ポケモン達が寝ているトレーナーにちょっかい出すようです…?【安価あり】:ポケモン掲示板(ポケモンBBS)

ポケモン達が寝ているトレーナーにちょっかい出すようです…?【安価あり】

1 : ピナス@かくれポン 18/06/22 14:01:58 ID:XxS6tRO6 m 報告
http://pokemonbbs.com/sp/poke/read.cgi?no=811337
前回の続きです。

スタ...スタ...

ガチャ

トレーナー「ただいまぁ...」ゲッソリ

バタン

トレーナー「はぁ...今日はいつもより疲れたなぁ…」

トレーナー「ポケパルレをやって依頼、みんないつもより迫ってくるようになった...これじゃあ体がもたないよ…」

トレーナー「でもいざバトルに出してみると、みんな凄い活躍してるし、文句は言えないんだよなぁ…」ハァ

トレーナー「はぁ...何だろうこの感じ...嬉しいような嬉しくないような...」

ガチャ

トレーナー「ダメだ...ひたすら考えてたら眠たくなってきた…」

トレーナー「ご飯食べずに寝よっと...」

バタン

ボフッ

トレーナー「あー落ち着くー...」
120 : カタンク@ゲンガナイト 18/07/24 22:11:58 ID:/FDcZ2gA 報告
支援
121 : ガフーディン@つりざお 18/07/25 00:33:33 ID:dL2MVRdc 報告
その時の僕は、主人のパートナーになれた事がとっても嬉しかった。

喜びをバネに、バトルする時も逃げずにひたすら頑張った。

そしたらトレーナーはいつも僕の事をいっぱい褒めてくれた。

僕はとっても幸せだった...主人の役にたってて、なおかつ僕自身の成長にもつながってる...

とても充実した楽しい旅だよ。

でも...アレがキッカケで、僕はある事を決意したんだ..




スタスタ

トレーナー「ペンドラー、バトルでいつも頑張ってくれてありがとね。」

トレーナー「ペンドラーのおかげでこの頃勝ちに恵まれてきてるから、ホント助かってるよ。」

ペンドラー「え?そうかなぁ〜」

トレーナー「これからも頼りにしてるからね!」

ペンドラー「ふふふ...ありがとう!」

ペンドラー「言われなくても頑張るか…...」

ポンポン

ペンドラー「ん?何?.....!!!」

スキンヘッズ「よぉ...またあったな...ペンドラー...」

ペンドラー「!!!!?」

トレーナー「ん?」クルッ

トレーナー「.....」

トレーナー「(なんだろこの人...ガラの悪い人だなぁ…)」

トレーナー「あのー...うちのペンドラーが気になるのですか?」

スキンヘッズ「ああ、ちょっとな。」

スキンヘッズ「ほう...ふーん...」ジーッ

ペンドラー「.........な、何...?」

スキンヘッズ「ははは!相変わらず貧弱そうな雰囲気してるな、お前。」

スキンヘッズ「しかもまさか他のトレーナーと一緒に旅をしているなんてなぁ…」

スキンヘッズ「全く、トレーナーが可哀想だぜぇ...」ニタァ
122 : ネネ@プラズマカード 18/08/01 10:32:05 ID:cypAVEbg m 報告
ペンドラー「そ、そんな事ない...!僕の...僕の主人は、僕の事を信頼してる!」

ペンドラー「そして僕も、主人を信じてる!」

スキンヘッズ「ふぅん...その想いがなんでアイツには通じて俺には響かなかったのかなぁ…?」

ペンドラー「...!そ、それは...」

トレーナー「?ペンドラー、急に下向いてどうしたの?」

ペンドラー「へ?あ、あぁ...うん!な、なんでもないよ!」

トレーナー「.....?」

スキンヘッズ「ふん...まあいい...なぁ兄ちゃん。せっかくだし、俺とバトルしねぇか?」

トレーナー「バトルですか?」

スキンヘッズ「兄ちゃんのポケモン見てると、気持ちが高ぶってくるんだよねぇ...なんかこう...熱い何かがこみ上げてくるような感じがさぁ...」

スキンヘッズ「(こいつがイキイキとしてるのが気に食わねぇからだよ!)」

スキンヘッズ「な?やろうぜ?」

トレーナー「う、うーん...」
123 : ルディオ@バシャーモナイト 18/08/02 23:15:01 ID:ZnhILhuc 報告
トレーナー「...」チラッ

ペンドラー「.......」

トレーナー「...ちょっと考えさせてください。」

スキンヘッズ「おう。」

トレーナー「.........ペンドラー、ちょっといいかな。」ボソッ

ペンドラー「ん...?」





トレーナー「ペンドラー、向こうからバトルの申し込みがきたんだけど...バトルする?」

ペンドラー「.........」

トレーナー「ペンドラー...?」

ペンドラー「.......主人.....僕...あの人の事...知ってる...」

トレーナー「え?」
124 : ルノズク@きのみプランター 18/08/02 23:55:18 ID:LDQspUSM [s] m 報告
支援
125 : ィアンシー@きのみ 18/08/03 00:53:24 ID:SIdYWZQQ 報告
ペンドラー「あの人...前のトレーナーなんだ...」

トレーナー「え!?」

トレーナー「ほ、ホントに...?」

ペンドラー「うん...」

トレーナー「へ、へぇ...こ、こんな事もあるんだね…」

トレーナー「で、でもよかったじゃん!成長した姿を見せる事ができたんだからさ!」

ペンドラー「...よくないよ...」

トレーナー「え?」

ペンドラー「だってあのトレーナー...僕の事嫌いだし…それに...」

トレーナー「それに...?」

ペンドラー「昔僕の事をさんざん痛めつけたヤツだから…」

トレーナー「さんざん痛めつけたヤツ...」

ペンドラー「主人と出会った頃に全身ボロボロになってたよね?あの傷...ヤツのなんだ...」
126 : ラキオン@なんでもなおし 18/08/10 20:04:28 ID:JAakjzcA 報告
支援
127 : ムッソ@ちかのカギ 18/08/11 01:05:30 ID:xF62Swf2 [1/2] 報告
トレーナー「え...えぇぇ!?」

トレーナー「あ、あのトレーナーが...ペンドラーを...!?」

ペンドラー「うん...」

トレーナー「そ、そんな...まさかトレーナーが手持ちポケモンを傷つけるなんて...」

トレーナー「酷い...どうしてそんな事したんだろう…」

ペンドラー「...僕が弱いからだよ。」

トレーナー「え...?」

ペンドラー「僕が...僕がいつまで経ってもバトルに勝つことができないから...僕がトレーナーの期待に応えてれば、こんな事にはならなかったんだ.…」

ペンドラー「僕が...僕がしっかりしてなきゃ...僕が..」シュン

トレーナー「.....」

トレーナー「ペンドラー、君は何も悪くないよ。」

ペンドラー「え...?なんで...?」

トレーナー「だって、その頃のペンドラーはまだ経験が浅かったんだよ?それでトレーナーの期待に応えるなんて、とてもじゃないけど無理に等しいよ。」

トレーナー「確かにペンドラーが早く役に立ちたいと思う気持ちは分かるよ。」

トレーナー「でも、先走ってしまうのは良くない。」
128 : ヒドイデ@ふしぎなきのみ 18/08/11 23:48:55 ID:xF62Swf2 [2/2] 報告
トレーナー「ポケモンだってなんだって、乗り越えなきゃならない大きな壁に立ちはだかる事なんて山ほどある。それを乗り越えたい気持ちはわかるよ。でもね...」

トレーナー「大きな壁を無理して乗り越える前に、今の自分を見直す必要もあると思うよ。」

ペンドラー「主人...」

トレーナー「成長が遅くたって、僕はペンドラーを信頼してるよ。」

トレーナー「......信頼せずにやたら勝ちにこだわるようなあの人とは違うからさ。」ボソッ

ペンドラー「.....!!」

トレーナー「ペンドラー.....バトル...するかい...?」

ペンドラー「.......」

129 : コガシラ@とけないこおり 18/08/12 00:58:21 ID:IEnADQWY 報告
支援
130 : ゲキ@ノワキのみ 18/08/15 23:32:59 ID:vhAY3Ja6 報告
トレーナー「無理に戦わなくていいんだよ。...ただこんな経験、この先ないと思うよ。」

トレーナー「散々コケにされて、トレーナーにいじめられて...ペンドラーは悔しくないの?」

ペンドラー「...悔しい...」

トレーナー「...ペンドラー、これはチャンスなんだよ。」

トレーナー「今のペンドラーは、フシデの頃とは比べ物にならないくらい強くなってる。」

トレーナー「ペンドラー自身は感じてなくても僕はそう思ってるよ。」

トレーナー「つまり今のペンドラーなら、アイツらをぎゃふんと言わせる事だって可能なんだ!」ガッツポ-ズ

トレーナー「...ホントだよ。」ボソッ

ペンドラー「主人...」

ペンドラー「どうする?ペンドラー?」

ペンドラー「僕は.....」

ペンドラー「.......」チラッ

スキンヘッズ「.....」

ペンドラー「(怖い...いつ見ても凄く怖い...)」

ペンドラー「(多分...向こうもかなり強くなったのかもしれない...)」

ペンドラー「(僕...ホントに勝てるのかな…)」

ペンドラー「(.......でも、戦いたい...)」

ペンドラー「(ぎゃふんと言わせて...前より強くなった事を証明したい...!)」

ペンドラー「(僕は...僕は昔のままじゃない!)」

ペンドラー「(.....主人のおかげで、みんなのおかげで僕は...こんなに大きくてたくましいポケモンになれたんだ!)」

ペンドラー「だから今こそ...それをしっかりみせてやる...!よーし...)」
131 : クティニ@こおりなおし 18/08/21 01:12:55 ID:MHE.7Xjw 報告
支援
132 : ゲチック@ふしぎなおきもの 18/08/21 02:07:16 ID:J3r.4FjI [s] m 報告
支援
133 : ノムー@がんせきおこう 18/08/22 16:36:06 ID:jp8cO8jY m 報告
ペンドラー「...やる...!」

ペンドラー「怖いけど...このまま影で馬鹿にされ続けるは嫌だから…」

ペンドラー「勇気を振り絞って、頑張ってみるよ!」

トレーナー「よし、その意気だ!」

トレーナー「今こそ、ペンドラーの本当の力を見せる時だ!」

ペンドラー「うん!」

スタスタスタ

トレーナー「いいですよ。そのバトル、受けます。」

スキンヘッズ「お、そうか。へへへ...お互いいいバトルにしようぜ、兄ちゃん。」

トレーナー「そうですね。」

トレーナー「.....」ニヤッ
134 : ンバス@ダイブボール 18/08/28 18:09:04 ID:IupUvf16 m 報告
ーーー2分後

スキンヘッズ「ルールは一対一のシングルバトル。手持ちポケモンは一匹。先にくたばったポケモンが負けだ。」

スキンヘッズ「それでいいか?」

トレーナー「はい。」

スキンヘッズ「ふっ...後で吠えずらかくなよ?」

スキンヘッズ「いけっ!クイタラン!」シュッ

ポーン

クイタラン「.....」チロチロ

スキンヘッズ「お前の力、見せてやれ!」

クイタラン「へい...」

トレーナー「クイタランか...」

トレーナー「(相手は炎タイプ...虫タイプのペンドラーにとっては不利な状況だ...)」

トレーナー「...」

トレーナー「ペンドラー、油断は禁物だよ!」

ペンドラー「うん!」





135 : ムスター@レンブのみ 18/08/29 13:39:56 ID:r7AAzJzI m 報告
スキンヘッズ「よし、じゃあ始めるぞ!」

スキンヘッズ「クイタラン、火炎放射!」

クイタラン「スゥゥゥゥ...」

トレーナー「ペンドラー!影分身で避けるんだ!」

ペンドラー「はい!はぁぁぁ...!!」シュンシュンシュンシュン

スキンヘッズ「ちっ...面倒な事しやがって...クイタラン!まとめて攻撃しろ!」

クイタラン「ふぅぅぅぅ!!」ボーッ

シュッ シュッ

クイタラン「(今のうちに...)」

クイタラン「.......」シャキン...シャキン...

トレーナー「(まずい...あのクイタラン、火炎放射してる間に爪とぎをしている!このままじゃペンドラーが...!)」

トレーナー「ペンドラー!もう一度影分身だ!」

ペンドラー「はい!」シュンシュンシュンシュン

クイタラン「.....」ボーッ

シャキーン

クイタラン「...そこか。旦那、命令を。」

スキンヘッズ「いくぜクイタラン!必殺のフレアドライブだ!」

スキンヘッズ「了解...」

スキンヘッズ「はぁぁぁぁ...」ゴゴゴゴゴ...

136 : クスロー@フラットコール 18/08/29 23:09:12 ID:u9GA2I0k [1/2] 報告
正しくは クイタラン「了解...」

クイタラン「はぁぁぁぁ...」

でした。すいません
137 : ルノーム@おおきなマラサダ 18/08/29 23:22:30 ID:u9GA2I0k [2/2] 報告
トレーナー「な、なんだ...!?」

ペンドラー「こ...これは...」

スキンヘッズ「クイタラン、フレアドライブ!!」

クイタラン「うぉぉぉぉぉ!!」ダダダダダダ!

トレーナー「ま、まずい!ペンドラー!避けるんだ!」

ペンドラー「うぅぅぅ...!」シュンシュンシュンシュン

クイタラン「.....」ダダダダダダ!

ググッ

ダダダダダダ!

ペンドラー「なっ...!」

ペンドラー「(ほ、本物の僕を攻撃せずに見つけた...!?)」

ペンドラー「や、やばい...」

トレーナー「危ない!!!」






138 : リデプス@はつでんしょパス 18/09/22 19:00:43 ID:ezkoWG5o 報告
支援
139 : クロッグ@ラッカのみ 18/09/26 20:11:41 ID:0BAUvYiA [1/3] 報告
ドカーン!!!

ペンドラー「うわぁぁぁあぁぁ...!!!」

クイタラン「..... 」

ドサッ ズザザザー!

ペンドラー「う...うぅ...」ブルブル

スタ...スタ...

クイタラン「...」

クイタラン「.....お前はもう立てない。心も体も...全て...」

クイタラン「負けを認めろ…」

スタスタ...

ペンドラー「あ...ぁ...ぁ...」

トレーナー「ペンドラー!!」
140 : チリス@サファリボール 18/09/26 21:33:46 ID:0BAUvYiA [2/3] 報告
スキンヘッズ「がっははははは!!どうだクソ虫野郎!所詮貴様はその程度のポケモンなんだよ!」

スキンヘッズ「お前は例えトレーナーが変わったとしても、生まれた頃から何一つ成長しねぇ!」

スキンヘッズ「最低最悪のポケモンだ!」

トレーナー「ペンドラー.......くぅ...」

トレーナー「ごめん...やっぱり、炎タイプ相手には無理があったか...」

トレーナー「無理せずに黙って他のポケモンに任せておけば良かった…よね...」

クイタラン「旦那...やりましたぜ。」

ムク...

クイタラン「.....!」

141 : メタマ@あおぼんぐり 18/09/26 22:03:05 ID:0BAUvYiA [3/3] 報告
ペンドラー「はぁ...ま、まだだ...」ググッ...

ペンドラー「まだ...諦めない...!!」ハァハァ

スキンヘッズ「な、なにぃ!?」

トレーナー「ペンドラー...!」

クイタラン「な、なんだと...?何故立てる...!?」

ペンドラー「心に決めたから...!」

クイタラン「何...?」

ペンドラー「僕...はぁ...はぁ...主人と一緒に旅したら絶対...主人の期待に応えるって…!!」

ペンドラー「たとえそれが...間違った人生でも...!!」グッ!

ペンドラー「だから僕は...どんなに体が苦しくても...何度でも立ち上がるんだぁぁぁぁぁ!」
142 : サナン@カビチュウ 18/10/07 23:45:24 ID:RFN6xJHE 報告
支援
143 : ンタロス@ゲンガナイト 18/10/08 00:06:53 ID:YPFsLKd. [s] m 報告
支援
144 : ツハニー@2ごうしつのカギ 18/11/05 01:57:20 ID:XMB.JLeM 報告
支援
145 : コッチ@アイテムドロップ 18/11/05 15:20:15 ID:HXU2e.Dc 報告
ムクッ

スキンヘッズ「な、なにぃぃ!?」

トレーナー「.....!」

ペンドラー「主人...!僕は諦めないよ!」

ペンドラー「このバトル、絶対に勝ってみせるから!」

トレーナー「ペンドラー............うん、そうだね!」

トレーナー「よーし、反撃開始だ!」

ペンドラー「はい!」

クイタラン「寝ぼけた事言ってんじゃねぇぞ…」

クイタラン「...次の一撃で、お前は終わりだ。」シャキンシャキン

トレーナー「さて、それはどうかな?ペンドラー、影分身!」

ペンドラー「はぁぁぁぁぁ...!」シュンシュンシュンシュン!!

スキンヘッズ「何度やっても同じなんだよ!クイタラン、フレアドライブだ!」

クイタラン「はぁぁぁ...」ゴゴゴゴ

クイタラン「くっ...!」ガクッ

スキンヘッズ「くそぉ...肝心な時に限って毒の棘に刺さりやがってぇ...!とっと決めろボケェ!!」

クイタラン「うぉぉぉぉぉ...!」ダダダダダ!



146 : ーギラス@カロスエンブレム 18/11/11 15:29:14 ID:GrNk72dc 報告
支援
147 : シレーヌ@つめたいいわ 18/11/27 10:46:02 ID:KI/69wDo 報告
ペンドラー「!」

ペンドラー「(若干スピードが遅い...そうか、フレアドライブの反動でダメージを受けてるんだ...!)」

ペンドラー「(よーし...相手の動きをよく見て...)」

ペンドラー「.....」スッ

クイタラン「...影分身をやめた...?」

スキンヘッズ「ははっ!とうとう諦めたか!!大人しくくたばれぇぇ!!」

トレーナー「ペンドラー...?」

トレーナー「(一体何をするつもりなんだ...?)」

クイタラン「うぉぉぉぉぉ!!」ダダダダダ!

ペンドラー「(まだ...まだ...あと少し...)」

ペンドラー「!!」

ペンドラー「はっ!」ササッ

クイタラン「な、何...!?」
148 : バット@たからぶくろ 18/12/05 21:27:53 ID:EPJgyM2w 報告
支援
149 : ッコウガ@ピーピーエイダー 18/12/05 21:40:21 ID:e1zQFj9A 報告
トレーナー「おぉ....!凄いよペンドラー!」

ペンドラー「へへ、その攻撃はもう通じないよ!」

スキンヘッズ「たった1回フレアドライブを使っただけなのに、即座に対応しやがった....!?ば、バカな....」

クイタラン「な、なんて奴だ....」

ズキッ...

クイタラン「くっ....毒が....」

スキンヘッズ「おい!何ボケってしてるんだ!早くアイツをやれ!」

150 : ッコラー@ウッディメール 18/12/18 17:30:41 ID:RowkjGV6 報告
支援
151 : リン@むげんのふえ 18/12/31 17:47:20 ID:HaS6zpAM 報告
支援
152 : ケンカニ@ふねのチケット 19/01/06 11:47:50 ID:u2dUv9P6 報告
支援
153 : ードル@チャーレムナイト 19/01/16 00:12:32 ID:G2fIfL7s 報告
スキンヘッズ「(くそっ...!ふざけんじゃねぇ…こんなの何かの間違いに決まってる...!!)」

スキンヘッズ「(こんなことは有り得ねぇ...ヤツがいきなり強くなるなんて...)」

スキンヘッズ「(.....ヤツのトレーナーの影響なのか?)」

スキンヘッズ「(確かヤツは、主人のために負けられないとか言ってたよな...)」

グググッ

スキンヘッズ「(.....あの野郎...なんであんなに弱かったクズが、赤の他人のトレーナーのためにあれだけ俺達を圧倒できるんだよ!!)」

スキンヘッズ「(雑魚ポケモンのクセに...許せねぇ...)」

スキンヘッズ「(お前もあのトレーナーも、全ての壊してやる...!)」
154 : ユルド@ちからのねっこ 19/01/16 23:53:24 ID:vqpEzbGA m 報告
支援
155 : レユータン@ふしぎなおきもの 19/01/18 00:00:23 ID:U.B6E02c 報告
スキンヘッズ「(そうと決まれば.....)」

トレーナー「一気に攻めるぞ!ペンドラー、メガホーン!」

ペンドラー「ふぬぬぬ...!やぁぁーっ!!」グォォ

スキンヘッズ「かわせ!」

クイタラン「くっ...!」サッ

トレーナー「連続メガホーンで追いつめろ!」

ペンドラー「おりゃおりゃおりゃおりゃぁー!!」ズンズンズン!

スキンヘッズ「かわしまくれ!」

クイタラン「はぁ...はぁ...はぁ...」サッサッサッサッサッ

スキンヘッズ「(よし...トレーナーの近くまでヤツをこのまま追いつめて...そして…へっへっへへへ....)」
156 : ッタ@ふしぎのプレート 19/02/05 23:37:20 ID:L8.UZV56 報告
支援
157 : ンペルト@するどいキバ 19/02/19 09:25:12 ID:mpR.hmK2 m 報告
クイタラン「(く、くそ...コイツ...どこにそんなに力が残ってるんだ....)」

ガクッ

クイタラン「(ど、毒で体が思うように動かない...)」

トレーナー「よし!追い詰めたぞ!」

クイタラン「まずい...!」

トレーナー「ペンドラー、思いっきりメガホーンだ!」

ペンドラー「よーし!うおぉぉぉ!!」

スキンヘッズ「(きた!)」

スキンヘッズ「クイタラン!あなをほる!」

トレーナー「何!?」
158 : ンギラス@おしえテレビ 19/02/20 19:45:30 ID:WH/oluRY 報告
クイタラン「!」

クイタラン「はっ!」ザザザザザ!

ペンドラー「なっ...!」

ダダダダッ

トレーナー「ペンドラー!止まれ!」

ペンドラー「あれ...?あれ!?と、止まらない...!!」

ペンドラー「(勢いが収まらない!!)」

ペンドラー「わぁぁぁぁ!!」ダダダダッ

トレーナー「ペンドr...」

グサッ

ペンドラー「(.......え...?)」

ドサッ ズザザーッ...

ペンドラー「.....」

ペンドラー「............」

ペンドラー「...あ...あ...ああ.......」

トレーナー「ぅ.....うぅ...ぺ.......ドラー...」ビクビク

ペンドラー「しゅ、主人...ぼ、僕は.....主人...を...」

ペンドラー「き...傷つけ.....て...」

トレーナー「.......ぃ...」

ペンドラー「え.....?」


159 : ツロイド@のんきのおこう 19/02/21 02:37:59 ID:l/g2gXCo m 報告
支援


荒らし・煽りには反応せずにスルーして下さい。反応している人も同様に対処・対応しています。
(荒らしレスやそれに対する反応は、スレ進行の妨げとなるため削除します。削除されたレスに対して反応しないで下さい。)


スレの画像復旧リクエスト

画像(JPG/PNG 7.2 MB、GIF 15.2 MBまで)

  • 【IDを発行(または認証)】


    0/60
      
    書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
    レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
    その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
    荒らしや煽りはスルーして下さい。荒らしに反応している人も荒らし同様対処します。


    一部のホストからの違反報告を制限させてもらっています。



    スレの画像復旧リクエスト
    スレ名とURLをコピー(クリックした時点でコピーされます。)
    文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
      3
      文字サイズ

      自分の投稿を分かりやすくする
      投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
      現在の設定は「有効」です。
        

      NG設定
      各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

      ・連鎖NG設定
      NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
      現在の設定は「」です。
        

      ・NGワード設定
      入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
      NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

      ・NGネーム・NGID一括削除(下のボタンをクリックした時点で削除されます。)


      【特殊な指定方法】

      ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
      ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
      ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
      詳しくは、NGの設定方法を参照。



    (連投制限などに引っかかった時用)