仮面ライダーリザードン:ポケモン掲示板(ポケモンBBS)

仮面ライダーリザードン

1 : ルマユ@イナズマカセット 18/10/21 02:30:41 ID:SfscnNQ6 報告
第1話 『人間×ポケモン=ヒーロー誕生!』

――トーキョーにあるとある家庭……

妹「はっ!ほっ!そこぉっ!!」

兄「うるせえな、何やってんだ!?……って、またポケモンGOかよ。よく飽きないよな」

妹「お兄ちゃんが飽きっぽいだけでしょ。ブームは去ったけど、まだまだ十分にプレイしてる人たちはいるんだからね!」

兄「家の中でワーギャーしながらプレイしてんのはお前くらいのもんだろうさ。少しは大人しくしろよ、今何時だと思ってんだ?」

妹「げっ、もうこんな時間なの!?明日は伝説のポケモンのレイドがあるから早起きしなきゃいけないのに〜!」

兄「はぁ……ま〜たポケモンGOの話か。この廃人め」
388 : キノオー@カチャのみ 19/01/09 16:37:26 ID:pvIoW5dw [1/12] 報告
兄「……眼鏡さん、なんで大人気アイドルのアンタがこんな所に居るんだ?まさか、たまたま散歩中だったなんてこたぁねえよな?」

眼鏡娘「……実はここ最近、この様なホームレス狩りが多発しているんです。社長が調べた結果、犯行にポケヒューマンが関わっている可能性が高いということがわかって――」

兄「アンタ一人で調査してたと?」

眼鏡娘「そういうことです。まさか犯行の現場にドンピシャで居合わせた上、兄さんたちもいるなんてのは想定外でしたが……」

兄「なるほどな。んで、どうしてコイツを警察に引き渡すのを反対してるんだ?」

眼鏡娘「……私の考えによれば、このホームレス狩りの裏には大きな陰謀が隠れていると思うんです。警察に引き渡す前に、UBDで彼を尋問した方が良いと思います」

兄「大きな、陰謀……?なんだよ、それは?」

妹「適当なこと言って騙そうとしてるんじゃないの?この間もお兄ちゃんを本気で倒そうとしてたみたいだし……」

眼鏡娘「信じて下さい。私は、心の底から世界の平和を願っています。私の考えが正しかったとしたら、また新たな脅威がこの世界に生まれつつあるんです。少しでもその対策を練るためにも……どうか、私を信じて下さい」

兄「……わかった。警察に突き出すのはいつでも出来るしな。ハンサムさんに言って、なんとかしてもらうよ」

妹「ぶ〜!お兄ちゃんもこの人には異様に甘いんだから……」

兄「そう言うなよ。俺もちょっと気になってることがあるんだ。戦ってる時にコイツは、カシラの言い付けを破ったって言ってた。つまり、コイツらを纏めてるリーダーがいるってことだ」

弟「兄さんは、今回のホームレス狩りは組織的な犯行だって考えてるのかい?」

兄「まだよくわからねえよ。その辺のことを知るためにコイツを尋問するんだからな」

眼鏡娘「私もご一緒させていただきます。少しでも情報が欲しいですからね……」

兄「やれやれ……平和が続くと思ったら、ま〜た厄介なことが始まっちまったみたいだな……」

389 : ックウザ@ほしのすな 19/01/09 16:37:59 ID:pvIoW5dw [2/12] 報告

――とある路地裏……

不良A「はぁ、はぁ……や、やべえ……!こんなことがカシラにバレたら……!」

ニヒル「俺にバレたら何だって?えぇ?」

不良A「!?!?!?」

ニヒル「随分と楽しそうなことしてるじゃねえか。俺に隠れて経験値稼いで、満足したか?あぁ!?」ガンッ!

不良A「ぐぅぅっ!?」

ニヒル「……暫くは陰に潜んで細々と経験値を稼ぐ、そう言ったはずだよなぁ?なにルール違反してんだ、ゴラァ!」バキッ!

不良A「あぐっ!……だ、だってよ!アンタのやり方じゃ、強くなるまで時間が掛かり過ぎるだろうが!せっかく手に入れた力なんだ、存分に使いたいって思っちゃおかしいのかよ!?」

ニヒル「なら、一人でそうするべきだったな。今の俺たちはチームなんだ。お前らの勝手な行動のせいで、他の仲間たちが経験値を稼ぐ時間が無くなった。身柄を抑えられたお前の相棒は、きっと俺たちのことを話すだろうよ。この落とし前、どうつける気だ?あぁっ!?」

不良A「ぐ、うぅ……っ」
390 : ルキア@ひのたまプレート 19/01/09 16:38:20 ID:pvIoW5dw [3/12] 報告

ニヒル「……仕方ねえ。予定より随分と早くなっちまったが、チームの旗揚げをするっきゃねえな。世の中に舐められる前に、俺たちの恐ろしさをアピールするしか手はねえ。危険な道だが、お前にも付き合ってもらうぞ」

不良A「……わかったよ」

ニヒル「まずは仲間たちに連絡だ。こんな時のために用意しといた別のアジトに移動させろ。んで、お前は俺と一緒に来い」

不良A「何する気だよ、アンタ……?」

ニヒル「決まってんだろ?お前が望んでた大暴れの時間だ。やりたい様になって、暴れたい様に暴れろ。出来る限りのケツモチはしてやる。世の中に知らしめてやるんだよ、クズの恐ろしさって奴をな!」

ドラピオン「フシャー!シャー!」ジャキン!

ニヒル「お前も気合は十分みたいだな……!んじゃ、やるか。怪人同盟チームスティンガーの旗揚げだ!アンノーン兵も出せる限り出せ!暴れて、壊して、喰らって……全部貫いてやるよ!」


391 : ガタブンネ@どくどくだま 19/01/09 18:48:13 ID:9NIE/yQA m 報告
このSSチョーイイネ! サイコー!!
応援してますよ〜
392 : ッサム@ピントレンズ 19/01/09 20:42:46 ID:WnMwu6M2 報告
ヤベエ仮面ライダー何てガキのころ以来やがおもしれえ
393 : クケイル@きゅうこん 19/01/09 23:26:13 ID:pvIoW5dw [4/12] 報告
――UBD本部

助手「……話は聞いてる。ポケヒューマンのホームレス狩りに遭遇するなんて、兄は運がないね」

兄「んなこたぁどうだって良いんだよ。んで、アイツは何か喋ったのか?」

ハンサム「それに関してはスカウトが尋問中だ。それが終わるまで、少し話をさせてもらおうか」

眼鏡娘「UBDもある程度は今回の事件について情報を掴んでたんですね?」

ハンサム「ああ、兄くんの回復を待ってから話をするつもりだった。だが、こうなってしまっては仕方がない。この一連の事件について、UBDが集めた情報を教えよう」

兄「……あのPドライバー争奪戦から1週間、その間に何があったんすか?」

ハンサム「うむ……始まりは3日前、最初のホームレス狩り事件が起きた。死者は出なかったが、通常のホームレス狩りとは大きく事件現場の荒れ様が違ったことから、警察の捜査も難航した様だ」

助手「3日前……あのポケヒューマンたちは、その頃から活動していたと」

ハンサム「恐らくな。そこから今日に至るまで、かなりの数の暴行事件が起きている。その全てが都内のホームレスを狙ったもので、ポケヒューマンの犯行だと考えられるものだった。彼らはホームレス狩りを通じて、ポケモンの経験値を稼いでいたのだろう」

弟「でも、その犯人の片割れはもう兄さんが倒しました。もう一人の顔も割れてますし、事件解決も時間の問題ですよ」
394 : レベース@ていこうのハネ 19/01/09 23:26:44 ID:pvIoW5dw [5/12] 報告

眼鏡娘「……話がそう簡単に終わるとは思いません。まだ、私たちが知らない事実が隠れていると思います」

弟「えっ……?な、なんでそう思うんですか?」

助手「……彼らが動き出したタイミングだ。Pドライバー争奪戦を生き延びたとして、次の行動に移るまでが早すぎる。逆に参加していなかったとするなら、やることが中途半端過ぎるんだよ」

弟「???」

助手「もしも彼らがPドライバー争奪戦に参加していて、何とか戦い抜いたとしよう。それならば、怪我の治療にもう少し時間がかかるはずだ。実際、兄は約1週間もの時間をかけて全快したわけだしね」

弟「な、なるほど……じゃあ逆に、彼らが戦いに参加していなかった場合は?」

助手「それだと遅すぎる。他のポケヒューマンたちや正義の味方として認知されているイーブイズが激戦で疲れていることは明白なはずだ。行動を起こすならば翌日には動き出すだろう」

眼鏡娘「しかし、彼らは戦闘後4日という時間を空けてから動き出した。それも、陰に隠れてこそこそとホームレスを襲う様な軽犯罪を繰り返している。私は、この状況に違和感を感じたんです」

妹「ドライバー争奪戦に参加したけど、あんまり大きな怪我をしなかったって可能性は?傷が癒えて、肩慣らしのためにホームレス狩りをしてたとか……?」

兄「いや、それはない。あいつらは経験値稼ぎが目的だった。それに肩慣らしなら一回や二回の犯行で十分のはずだが、あいつらはそれ以上に事件を起こしてる。どうにも引っかかるな……」
395 : ンシグラードン@オレンのみ 19/01/09 23:27:11 ID:pvIoW5dw [6/12] 報告

ハンサム「……これは私の推測だが、ポケヒューマンたちは徒党を組み始めたのかもしれない。それも、それなりの大人数でだ」

兄「ポケヒューマンたちが集まってるだって?」

妹「ど、どうしてそう思うんですか?」

ハンサム「今回の事件は、初めての複数のポケヒューマンたちによる犯行だった。なら、彼らは何処で出会ったのだろうか?Pドライバー争奪戦の最中と考えるのが自然だろうが、あの激戦の中で協力関係を結び、共に行動することを誓えるような関係を築けるとは到底思えない」

弟「なら、何処で出会ったんですか?それ以前とか?」

ハンサム「いや……私の考えでは、彼らが出会ったのはドライバー争奪戦の後だ。あの戦いの中、次を見据えて動いている者が居たんだ」

兄「次を見据えて動いている者……?」

ハンサム「……実際にモニターしていた私たちだけがわかっているだろうが、ポケヒューマンたちの反応の消失はあまりにも早すぎた。同士討ちを繰り返したとして、あんな速度で反応が消える筈がない。つまり、多くのポケヒューマンたちが戦闘フィールドから離脱したということになる」

助手「ハンサムさんは、彼らに離脱を促した何者かが存在しているとお考えなんですね?」

ハンサム「ああ、その通りだ。仮にその人物をXとしよう。Xは、Pドライバー争奪戦の中である程度の目星をつけてポケヒューマンたちに声をかけた。ここで無駄に散るより、後々のために力を蓄える方が賢いやり方だとでも話して回ったんだろう。そうやって戦闘からポケヒューマンたちを離脱させると共に、彼らと後で会う約束を交わしたんだ」

眼鏡娘「そして激戦の後、緊張感が薄れた頃を見計らって声をかけたポケヒューマンたちと合流したXは、彼らと共に軍団を作り上げた。次の戦いを見据え、ポケヒューマンたちの連合を作るなんて、Xは相当に切れ者の様ですね」

妹「それで、組織ぐるみでホームレス狩りをして、経験値稼ぎをしてたってこと?」

兄「いや、違うな。これはXにとって予想外の事態だったんだ。不良Bの奴は、カシラの言い付けを破ったって言ってた。つまり、ホームレス狩りとXは何の関与もしてない。あいつのあずかり知らぬ所で起きてた事件だったんだろうな」
396 : ガヘラクロス@レンズケース 19/01/09 23:27:34 ID:pvIoW5dw [7/12] 報告



ハンサム「……組織と言うものは、大きくなれば大きくなる程に内部に反発する者が生まれるものだ。UBDがその例に漏れず、離反者を生み出してしまった様にな」

助手「きっと、Xのプランでは仲間内でポケモンを戦わせ合い、時間をかけてチームの基礎を作り上げるつもりだった。しかし、その考えに納得がいかなかったのがあの2人組だ。細々とした経験値稼ぎと力を持っているのに暴れられないことでフラストレーションが溜まっていたんだろうね」

兄「で、目立つことをするなって言うXの言い付けを破ってホームレス狩りに手を出した。何度か事が上手く行って味を占めちまったあいつらは、段々と犯罪の規模をデカくして……今回、俺と出会っちまったってわけだな」

眼鏡娘「この想像が正しかった場合、このトーキョーの何処かに犯罪を企むポケヒューマンたちの連合があることになります。彼らが十分な力を付け、暴れ出す前に対策を取らなければ、大災害が起きてしまう。私は、それを何としても防ぎたいんです」

兄「それがあんたの言ってた新たな脅威って奴か。なるほど、大体わかったよ」

ハンサム「……まだ憶測の域を出ない話ではあるが、決して夢物語という訳でもない。スカウトの尋問が終わり次第、君たちにも報告しよう。それまでは、少し休んでいてくれたまえ」スタスタ…
397 : ガヘルガー@シャドーメール 19/01/09 23:28:01 ID:pvIoW5dw [8/12] 報告

妹「ポケヒューマンたちの集まり……怪人たちの連合、そんなものがこの街の何処かに潜んでるなんて……」

眼鏡娘「恐ろしい話です。彼らが一斉蜂起した時、私たちは抗うことが出来るのでしょうか……?」

助手「何とも言えないね。向こうには数の利がある。僕たちに匹敵するレベルをつけられたら、勝ち目はないかもしれない」

兄「その前にぶっ潰すしかねえってことか……これからはどんな軽犯罪も見逃せねえな」

眼鏡娘「そうなりますね。まだ世の中にはポケヒューマンたちの犯罪を取り締まれるだけの準備はありません。私たちがなんとかしなきゃいけませんよ」

兄「責任重大だなぁ……相棒、また疲れる毎日がやって来たみたいだぜ。って、相棒?あいぼ〜う?どこ行ったんだ?」キョロキョロ…

助手「ああ、君のヒトカゲなら……ほら」ユビサシー…
398 : ラカラ@ブーカのみ 19/01/09 23:28:31 ID:pvIoW5dw [9/12] 報告

ヒトカゲ「かげっ!かげぇっ!」ヒョコヒョコ!

シャワーズ「ふるぅぅぅ……?」

兄「相棒?なにやってんだ、あいつ?」

眼鏡娘「私のシャワーズに話しかけているみたいですが……」

ヒトカゲ「かーげ!かーげっ!」ピョイン!

シャワーズ「ふるぅっ!」フイッ!

ヒトカゲ「ぐきゃっ!?」ガーン!

ゴース「げひゃひゃひゃひゃっ!!」フワフワ…

兄「……なんか、適当にあしらわれてねえか?」

妹「というより、完全に無視されてるね」

弟「み、見ていて不憫に思えるよ……」
399 : シャマリ@ピーピーエイダー 19/01/09 23:29:05 ID:pvIoW5dw [10/12] 報告

眼鏡娘「ご、ごめんなさい。私のシャワーズってば、結構気難しい性格で……」

ヒトカゲ「かげぇ……かげぇ……」トボトボ…

兄「何だよ相棒、振られちまって凹んでんのか?」

ヒトカゲ「かげぇ〜〜〜っ!」ビエーッ!

ゴース「げひゃひゃひゃ!」

助手「ゴース、笑うんじゃあない。ヒトカゲが可哀想だろう。……にしても、これは興味深い現象だ。どうやら兄のヒトカゲは、あのシャワーズにお熱の様だね」

妹「ええ〜〜っ!?ヒトカゲが、シャワーズに恋〜〜っ!?」

兄「お?そうなのか、相棒?」

ヒトカゲ「くぎゅ、かぎゅぅ……」グスン…

助手「……データの集合体であり、イマジナリーの結晶であるポケモンたちが感情を持ち、恋愛感情を有しているとは……!研究意識をそそられる事柄だよ」

妹「ヒトカゲ〜、止めときなよ〜!ああいうタイプの女って、見てくれは良いけど中身は最悪だよ!」

弟「こら、妹!眼鏡娘さんのポケモンになんてことを言うんだ!」

400 : ードー@2ごうしつのカギ 19/01/09 23:29:51 ID:pvIoW5dw [11/12] 報告

眼鏡娘「シャワーズ、あなたも少しは姉妹たちだけじゃなくって、他のポケモンたちと仲良くしなさい。ヒトカゲとゴースは、数少ない秘密を共有出来るポケモンたちなんだから……」

シャワーズ「……ふるぅっ」フイッ!

眼鏡娘「もう、この子ったら……!」

妹「……へんっ、だ。自分のポケモン1匹、まともに言うこと聞かせられないなんて、なっさけないの!」

兄「止せ、妹。パートナーと関係を築くってのは、お前が考えているよりずっと難しいことなんだ。それに、完璧に言いなりにしちまうってのも、トレーナーとしては失格だろ?お互いの意思を尊重し合ってこそ、良い関係が築けるってもんなんだからな」

妹「む〜……やっぱりお兄ちゃんは、あの女に甘い気がする……!」

兄「お前が敵視し過ぎなんだよ。ったく、傷心の相棒にもちったあ気を使ってやれっての」

妹「ぶー、ぶー!」

――ビィィィ!ビィィィィ!

弟「うわっ!?な、なにっ!?」

助手「この音は……緊急時に流れるサイレンだ!」

ハンサム「みんな、大変だ!ポケヒューマンたちがアンノーン兵を引き連れて街で暴れ始めた!大規模な侵攻に現場は大パニックになっている!」
401 : つばん@まんぷくおこう 19/01/09 23:30:22 ID:pvIoW5dw [12/12] 報告

兄「場所はわかってるんすよね?なら、すぐに出動を!」

助手「僕も行きます!ゴース、ついて来て!」

眼鏡娘「チームAも現場に向かっています。私も一緒に行きましょう!」

ハンサム「私が車を回す!3人はそれに乗って現場に向かってくれ!妹ちゃんと弟くんはここで待機だ。危険に巻き込むわけにはいかないからな」

妹「アンノーン兵が出たってことは、戦闘範囲は結構広くなるってことですよね?」

ハンサム「ああ……片方はイーブイズに、もう片方は兄くんと助手くんに任せることになるだろう。そっちの方が不要な争いに発展しなくて済む」

眼鏡娘「お心遣い、感謝します。では、現場近くで私は先に車から降りて、強気と元気に合流しますね」

兄「助手、久々の戦闘だが大丈夫か!?」

助手「戦闘シュミレーションはこなした。自分の力量や戦い方も十分に把握してるつもりだよ。君の足を引っ張ることはしないと思ってくれ」

兄「はっ!随分と頼もしいじゃねえの!んじゃ、Wライダーのデビュー戦といこうぜ!」

ハンサム「よし、行くぞ!一刻も早くポケヒューマンを倒すんだ!」ダダダ…

弟「……行っちゃった。僕たちは大人しく待ってよう、出来ることも無いしね」

妹「うん……」ギュッ…!

弟「……妹?どうかしたの?なんだか、顔色が悪いけど……」

妹「なんでもない、大丈夫だから……」

弟「そう?なら、良いけどさ……」

妹(……何だろう?凄く嫌な予感がする。とってもとっても、やなことが起きる予感が……大丈夫だよね、お兄ちゃん?)

402 : チャモ@ピッピにんぎょう 19/01/10 08:41:39 ID:ar3URxTs m 報告
隙あらば支援
403 : ッピ@しずくプレート 19/01/12 00:49:00 ID:kNCo5EMM [1/19] 報告

――事件現場

兄「ポケヒューマンが暴れてるってのはここか!?」

助手「まあ、ポケヒューマンがいるかどうかは別にしても――」

アンノーン兵「ノノノーン!」ゾロゾロ…

助手「事件が起きてるのは間違いないだろうね」

兄「ったく、弱いくせに数だけはいっちょ前だな!とっとと片付けるぞ!」

ドライバー(兄)『クリスタル、セット!ヒトカゲ・リザード・リザードン!』

ドライバー(助手)『クリスタル、セット!ゴース・ゴースト・ゲンガー!』

2人「変身!!」

ドライバー『WAKE UP FLAME DRAGON!ソウル・オブ・リザードン!』

ドライバー『覚悟完了、百鬼夜行!ソウル・オブ・ゲンガー!』

兄「よっしゃあ!燃えて行くぜ!」

助手「さあ、正義の証明を始めよう!」
404 : ポポタス@ネットボール 19/01/12 00:49:41 ID:kNCo5EMM [2/19] 報告

兄「ふっ!はっ!でやぁっ!」ひっかく連打!

――ザシュッ!ザクッ!ズシュウンッ!

アンノーン兵「ノワーーッ!?」ドカーン!

兄「あらよっ!吹っ飛びなっ!」ひのこ!

――ボアァァッ!!

アンノーン兵「ノノノッ!?ノーッ!?」メラメラ…

助手「……敵影、右に3、左に2……なら、この技でいく!」シャドーボール!

――ヴゥン……!グォンッ!!

アンノーン兵「!?!?!?」

助手「弾道操作、散弾分離!両サイドとも……撃ち抜くっっ!!」

――ズガァァンッッ!!

アンノーン兵A「ノォッ!?」ドシャァ!

アンノーン兵B「ノノノノッ!?」ドカーン!

兄「やるじゃねえか、助手!」

助手「シュミレーションは重ねたと言っただろう?この程度なら、何の問題にもならないさ!」
405 : リキリ@カイロスナイト 19/01/12 00:50:10 ID:kNCo5EMM [3/19] 報告
マスキッパ怪人「あっ!お前、さっきの……!!」

兄「あぁん?随分と早い再会になったな、ホームレス狩り!お前も相方と同じ目に遭わせてやるよ!」

助手「……台詞だけ聞くとどっちが悪役だかわからないね」

マスキッパ怪人「そ、そうはいくか!アンノーン兵、あいつを集中的に狙え!俺に近づけさせるな!」

アンノーン兵「ノノノーーッ!」ダダダ…!

兄「お?おぉお?か、囲まれたっ!?」

マスキッパ怪人「ははははっ!どうだ、これで俺には近づけまい!そうして体力を消耗したところで、嬲り殺してくれるわ!……ん?」…トントン

助手「……誰か、忘れてないかい?」

マスキッパ怪人「あえっ!?」

助手「はっ!」シャドークロー!

――ザクッ!
406 : ーバーン@こないれ 19/01/12 00:50:28 ID:kNCo5EMM [4/19] 報告
マスキッパ怪人「ぎえぇぇっ!?か、仮面ライダーが、もう一人ぃ!?」

助手「はじめまして、君がアンノーン兵を兄に集中してくれたおかげで、僕がフリーになった。お礼と言っては何だが、君の相手は僕がさせてもらおう」

兄「おいっ!ずるいぞ、助手!こっちを手伝えよ!」

助手「クワガノンライフルに新技を追加しておいたから、それでなんとかしてくれ。どのみち、親玉を抑えないとアンノーン兵の出現はとまらないんだ。役割分担は必要だろう?」

兄「あ〜、しょうがねえ!そっちは任せたぞ!来い、クワガノンライフル!」

――ギュイィィンッ!

AI『連射モード!タネマシンガン!』

兄「お?おぉぉ!?」チャキッ!

――ズドドドドドドドド!

アンノーン兵「ノノノノノノォォォオォッ!?」ガガガガガ…!

兄「おお、こりゃあ楽で良い!銃口向けるだけで勝手に敵が倒れてくれる!」ズドドドド!

アンノーン兵「ノギャアァァッ!」

兄「威力が低いが取り回しがし易い!これ、かなり使える技だぜ!」

助手「当然だ。そうなる様に設定したんだからね」
407 : クライ@ももぼんぐり 19/01/12 00:50:54 ID:kNCo5EMM [5/19] 報告

マスキッパ怪人「ま、まずいっ!このままじゃアンノーン兵が全滅だ!そうなったら2対1……最悪の状況だけは避けないと!」かみつく!

助手「……っ」スッ…

――ガキンッ!

マスキッパ怪人「このっ!避けるなっ!」つるのムチ!

――バシィンッ!バシィンッ!

助手「……敵の能力はマスキッパ。近、中距離での戦闘が主体。つるのムチで攻撃と防御を同時に行うことが可能……であるなら、攻略方は――」

マスキッパ怪人「ぶつぶつうるせえぞ、この野郎っ!」つるのムチ!

助手「ふっ!」フワァァ…

マスキッパ怪人「ああ、くそっ!動きがまるで読めねえっ!」

助手「……見えたぞ、勝利の可能性が。これより、仮説の証明に入る!」
408 : ルケニオン@パワーベルト 19/01/12 00:51:39 ID:kNCo5EMM [6/19] 報告
マスキッパ怪人(くそ……あの距離じゃあつるのムチは届かねえ。向こうの遠距離攻撃を弾いて、どうにか接近のチャンスを作るしかない!)

助手「まずは、これだ!」ヘドロばくだん!

――ドヒュゥゥゥッ!

マスキッパ怪人「毒タイプの攻撃!?喰らったら不味いっ!」バシバシッ!

兄「ちっ!あの野郎、器用につるで助手の攻撃を防ぎやがって!」

助手「だが、それにも限界はあるはずだ。このまま畳み掛ける!」ヘドロばくだん!

――ドシュゥッ!ズシュゥッ!

マスキッパ怪人「くっ!うぉぉぉぉ……!」

兄「よし、良いぞ!そのまま押し切っちまえ!」

――ドシュゥゥッ!ドシュゥゥウッ!

マスキッパ怪人「う、お、くぅっ……!」

マスキッパ怪人(へ、へへっ!馬鹿が!距離とタイプの有利を握ったせいか、攻撃が単調になって来てるぜ!もうパターンは読み切った!次の攻撃を弾いて、一気に接近してやるっ!)

助手「………」
409 : ロバット@かいふくのくすり 19/01/12 00:52:01 ID:kNCo5EMM [7/19] 報告

助手「さて、これでどうだい!?」

――ヴンッ!ギュゥゥゥンッ!

マスキッパ怪人(来たっ!まずはこいつを弾く!最低限の動きで防ぎ、そのまま接近!弱点タイプのかみつくを食らわせてやらぁ!)

――ゴォォォォォォ……ッ!

マスキッパ怪人「見えたっ!ここだぁっ!」グッ!

助手「……!」ピッ!

――バシュゥウンッ!ヴウンッ!

兄「!?」

マスキッパ怪人「へっ!?さ、炸裂し……ああっ!?」

――ヴォンッ!シュゥンッ!

マスキッパ怪人(小型に分離した弾丸が、俺の防御をすり抜けて――っ!?ヤバい、防ぎ切れな……!)

助手「……再び収束、及び着弾っ!」

――ヴォォンッ!ゴゴゴゴゴゴォオッッ!

マスキッパ怪人「う、おぉぉぉおぉっっ!?」

――ドガァァァンッ!!
410 : ソクムシ@ハスボーじょうろ 19/01/12 00:52:25 ID:kNCo5EMM [8/19] 報告

助手「……相手の行動パターンを調べていたのは君だけじゃない。僕も、君の防御パターンを計算してた。そして、君が僕の攻撃パターンを読み切ったと過信するまで、待ち続けてたんだ」

マスキッパ怪人「が、ふっ……!」

助手「弱点タイプの攻撃を防ぐことに夢中になり過ぎて、僕がどの技を繰り出していたのかを見落としていたみたいだね。君に喰らわせたのは、最も軌道や形状を操作しやすいシャドーボールだ。まあ、大サービスで同じパターンでの攻撃を繰り返してあげてたわけだけど、何の疑いも持たないでくれてたすかったよ」

マスキッパ怪人「こ、この、野郎……っ!」

兄「……ひえぇ。まるで詰将棋みたいな戦い方だな、おい。あいつとは戦いたくねぇ……」

助手「さて、王手だ。この一手を以って、証明を完了させよう」

マスキッパ怪人「!?!?!?」

ドライバー(助手)『1×2=ポケコンボ!ヘドロばくだん×シャドーボール!』

助手「はぁぁぁぁ……っ!」

ドライバー(助手)『必殺攻撃!ヴェノムボール!』

助手「ふっ、はぁぁっ!!」

――グォォォォォンッッ!!

マスキッパ怪人「ぐっ!わぁぁぁぁっっ!?」

――ドギャァァァンッ!!

助手「……QED,証明完了」
411 : タフリー@イトケのみ 19/01/12 00:52:46 ID:kNCo5EMM [9/19] 報告

アンノーン兵「ノォォォ……」シュオォォ…

兄「やったな、助手!アンノーン兵どもも消滅してくぜ!」

助手「ああ、これでこちら側は一安心だ。この男のスマホを回収して、ハンサムさんたちに報告を……!?」

兄「あれ?あのポケヒューマンが居ない!?変身者もスマホもねえ!」

助手「馬鹿な。コンボ技は直撃したはずだ。あの状態で攻撃を喰らって、まともに動けるわけがない」

兄「野郎、一体どんなトリックを……!?」

――ピピピッ!

兄「んっ?ハンサムさんからの通信だ!」

ハンサム『兄くん、助手くん、そっちの状況はどうだ!?』

兄「一応、ポケヒューマンは倒しました。でも、逃げられちまったみたいで……」

ハンサム『そうか……だが、君たちの周囲のアンノーン兵たちは消滅しつつある。一応は事件を解決した様だが、まだ全てが終わった訳ではない』

助手「どういうことですか?」

ハンサム『イーブイズ・チームAが戦闘を繰り広げている付近では、まだアンノーン兵が存在している。君たちが倒したポケヒューマンの他にも、まだ敵がいるようだ』

兄「マジすか!?なら、急いで援護に向かいます!」

ハンサム『ああ、頼んだぞ!』

兄「……つー訳だ!逃がしたポケヒューマンのことは後回しにして、まだ暴れてる奴を倒しに行くぞ!」

助手「了解だ。……今回の失敗は反省材料としよう。事件解決の後に、敵のトリックを暴かなくては……」

412 : ガジュペッタ@わざマシンケース 19/01/12 00:53:11 ID:kNCo5EMM [10/19] 報告

――一方、チームAは……

強気「はっ!このぉっ!」とっしん!

アンノーン兵「ノーッ!?」ドカーン!

元気娘「はぁ、はぁ……これで、どうだぁ?そろそろ終わりだろ?」

眼鏡娘「大本を倒さないと終わりなんか来ませんよ!仮面ライダーの方がポケヒューマンを倒してくれれば良いんですけど……」

強気「でも、アンノーン兵の数自体は減ってるわ!この調子で全滅させれば……」

ニヒル「……よう、正義のヒーローさん。お会いできて光栄だぜ」

3人「!?」
413 : ドリーノ@おとどけもの 19/01/12 00:53:31 ID:kNCo5EMM [11/19] 報告
強気(誰……?この感じからして、事件に巻き込まれた一般人だとは到底思えないけど……)

元気娘(決まってんだろ!こいつが事件の犯人だ!顔をマスクで隠してる時点で怪しさマックスだろうがよ!)

眼鏡娘(まさか……この人がポケヒューマンたちの首魁、X!?)

ニヒル「イーブイズ・チームA……まあ、良い所が来てくれたな。お前たち相手なら、俺たちの力を見せるのに申し分ない」

元気娘「あぁ!?何言ってやがる!3対1でやるつもりだってのか!?」

ニヒル「その通りだぜ。ここでお前たちを倒せば、俺たちチームスティンガーの名は一躍世間に知れ渡る。正義のスーパーヒロインをぶちのめしたヴィラんのことを、世界中が知ることになるんだ」

強気「私たちを倒すですって?随分と威勢が良いのね、ただのポケヒューマンを相手に、私たちが遅れを取ると思って?」

ニヒル「あー、あー……ムカつくなぁ、そういうの。自分たちの方が上だって信じて疑わない、自信満々の顔……見ていて腹立つんだよなぁ……!」ジャキッ!

3人「!?!?!?」
414 : リトドン@ちからのハチマキ 19/01/12 00:53:54 ID:kNCo5EMM [12/19] 報告

眼鏡娘「なんです、あれ……?西洋の槍……?」

ニヒル「どうせ、俺たちのことなんか見下してるんだろ?お前みたいなクズに負けるわけないって、心の中で思ってんだろ?……そうさ、俺たちは所詮、世の中のクズ。お前たちなんかとは立つ次元が違う、ゴミみたいな存在さ。でもな――」

Pランス『セット・クリスタル ドラピオン!』

強気「クリスタル持ち!?じゃああの槍は、ドライバーやPリボンみたいな変身媒体ってこと!?」

元気娘「な、なんかやべぇ……!あいつ、只者じゃあないぜ!」

ニヒル「そんなクズ共が集まって、群れて、そうすることで世界を塗り潰す!クズはクズなりに群れる、それが俺たちのやり方だ。邪魔はさせないぜ、ヒーローさんよ!」

眼鏡娘「く、来るっ!!」

ニヒル「さあ、始めるぜ……!これが怪人同盟チームスティンガーの旗揚げだぁっ!!装甲っ!」

Pランス『ドラピオンソウル! 猛毒・マッドランサー!』

――ギュオォォォンッッ!!

強気「な、なにあれ……!?まるで仮面ライダーみたいな……」

元気娘「騎士、か……?いや、でもなんだあの雰囲気!?獰猛で、禍々しくって……とにかくヤバい!」

ニヒル「名前なんて特にねえ。好きに呼べばいいだろ?……まあ、ここで死ぬお前たちには関係ない話だけどなぁっ!」ダッ!

眼鏡娘「!?!?!?」
415 : ォッシュロトム@でんきのジュエル 19/01/12 00:54:24 ID:kNCo5EMM [13/19] 報告
ニヒル「オラッ!ぼんやりしてんじゃねえっ!」つじぎり!

――ザシュゥッ!

強気「ぐっ!ああっ!?」ドザッ!

眼鏡娘「う、あっ……!!」

元気娘「なんてスピードだ……!しかも、途轍もなく重い攻撃……!こいつ、強い!」

ニヒル「ははっ!俺が強いんじゃねえ。お前らが弱いんだよっ!まだまだ行くぞオラァッ!!」みだれづき!

――ドスッ!ドスッ!ドスッ!ドスッ!

強気「あうっ!あっ、きゃぁぁっ!!」

眼鏡娘「ぐっ……!せ、接近戦は不利です!武器からして、奴は近距離戦が主体のはず!なら――」

元気娘「遠距離から攻めろってことだな!よし、アタシに任せろっ!」
416 : キノオー@サメハダナイト 19/01/12 00:55:08 ID:kNCo5EMM [14/19] 報告

ニヒル「ははぁ……!ごちゃごちゃうるせえな、お前ら……!」

元気娘「うるせえのはそっちだ!今からその口、黙らせてやるぜっっ!!」

ニヒル「面白れぇ……!受けて立ってやるよ!」

元気娘「喰らいやがれっ!10万ボルトだっっ!!」

――バジジジジジジッッ!!

強気「よし!ブイサンダースの必殺技よ!」

眼鏡娘「あの技なら、奴にだって……!」

ニヒル「ははは……舐めてんじゃねえよっ!」

Pランス『バースト・ミサイルばり!』

――ドシュゥゥンッ!!

強気・眼鏡娘「!?!?!?」

元気娘「なっ!?アタシの必殺技を……うわぁぁぁっっ!?」ドカーン!

眼鏡娘「うそ……!?ブイサンダースの必殺技が、あんなにあっさり……!」

強気「このっ……!なら、次は私がっ!!」

ニヒル「いくらでもかかって来いよ。あの程度の技なら、いつでも返してやれる」
417 : クレー@ピッピにんぎょう 19/01/12 00:55:53 ID:kNCo5EMM [15/19] 報告

強気「はぁぁぁ……っ!くらえぇぇっっ!」ニトロチャージ!

――ダダダダダダッッ!!

ニヒル「はっ!その程度かっ!?」

――ガギィンッ!!

強気「うっ!?うそ、でしょっ!?ビクとも動かないっっ……!!」

ニヒル「そんな温い炎で、俺のことを燃やせるわけねえだろうがよっっ!!」はたきおとす!

――バシィンッ!

強気「あうっ!?うあぁっ!!」ドサッ!

ニヒル「どうした?そんなもんかぁ?正義のヒーロー様ってのも、大したことねえなあ!」グリグリ…!

強気「う、あ……うぐぁぁぁぁ……!」

眼鏡娘「ブイブースター!許さない!彼女を放しなさいっ!」バブル光線!

ニヒル「……放せだ?随分と上から目線で口を利いてくれるじゃねえかよ、弱いくせによぉっ!」みだれづき!

――ズババババババババッ!!

眼鏡娘「あ、あ……!?そ、そんな……!?私たちの攻撃が、まるで通用しない……!?」

ニヒル「……なあ、どんな気分だ?見下してたクズに叩きのめされて、プライドをへし折られて、負ける気分ってのは、どんなもんなんだ?教えてくれよ、ヒーローさんよぉ!」
418 : バット@ポイズンメモリ 19/01/12 00:56:39 ID:kNCo5EMM [16/19] 報告


元気娘「あ、が……っ!」グ、グ…

強気「う、ぐぐぅ……」グリグリ…

眼鏡娘「サンダース……ブースター……くうっ!!」

ニヒル「ああ、良い顔だ……!絶望と恐怖に染まったその顔をよく見せろ!そして――」

Pランス『ポケコンボ どくどく+みだれづき!』

眼鏡娘「あっ……!」

ニヒル「……そのまま、死ね」グッ…

Pランス『必殺攻撃 激毒連刺殺!』

ニヒル「はぁぁぁぁっっ!!」

――グザザザザザザザザッッ!!

眼鏡娘「き、きゃぁぁぁぁぁぁっっ!?」

強気「しゃ、シャワーズーーっ!!」
419 : ャーレム@ひでんのくすり 19/01/12 00:57:46 ID:kNCo5EMM [17/19] 報告


ニヒル「これでまず一人……!イーブイズも大したことねえじゃねえか」

元気娘「ブイシャワーズ、しっかりしろっ!!おい!なんとか言えよっ!!」

眼鏡娘「が、は……あ、う、ぁ……っ」ガクガク…

強気「ど、どうしたの?痙攣が止まらない……!ねえ、しっかりして!シャワーズ!!」

ニヒル「この状況で人の心配をしてる余裕があるのか?次は、お前らの番だぜっ!」チャキッ!

強気「っっ!?」グッ…

元気娘「くっっ!」ギュッ…

ニヒル「オラ!二発目、行く――」

兄「そこまでだ、この紫ヤロー!」バッ!

――ガキィン!!

ニヒル「っっ!?てめえは……仮面ライダーか!?」

兄「そう言うてめえは何者だ!?」

ニヒル「名前なんて好きに決めろよ。それより、ちょっと相談だ。この場限りでも構わない、俺と手を組まないか?」

兄「あぁ!?てめえ、何言ってやがる!?」

ニヒル「お前も俺たちと同じ、世の中の爪弾き者だろ?お前の敵であるイーブイズは、俺が痛めつけておいてやった。このまま俺と一緒にあいつらをぶっ潰さねえか?」

兄「イーブイズを……!?はっ!!」

眼鏡娘「う、ぐぐぐぐ……」

強気「しゃ、シャワーズ……!お願いだから目を開けて!」
420 : グレー@なつきポン 19/01/12 00:58:29 ID:kNCo5EMM [18/19] 報告

兄「……ブイシャワーズに何をした?」

ニヒル「言ったろ?痛めつけてやったんだよ。残り2人もこの調子なら余裕で叩きのめせる。なあ、ここは俺と組むのが賢い選択――っっ!?」バキィッ!

兄「……賢い選択だぁ?んなもん、その辺の犬にでも食わせとけ。ボロボロになった女を一方的に嬲ることが賢いってんなら、俺は馬鹿で構わねえからよ!」

ニヒル「は、は……!見ると聞くとでは大違いだな!仮面ライダーってのはもっとあくどい奴だって聞いてたんだが、随分と直情的じゃあねえか!」

兄「ほざけ……!てめえは、俺が倒す!」

ニヒル「ははははっ!まあ、お前がそうするってんならしょうがねえ。そもそも、お前には部下がやられた借りがあるからな……その借りを返すってのも、俺の目的の一つだった。ここで手を組むんならその恨みも忘れてやろうと思ったんだがよ……!」

兄「優しいじゃねえか、でも俺は容赦しねえぞ!」

ニヒル「望むところだ。なあ、てめえはイーブイズみたいな腑抜けじゃねえよな?あんまり俺をがっかりさせんなよ?」

兄「安心しろよ。すぐに喧嘩を売ったことを後悔させてやっからよぉ!」

ニヒル「……ああ、そんじゃあよ……はじめるとするか!相手しろよ、仮面ライダー!!」

兄「来い!腐れ外道がっ!」

――ガッキィィン……!!

――次回に続く……
421 : クオング@まひなおし 19/01/12 00:59:22 ID:kNCo5EMM [19/19] 報告

次回予告

『怪人同盟 チームスティンガー』のリーダー、ニヒルが変身した『ドラピオンナイト』と激戦を繰り広げる仮面ライダーリザードン=兄。その最中、苦しむブイシャワーズの姿を見たヒトカゲの身に異変が……!?

『グ、ルアァァァァッ!!』

「相棒!?どうしたんだ、相棒っ!?」

そして、ドラピオンナイトの攻撃を受け、猛毒を身に浴びてしまった眼鏡娘とシャワーズ。刻一刻と毒に蝕まれる彼女たちを救うには、ドラピオンナイトから毒の抗体を入手するしかない!数多くの罠と脅威を乗り越え、2人を救え、仮面ライダー!!

次回『炎刃(エンジン)×全開(フルスロットル)=俺たちはもう止まらない!』


『LIZARD ON!』

「今の俺たちを、止めれるもんなら止めてみなっ!!」
422 : ポエラー@はっかのみ 19/01/12 09:16:47 ID:O3oswPaQ m 報告
支援
それじゃあスレ主が更新するまで皆で仮面ライダーリザードンのOP作ろうぜ
423 : ロベルト@のろいのおふだ 19/01/12 10:19:10 ID:1Oswk6UI [1/2] 報告
>>422
せやな
424 : ルズキン@かわらのかけら 19/01/12 18:49:55 ID:XMfcLyiQ m 報告
熱い。 熱すぎるぜこのSSはよぉ〜〜

おでんもopつくりたい
425 : ガメタグロス@ぐんぐんこやし 19/01/12 19:21:18 ID:1Oswk6UI [2/2] 報告
更新くるまでにサビまで作ろうぜ(フラグ)
426 : ゲハント@かわらずのいし 19/01/17 08:38:07 ID:y3gMem1k m 報告
>>422
雨上がりBreak Cloud 隙間から
青空が手招きしてる
Alright そろそろ行こうか

誰かが言うLogic 信じない
直感は信じていたい
High Time 始まりを探して

Fire Up, Ignition
ヘヴィーなプレッシャー ぶっ壊して アクセル踏み込め

Surprise 世界中がDrive!(It's faster than ever)
Feelin' high 目醒めるような(Drivin' Show me)
始まる 運命には(keep chasin' forever)
バックギアはない… All we need is“DRIVE”

いつだってそうさ目を伏せて
傍観者気取っていれば
Alright 後悔もないね

言い訳みたいな 「でも」「だって」「だけど」
吐き捨てた道は行き止まり
Right Time 出口はすぐそこに

Shift Up, Goin' High
追い越されてばかり 飽きるでしょ? 突き抜けろWinding Road

Surprise 今 時代がDrive!(It's faster than ever)
Feelin' high 声 聞こえる(Drivin' Show me)
止まりかけた心(keep chasin' forever)
トップギア回せ… All we need is“DRIVE”

Ah 瞬きしてたら
チャンスも 見失う
タフな運命でも Baby Kick on Drive!!

Surprise 世界中がDrive!(It's faster than ever)
Feelin' high 目醒めるような(Drivin' show me)
始まる 運命には(Keep chasin' forever)
バックギアはない…

SURPRISE-DRIVE×2

シグナル変わるとき… All we need is“DRIVE”
427 : ゲキ@ゆきだま 19/01/17 21:06:16 ID:mHGM93eg 報告
>>426
日曜日の朝っぱらからこんな爽やかな歌流すんじゃねえ


荒らし・煽りには反応せずにスルーして下さい。反応している人も同様に対処・対応しています。
(荒らしレスやそれに対する反応は、スレ進行の妨げとなるため削除します。削除されたレスに対して反応しないで下さい。)


スレの画像復旧リクエスト

画像(JPG/PNG 7.2 MB、GIF 15.2 MBまで)

  • 【IDを発行(または認証)】


    0/60
      
    書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
    レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
    その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
    荒らしや煽りはスルーして下さい。荒らしに反応している人も荒らし同様対処します。


    一部のホストからの違反報告を制限させてもらっています。



    スレの画像復旧リクエスト
    スレ名とURLをコピー(クリックした時点でコピーされます。)
    文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
      3
      文字サイズ

      自分の投稿を分かりやすくする
      投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
      現在の設定は「有効」です。
        

      NG設定
      各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

      ・連鎖NG設定
      NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
      現在の設定は「」です。
        

      ・NGワード設定
      入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
      NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

      ・NGネーム・NGID一括削除(下のボタンをクリックした時点で削除されます。)


      【特殊な指定方法】

      ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
      ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
      ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
      詳しくは、NGの設定方法を参照。



    (連投制限などに引っかかった時用)