901レスです。1000レスを超えると書き込みができなくなります。

【安価ss】サトシのポケモン達+αが王様ゲームをするらしい その9:ポケモン掲示板(ポケモンBBS)

【安価ss】サトシのポケモン達+αが王様ゲームをするらしい その9

1 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/07/06 19:45:54 ID:haCUwRho m 報告
やっぱり続けることにしました。まずはここでのルールです。

1、連投はなるべくしないでください。3回以上は絶対にダメです。30分以内の投稿は連投とみなします。(少し緩和しました)
2、1回の安価で2回以上踏まないでください。ただし、自上げしたあとなら踏んでもいいです。
3、安価外は短いものなら反映させますが、長くなりそうなら反映させないこともあります。
4、安価外が大量に来た場合、後回しにすることがあります。

また、メンバー退場のことも考えましたが、やっぱりこのままにしておきます。ただし、命令で退場させることは可能です。

さてと、まずは拠点です。正直、もうククイ博士の家でいいんじゃないかと思ってますが、一応決めておきます。

1、オーキド研究所
2、ククイ博士の家

安価下の方、お願いします。

前スレはコチラ↓
http://pokemonbbs.com/sp/poke/read.cgi?no=792806

1スレ目はコチラ↓
http://pokemonbbs.com/sp/poke/read.cgi?no=502890
862 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/11/19 20:38:03 ID:Q24kE7R6 [1/3] m 報告
今日はやってくぞ。

ディアルガ「とりあえず、これで一件落着か?」

パルキア「そうだな。」

ピカチュウ「ふぅ、なんとか凌げたね。」

リザードン「これほどの大群は早々ないな。」

ユキメノコ「本当にどこから来たのかしらね?」

オニゴーリ「何かの組織なのだろうが…」

オオスバメ「そうだとしても、これでだいぶ壊滅しただろ!」

ユキメノコ「まぁそれは確かね。」

エーフィ「下手したらあれで全員かもしれないわね。」

オオスバメ「それなら深く考えないでいいじゃねぇか!今は勝利の余韻に浸ろうぜ!」

チルタリス「相変わらず楽観的ね。」

ジュカイン「まぁそれが長所だが。」

パルキア「さてと、私たちは帰るとするか。」

サトシ「ありがとな、ディアルガ。パルキア。」

ディアルガ「いいってもんよ!こういうやつを助けるのも仕事だからな!」

パルキア「初めは思いっきり拒絶したのにか?」

ディアルガ「なっ!そ、そういうのは言うなよ〜!」

一同『ハハハハハ!』

ディアルガ「わ、笑うな〜!」

パルキア「悪い悪い。さてと、帰ろうか。」

ディアルガ「そうだな。それじゃあな!」

ピカチュウ「じゃあね〜!」

サトシ「またな〜!」
863 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/11/19 22:12:47 ID:Q24kE7R6 [2/3] m 報告
サトシ「さてと、どうする?」

セレナ「みんなを戻すことからかしら?」

フーパ「それはもうやったよ〜。」

セレナ「一応確認だけど、みんな無事だった?」

フーパ「うん!もちろん!」

セレナ「よかった。それじゃ戻ろっか!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
家の中

一同『(完全に存在を忘れていた…)』

サトシ「みんな、大丈夫だったか?」

カキ「あぁ、なんとかな。」

グラジオ「手を出さずにいたら特に狙われなかった。」

ゴウカザル「その辺りはしっかりしているようだな。」

マーマネ「ふぅ、でもサトシ達が無事でよかったよ。」

サトシ「そう簡単にはやられないって!」

カキ「まぁ心配することもなさそうだな。」

サトシ「とりあえずはこれで全部倒したから、もう大丈夫だぜ。」

マーマネ「これでゆっくりと休める〜。」

カキ「マーマネの家じゃないだろ。」

マーマネ「ま、まぁね〜。」
864 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/11/19 23:07:35 ID:Q24kE7R6 [3/3] m 報告
>>853
二匹…?毒自体はジュカインしか食らっていませんが…

ハピナス×2『こんにちは〜!ハピナス訪問病院です!』

ヘイガニ「ものすごく唐突に来た…」

ハピナスA「そこのあなた達!何かしら怪我をしたりしましたね?」

ジュカイン「いや、まぁ毒は食らったけど、もうなんとも…」

エーフィ「私は少し痛むかしら。」

ハピナスB「というわけで、お二人の治療をいたします!」

ジュカイン「え?いや、だから俺は…もういいや…」

エーフィ「私は一応受けといた方がいいわね。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~
ハピナスA「はい、終わりました〜。」

エーフィ「とても楽になったわ。」

ジュカイン「当然だがあんまり変わらねぇ。」

ピカチュウ「わざわざありがとね〜。」

ハピナスB「いえいえ。それでは!」

ジュカイン「全く、元気だっつってんのに…」

チルタリス「まぁ念には念を、ね?」

ジュカイン「そりゃそうだけどさ。」

オオスバメ「そんじゃ続けるか!」

みんな『王様だーれだ?』

今日はここまで。とりあえず本編優先で。安価外は後々ゆっくりと処理していきます。安価置いていきます。

王様>>865
>>865>>866>>867>>869して。」
865 : ロバレル@ナゾのみ 18/11/20 05:59:30 ID:8T3.Ffjw 報告
未来のアヤと一緒に来た暁の日々 サトシのオンバーン
これにて完全だね。「サトシ関係のゴタゴタはアヤのオンバーンとサトシのオンバーンの対決ね」
866 : ーダル@わざマシンケース 18/11/20 07:34:20 ID:pLE.0Epc 報告
Aふぃ
867 : wxsCbQXkwU 18/11/20 08:17:36 ID:wCPsUo8M m 報告
Oスバメ

なぜかハピナスBが参加していたが、指令の対象にはならなかった。
868 : ルタンク@ウルトラボール 18/11/20 09:32:47 ID:mHQcUvSs [1/2] 報告
あげ
869 : キワラシ@ジーエスボール 18/11/20 09:36:20 ID:mHQcUvSs [2/2] 報告
>>856でアルセウス樣が調べた刑務所を偵察(念のためフーパも同行)
870 : ドン@エスパージュエル 18/11/21 19:32:15 ID:pCigpFvU 報告
>>865
未来のアヤに報告はされる→平行世界になることを確認→たまごはサトシのオンバーンと彼女のオンバットと一緒に育てる→間違いなく平行世界になったことを確認。
871 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/11/21 20:36:51 ID:3fGMG6FQ [1/3] m 報告
さてと、やるか。ちょっと命令が変なので変更します。

暁の日々「よぉ。」

ユキメノコ「…また拾ったのね。」

暁の日々「ほらよ。」つ王様の棒

ユキメノコ「はいはい。じゃあよろしく。」

暁の日々「特にリアクションがないのも悲しいな。」

オオスバメ「もうみんな慣れたんだろ。」

みんな『うんうん。』

暁の日々「まぁそんなもんか。そんじゃ4番と10番はアルセウスが調べた刑務所を偵察してこい。」

Aふぃ「……なんでそのことを知ってるのかしら。」

暁の日々「ん?いやぁ、風の噂ってやつ?」

暁の日々(実はただ盗み聞きしてただけなんだけどな…)

Aふぃ「盗み聞きをするなんて性格悪いわね。」

暁の日々「なっ…(しまった、こいつは考えてることがわかるんだった…)

Oスバメ「まぁいいや、とりあえず調査すればいいんだな。」

チルタリス「ねぇ、誰も突っ込んでないけど、なんでハピナスさんがいるの?」

ハピナスB「あら、気づきました〜?」

サトシ「うわっ!?本当にいた!」

ハピナスB「あんまり気づいてもらえなかったのか、対象にはなりませんでしたね。」

ピカチュウ「え、やりたかったの?」

ハピナスB「まぁ、少し…」

ハピナスA「急患〜!急いで行くわよ!」

ハピナスB「…と、呼んでるので今度こそ行きますね。それでは。」

ピカチュウ「なんか悪いことしちゃったかなぁ。」
872 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/11/21 22:22:38 ID:3fGMG6FQ [2/3] m 報告
>>853の続き

少女「こんにちは〜。」

色イーブイ「覚えてるか?」

ピカチュウ「えっとー…確かにどこかで会ったような…」

セレナ「あれ?この子もしかして重病だった子かしら?」

ユキメノコ「言われてみれば確かに。」

色イーブイ「そう。あのときヤバい状態になっていた子だよ。」

ピカチュウ「あぁ!で、そのそばにいたイーブイが…」

色イーブイ「あぁ、俺だよ。」

少女「話はイーブイから聞きました。いろいろとありがとうございました。」

セレナ「いえいえ。ってポケモンの言葉がわかるの?」

少女「このイーブイとだけですけどね。」

サトシ「これで他のポケモンとも話せるけど…」

少女「いえ、彼とだけで十分です。」

サトシ「そっか。わかった。」

少女「あ、そうそう。私たち、結婚申請してるんですよ。」

一同『えっ!?』

オオスバメ「ポケモンと人が結婚かよ…」

エーフィ「愛は千差万別ってところかしら。」

チルタリス「まぁ愛し合ってるのならいいんじゃない?」

ユキメノコ「えぇ。いろいろと大変だろうけどね。」

色イーブイ「あれ、そんなに反対意見はないんだな。」
873 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/11/21 23:25:09 ID:3fGMG6FQ [3/3] m 報告
ピカチュウ「まぁあまり他人の運命を変えたくはないし。」

色イーブイ「親に話をしたときは猛反対されたんだけどな。」

ユキメノコ「普通はそんなものよ。」

色イーブイ「なんとか説得したけど…ダメかと思った。」

サトシ「そういえば余命が短いとか言ってたんだっけ…」

少女「あぁ、それはずっと先まで延びたので大丈夫です。」

サトシ「そっか。良かったな。」

セレナ「これからどうするの?」

少女「とりあえずカントーに渡ってカントーを回るつもりでいます。」

色イーブイ「新婚旅行…になるのか?まだ結婚はしてないけど。」

ジュカイン「そうなのか。フーパの力使うか?」

色イーブイ「いや、船旅も楽しみたいから船で行く。」

ミミロル「船旅も楽しいよね。」

少女「まだ話したいことはいろいろあるんですけど…そろそろ船が来るのでこれを。」つ手紙

サトシ「お、ありがとな。」

少女「それでは、失礼します。あ、最後になりましたけど…私、アユミって言います。ありがとうございました!」

色イーブイ「本当に感謝の言葉しかねぇよ。ありがとな。」

サトシ「また会おうな。」

アユミ「はい!またどこかで!」

色イーブイ「じゃあな〜!」

ピカチュウ「またねー!」

今日はここまで。人とポケモンの恋…なんかゲームかアニメか忘れたけどそんな話があったような…
874 : イヤルプリンセス ヒガナ 18/11/23 19:28:55 ID:oqk6Revs 報告
お届けものー
875 : ジョット@Zパワーリング 18/11/24 16:40:24 ID:pgN2qnR6 報告
血の正体は家にいるみんなの混合の血だと判明(時空警察の調査によって判明 全国に指名手配されかけたがアヤさまという者によって手配されずにすんだ…)
そのアヤさまという者は時間が経つに連れてかわいさまでもが加わって所内でファンクラブができて困ってるのだという 一度外に出れば大量の人だかりができるのだとか
876 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/11/24 21:21:52 ID:4EPsmY8s m 報告
これからは(恐らく)不定期更新になります。申し訳ない。

サトシ「さてと、手紙、読んでみるか。」

内容は>>854参照

ジュカイン「…なんかいろいろ大変なことがあったんだな。」

ユキメノコ「やっぱり警察が何かしら関係しているのね。」

オニゴーリ「善良な人々を守るはずの警察が…な。」

セレナ「どんどん警察が信じられなくなっていくわ…」

ピカチュウ「なんとかしないとね…やり方はわからないけど。」

>>856
今回の命令はまずこれをやってからか…

Oスバメ「ところで調べる刑務所ってどこだ?」

アルセウス「説明しよう。」

Oスバメ「うわっ!?急に出てくんなよ!」

アルセウス「やつらのことを調べていたのだが、やつらは結婚詐欺集団であることがまずわかった。」

オニゴーリ「やっぱりそうだったのか…」

アルセウス「多額の費用を請求する他、既婚者なら強制離婚させてでも結婚させ、破産させても払わせるという悪の極みと言ってもいい集団だ。」

フーパ「リングが通らなかったのはなんで?」

アルセウス「何かしらの装置を使い、自らに自身に不利になる能力を無効にする持ったようだ。しかし、あくまで自身のみだったから、人質を移動させられたのだ。」

Aふぃ「なるほどね…どうりでまともに予知が出来なかった訳よ。」

アルセウス「まぁ仮にもう一度来た場合、同じ手が通じるかはわからないが。それに、警察と繋がっていたのだ。」

サトシ「あいつらも警察と…」

アルセウス「その警察を追っていたが、ここに勤めているようだ。」つ地図

サトシ「えーと…どこだこれ?」

セレナ「あった。ここね。」

877 : デンネ@おおきなマラサダ 18/11/25 05:17:16 ID:9ht24cQM 報告
クチート財閥に繋がっている設定はいかされるのか
面倒臭いチラーミィを登場させたものフラグだし、
あえて言えば 記憶を見ると眠くなる仕掛けをしていたわけ。
僕ってね「悪と正義は巨大だと何処かにいることを忘れないで。」
今回は、「空便のゴタゴタに巻き込まれた結果」だろう。
空便はクチート財閥と繋がっているし、一番近くにいるとは言える 
空便からの手紙
「今回の状態異常は「眠り」だね チラーミィは調査が終わった後、行方不明「警察と合流」。やっと見たら精巧に作られた偽物の依頼状。クチートに確認した所。間違いなく本物そっくりの偽物 判子が上にずれるようにするのがクチート財閥風 チラーミィは判子でさえ真っ直ぐにしたね。伝説のほとんどは嘘っぱちに引かれたことになる もちろんユクシー アグノム エムリットとも、これにはまっている。ただ、違うのはサーバルと繋がっていることを知っていない。「敵の落ち度」だ
これでいいかな。サーバルがアクションかけていないといいけど。」



878 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/11/26 20:58:00 ID:8ck2VkUY [1/3] m 報告
今日はやります。

アルセウス「そこに何があるのかはまだ詳しくは調べていないが、何かがあるのは確かだ。」

Oスバメ「おー、なんか面白くなってきた!」

Aふぃ「調べがいがありそうね。」

アルセウス「本当なら我も行きたいところだが、あいにく休暇中だからな。観光に行こうと思っている。」

Oスバメ「いや、休暇中なんだったら手伝ってくれよ〜!」

アルセウス「次いつ休みになるかわからないからな。今のうちに回っておきたいのだ。」

Oスバメ「なんだその理由…」

アルセウス「まぁそういうわけで、我は観光の旅に戻る。また会おう。」

サトシ「あぁ、またな。」

ピカチュウ「楽しんでね。」

Oスバメ「さてと、とりあえずそこに行ってみるか。」

Aふぃ「そうね。」

フーパ「念のため僕もついていくよ!」

ピカチュウ「まぁ確かにいた方が役に立つよね。」

Oスバメ「この前の船での時も大活躍だったからな。」

Aふぃ「じゃあお願いしようかしら。」

フーパ「オッケー!それじゃレッツゴー!」
879 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/11/26 22:05:37 ID:8ck2VkUY [2/3] m 報告
例の刑務所

フーパ「とーちゃーく。」

Aふぃ「ここね。」

Oスバメ「ほー、それなりにデカいな。」

Aふぃ「まぁ刑務所だし。」

Oスバメ「とりあえず入りたいが…」

警備A「…………」

Oスバメ「まぁそう易々とは入れてくれないよなぁ。」

フーパ「どうするの?」

Aふぃ「別の入り口を探しましょう。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Aふぃ「ぐるっと回ってみたけど、一番良さそうなのはこの通気孔ね。」

Oスバメ「全員入りそうだな。」

Aふぃ「それじゃここから潜入しましょうか。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
通気孔内

Aふぃ「蓋を閉めて…と。」

Oスバメ「まぁ暗いよなぁ。」

Aふぃ「明るかったら驚きよ。」

Oスバメ「とりあえず進むかぁ。」

880 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/11/26 23:05:48 ID:8ck2VkUY [3/3] m 報告
Oスバメ「お、なんか出られるとこに来たぞ。」

Aふぃ「ここは…牢屋かしら?」

Oスバメ「今回は牢屋には用はないよなぁ。」

Aふぃ「そうね。警察が隠していることを調べてるんだし。」

Oスバメ「別のとこを探してみるか。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~
Oスバメ「今度はどこだ?」

Aふぃ「ロッカールームかしら。」

Oスバメ「うーん、ここじゃないような…」

Aふぃ「あ、誰か来たわよ。」

警察A「あーあ、今日も疲れたな。」

警察B「まさかポケモンだらけの組織に行かされるとは思わなかった。」

警察A「あー、お前そこの担当だったか。」

警察B「翻訳する機械があったから言葉には困らなかったけどさ、やっぱり変な感じはしたな。」

警察A「そうだよな。あんなとこと繋がるなんて、上は何を考えてるんだろうな?」

警察B「さぁな。俺たちみたいな下のやつには知らされないんだろ。」

警察A「だろうなぁ。」

警察B「ま、給料はそれなりにいいし、文句はないけどな。」

警察A「ははは、まぁ確かにな。」

フーパ「ポケモンだらけの組織って、さっきのかな?」

Aふぃ「恐らくそうでしょうね。」

Oスバメ「うーん、下の方のやつからはやっぱり情報は少ないか…」

Aふぃ「もう少し上の立場の人を探す方が良さそうね。」

Oスバメ「また手当たり次第に探すか。」

今日はここまで。侵入経路=通気孔とかいう謎の法則。
881 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/11/29 20:45:52 ID:D6B.Cl5U [1/3] m 報告
さてと、やるかぁ。
>>874>>875
ヘイガニ「なんか変な臭いが…って血!?」

ジュカイン「こ、これは血糊じゃねぇ!マジの血だ!」

リザードン「なんたってこんなものが…」

オニゴーリ「一体誰の血なのだろうか…」

ピンポーン♪

サトシ「あ、はい。」ガチャッ

???「どうも。時空警察です。」

サトシ「え?」

時空警察「それ、調べさせていただきます。」

サトシ「え?あ、は、はい…」

時空警察「鑑識さん、よろしくお願いします。」

セレナ「急にどうしたんだろう…」

チルタリス「アヤさんがいるとこでしょ?特に警戒することはないんじゃない?」

時空警察「そうですか。えー、鑑識の結果、これは恐らく皆さんの血液の混合ではないかとのことです。」

リザードン「いつの間にか血を抜かれていたのか?」

ピカチュウ「そんな感覚なかったけど…」

時空警察「本当は指名手配にかけるつもりでしたが、どうやら違ったようですね。連絡しなければ…」

時空警察「…………こちら時空警察A班。例の指名手配犯は白だったから取り消しの方を…え?アヤ様が既に取り消した?」

ユキメノコ(アヤ様って、あのアヤさんのこと?)

時空警察「流石アヤ様、調べずとも白だと見破るなんて…わかった。とりあえず戻るわ。」

時空警察「ご協力ありがとうございました。それでは、これで。」バタン

サトシ「俺たち、また何か疑われてたのか…」

コータス「殺人か何かですかね?」

色ニン「でも疑いは晴れたみたいなのでよかったです。」
882 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/11/29 22:18:57 ID:D6B.Cl5U [2/3] m 報告
刑務所潜入組

Oスバメ「またどこかに着いたみたいだな。」

Aふぃ「今度は…会議室かしら。」

フーパ「誰もいないみたい。」

Oスバメ「これから会議とかするならいい情報が得られそうだな。」

Aふぃ「今なら誰もいないし、隠しカメラでも仕掛けましょうか。」

フーパ「じゃあ僕が行ってくるよ。」

Aふぃ「監視カメラがあるから、うまく死角に入って。」

フーパ「うん、わかった。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
フーパ「取り付け完了!」

Oスバメ「おう、サンキュー。」

Aふぃ「何か変化があればいいんだけど。」

Oスバメ「よし、もう少し探索してみるか。」

~~~~~~~~~~~~~~~~
Oスバメ「ここは…」

Aふぃ「何かしら、ここは?」

警察C「その件ですが…カクカクシキジカ」

警察D「そうか。とりあえず関係は良好なようだな。」

警察C「はい。これからもよい関係を築いていくつもりです。」

警察D「あそこはポケモンだらけだ。人間とは価値観が違うだろうからな、慎重にやりたまえ。私たちのためにもな。」

警察C「はい、それでは。」バタン

警察D「ふぅ…あそこと繋がれたのは大きいな。この調子だ…この調子で行けば……」
883 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/11/29 23:38:43 ID:D6B.Cl5U [3/3] m 報告
Oスバメ「とりあえず自分達の為に組織と繋がってることはわかった。」

Aふぃ「自らの利益のためなら手段は選ばないってところかしら。」

フーパ「どうにかできないかな?」

Aふぃ「私たちの力じゃ難しいと思うわ。凶悪な組織と繋がっていたら…」

Oスバメ「対抗したら生きてるかどうか…」

Aふぃ「えぇ。だから下手に手は出さない方がいいわ。」

Oスバメ「とりあえず隠しカメラは仕掛けたし、一旦戻ろうぜ。」

Aふぃ「そうね。現時点ではわかることは少なそうだし、下手に行動してバレたら面倒だし、とりあえず退きましょう。」

フーパ「オッケー。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
博士の家

Oスバメ「ただいま〜。」

ジュカイン「早いな。もう終わりか?」

Aふぃ「とりあえず会議室に隠しカメラを仕掛けて戻ってきたわ。」

ピカチュウ「何かわかった?」

Aふぃ「今のところ自分達の利益のために組織と繋がってるとしか…」

リザードン「隠しカメラで何か情報を得られたらいいな。」

今日はここまで。ストーリー展開が思いつかなくなったのでここで刑務所潜入終了。
884 : キワラシ@プロテクター 18/12/03 04:48:37 ID:Afjg5xnc 報告
ヴェル「おい、見つけたのか?『リボルバー』」
ブイゼル♀「そりゃ無理だろう クチート財閥の警備態勢抜群なんだもん。厄介なことに避難したよ」
ヴェル「ザックも予想外だ。」
885 : ガリザードンX@ハートのウロコ 18/12/03 18:01:24 ID:I2w677oQ 報告
差出人不明のお届けものがきた
中身 壊れたビデオ 壊れかけのレイディオ レディオガガのCD エーテル財団からの手紙「エーテルパラダイスで君達を見た それと警察が攻撃されミミッキュになるところも見た 警察に訪ねられたが何をいってるのかさっぱりだった エーテルパラダイスで見た君達は汚れるのを極度に怖がっていた 極度の潔癖性にでもなったのかい?」
886 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/12/03 20:31:15 ID:XWakTZjw [1/3] m 報告
今日はやるか。

ジュカイン「よいしょっと…モニター設置完了。」

Aふぃ「これでいつでも会議室の様子が見られるわ。」

ユキメノコ「何かあったらすぐにわかるわね。」

タマゴ『……』ピクピク

ゴウカザル「ん?」

タマゴ『……』ピョンピョン

ゴウカザル「もしかしてこれは!」

リザードン「どうした?」

タマゴ『……』ピキッ

リザードン「孵化が始まったか。」

マフォクシー「ついに生まれるのね…!」

タマゴ『……』ピキピキッ

パリィィィン!

フォッコ「…………ふぉこ?」

ゴウカザル「生まれた…!」

マフォクシー「可愛い〜!」ギュッ

フォッコ「ふぉこ!?」

ユキメノコ「いきなり抱き締めたりしたらビックリするわよ。」

マフォクシー「そ、そうね…」

ゴウカザル「可愛いな〜。」ナデナデ

フォッコ「ふぉこっ♪」

性別は…ほとんど影響しない(それどころか忘れ去られる)けど、一応決めとくか。このレスの投稿時間が奇数なら♂、偶数なら♀で。
887 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/12/03 21:40:15 ID:XWakTZjw [2/3] m 報告
15秒なので♂で。

ヘイガニ「ところで性別は?」

ゴウカザル「えーと…♂だな。」

ヘイガニ「どっちが欲しかったとかあったのか?」

ゴウカザル「俺は別にどちらが欲しいとかはなかったな。」

マフォクシー「私も。男の子だったらこんなことしてあげようかな…とかは考えたけど。」

フォッコ「ふぉこふぉこ♪」トコトコ

ジュカイン「まぁとにかく、無事に生まれてよかったな。」

ピカチュウ「子育て頑張ってね。」

ゴウカザル「あぁ、ありがとうな。」

チルタリス「何か困ったら聞いてね〜。」

ミミロル「先輩としてアドバイスしてあげる。」

マフォクシー「ふふっ、ありがとう。」

>>885
ピカチュウ「ビデオとレディオだね。」

ジュカイン「なんでカッコつけたし」

ピカチュウ「なんとなく。」

ユキメノコ「これ、壊れてないかしら?ラジオの方はなんとか動きそうだけど。」

リザードン「どうしてそんなものを…」

ヘイガニ「これがホントの壊れかけのレディオか。」

オオスバメ「レディオとビデオ…なんか語感が似てるな。」
888 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/12/03 22:56:25 ID:XWakTZjw [3/3] m 報告
ジュカイン「あとはエーテル財団からの手紙か。」

オニゴーリ「なんて書いてあるんだ?」

ジュカイン「えーと…」ペラッ

(拝読中)

ピカチュウ「攻撃されてミミッキュになった?」

オオスバメ「どういう仕組みだよ…」

ユキメノコ「にわかには信じがたいけど…」

チルタリス「あと向こうで私たちを見たともあったね。」

ゴウカザル「だがそこで見た俺たちは潔癖症だった…」

エーフィ「潔癖症と言えばライコウとかがいるけど…」

セレナ「別に変身能力はないよね。」

ヘイガニ「なんにせよ偽物がいたことは間違いないな。」

ミミロル「全く、ほんと迷惑だわ。」

ピカチュウ「いろいろと気になることは書いてあったね。」

ユキメノコ「今考えても全然わからないわね。もしかしてこのビデオの中にヒントがあったのかしら?」

ジュカイン「じゃあラジオの意味って…」

オオスバメ「なんとなくじゃねぇの?」

ジュカイン「そんなもんなのか…?」

オオスバメ「ま、とりあえず続けようぜ!」

エーフィ「相変わらずのポジティブ思考…」

オオスバメ「そんじゃいくぞー!」

みんな『王様だーれだ?』

今日はここまで。フォッコは♀のイメージだけど、意外と♂でもいける…かも?安価置いていきます。

王様>>889

>>889>>890>>891>>893して。」
889 : ンプラー@やすらぎのすず 18/12/04 02:43:06 ID:adzIaYjo 報告
突如現れた普段着姿のアセロラ?(正体はミミッキュ)に攻撃されかけたPIKA 本物のアセロラがすぐ近くにおり服も違ったためアセロラ?は正体を告げた ただみんなが見てる前ではもとの姿に戻りたくはないそう 例の犯罪集団とは全く無関係だそうだがミミッキュが人間に化けるというのは怪奇現象的にはあるそうです

時空警察のアヤ様が到来 以前より可愛さも加わっていた… 例の偽警察と偽物に関してあの血液は偽物がそっくりそのまま遺伝子まで本物と全く一緒で1寸の狂いもなく作ったものということがわかったそう 時空警察のアヤ様によると自分が美人になってから時間をかけて可愛さが加わったとのこと
890 : ォレトス@フラットコール 18/12/04 04:51:33 ID:tJL.GIzw 報告
かなり慌てたサトシのオンバーン  空便基地が襲撃を受けた サトシのラプラスのせいでぼろぼろなのに!!

サトシのオンバーンの目は充血したようだ。
891 : テラ@きのみぶくろ 18/12/04 07:31:32 ID:uqhUxvpY 報告
名前欄
892 : ルマッカ@アゴのカセキ 18/12/04 13:22:56 ID:fodM6k1s [1/2] m 報告
あげ
893 : ッスグマ@こぶしのプレート 18/12/04 13:32:38 ID:fodM6k1s [2/2] m 報告
犯罪を助長している偽警察達の撲滅を手伝う(偽警察達は本能的に正体をさらけ出せるが偽サトシ達は断じて正体を現すことが一切できないということを知る 偽警察撲滅隊はミミロップ、キュワワーの他にも沢山いるのだそう)
894 : ジョフー@とつげきチョッキ 18/12/06 18:32:45 ID:0zMgSQ0o 報告
>>890
追加でエーフィでいい。完全に半分にわれた5のくじ
895 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/12/07 20:33:20 ID:n1uUShQw [1/3] m 報告
今日はやるか。

アセロラ?「こにちわー。」

サトシ「あれ、アセロラ?どうしたんだ?」

アセロラ?「この島に用があるからついでに寄ってみたの。」

サトシ「そうだったんだ。」

アセロラ?「あ、ユキメノコだ。可愛い〜。」

ユキメノコ「私を可愛いだなんて、なかなか変わった子ね。」

オニゴーリ「どうかしたか?」

アセロラ?「へー、いろいろあるね〜。」テクテク

エーフィ「確かに改めて見るとこの家、物が多いわね。」

アセロラ?「……」ニヤッ

アセロラ「見つけた!」

アセロラ?「!」ビクッ

PIKA「って、僕攻撃されかけてた!?」

サトシ「アセロラが二人!?」

アセロラ「その子、私の真似をしていろんなことしてるの!」

サトシ「正体は誰なんだ!?」

アセロラ?「……むぅ、バレちゃったらしょうがない。ミミッキュだよ。」

ジュカイン「なんでこんなことを?」

ミミッキュ「まぁそれは…聞かないでほしいかな…」

オオスバメ「なんじゃそりゃ…つーかとりあえず出てこいよ。」

ミミッキュ「その…人前で出るの恥ずかしいから、外で隠れて出るよ。」

ヘイガニ「そのまま逃げる気か?」

ミミッキュ「逃げないから!不安なら一匹だけならついてきていいよ!」

リザードン「なら俺が行こう。
896 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/12/07 21:55:43 ID:n1uUShQw [2/3] m 報告
数分後

ミミッキュ「ど、どうも…」

ジュカイン「で、理由は言わないつもりか?」

ミミッキュ「本当に小さなことですし…」

ジュカイン「どうする?」

ユキメノコ「まぁそんなに小さなことならもういいんじゃないかしら。」

オニゴーリ「それよりも聞きたいことがある。人がミミッキュになったり、ミミッキュが人になったりってことはあるか?」

ミミッキュ「人がミミッキュって話は聞きませんが、ミミッキュが人になることは怪奇現象としてありますね。僕のはただの変装ですけど。」

ゴウカザル「それにしてはうまいこと化けてた気がするが…」

ミミッキュ「昔から裁縫は得意なので…」

ゴウカザル「そういう問題なのか…?」

アセロラ「変装するのはいいけど、迷惑かけちゃダメだよ。」

オオスバメ「変装はいいのかよ。」

ミミッキュ「これからは大人しく生活します…ご迷惑お掛けしました。」ペコリ

チルタリス「もう悪いことしちゃダメよ。」

アセロラ「さてと、私も用事あるし帰るね。」

サトシ「あぁ、またな。」

ジュカイン「今回のミミッキュは割といいやつだったな。」

ミミロル「でもピカチュウを殴ろうとしたじゃない…!」ゴゴゴゴゴゴ

PIKA「ま、まぁ、僕は大丈夫だったんだし、落ち着いて。」

ユキメノコ「やりたくてやった訳じゃないかもしれないし。」
897 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/12/07 23:18:24 ID:n1uUShQw [3/3] m 報告
オオスバメ「ところで王様は?」

PIKA「僕だよ。それじゃ7番と…」

オンバーン「大変だよ〜っ!」バサッバサッ

ゴチィィィィン!

サトシ「うげっ…」バタッ

オンバーン「きゅぅ…」ドサッ

一同『……ナニコレ』

サトシ「いててて…オンバーン?」

オンバーン「いたた…ぶつかっちゃった…」

リザードン「そんなに焦ってどうかしたのか?」

オンバーン「あ、そうだった!実は…カクカクシキジカメブキジカー」

サトシ「え?空便が襲撃を受けた?」

PIKA「しかもその前にラプラスがボロボロにしたから…」

ジュカイン「あのとき知らないところでラプラスがとんでもない被害を出したのか?」

オンバーン「うん、具体的にどうやったかはわからないけど、とにかくボロボロにされたんだよ。」

リザードン「なんかよく襲われるな。」

サトシ「うーん、止めたいけど今は修復しかできないか…」

オンバーン「もう少し早く気づければよかったんだけど。」

オオスバメ「まぁこれはどうしようもないな…」

サトシ「とりあえず、少し手伝いに…」

プテラ「ヒャッハー!たーのしぃぃぃっ!」ビューーーン!

ゴッチィィィィィン!

サトシ「うぎゃっ…」バタッ

プテラ「っと、なんだぁ?」

今日はここまで。プテラの石頭に思いっきりぶつかられたら普通は死ぬ。
898 : ティアス@ハバンのみ 18/12/11 22:23:32 ID:zK9w8/a6 報告
支援
899 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/12/12 20:44:19 ID:GhaIvLzc [1/3] m 報告
今日はやるか。

サトシ「」ピヨピヨ

セレナ「大丈夫!?」

サトシ「……ん?あ、あぁ、なんとかな…」

プテラ「くそっ、折角気持ちよく飛んでいたと言うのに…」

ジュカイン「お前の方から当たりに来たんだろうが。」

プテラ「あ?なんだてめぇ?」

ジュカイン「当たりに来てその態度かよ…」

プテラ「あぁ?やんのかオラァ!」

ジュカイン「はぁ…少し痛め付けるか。」

リザードン「程々にしとけよ。」

ジュカイン「わーってるよ。」

~~~~~~~~~~~~~~~~
2分後

プテラ「す、すんませんしたぁぁっ!」

ジュカイン「これに懲りたら今度からは周りに気をつけて飛ぶんだな。」

プテラ「は、はい…」

ミミロル「あっさりと決めちゃったわね。」

PIKA「反撃する暇すら与えなかったね。」

オニゴーリ「少しだけ可哀想に思えたな。」
900 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/12/12 22:02:36 ID:GhaIvLzc [2/3] m 報告
ジュカイン「さてと、そろそろ解放してやるか?」

PIKA「そうだね、もう用は…」

エーフィ「何か命令で反省させたらいいんじゃないかしら。」

オオスバメ「お、名案だな!」

プテラ(ぶつかっただけでそこまでさせられるのかよ!?)

ジュカイン「そうか。じゃあ王様は誰だ?」

PIKA「僕だよ。」

ヘイガニ「ナイスな命令頼むぜ!」

PIKA「うーん、そうだなぁ………そうだ!」

PIKA「じゃあ偽警察の撲滅をしてもらおう!」

オオスバメ「おー!」

プテラ(なんかとてつもなくスケールのでかそうな命令なんだけど!?)

リザードン「こいつに任せて大丈夫か?」

PIKA「そっかぁ…じゃあついでにオンバーンと7番も行ってきて!」

オンバーン「え?僕?」

エーフィ「なんか最近命令対象になることが多いわね…」

ヘイガニ「運がいいんじゃねぇの?」

エーフィ「いい…のかしら?」

プテラ「ところで偽警察ってなんなんだよ?」

PIKA「あー、まぁ簡単に説明すると……」
901 : の日々◆Umf0A7VbOc 18/12/12 23:11:25 ID:GhaIvLzc [3/3] m 報告
PIKA「…って感じかな。」

プテラ「そ、そうなのか…」

プテラ(本当に面倒なことになってきたぞ…あのときちゃんと前見ておけばよかった…)

ジュカイン「ま、ちゃんと反省してこい。」

プテラ「はぁ…頑張ろう…」

オンバーン「なんか僕は本当にとばっちりだけど、いつかはやらなきゃいけないし、やってこよう。」

フーパ「それじゃとりあえず行ってみよう!」

エーフィ「どこに?」

フーパ「えーと…どこ?」

エーフィ「まぁ普通に考えたら警察署とかね。ただ、いきなり突撃するのもアレだし、とりあえずその近くでお願いするわ。」

フーパ「オッケー!」

エーフィ「それじゃ行ってくるわ。」

PIKA「行ってらっしゃーい。」

リザードン「気をつけろよ。」

エーフィ「わかってるわ。」

オンバーン「頑張ってくるね。」

プテラ「はぁ…やるか…」

チルタリス「これで改心するかな。」

ユキメノコ「だといいけど。あら?5番のくじが割れちゃってるわね。」

オニゴーリ「いつの間に?」

オオスバメ「まぁ新しいの使えばいいだろ。」

今日はここまで。ぶつかっただけでこんなことに巻き込まれるプテラ、なかなか不憫なやつだ…


荒らし・煽りには反応せずにスルーして下さい。反応している人も同様に対処・対応しています。
(荒らしレスやそれに対する反応は、スレ進行の妨げとなるため削除します。削除されたレスに対して反応しないで下さい。)


スレの画像復旧リクエスト

画像(JPG/PNG 7.2 MB、GIF 15.2 MBまで)

  • 【IDを発行(または認証)】


    0/60
      
    書き込み前に、利用規約を確認して下さい。
    レス番のリンクをクリックで返信が出来ます。
    その他にも色々な機能があるので詳しくは、掲示板の機能を確認して下さい。
    荒らしや煽りはスルーして下さい。荒らしに反応している人も荒らし同様対処します。


    一部のホストからの違反報告を制限させてもらっています。



    スレの画像復旧リクエスト
    スレ名とURLをコピー(クリックした時点でコピーされます。)
    文字サイズ設定・投稿設定・NG設定▼(クリックで開閉。動作にはJavaScriptを有効にして下さい。)
      3
      文字サイズ

      自分の投稿を分かりやすくする
      投稿フォームの「履歴ページに記録する」にチェック時、この設定が有効の場合に、投稿した書き込みの名前が黄色く表示されます。(動作には要履歴ID発行
      現在の設定は「有効」です。
        

      NG設定
      各NG設定は、履歴IDを発行することで、PCとiPhoneなど複数端末で共有化することが出来ます。

      ・連鎖NG設定
      NG機能で見えなくなったレスにアンカーが向けられていた場合、そのレスも連鎖して見えなくなります。
      現在の設定は「」です。
        

      ・NGワード設定
      入力した単語を含むレスが見えなくなります。(改行区切りで入力後、「設定する」ボタンをクリック)
      NGされたレス内容は「元レス」をクリックすると確認できます。

      ・NGネーム・NGID一括削除(下のボタンをクリックした時点で削除されます。)


      【特殊な指定方法】

      ・「_(アンダーバー)」はAND条件。
      ・[]で文字を囲むと、その中のいずれか1文字と一致。
      ・[]で囲んだ文字を | で区切ると、それぞれをOR条件として動作。
      詳しくは、NGの設定方法を参照。



    (連投制限などに引っかかった時用)