はぁ...)」

違った人生を見つけるのも、生き方としての一つだ

フシデ「!!」

フシデ「(そ、そうだ...僕の本当の生き方は...)」

キリッ

フシデ「(生き方は...!)」
116 : ルリア@みどりのプレート 18/07/19 16:14:41 ID:a9twzaoY m 報告
フシデ「ま、待って!」

トレーナー「ん?」クルッ

フシデ「あ、あの...その......」

フシデ「僕も...一緒に行く!」

トレーナー「え?」

フシデ「トレーナーの役に立ちたいし、見たことない世界を旅したい!」

フシデ「それに...みんなともっと一緒にいたい!」

フシデ「だからお願い!!僕も連れてって!」

フシデ「お願い!!」ペコッ

クチート「...どうするんだ?」

トレーナー「.....」

フシデ「.......ダメ..かな?」

トレーナー「...辛い事も沢山あるけど...それでも行きたいかい?」
117 : タージャ@ポケじゃらし 18/07/19 19:55:00 ID:ygng2YdU 報告
(*^o^)/支援\(^-^*)
118 : ビワラー@なつきポン 18/07/20 00:17:37 ID:d7E2M8ZU 報告
フシデ「う、うん...!行きたい!」

トレーナー「...いいよ。一緒に行こうか。」ニコッ

フシデ「はぁぁ...!や、や...やったぁぁ!」ピョーン

ミジュマル「なんか凄い喜んでるっスね。」

ラティアス「それ程までに嬉しかったって事かな?」

エルフーン「これで旅がもっと楽しくなるね!」

クチート「悪く言えば騒がしくなるな。」ハァ

クチート「...だが、それも悪くない。」

クチート「(あいつはこっちの人生を選んだか…)」

クチート「(ここから先は、奴の行動次第だな。)」フッ

フシデ「ありがとう!僕、一生懸命頑張るよ!」

トレーナー「うん!期待してるよ、フシデ!」

フシデ「へへへ...」



荒らし・煽りには反応せずにスルーして下さい。反応している人も同様に対処・対応しています。
(荒らしレスやそれに対する反応は、スレ進行の妨げとなるため削除します。削除されたレスに対して反応しないで下さい。)


画像(JPG/PNG 7.2 MB、GIF 15.2 MBまで)

  • 【IDを発行(または認証)】


    0/60
      
    書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
    レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
    その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
    荒らしや煽りはスルーして下さい。荒らしに反応している人も荒らし同様対処します。


    一部のホストからの違反報告を制限させてもらっています。

    スレ名とURLをコピー(クリックした時点でコピーされます。)
    文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
      3
      文字サイズ

      自分の投稿を分かりやすくする
      投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
      現在の設定は「有効」です。
        

      NG設定
      各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

      ・連鎖NG設定
      NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
      現在の設定は「」です。
        

      ・NGワード設定
      入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
      NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

      ・NGネーム・NGID一括削除(下のボタンをクリックした時点で削除されます。)


      【特殊な指定方法】

      ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
      ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
      ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
      詳しくは、NGの設定方法を参照。



    (連投制限などに引っかかった時用)